2000年2月
2000年2月27日 日曜日
項目データ備考       項目データ備考      
天気 晴れ
風 北西
気温 11.4度
水温14度
透明度15〜18m
波  波浪注意報






★概況
 西風が強くボートは中止でした。
ビーチも午後には波が高くなりました。透明度は良好です。
ヒメギンポやカミナリベラが婚姻色になっていて綺麗です。 ボラの大群やキビナゴの大群もみられます。
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 2/27(日曜日)
ウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュ)、ベニイザリウオ、タツノオトシゴ、タツノイトコ(多い)、シマヒメヤマノカミ、ハナミノカサゴ、ミノカサゴ、、ハオコゼ、クロイシモチ、クロホシイシモチとネンブツダイの大群キビナゴの大群、クマノミ、ヤマドリ、ヒメギンポ、ガラスハゼ、スジコウイカ、アオリイカの群れ、ヤリイカの卵、タコ(多い)、イソギンチャクモエビ、ビシャモンエビ、ムチカラマツエビ、オトヒメエビ、コワタクズガニ、クロヘリアメフラシ、ヒロウミウシ
2月26日 土曜日
 今日は凪、透明度(15〜18m)ともに良好でしたが、陸は寒い一日でした。水温は13.5〜14度くらいとなっています。
 黄金崎公園ビーチではウデフリツノザヤウミウシが変わらず観察されています。
 そのほかキビナゴの大群、タツノオトシゴ、タツノイトコ(多い)、ベニイザリウオ2個体クマノミ(4回目の越冬中です)、ヒメギンポ、ガラスハゼ、ビシャモンエビ2個体、イソバナカクレエビ、ヒロウミウシ(多い)、チゴミドリガイ、スジコウイカ、ヤリイカの卵などが見られています。
2月21日 月曜日
 今日は朝のうちは比較的穏やかだったのですが、10時頃から西風が吹き始め、時間の経過とともに段々と強くなり、ボートはクローズ、ビーチも水中で底揺れが感じられました。
 黄金崎公園ビーチではウデフリツノザヤウミウシが見られました。ビーチでは今まで殆ど確認されていなかったのですが、しばらくは移動しなさそうなところについています。ボートで見られる個体よりかなり小さめです。
 そのほかキビナゴの大群、タツノオトシゴ、タツノイトコ(多い)、ベニイザリウオ、マツカサウオ、クマノミ、ヒメギンポのペア、ガラスハゼ、ビシャモンエビ2個体、、イソギンチャクモエビ、アケウス、ヒロウミウシ(多い)、スジコウイカ、ヤリイカの卵などが見られています。  
2000年2月20日 日曜日
項目データ備考       項目データ備考      
天気 雨時々曇り
風 北東
気温 8度
水温13.5〜14度
透明度15〜18m
波  ベタ凪






★概況
 朝から雨降りでしたが、午後にはあがってきました。昨日に引き続き凪ぎ、透明度(15〜18m)ともに良好でした。
 沖の根では、ベニイザリウオが4個体タツノオトシゴが5個体ウデフリツノザヤウミウシに、ニシキウミウシ、アヤトリカクレエビアカスジモエビと、マクロの被写体には事欠きませんでした。メジナやニザダイ、キンメモドキの群など、ワイド系も充実しています。 
 また2月のこの低水温の時期にもかかわらず、コクテンカタギが元気(?)に泳いでいました。コクテンカタギ自体が安良里では滅多に見ないのですが、この水温で見つかったので少しびっくりしています。
★ボート(沖の根) 2/20(日曜日)
ベニイザリウオタツノオトシゴ(多い)、サクラダイ、キンギョハナダイの群れ、ネンブツダイの大群、メジナの群れ、イシダイ、マダイ、コロダイ幼魚、ニザダイの群れ、キンメモドキの群れ、コクテンカタギ、イトタマガシラ、スズメダイの群れ、クマノミ、ガラスハゼ、アカホシカクレエビ、アカスジモエビアヤトリカクレエビ、ゼブラガニ、ウデフリツノザヤウミウシ、ニシキウミウシ、ヒロウミウシ、ハナオトメウミウシ、アワシマオトメウミウシ、アオウミウシ
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 2/19(土曜日)
ベニイザリウオ、ウミテングタツノオトシゴ、タツノイトコ(多い)、イシヨウジ、ミノカサゴ、、ハオコゼ、クロイシモチ、クロホシイシモチとネンブツダイの大群キビナゴの大群、クマノミ、ヤマドリ、ヒメギンポ、ガラスハゼ、スジコウイカ、アオリイカの群れ、ヤリイカの卵、タコ(多い)、イソギンチャクモエビ、ビシャモンエビ、オトヒメエビ、コワタクズガニ、クロヘリアメフラシ、ヒロウミウシ
2月19日 土曜日
 今日は久しぶりに凪の一日となりました。(今週は火曜日から金曜日まで毎日強い西風のためボートはクロ−ズ、ビーチも厳しいコンディションの日が続いていました。)
 透明度もボートは18〜20m強、ビーチも15〜18mくらいと良くなっていますが、さすがに水温は少し下がり13.5〜14度くらいになりました。
 沖の根ではクエ、タツノオトシゴ、ツマグロハタンポ、ニザダイの群れなどが見られました。
 黄金崎公園ビーチではタツノオトシゴ、タツノイトコ、ウミテングベニイザリウオ、マツカサウオ、クマノミ、ガラスハゼ、ビシャモンエビ、イソギンチャクモエビ、コワタクズガニ、ヒロウミウシ、スジコウイカなどが見られています。 
 またヤリイカの卵が増えてきています。
2000年2月13日 日曜日
項目データ備考       項目データ備考      
天気 曇りのち晴れ
風 西のち北東
気温 11度
水温14〜14.5度
透明度15〜16m
波  






