2001年2月

2月27日 火曜日
今日は天気、凪ともに良好、絶好のダイビング日和でした。
黄金崎公園ビーチは透明度がやや回復してきていて15m、水温は14度台後半です。
ウミウシの仲間達が目に付くようになりました。アオウミウシ、シロウミウシ、ヒロウミウシ、クロヘリアメフラシなどの定番ウミウシの他、ミツイラメリウミウシ(長くて覚えにくい)、シラユキウミウシエダウミウシ発光するウミウシ)などが見られました。

真ん中に移っている黄色い物体がミツイラメリウミウシです・・・大きさは小指の爪くらい。黄色に赤い縁取りが入っています。えっ、もっとうまく撮れ!!
下手くそですいません。


これまた中央に写っている肌色というかオレンジの物体がエダウミウシ?だと思われます。大きさは1.5cmくらい。うーんわかりづらい写真だ。実物も大差ないです。
2001年2月25日 日曜日
項目 データ 項目 データ
天気   曇り→晴れ 風   西午後から強い
気温   8度 水温 14.5度
透明度  10m 波    2m → 4m
★概況
朝からうねりがありましたが、ビーチは問題なく潜れるコンディションでした。昼くらいから西風が強く吹き始め、ビーチの西側にも大きなうねりが入り込んできました。夕方4時現在、外では強い風が吹いています。
黄金崎公園ビーチツバメウオ、サギフエが見られたようです。どちらの魚もビーチでは数年ぶり(?)のことと思われます。透明度は今ひとつで10mくらい、水温も14度台になっています。
ウミウシ類もテントウウミウシ、ミツイラメリウミウシなどのビーチでは珍しいウミウシや、エダウミウシらしきウミウシも見ることができました。
★ボート(沖の根、黄金崎) 2/24(土曜日)
クダゴンベ、、マダイの群れ、メジナの群、ブダイ、ニザダイ、アイゴ、ネンブツダイの群れ、クロホシイシモチの群れ、ノコギリヨウジ、ミノカサゴ、オニカサゴ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、スズメダイの群れ、イソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビ、アカスジカクレエビ、オルトマンワラビ、ウデフリツノザヤウミウシ、ニシキミウシ、コイボウミウシ、ボウシュウボラの産卵
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 2/25(日曜日)
ツバメウオ、サギフエ、ネジリンボウ、クロイトハゼ、オニハゼ、タツノオトシゴ、タツノイトコ、イシヨウジ(多い)、ホソウミヤッコ、ウツボ、トラウツボ、ダイナンウミヘビ、ホウボウ、イソカサゴ、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、カサゴ、サツマカサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ、コケギンポ、ヒメギンポ、、スズメダイ、ソラスズメダイ、ナガサキスズメダイ、ミツボシクロスズメダイの幼魚、クマノミのペア、ネンブツダイの群れ、クロホシイシモチの群れ、ウスバハギ、スジコウイカ、イボイソバナガニ、ゼブラガニ、ミズヒキガニ、ヨツハモガニ、クモガニ、ヒロウミウシ、テントウウミウシ、ミツイラメリウミウシ、エダウミウシ
2月24日 土曜日
 今日は朝から一日中雨降りでしたが、ベタ凪です。透明度は春濁りのような浮遊物が増えたため10〜12m、天気も悪かったこともあり、水中はかなり暗かったです。
久しぶりのボート情報です。

黄金崎クダゴンベ、今日もじっとしていました。ノコギリヨウジ、ゼブラガニ、アカホシカクレエビなどいつもみられる生物の他、ボウシュウボラ産卵していました。親指の爪くらいの卵の殻(多数)?の中にウミウシのタマゴのようなものがいっぱい詰まっていました。
沖の根〜久しぶりにピカチュー(ウデフリツノザヤウミウシ)が見つかりました。マダイも10匹くらいで群れています。その他メジナやニザダイの群れ、ニシキウミウシやコイボウミウシ、アカスジカクレエビも1匹だけクダヤギの中に隠れていました。西根のミツボシクロスズメダイは15匹くらいいたのが10匹弱に減っていましたが、クマノミ達より元気にしています。なにかとっても健気でした。
黄金崎公園ビーチタツノオトシゴが2個体見られたほか、甲殻類ではゼブラガニ、イボイソバナガニ、カイメンガニなどが見られました。クロイトハゼも寒さにめげずにせっせと巣穴作りに励んでいます。
2月23日 金曜日
今日も暖かです。とても2月とは思えないくらいです。透明度は午前が10m、午後には8mくらいとおちてきています。
黄金崎公園ビーチでは今日もネジリンボウが確認されています。


