2001年6月

★ボート(沖の根、三つ根) 6/30(土曜日)
トビエイ 0〜3枚、オオモンイザリウオマダイ、イシダイ、キンギョハナダイの群れ、メジナの群れ、ブダイ、ニザダイ、アイゴの群れ、、ネンブツダイの群れ、クロホシイシモチの群れ、トラウツボ、ウツボ、ハナミノカサゴ、ミノカサゴ、オニカサゴ、タカノハダイ、ミギマキ、オキゴンベ、クマノミ、スズメダイの大群、コガネスズメダイ、マツカサウオ、ツマグロハタンポ、オルトマンワラビ、アヤトリカクレエビ、アカシマシラヒゲエビアオウミウシ、キイロイボウミウシ、ハナオトメウミウシ、アワシマオトメウミウシ、サメジマオトメウミウシ、ムラサキウミコチョウ
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 7/1(日曜日)
ネジリンボウ、トビエイ、マトウダイ幼魚、ウミテング、タツノオトシゴタツノイトコ、ヨウジウオ、イシヨウジ、ホソウミヤッコ、ウツボ、トラウツボ、ヒメヒイラギ、アイゴの群れ、メバル(幼魚も多い)、タカノハダイ、ボラの群、チャガラの群れ、サツマカサゴ、イソカサゴ、ミノカサゴ、カサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ、コケギンポ、スズメダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、クマノミの産卵、ネンブツダイ、クロホシイシモチの群れ、ビシャモンエビのペア、イボイソバナガニ、コノハガニ、アケウス、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、アオウミウシ、ニシキツバメガイダイオウタテジマウミウシ、スジコウイカ
6月30日 土曜日
今日の天気は曇り空、凪は良好でした。しかし、透明度がかなりおちています。5mないのでは・・・水温もやや低めで18〜20度台でした。


今日のトビエイ情報
トビエイは全体的に不調でした。0〜3枚くらい、見ることができなかった方も結構いらっしゃいましたが、またいらしてくださいね。

沖の根大型のマダイロウニンアジ級のが1匹います。トビエイかと思って近づいてマダイとわかって、がっかり、でもBIGです。オオモンイザリウオO、また復活です。見れなかった方はごめんなさい。トビエイの群と見間違えてがっかりの大きなメジナたち(トビエイ、トビエイと頭がトビエイモードになっているせいかすべてがトビエイに見えたりします)、マツカサウオ、ムラサキウミコチョウ、ハナオトメウミウシ、アカシマシラヒゲエビなどが見られました。

黄金崎公園ビーチネジリンボウ、ウミテング、タツノオトシゴ、ヘラヤガラ(今年初めて?)、子トビエイ(可愛いです)、ニシキツバメガイの産卵??などが見られました。

6月29日 金曜日
今日も凪ぎ良好、天気良し、透明度は午前のボートは20m以深は水温18度弱のかわりに15〜18m、浅場は22度で6mくらい、午後からは全体的に21度、5mくらいとめまぐるしく、ここ数日と同じパターンです。

今日のトビエイ情報
沖の根にて8枚、そのあとは単体で3枚、午後は0枚といった感じでした。

沖の根アラリウミウシ、2個体見かけました。サメジマオトメウミウシ、アカシマシラヒゲエビ2個体など。

6月28日 木曜日
今日も梅雨の合間の良い天気、久しぶりに午後も風が吹かない穏やかな凪の一日でした。ビーチの透明度は朝早い時間帯の深場は15m、水温17〜18度台、午後は全体的に5〜6m、水温22度台と昨日のボートダイビング同様水温、透明度にかなりの差があります。

黄金崎公園ビーチネジリンボウのペア、ウミテング、タツノオトシゴ、マトウダイの幼魚、子(小)トビエイ、ハナガサクラゲ、クロネズミ、ニシキツバメガイ、ミズヒキガニなどが見られました。

今日のはこれだ!

今日はホタテウミヘビです。黄金崎公園ビーチでは冬場の水温の低い時期を除けばコンスタントに見ることができる生物ですが、泳いでいるのを見たことがありますか?過去にナイトダイビングでニョロリと泳いでいるのを見たことがありますが、今日は白昼堂々と泳いでいました。チャンと小さくて丸い胸鰭が頭の先から10cmくらいの所についているんですよ。
もう一つの目玉はタコノマクラの一斉放精です。午後の2時半頃にかなりたくさんのタコノマクラが同時に放精していました。何となく海中が生臭いような気がしました・・・

6月27日 水曜日
今日も良い天気、心配された凪の方は昼前から強い南西が吹き始め午前でボートクローズとなりました。透明度は朝一番の三つ根は深場で15m以上見えていましたが、沖の根の昼近くは5〜6m、水温も18〜22度と、場所、水深、時間によってかなりばらつきがありました。


