2000年9月
9月30日 土曜日
 朝からどんよりとした曇り空、日中にぱらぱらと小雨が降りました。水温は25度台と暖かいのですが、EX後が寒くなってきました。もう秋ですからね。透明度は8〜10m、余り変化はありません。
黄金崎公園ビーチでは今日もアキアナゴ をはじめ、ヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウ、カミソリウオ、ハッチアウト間近のクマノミの卵、トビエイの子供、ソウシハギなどが見られています。
9月29日 金曜日
 今日は天気曇り、凪良好、透明度は10m、水温25度台とまずまずのコンディションでした。
 黄金崎公園ビーチでは今日もガーデンイール(正式にはアキアナゴが元気に顔を出していました。見たい方は
今がチャンスです!!!!!!!!!!!!!
 カミソリウオ、ヒレナガネジリンボウやネジリンボウとランドールシュリンプ、メイチダイの幼魚、テンスの幼魚、ハタタテダイの群れ(だんだんと数が増えてきています)、アカエイ、アオリイカのペアなどが見られています。クマノミの卵はそろそろハッチアウトが近そうです。

黄金崎公園ビーチ初登場?のアキアナゴ君です。
太さは大人の小指くらい、なぜか一人ぽつりと、
ニョロニョロとたま〜に顔を出します。
9月27日 水曜日
 今日も透明度はやや落ち気味で10m前後くらい、凪、天気は良好でしたが、EX後の風が少し肌寒く秋を感じさせました。

黄金崎公園ビーチにてアキアナゴ 初登場!!

 黄金崎公園ビーチにてアキアナゴが初めて(?)見られました。近くの宇久須の平島というポイントではコロニーがあるので、黄金崎公園ビーチにいてもおかしくはないのですが、明日以降が楽しみです。
 そのほか安良里では珍しいウミウシカクレエビオビテンスモドキの幼魚フタスジタマガシラの幼魚(今期初?)、ネジリンボウ、カミソリウオ、カスミアジ、トビエイの赤ちゃん、クマノミの卵などが見られました。
9月25日 月曜日
 今日から3日間、エビ網のため安良里地区ではボートダイビングが出来ません。よって今日はビーチダイビングのみでした。透明度は水が全体的に白っぽく感じられましたが、15mくらいは見えています。

黄金崎公園ビーチ〜ネジリンボウ、ヒレンガネジリンボウの何個体かがランドールシュリンプと共生しています。カミソリウオやトビエイの赤ちゃん、クマノミの卵なども見ることができました。
 ここにきてやっと死滅回遊魚が増えてきつつあります。ミツボシクロスズメダイの幼魚、ハタタテダイの10匹くらいの群れ、ミナミハコフグの幼魚、メガネハギの幼魚、メイチダイの幼魚、テングハギの幼魚、オビテンスモドキの幼魚(黄金崎公園ビーチでは余り見たことがない?)、ギンガメアジ2個体などが見られました。
2000年9月24日 日曜日
項目データ項目データ
天気 曇り時々晴れ風 南西
気温 26度水温25〜26度
透明度15〜18m波  
★概況
 透明度は午前中は18mくらいみえていましたが午後からやや濁ってきた感じです。

沖の根ピカチューウミウシ2〜3個体、ベニイザリウオ
広磯〜今年最後のダイビングでした。昨日見られたクダゴンベのペアは今日は見あたりませんでした。また来年・・・
黄金崎公園ビーチカミソリウオ、ヒレンガネジリンボウ、ネジリンボウ、クマノミの卵(今年8回目の産卵です)