みーつけた! その
昨年の秋に黄金崎公園ビーチコレクションガーデンは改修工事が行われていたのですが、今日歩いてみるともう春の花たちが咲き始めていました。これからはつくしや来月中〜下旬には菜の花が咲き乱れることでしょう。
写真左:ユリの仲間、右:パンジー

2月22日 木曜日
今日も昨日と同様とても暖かな一日でした。気温も15度くらい、朝の最低気温でさえ9度くらいです。明日も暖かな一日となりそうです。
本日は作業ダイビングでビーチとボートにそれぞれ1本ずつ、おまけで安良里の港の中も1本潜りました。透明度がやや落ちて12〜13m、水温はビーチは14.9度、ボートは15.5度でした。
黄金崎公園ビーチで初めての赤ちゃん(3mmくらい)を見つけました。
(昨年も2月によく見られた)もいました。ボートのほうは作業が手間取って、魚は見てこられませんでした。
2月21日 水曜日
 今日は天気は晴れ、陸は4月中旬を思わせるような暖かな一日でした。こんな日は外で体を動かさないと、ということでダイビングセンターの青トラックを洗車しました。うーん、きれいだ。
 しかし今日予約のショップさんがまだ来ない。うーん、ゴミ拾いでもしようということになり、スタッフ総出で(私一人ですが・・・)、ビーチのゴロタ沿いと、モノレール降り場の方をゴミ拾いしてみました。普段はきれいに見える黄金崎公園ビーチですが、捜してみるとゴミはあるある、ダイオキシンが、と思いながらも燃やせるものはBON BON と燃してしまいました。
あーすっきり、としたところで、
本日の黄金崎公園ビーチですが、ミズヒキガニが増えています。シロガヤをつけて擬態している個体を3〜4個体見つけました。アカエイや新たなタツノオトシゴ、この時期にもかかわらずミナミハコフグの幼魚も見かけました。
透明度は15〜16m、水温が15度切ってる?位です。


みーつけた
黄金崎公園ビーチでは河津桜(?)が2本だけ咲いています。遠目だと良く分からないのですが、近くで見ると結構きれいでしょ。
あと1週間ほどで3月、春はもうそこまでやって来ています。
が、そこからの歩みがのろいんですよね・・・

