安良里ボート避難経路

安良里ボート

避難経路

11-04-25hinannkeiro%20zenntaizu
ボート施設より、約700m。
安良里地区指定の緊急避難場所があります。
津波発生の危険が生じた場合は、速やかに移動してください。

:ボート施設の裏の防波堤を越えると、
すぐに漁協の白い建物が見えます。
この建物を左手に見ながら直進します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
:A地点から約400m先に信号があります。
ここを左折します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
:B地点より約40m先、右手側に緑色のポールが見えてきます。
このポールを右折します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
避難地:C地点から道なりに約150m進むと避難地があります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

津波発生の警戒が必要な時の流れ

★緊急性のある場合★

○船長
・強い揺れや振動を感じたら、無線などで素早く情報を収集する。
・船長判断で、素早く回収できるダイバーを乗船させ、沖へボートを走らせる。

○水中ダイバー
・強い揺れ、振動を感じたらとりあえず浮上する。
・船に乗船する。
・乗船できなかった場合は、グループごとにまとまってできる限り陸から離れる。
・後に船による救助を待つ(シグナルフロートは常時携帯する)

○陸上
・強い揺れを感じたら、ラジオ、防災無線などで情報を収集する。
・警報(拡声器など)を鳴らし、施設内外にいる人に知らせる。
・スタッフが先頭に立ち、避難経路を誘導し、避難地へ行く。
★時間に余裕がある場合★

○船長
・強い揺れ、振動を感じたら素早く情報を収集する。
・水面にいるダイバーを回収。
・水中にいるダイバーには、梯子などをたたき浮上の合図を送る。
・浮上してきたダイバーをできる限り回収し、船長判断で沖か陸に避難する。

○水中ダイバー
・強い揺れや振動、緊急信号を感じたらとりあえず浮上。
・浮上したら船に乗船する。
・もし乗船できなかった場合は、グループごとにまとまって、
できる限り沖に向かって泳ぐ。
・後に救助を待つ(シグナルフロートの常時携帯が望ましい)。

○陸上
・強い揺れを感じたら、素早く情報を収集する。
・船長に緊急性の有無を伝える。
・警報(拡声器)などで施設内外にいる人に知らせる。
・スタッフが先頭に立って、避難経路を誘導し避難地へ移動する。

※どの場面においても、各々の安全を最優先し、
できる限りの行動をする。


PAGE TOP