※ 今年はエビ網が遅いため、ナイトダイビング は 9月30(土)まで潜ることが出来ます。
 ナイトダイビングでイセエビがたくさんいます
★ボート(沖の根、黄金崎) 9/24(日曜日)
ベニイザリウオ、マダイの群れ、イシダイ、メジナの群、ニザダイ、アイゴ、マアジ、ネンブツダイの群れ、クロホシイシモチの群れ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、ホンベラ、ニシキベラ、イトヒキベラ、アカネキンチャクダイ、ノコギリヨウジ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイの幼魚、スズメダイの群れ、コガネスズメダイ、ミナミハコフグの幼魚、アカホシカクレエビ、ムチカラマツエビ、ムギワラエビ、コマチコシオリエビ、イセエビ、ムラサキウミコチョウ、サメジマオトメウミウシ、ハナオトメウミウシ、ミチヨミノウミウシ、キイロイボウミウシ、サキシマミノウミウシ、ウデフリツノザヤウミウシ
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 9/24(日曜日)
カミソリウオ、オビテンスモドキの幼魚、トビエイの赤ちゃん、ベニイザリウオ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ハタタテダイの群れ、カンパチ、イナダ、ハナハゼ、ダテハゼ、オニハゼ、サビハゼ、ホシノハゼ、クツワハゼ、ウツボ、トラウツボ、ハナアナゴ、ダイナンウミヘビ、イソカサゴ、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、カサゴ、サツマカサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ、アオヤガラの群れ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ミヤコキセンスズメダイの幼魚、クマノミのペア、クマノミの卵オヤビッチャビシャモンエビ、イセエビ、、クロネズミ、クロボウズ
9月23日 土曜日
 今日も透明度は15〜20m、水温は25度台とベストな状態が続いています。ただ、ときおり強い雨が降ったり午後からは風が北西に変わったので、うねりがでてきました。

広磯クダゴンベがペアで見られました。
沖の根ではピカチューが3個体、ベニイザリウオ2個体、タツノオトシゴが見られています。
黄金崎公園ビーチではカミソリウオが2個体ヒレンガネジリンボウネジリンボウもたくさん見られ、なかなか華やいだ水中となりました。 
9月22日 金曜日
昨日に引き続き絶好のコンディションで楽しくダイビングできました
黄金崎公園ビーチ
生物は昨日に引き続き、さらにミヤコキセンスズメダイ、トゲチョウチョウウオ、オビテンスモドキの幼魚(変な形)が見られました。トビエイの子供もたくさん見られています。
沖の根ボートではウデフリツノザヤウミウシがペアで見られています。また大きくてひ弁の伸びた赤いタツノオトシゴやベニイザリウオも相変わらず見られています
明日は天気は少し悪くなりますが、海は引き続き静かで良いコンディションのはずです。
9月21日 木曜日
 今日も昨日に引き続き天気晴れ、透明度15〜18m水温25〜26度、三拍子そろって良いコンディションでした。
 黄金崎公園ビーチ〜引き続きカミソリウオが見られています。場所が良く変わるので要注意です。
 ベニイザリウオ、ビシャモンエビ、ヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウ4個体、ハタタテダイの幼魚、ミナミハコフグの幼魚、ミツボシクロスズメダイの幼魚、メガネハギの幼魚、イナダ、トビエイの赤ちゃん2枚、アカエイ、泳いでいるウツボ(今日はなぜかたくさん泳いでいました)、シマヒメヤマノカミ、クロボウズにヒロウミウシ、コノハミドリガイ等々。群からマクロな生物、ウミウシまでビーチはだんだんと生物が充実してきています。とにかく温かで水がきれいなので潜っているのが大変気持ちよく感じられます。
 またネジリンボウランドールシュリンプが数個体共生していますので、共生エビのほうも注目してみると面白いですよ。
9月19日 火曜日
 本日は天気も良くすがすがしい一日でした。「こういう日は公園の芝生でのんびり昼寝が出来ると幸せだろな」と思いながら仕事に励んでいました。
海も穏やかで透明度も12メートル以上水温も24〜25度と快適にダイビングできました。これからが本番ですね
カミソリウオ退場、登場、退場!!
黄金崎公園ビーチは昨日見つかったカミソリウオはどこかへ移動していました。ショック!でも違う場所で違う個体が目撃され、すかさずその個体も何処かへ行ったようです。