 
2月19日 月曜日
 昨日の西風の影響もなく、今日はよい凪となりました。透明度はやや白っぽい感じがして15m、水温はぎりぎり15度あるくらいです。
黄金崎公園ビーチではヒレナガネジリンボウがまだ姿を見せていました。このまま春まで見られたりして・・・80cm以上はありそうなヒラメマトウダイ、アオリイカの群れ、クロホシイシモチの大群、砂地ではヨメヒメジが群を作ってじっとしていました。
2001年2月18日 日曜日
項目 データ 項目 データ
天気   晴れ 風   西のち強い
気温   11度 水温 15〜15.5度
透明度  15〜18m 波    2m → 4m
★概況
 午前中は何とかボートもできる程度の凪でしたが、午後からは強い西風が吹き始め、ビーチにもうねりが入り込んできました。
透明度は18m、水温15.5度くらいです。
黄金崎公園ビーチ〜今日はネジリンボウ、ベニイザリウオなどは見られなかったようです。ウスバハギという大型のカワハギの仲間をよく見かけます。
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 2/18(日曜日)
ネジリンボウ、クロイトハゼ、オニハゼ、ハタタテダイタツノイトコ(多い)、イシヨウジ(多い)、ホソウミヤッコ、ウツボ、トラウツボ、ダイナンウミヘビ、ホタテウミヘビ、イソカサゴ、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、カサゴ、サツマカサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ、コケギンポ、ヒメギンポ、アオヤガラ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ナガサキスズメダイ、ミツボシクロスズメダイの幼魚、クマノミのペア、ネンブツダイの群れ、クロホシイシモチの群れ、ウスバハギ、スジコウイカ、イボイソバナガニ、ゼブラガニ、ヒロウミウシ
2月17日 土曜日
 今日は昨日の西風が嘘のように良い凪となりました。透明度は20m近く見えています。3日振りに黄金崎公園ビーチを潜ったのですが、西風が強く吹いた後で、またここ数日安良里もかなり冷え込んでいたので水温が下がっただろうなーと思ってENしました。が、予想に反して15度半ばくらいは水温がありました。
クマドリイザリウオはどこかに旅立ていったようですが、また寅さんのようにひょっこりとビーチに姿を見せてくれるかもしれません。
ネジリンボウが2個体、ミツボシクロスズメダイ、マトウダイ、ウスバハギ、イボイソバナガニ、ゼブラガニなどが見られました。
2月16日 金曜日
朝の早い時間帯は凪いでいましたがみるみる雲が動き出したかと思うと、9時くらいには白波がばんばんに立ち、19時現在、外ではGo Go と風が音を立ています。
今日はボートダイビングはもちろんクローズ、ビーチも午後にはかなりうねりが入り込んできはじめました。
 明日には凪いでいくと思われるので、ボートは厳しいコンディションかもしれませんがビーチは大丈夫だと思います。ダイビングフェスティバルに行かない貴方、是非空いている安良里にいらしてみてはいかがですか。
2月14日 水曜日  聖バレンタインデーといえば:
 バレンタインデーキッス、 リボンをかけて♪♪  (by 国生さゆり
今日はです。安良里ダイビングセンターには朝からたくさんのチョコレートが届いて一日中その整理に追われていました。ということはなく、お客さんもいない平穏な一日でした。昼間の安良里の港は風もなく暖かでしたが、夕方黄金崎公園ビーチに行って見ると3時くらいから吹き始めた西風がかなり強くなっており白波がたくさん立っていました。
透明度は15〜18m、クマドリイザリウオはいなくなったらしい??
またきちんと調査してきます。
2月13日 火曜日
 凪で透明度も15〜18m、水温15度台前半の良い状態が続いています。
黄金崎公園ビーチで昨日見られたクマドリイザリウオは移動していましたが見ることができています。マトウダイ、ウスバハギ、キリンミノカサゴの幼魚、ネジリンボウ、ササハゼ、タツノオトシゴ、イシヨウジ(たくさん)、タカノハダイの幼魚(たくさん)、ヒメギンポの婚姻色、イボイソバナガニ、ミズヒキガニ、イソギンチャクモエビ等が見られました。
2月12日 月曜日
今日も西風が朝のうちは強いとの予想でしたが、予報に反して朝の早い時間帯から凪いでいました。透明度は15〜18m、水温は15度台前半くらいです。

黄金崎クダゴンベは別々の場所に1個体ずつ、計2個体いました。マトウダイやアカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビなどが見られました。6匹で群れていたミツボシクロスズメダイが今日は3匹に半減していました。ちょっと寒そうでなんだか寂しげでした。
 その他ヒラムシの仲間だと思われるのですが、黒地に黄色い斑点(テントウウミウシみたいな感じ)のものが2個体ほど見られました。どなたか知っている方いましたら教えてください。

沖の根オオモンイザリウオの大、1週間ぶりに見ました。場所は少し移動しています。ミツボシクロスズメダイの幼魚、こちらはまだ15〜16匹で元気に群れています。イボイソバナガニやアカシマシラヒゲエビ、イソギンチャクモエビなどの甲殻類、ニシキウミウシ、アワシマオトメウミウシ、キイロイボウミウシなども見られました。