★概況
 お昼過ぎから晴れ間がのぞく暖かな一日でした。凪のほうも良好でした。
 沖の根では、キンメモドキの群や、タツノオトシゴ、ベニイザリウオ、黄金崎ではクダゴンベやイボイソバナガニなどが変わらず見られています。 
黄金崎公園ビーチはベニイザリウオ、ウミテング、タツノオトシゴ2個体、タツノイトコ(多い)、キビナゴの群などが見られました。
★ボート(沖の根、黄金崎) 2/13(日曜日)
クダゴンベ、オオモンイザリウオ、ベニイザリウオ、タツノオトシゴ(多い)、マトウダイ、スズメダイの群れ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ガラスハゼ、サクラダイの群れ、キンギョハナダイの群れ、ヒラメ、イシダイ、マダイの群れ、マアジの群、メジナの群れ、ニザダイの群れ、ネンブツダイの大群、キンメモドキの群れカゴカギダイの群れ、イソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビ、イソコンペイトウガニ、イボイソバナガニ、ゼブラガニ、ウデフリツノザヤウミウシ、ニシキウミウシ、テントウウミウシ、コイボウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 2/13(日曜日)
マトウダイ、アカエイ、ヒラタエイ、ウミテングタツノオトシゴ、タツノイトコ(多い)、イシヨウジ、ベニイザリウオ、ミノカサゴ、サツマカサゴの幼魚、ハオコゼ、ヤマドリ、ホウボウ、ヒメギンポ、ガラスハゼ、クロイシモチ、クロホシイシモチとネンブツダイの大群キビナゴの大群、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、スジコウイカ、ヒメイカ、アオリイカの群れ、ヤリイカの卵、タコ(多い)、イソギンチャクモエビ、ビシャモンエビ、オトヒメエビ、ゼブラガニ、アケウス、クロヘリアメフラシ、ヒロウミウシ
2月12日 土曜日
 前日の西風によるうねりはほぼおさまっていましたが、午後からまた西風が吹いてきました。ビーチ、ボート共に問題有りませんでした。
 黄金崎では、クダゴンベ、カゴカキダイやマアジの群、ヒラメ、アカホシカクレエビ、イソコンペイトウガニ、イボイソバナガニなどが見られました。
 沖の根では、マダイ、イシダイ、クエ、キンメモドキの群れベニイザリウオ、タツノオトシゴ(多い)、ニシキウミウシ、久しぶりにウデフリツノザヤウミウシが見られました。
 このところ水温が下がってきているので、西根でたくさん見られたミツボシクロスズメダイの幼魚は数個体のみとなってしまいました。
 黄金崎公園ビーチでは、ベニイザリウオ、タツノオトシゴ、タツノイトコ(多い)、マトウダイ、ヒラタエイ、ゼブラガニ、ビシャモンエビ、ヒメイカ、スジコウイカ、アオリイカの群れ、ヤリイカの卵などが見られています。
2月11日 金曜日
風が強く、ボートは一回だけ出航し後はクローズとなりました。
ビーチは午前中静かでしたが午後から波が入り始めました。それでも透明度は15メートル、水温14度でした。
マトウダイ、イロイザリウオやベニイザリウオ、タツノオトシゴ、タツノイトコ、ウミテング、ワカヨウジ、ビシャモンエビ、イワシの群(綺麗です)が見られています。
明日も西風の予報です。安良里にいらっしゃる方は海況確認をして下さい。
2月8日 火曜日
 朝から西風が強くボートはクローズとなりました。ビーチも午後にはかなりうねりが入り込んできました。透明度は15〜18m、水温14.5〜15度位となっています。
 黄金崎公園ビーチではキビナゴの大群、タツノオトシゴ2個体、オオウミウマ、ワカヨウジ、タツノイトコ、ウミテング2個体、イロイザリウオ2個体、ベニイザリウオ2個体、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ヒメギンポ、マトウダイ、スジコウイカ(多い)、ヤリイカの卵、ヒロウミウシ、ビシャモンエビなどが見られています。
 またタカノハダイや、ミギマキの幼魚がちらほら見られています。 
2月7日 月曜日
 今日は朝のうちうねりがかなりありましたが、お昼近くには完全な凪となりました。透明度は〜15m、水温は14〜15度くらいでした。
 黄金崎公園ビーチでは今日もキビナゴの大群が大変綺麗です。オオウミウマ、イロイザリウオ2個体ベニイザリウオ、タツノオトシゴ2個体、タツノイトコ、ウミテング2個体、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ヤマドリ、ガラスハゼ、マトウダイ、スジコウイカ(多い)、ヤリイカの卵、ビシャモンエビなどが見られています。 
2000年2月6日 日曜日
項目データ備考       項目データ備考      
天気 晴れ後雨
風 北東
気温 11度
水温14〜15度
透明度12〜15m
波  ベタ凪