私は、久しぶりにファンダイビングをしたのですが、極小のタツノオトシゴをまた見つけました。大きさは1センチ75ミリ太さは5.54ミリくらいで白い個体でした。見つけた自分自身を誉めてやりたい。
ビシャモンエイビのペア(抱卵中)今年初めてガラスハゼも見つけ、大きめのヒレナガネジリンボウとランドーリの共生をじっくり観察し、浅いところに戻ると大型のサカタザメ(1メートルくらい)とカンパチ(40センチ)とコチ(50センチ)が寄り添うように一緒に泳いでいました。前回もこの組み合わせを目撃したのですが、なんとなく???で妙な組み合わせです(でも絶対一緒に行動しています)。最後にクマノミのペアの卵(明日あたりハッチアウトです)を見てお終い。
ということで何時潜っても相変わらず楽しい黄金崎公園でした。
by何時も書き込んでいる高橋が休みなので、その隙の山中の書き込みでした
9月18日 月曜日
 今日は久しぶりに良く晴れた一日でしたが、台風通過後の吹き返しの風が強く、ボートダイビングは船がかなり揺れました。そのため午後はクローズとなりました。
 
ただ今、ピカチュー産卵チュー!!
9月10日より沖の根で観察されているピカチューウミウシ(ウデフリツノザヤウミウシ)が今日産卵していました。卵の色は体色と同じオレンジでした。9月13日に2個体が交接しているのが確認されているので、今頃?産卵しています。
そのほかベニイザリウオのペア、マダイ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、1cmくらいのノコギリヨウジの赤ちゃん、ムラサキウミコチョウなどが見られました。

カミソリウオ登場!!
 黄金崎公園ビーチでは新たに小さなカミソリウオが発見されました。
2000年9月17日 日曜日
項目データ項目データ
天気  曇り時々雨のち
晴れ
風 南→南西
気温 26度水温25〜26度
透明度15〜18m波  
★概況
 心配された17号台風でしたが、ボート、ビーチともにほとんど影響もなく良いコンディションでダイビングすることが出来ました。
 沖の根ではピカチューウミウシ、タツノオトシゴ、カスミアジの幼魚が、また黄金崎ではレンテンヤッコが見られました。
 黄金崎公園ビーチはいつものネジリンボやベニイザリウオ、たまに出てくるタツノオトシゴ等とカンパチ、イナダがうろうろしています。小型ですがトビエイの子供が捕食にやってきています。

ナイトダイビング情報
今年はエビ網が遅いため、ナイトダイビング は 23(土)、30(土)まで潜ることが出来ます。
 ナイトダイビングでタチウオが見られています。また相変わらずイセエビがたくさんいます
★ボート(沖の根、黄金崎) 9/17(日曜日)
ベニイザリウオ、タツノオトシゴ、マダイの群れ、カスミアジ、イシダイ、コロダイ、メジナの群、タカベ、ニザダイ、アイゴ、マアジの大群、ネンブツダイの群れ、クロホシイシモチの群れ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、ホンベラ、ニシキベラ、イトヒキベラ、アカネキンチャクダイ、ノコギリヨウジ、クマノミ、スズメダイの群れ、コガネスズメダイ、キホシスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、ハクセンアカホシカクレエビ、アカホシカクレエビ、ビシャモンエビ、ムチカラマツエビ、ムギワラエビ、コマチコシオリエビ、イセエビ、ムラサキウミコチョウ、サメジマオトメウミウシ、ハナオトメウミウシ、ミチヨミノウミウシ、、サキシマミノウミウシ、タマゴイロイボウミウシ、ウデフリツノザヤウミウシ
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 9/17(日曜日)
トビエイ、ベニイザリウオ、タツノオトシゴ、ジョーフィッシュ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ハタタテダイ、ソウシハギ、カンパチ、イナダ、ハナハゼ、ダテハゼ、オニハゼ、サビハゼ、ホシノハゼ、クツワハゼ、ウツボ、トラウツボ、ハナアナゴ、ダイナンウミヘビ、イソカサゴ、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、カサゴ、サツマカサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ、アオヤガラの群れ、スズメダイ、ソラスズメダイ、クマノミのペア、オヤビッチャビシャモンエビ、イセエビ、ガンガゼエビ、コノハガニ、ヒロウミウシ、クロボウズ、ユウレイクラゲ
9月16日 土曜日
 今日は朝方強い雨が降っていたかと思うと昼間は日が差したりまた大雨が降ったりと大変忙しい一日でした。透明度はやや白っぽく見えるものの、引き続き15〜18m、水温は25度台となっています。
 広磯ではツバメウオの20匹くらいの群が見られました。安良里でこれだけたくさんのツバメウオが見られるのは大変珍しいことです。キハッソクやミツボシクロスズメダイの幼魚、イボイソバナガニなども見られました。またスズメダイの群やサクラダイの群れ、シラコダイなども大変きれいでした。
 沖の根〜今日はピカチューが見あたらなかったのですが、キイロウミウシムラサキウミコチョウ、タマゴイロイボウミウシ、ミチヨウミウシ、コイボウミウシ、アワシマオトメウミウシ、ニシキウミウシなどたくさんのウミウシ類が見られました。ベニイザリウオ、タツノオトシゴ、マダイ、キンギョハナダイの群れ、メジナの群なども見られています。
 黄金崎公園ビーチネジリンボウ、ヒレンガネジリンボウ、ベニイザリウオ、ヤマドリなどが見られました。