黄金崎公園ビーチクマドリイザリウオが約2週間ぶりに帰ってきました。2月の中旬近くに見ることができたのは安良里では初めて?のような気がします。少なくともこの5年間では一度もありません。もうしばらく楽しませてほしいものです。
タツノオトシゴやネジリンボウ、キリンミノカサゴの幼魚なども見られています。 
2001年2月11日 日曜日
項目 データ 項目 データ
天気   晴れ 風   西のち強い
気温   10度 水温 14.5〜15.5度
透明度  15〜18m 波    2m → 3m
★概況
 予報では朝から西風が強いとのことでしたが、以外や以外、午後2時くらいまではたいしたこともなく久しぶりのボートダイビングもできました。
透明度は15〜18mと安定しています。

黄金崎クダゴンベは相変わらず元気でした。
沖の根〜マダイ、メジナやイボイソバナガニ、イソギンチャクモエビなど。
黄金崎公園ビーチ〜何とトビエイのしかも子供、何でこの時期にいるのかすごく不思議でした。その他ネジリンボウ、ミナミハコフグの幼魚。ムレハタテダイ、ヨスジフエダイ幼魚、キリンミノカサゴの幼魚などの「季節はずれでした〜」と歌いたくなるような魚がまだ頑張っています。
★ボート(沖の根、黄金崎) 2/11(日曜日)
クダゴンベ、、マダイ、メジナの群、ブダイ、ニザダイ、アイゴ、ネンブツダイの群れ、クロホシイシモチの群れ、ノコギリヨウジ、ミノカサゴ、オニカサゴ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、スズメダイの群れ、コガネスズメダイ、イボイソバナガニ、イソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビ、オルトマンワラビ、ハナオトメウミウシ
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 2/11(日曜日)
トビエイ、ベニイザリウオ、ネジリンボウ、マトウダイ、クロイトハゼ、オニハゼ、ハタタテダイタツノオトシゴタツノイトコ(多い)、イシヨウジ(多い)、ホソウミヤッコ、ウツボ、トラウツボ、、ダイナンウミヘビ、ホタテウミヘビ、イソカサゴ、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、カサゴ、サツマカサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ、コケギンポ、ヒメギンポ、アオヤガラ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ナガサキスズメダイ、ミツボシクロスズメダイの幼魚、クマノミのペア、ヨスジフエダイ幼魚、ミナミハコフグの幼魚、ネンブツダイの群れ、クロホシイシモチの群れ、イボイソバナガニ、ヒロウミウシ、サラサウミウシ
2月10日 土曜日
今日は一日中晴れの良い天気でした。西風は午前中はたいしたことはなかったのですが、午後から吹き始め19時現在はびゅーっと音をたてています。透明度は15〜18m、水温が15度を切りました。

黄金崎公園ビーチではまだネジリンボウが見られたほか、ベニイザリウオ、マトウダイ、ムレハタタテダイなども確認されています。ネジリンボウ出現記録はいつまで続くのでしょうか・・・ちょっと楽しみです。
2月9日 金曜日
今日も西よりの風が昼くらいから吹き始めましたが、ビーチのほうはうねりもなく静かでした。透明度は15m、水温15度台前半です。
 黄金崎公園ビーチでは昨日に引き続きベニイザリウオ、タツノオトシゴ、マトウダイ、そしてボラの数千匹(?)の大群が見られました。
2月8日 木曜日
朝は曇り空でしたが昼前から晴れてきて日中は暖かでした。午前中は西風もたいしたことが無く穏やかな凪、午後2時過ぎくらいから夕方にかけて西風が吹き始めました。透明度は15m、水温15.5度くらいです。