★概況
 午前中天気が良かったのですが、昼前から雨が降り始め寒む一日でした。海は静かで透明度もまだまだ良好です。
 黄金崎公園ビーチはイワシがたくさん群れています。ウミテングのペアがまだ見られています。マトウダイもよく見られています
ボートはクダゴンベやオオモンイザリウオ、イワシやキンメモドキやカゴカキダイやマアジが群で見られています。
黄金崎公園やボートは冬の名物マトウダイがよく見られています
★ボート(沖の根、黄金崎) 2/6(日曜日)
クダゴンベ、オオモンイザリウオ、タツノオトシゴ(多い)、マトウダイ、スズメダイの群れ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、タキゲンロクダイの幼魚、ガラスハゼ、イソギンチャクモエビ、アカスジモエビ、アカホシカクレエビ、キンギョハナダイの群れ、ヒラメ、イシダイ、マダイの群れ、マアジの群、メジナの群れ、ニザダイの群れ、ネンブツダイの大群、キンメモドキの群れ、カゴカギダイの群れ、ニシキウミウシ
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 2/6(日曜日)
マトウダイ、イロイザリウオ、ウミテング、ベニイザリウオ、タツノオトシゴ、タツノイトコ、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、ネッタイミノカサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ、ヒメギンポ、ガラスハゼ、クロイシモチ、クロホシイシモチとネンブツダイの大群キビナゴの大群、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、スジコウイカ、ヒメイカ、タコ(多い)、ヒョウモンダコ、オトヒメエビ

2月4日 金曜日
 今日も朝のうちはうねりがかなりありましたが、ビーチのほうは思ったよりは静かで、お昼近くには完全な凪となりました。透明度は〜15m、水温は15度くらいでした。
 黄金崎公園ビーチではキビナゴの大群が大変綺麗です。イロイザリウオ2個体ベニイザリウオ、タツノオトシゴ2個体、タツノイトコ、ウミテング2個体、ヤマドリ、ガラスハゼ、マトウダイ、ハタタテダイ、スジコウイカ(多い)、ヤリイカの卵、ビシャモンエビ、イソギンチャクモエビなどが見られています。
 またベンテンコモンエビも最後の1個体が寒そうに頑張っていました。
2月2日 水曜日
 今日は朝のうちはうねりが深く大きかったため、ボートは揺れがありましたが、お昼近くになるにつれて凪となっていきました。透明度は〜15m、水温は14.8度くらいでした。
 黄金崎ではクダゴンベが2個体、タキゲンロクダイ幼魚、クロフチススキベラ幼魚、大型のヒラメ2枚、マトウダイ、サクラダイの群れ、アカホシカクレエビ、ハナオトメ、アワシマオトメウミウシなどが見られました。
 沖の根マダイが20枚くらいにメジナやキビナゴの群れ、キンメモドキの大群、ニザダイ、イシダイ、アイゴなどワイドの被写体には事欠きません。そのほかベニイザリウオも2個体、アカホシカクレエビ、久しぶりにアヤトリカクレエビも見ることが出来ました。
2月1日 火曜日
 今日は一日曇り空でしたが、凪良好、透明度〜15m、水温〜15度とまずまずのコンディションです。
 本日は、ボートの新しいポイントを開拓しようということで、TATSUMIさんと合同でポイント調査で2本潜ってきました。
 1本目は坂本海岸の先端から沖にまわりこんだ辺りで、少々凪の悪いときでも潜れそうなところです。地形的にはなだらかなゴロタの先に平坦な砂地が続きます。水深的には最大でも18mくらい、平均で10mくらいとなりそうです。ムチカラマツやヤギの類は少なく、目に付いたのは大型のヒラメくらいでした。黄金崎公園ビーチに似た感じのポイントでした。
 2本目は、黄金崎の南側から沖の根の北フロートまで、水深にして20〜27mくらいを北から南に流してみました。ここはゴロタも大きく、ソフトコーラルもかなり豊富です。途中にドチザメが良くいる場所があるのですが、今日は見あたりませんでした。
 25mくらいの大きなゴロタに、おそらく昨年流れてきたばかりの小さなクダゴンベ(4cmくらい)がいたり、ニシキウミウシ、タマゴイロイボウミウシ(普段余り見かけません)、大型のヒラメがいたりと、なかなかおもしろそうなポイントでした。
 今後も継続した調査が必要となりますが、安良里にはまだまだおもしろい場所がありそうなので期待してください。
2000年2月のデータ
2000年1月
99年12月
99年11月
99年10月
99年9月


戻る