台風情報
台風17号の影響が心配されますが、明日はボート、ビーチともに潜水OKだと思われます。午後の遅い時間帯はボートに影響があるかもしれません。
9月15日 金曜日
 今日は天気、凪ともに良好、透明度はボートで15〜18m,ビーチでは15〜20m、水温も25度以上と申し分のないコンディションでした。
 黄金崎ではハクセンアカホシカクレエビ、アカホシカクレエビ、ビシャモンエビ、イソギンチャクカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ等々甲殻類が豊富です。ウシエイや、たくさんのユウレイクラゲも見ることができました。
 沖の根では今日もピカチューが2個体、とっても大きくてかわいらしいです。コロダイやマダイ、ミツボシクロスズメダイの幼魚、ベニイザリウオ、タツノオトシゴ、ミチヨミノウミウシなども見られています。
 黄金崎公園ビーチではネジリンボウをはじめ、ハタタテダイ、ソウシハギ、メイチダイ幼魚、ミナミハコフグの幼魚、ツマジロモンガラの幼魚、コロダイ幼魚、クマノミの卵など、華やかになってきました。
9月14日 木曜日
 本日は台風によるうねりの影響はボートはほとんどなく透明度も15m強は見えています。
黄金崎公園ビーチのほうはまだときおり大きめのうねりが入ってきています(午後3時現在)。ただ初心者の講習でなければ十分EN、EXできます。透明度の方は10〜12mは見えています。
 今日は体験ダイビングを坂本海岸で行いました。久しぶりに15cmはありそうなイザリウオを見て、体験ダイビングのお客様も大喜びしていました。透明度も10〜15mちかくあり、沖の方は青々としていました。
 明日はうねり、底揺れもほとんどなくなると思われます。
9月13日 水曜日
台風によるうねりはかなりとれてきたのですが、ビーチのほうはまだうねりがときおり大きく、上級者のみのENという感じでした。ボートのほうは水面の揺れはほとんどなかったものの、底揺れがまだ残っていました。透明度は思ったより良く、15mくらい、水温も25度と暖かでした。
 沖の根では今日もピカチュー(ウデフリツノザヤウミウシ)が見られました。それも2個体!!! タマゴイロイボウミウシもコンスタントに2個体が見られています。アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、コクテンベンケイハゼ、今年はまだまだ数少ないミツボシクロスズメダイの幼魚ニラミギンポ、コロダイやマダイの群れ等々、マクロな生物から大物まで海中は大変賑やかでした。
9月12日 火曜日
台風情報
南よりの風が更に加わりビーチもボートも潜水禁止状態です。
せっかくベストコンディションだったのにトホホホ
それにしても足の遅い台風です。どうせ通なら足早に過ぎていって欲しいものです
AM9:00