黄金崎公園ビーチネジリンボウが単体でまだ元気に姿を見せています。今までこの時期にネジリンボウが見られたことはなかったので、今年は水温がまだ例年より高いということですね。ミナミハコフグの幼魚、コガネキュウセンの幼魚、カタボシオオモンハゼなども見られています。その他マトウダイ2匹、キンメモドキの群れ、タツノオトシゴ、ベニイザリウオ、イボイソバナガニ、イソギンチャクモエビ、ヒロウミウシなどなど、今日はたくさんの生物に出会えました。
2月6日 火曜日
 今日は午前中は曇り、午後から小雨が降ってきましたが、3月を思わせるような暖かな一日でした。透明度は15m、水温15.5度でした。
黄金崎公園ビーチではまだヒレナガネジリンボウ、ヒメユリハゼ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、クマノミのペア(多数)、ムナテンベラの幼魚などが見られています。
 また今日はマトウダイ2匹、タツノオトシゴ、イボイソバナガニの他、ボラの1000匹くらいの大群が入り込んできて、一瞬水中が暗くなるほどでした。
2001年2月4日 日曜日
項目 データ 項目 データ
天気   曇り 風   北東
気温   7度 水温 15.5度
透明度  15m 波    2m → 凪
★概況
今日は朝のうちはボートではややうねりのため揺れがありましたが徐々に静かになっていきました。透明度は15m、水温が少し下がって15.5度くらいです。
黄金崎クダゴンベアジアコショウダイ幼魚、タキゲンロクダイ、大型のヒラメなど。
沖の根オオモンイザリウオ(20cmくらい)、ミツボシクロスズメダイの群れ。
黄金崎公園ビーチ〜タツノオトシゴ、ベニイザリウオ、マトウダイ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウなどが見れています。
★ボート(沖の根、黄金崎) 2/4(日曜日)
オオモンイザリウオ、クダゴンベ、アジアコショウダイの幼魚、タキゲンロクダイ、ヒラメ、マダイ、メジナの群、ブダイ、ニザダイ、アイゴ、ネンブツダイの群れ、クロホシイシモチの群れ、ノコギリヨウジ、ミノカサゴ、オニカサゴ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ幼魚の群れ、スズメダイの群れ、コガネスズメダイ、アカホシカクレエビ、オルトマンワラビ、アオウミウシ、ハナオトメウミウシ、キイロイボウミウシ(多い)
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 2/4(日曜日)
ベニイザリウオ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、マトウダイ、クロイトハゼ、ササハゼ、オニハゼ、ハタタテダイタツノオトシゴタツノイトコ、イシヨウジ、ノコギリヨウジ、ウツボ、トラウツボ、、ダイナンウミヘビ、ホタテウミヘビ、イソカサゴ、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、カサゴ、サツマカサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ、コケギンポ、ヒメギンポ、アオヤガラ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ナガサキスズメダイ、ミツボシクロスズメダイの幼魚、クマノミのペア、ヨスジフエダイ幼魚、ネンブツダイの群れ、クロホシイシモチの群れ、ゼブラガニ、イボイソバナガニ、ヒロウミウシ
2月3日 土曜日
 今日は西の風が強いとの予報でしたが、昼までは穏やかで、午後2時くらいから西風が吹き始めました。透明度はここ1週間良好で15〜18m、本当にスカッと青くてきれいですよ。水温は15度台後半、だいぶ冷たくなってきました。

黄金崎公園ビーチタツノオトシゴ、タツノイトコ、マトウダイ、ウスバハギ(ビーチではやや珍しい)、ホウボウなどが見られました。アオリイカ、スジコウイカ、コノハガニなどもよく見かけます。
 死滅回遊魚ではミツボシクロスズメダイ、ヨスジフエダイ、ムレハタテダイの幼魚がそれぞれ数匹ずつまだ頑張っています。
2月2日 金曜日
 今日は朝のうちは透明度は良好で15〜18m、水温は少し下がって16度を切りました。昼くらいから西風が吹いてきて透明度も10mくらいにまでおちました。うねりと底揺れは一日中ありました。

黄金崎公園ビーチタツノオトシゴ、ミツボシクロスズメダイの幼魚、ヒメギンポンポのペア、ノコギリヨウジ、キンメモドキの群れ、イボイソバナガニ、キイロイボウミウシなどが見られています。