夕暮れの安良里の海を眺めていると
あれあれ
うねりが朝よりずーっとおさまってきています。
これはひょっとすると...。
今ならボートは潜れます。
14号は徐々に北に進路を変えているようです。まだまだ厳重に注意して見つめていきましょう。沖縄方面のかたはお気をつけ下さい。
18:00
9月11日 月曜日
午前中は透明度も良く楽しめました(15〜18mくらい)。水温も変わらず24度以上の暖かさを保っています。ボートでは沖の根ウデフリツノザヤウミウシを今日も見ました。広磯では数百匹のワラサの大群が通り過ぎていきました。
黄金崎公園ビーチでは1cmに満たないタツノオトシゴが見つかりました。イナダやサカタザメ、ネジリンボウなども見られています。

台風情報
大きく育った台風がうねりを西伊豆海岸に運びはじめました。
透明度は午前中良かったのですが午後からうねりが大きくなり濁りはじめました。
ビーチはエントリーが厳しい状態になっております。ボートはやや底揺れがあったものの余り影響はありませんでした。
このままのスピードで進むと明日はもっと厳しい状態になるかもしれません。

ウデフリツノザヤウミウシBY鎌形様
2000年9月10日 日曜日
項目データ項目データ
天気 晴れ風 南東→東
気温 29度水温24〜26度
透明度10〜15m波  
★概況
 今日はまた夏を思わせるような日差しのきつい暑い一日でした。ボート、ビーチともに透明度良好、水温も高く良いコンディションに恵まれました。
黄金崎公園ビーチではカンパチ、イナダ、シマアジの若魚が小魚を追って入り込んできています。死滅回遊魚も徐々にではありますが、増えてきています。
また沖の根で久しぶりにウデフリツノザヤウミウシが見られました。(ただよく動くので本日限定品かも・・・)

ナイトダイビング情報
今年はエビ網が遅いため、ナイトダイビング 9/16(土)、23(土)、30(土)まで潜ることが出来ます。
★ボート(沖の根、広磯) 9/10(日曜日)
ベニイザリウオ、マダイの群れ、カンパチの群、イナダ、イシダイ、コロダイ、メジナの群、ニザダイ、アイゴ、マアジの大群、ネンブツダイの群れ、クロホシイシモチの群れ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、ホンベラ、ニシキベラ、イトヒキベラ、ノコギリヨウジ、クマノミ、スズメダイの群れ、コガネスズメダイ、アカホシカクレエビ、ビシャモンエビ、ムギワラエビ、コマチコシオリエビ、イセエビ、ムラサキウミコチョウ、サメジマオトメウミウシ、ハナオトメウミウシ、セスジミノウミウシ、サキシマミノウミウシ、タマゴイロイボウミウシ、ウデフリツノザヤウミウシ
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 9/10(日曜日)
カンパチ、イナダ、シマアジ、メガネウオ、ベニイザリウオ、ジョーフィッシュ、ネジリンボウ、ミナミハコフグの幼魚、ハタタテダイ、ツマジロモンガラの幼魚、、ハナハゼ、ダテハゼ、オニハゼ、サビハゼ、ホシノハゼ、クツワハゼ、ウツボ、トラウツボ、ハナアナゴ、ダイナンウミヘビ、イソカサゴ、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、カサゴ、サツマカサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ、アオヤガラの群れ、スズメダイ、ソラスズメダイ、クマノミのペア、オヤビッチャ、アオリイカの産卵、ビシャモンエビ、イセエビ、ガンガゼエビ、コノハガニ、ヒロウミウシ、クロボウズ、ユウレイクラゲ
9月9日 土曜日
 今日は朝方雨が降ったかと思うと午後からは残暑のような太陽が照りつけたりとめまぐるしい天候でした。心配された台風15号の影響ですが、午前中はうねりもなく凪良好、透明度も10〜15m、水温も24〜25度台と快適なコンディションでした。午後の遅い時間帯にややうねりが入ってきて水中でも底揺れが感じられました。

 黄金崎公園ビーチネジリンボウ数個体のほか、ジョーフィッシュツマジロモンガラの幼魚、ハタタテダイの群れ、ミナミハコフグの幼魚カンパチ、ベニイザリウオなどが見られました。またゴロタではメジナの幼魚、ソラスズメダイの赤ちゃん、スズメダイやクロホシイシモチの大群などたくさんの魚達が群れています。
 沖の根〜今日もマアジの大群を10匹ほどの大ぶりのカンパチマダイが追いかけ回していて迫力がありました。ベニイザリウオのペアや久しぶりに大きなタツノオトシゴを見つけました。そのほかセスジミノウミウシ、タマゴイロイボウミウシ2個体、ビシャモンエビ、イセエビ(たくさん)が見られています。
9月8日 金曜日
台風14.15号が近づいています。
現在の安良里の情報をお伝えします
AM9時
現在は波もなく穏やかな状態です。
現状の方向で台風が進むのなら、土曜日は多少うねりが入るけれど潜れると予想しています。
PM13時
相変わらず波もなく静かな海です。
透明度も15メートル近く見えています。水温も低いところで23度
沖のではアジの群にマダイやカンパチが絡んでいました。
PM19時
相変わらず海は静かです。
15号は方向を西南西に変えています。このままならこちらには影響はないはずです
14号もかなり西に傾いています。この方向なら大きな影響はないかもしれません
9月7日 木曜日
 朝方雷がゴロゴロとなって目が覚めました。日中はときおり雨が降りましたがそれ程強くはありませんでした。透明度は今日も10〜15mと良く、水温も深場に行って」も24度台ありました。
黄金崎マアジの大群マダイ70〜80cmクラスのカンパチが30匹ほどで追いかけ回し、迫力のある光景でした。
広磯〜久しぶりに潜ってみるとなんと、クダゴンベ様 がいらっしゃいました。
沖の根〜今日もコロダイが3匹、マダイが10匹くらい、ベニイザリウオが2個体、ムラサキウミコチョウ、サメジマオトメウミウシなどが見られました。
黄金崎公園ビーチ〜ハタタテダイがだんだんと増えてきています。イセエビもナイトだけでなく見かけるようになりました。ネジリンボウは変わらず見ることができています。

※ 台風の動きがそろそろ気になります。本日はまだうねり、底揺れはなく静かな海でした。週末にダイビングをご予定されていらっしゃる方は、安良里DCのHPをまめにチェックされるか、直接お電話でお問い合わせ下さい。
9月6日 水曜日
 今日は雨が降ったり日が少し差したりと忙しい天気の一日でした。透明度はビーチで12m、ボートで12〜15mと良くなってきています。2〜3日前までは水温もかなり低いときがありましたが、今日はボートの深場でも24度近くあって暖かです。
黄金崎公園ビーチではイナダが2〜3匹入ってきていますが、そのうちの1匹はダイバーに興味があるらしくかなり近くにまで寄ってきます。ネジリンボウはペアと単体で計3個体、クマノミの卵はハッチアウト寸前です。
沖の根では今日もコロダイが3匹、こちらもかなり近くで見ることができます。マアジの群にベニイザリウオのペアやビシャモンエビ、アカホシカクレエビ、キイロイボウミウシなどが見られました。また、安良里では余り目にすることのない、タテヒダイボウミウシorソライロイボウミウシ?が見られました。
2000年9月3日 日曜日
項目データ項目データ
天気 晴れ風 南西
気温 30度水温18〜25度
透明度 ビーチ6〜8m
ボート8〜15m
波  午前中波高い
★概況
 昨夜までの強い南西風も朝にはすっかりやみ、ボートは午前中はやや揺れが残ったものの、昼過ぎからはどんどん凪いできました。ボートでは18度台の冷たく綺麗な潮が入り込んでいました。
沖の根ではトビエイや、大型の尻尾のないウシエイ?死滅回遊魚ではハナキンチャクフグの幼魚黄金崎ではこの時期には珍しいマトウダイが見られました。
黄金根崎公園ビーチサカタザメがたくさん目撃されています。またやっとハタタテダイが見られました。キビレミシマカンパチの群なども見られました。ベニイザリウオは今日は2個体とも元気でした。

ナイトダイビング情報
残すところあと2回 9/9(土)、/16(土) となったナイトダイビングですが、このところイセエビを大変よく見かけます。うまくすれば20匹近く見ることもあります。
★ボート(沖の根、黄金崎) 9/3(日曜日)
トビエイ、ウシエイ、マトウダイ、マダイ、イシダイ、コロダイ、メジナの群、ニザダイ、アイゴ、マアジの群、ムツの群れ、ネンブツダイの群れ、クロホシイシモチの群れ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、ホンベラ、ニシキベラ、イトヒキベラ、ノコギリヨウジ、クマノミ、スズメダイの群れ、コガネスズメダイ、アカホシカクレエビ、ハクセンアカホシカクレエビビシャモンエビのペア、アカスジモエビ、ムギワラエビ、ムラサキウミコチョウ、サメジマオトメウミウシ、ハナオトメウミウシ、セスジミノウミウシ、サキシマミノウミウシ
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 9/3(日曜日)
サカタザメ、カンパチの群、キビレミシマ、ベニイザリウオ2個体、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ハナハゼ、ダテハゼ、オニハゼ、サビハゼ、ホシノハゼ、クツワハゼ、ウツボ、トラウツボ、ハナアナゴ、イソカサゴ、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、カサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ、アオヤガラの群れ、スズメダイ、ソラスズメダイ、クマノミのペア、クマノミの卵、アオリイカ、ビシャモンエビ、コノハガニ、ヒロウミウシ、クロボウズ
9月2日 土曜日
 今日は朝から南西風がかなり強かったため、ボートダイビングは残念ながらクローズとなりました。ビーチのほうはややうねりが大きい時もありましたが、問題なく潜ることができました。透明度は午前中が8m、午後から濁って5mくらいでした。

黄金崎公園ビーチではマアジやカマス、ボラの群、ときおり小魚を追ってカンパチが入ってきたりしています。アオリイカの産卵は9月に入って学校が始まったにもかかわらず(?)、まだ見ることができています。ハゼ類ではネジリンボウ、ヒレンガネジリンボウをはじめ、ハナハゼ、ダテハゼ、オニハゼ、ホシノハゼ、ホシハゼ、クツワハゼ、サビハゼなどが見られています。ベニイザリウオタツノオトシゴは日によって変わりますがそれぞれ1〜2個体づつ見られます。(本日はベニイザリウオ2個体のみでした)
 ウミウシ類はヒロウミウシ、クロボウズなどの小さなものがよく見ることができています。クマノミの卵も順調に育っていますよ。

 昨夜のTBSドラマ『 Summer Snow 』 見ましたか?水中シーンで安良里の魚達が登場しました。(クマノミ、カゴカキダイ、シマウミスズメなど)また、夏生(堂本剛さん)が泳いでいるシーンは安良里の沖の根で撮影されたものです。最終回にも水中シーンがある予定?ですので是非ご覧下さい。
9月1日 金曜日
 朝方は沼津、三島辺りで強い雨が降ったようですが、安良里はそれ程強い雨ではありませんでした。南西風が強く吹いたので、ボートはかなり揺れがありましたが、ビーチのほうは余り影響はありませんでした。
 沖の根〜マアジの群、キンギョハナダイの群れ、タキゲンロクダイ、ビシャモンエビ、アカホシカクレエビ、アカスジモエビ、ムラサキウミコチョウ、サメジマオトメウミウシなどが見られました。