今日のトビエイ情報

沖の根にて1本目8〜10枚、2本目も4枚、久しぶりに当たりがでました。

黄金崎公園ビーチトビエイの赤ちゃん良く目にしました。ネジリンボウのペア、ホウボウの赤ちゃん、タツノオトシゴなどが見られています。透明度はあまり良くなく6mくらいでした。

ヒメヒイラギがたくさん群れています。週末のナイトダイビング、期待が高まりますね。

6月26日 火曜日
今日は朝から良い天気でしたが、ボートの方は南西風のうねりがきつくて早々にクローズとなりました。ビーチはうねりの影響はほとんどありませんでしたが、透明度はおちて6mくらい、水温は22度でした。

黄金崎公園ビーチトビエイのチビが各地で見られました。もともとボートのトビエイ目当ての方々だったので大喜びでした。ネジリンボウのペア、アカエイ、キビレミシマ、タツノオトシゴ、タツノイトコ、ウミテング、マトウダイの幼魚、アケウス、アオウミウシ、シロウミウシ、マンリョウウミウシ、タツナミガイ、スジコウイカたくさんなどなどが見られました。
ハッチアウト寸前のアオリイカの卵が少し見られました。

6月25日 月曜日
今日は気温も上がり蒸し暑い一日でした。10時くらいにはかなり強い南西風のためボートが揺れたので午後はボートクローズ、ビーチも底揺れがやや気になりました。
水温は昨日同様冷たく19〜20度台、透明度はボートで15m、ビーチで10mでした。

沖の根トビエイは1枚のみ。フタイロニシキウミウシの赤ちゃん、アワシマオトメウミウシ、マダイ、メジナ、アイゴ、スズメダイ玉など。

黄金崎公園ビーチマトウダイの幼魚、ネジリンボウのペア、タツノオトシゴ、ヨウジウオ、カイワリたくさん、スジコウイカ、コノハガニ。

2001年6月24日 日曜日
項目 データ  項目 データ
天気  曇りのち晴れ   風  南西                  
気温  28度                水温 19〜22度
透明度 8→15m        1.5→2.5m           
今日は午前中は曇り空、夕方近くから晴れ間がでてきました。午前中はまあまあの凪でしたが、昼前から南西風が吹き始め、午後のボートはかなり揺れがありました。おまけに水面の潮も速くて、EN、EX、結構苦戦しました。透明度は午前中8m、午後のボートは冷たい19度くらいの潮が入ってきたため15mくらいは見えていました。

今日のトビエイ情報

全体的には少なかったようですが、一組10枚の群が見られたようです。私は久しぶりにトビエイを単体で間近で見ることができました。個人的には満足。数を競うものではありませんから。でも皆さんはやはりたくさん見たいですよね。

三つ根アヤトリカクレエビ、ゼブラガニ、アラリウミウシ、トビエイも遠くに2枚。

沖の根オオモンイザリウオO郎、マダイ、メジナ、アイゴの群れ群れ、スズメダイもたくさん、クエ、アカシマシラヒゲエビなど。

黄金崎公園ビーチネジリンボウ数個体、、ウミテング、タツノオトシゴ、ニシキツバメガイなど。


ナイトダイビング情報

昨日6/23(土)のナイトダイビングにて、ナイトダイビング隊長A.Sによって今期初めてヒメヒイラギの発光が確認されました。今年も安良里ダイビングセンターはヒメヒイラギの発光観察を行っていきますのでお楽しみに。サカタザメもいましたよ。

★ボート(沖の根、三つ根) 6/24(日曜日)
トビエイ 0〜10枚、オオモンイザリウオマダイ、イシダイ、クエ、マアジの群、キンギョハナダイの群れ、メジナの群れ、タカベの群れ、ブダイ、ニザダイ、アイゴの群れ、、ネンブツダイの群れ、クロホシイシモチの群れ、トラウツボ、ウツボ、ハナミノカサゴ、ミノカサゴ、オニカサゴ、タカノハダイ、ミギマキ、オキゴンベ、クマノミ、スズメダイの大群、コガネスズメダイ、ツマグロハタンポ、オルトマンワラビ、アヤトリカクレエビ、アカシマシラヒゲエビオルトマンワラエビ、ゼブラガニ、アオウミウシ、キイロイボウミウシ、ハナオトメウミウシ、アワシマオトメウミウシ、サメジマオトメウミウシ、ヒロウミウシ、アラリウミウシ
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 6/24(日曜日)
ネジリンボウ、ウミテング、タツノオトシゴタツノイトコ(多い)、イシヨウジ、ホソウミヤッコ、ウツボ、トラウツボ、ヒメヒイラギ、アイゴの群れ、メバル(幼魚も多い)、タカノハダイ、ボラの群、チャガラの群れ、サツマカサゴ、イソカサゴ、ミノカサゴ、カサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ、コケギンポ、スズメダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ネンブツダイ、クロホシイシモチの群れ、オオスジイシモチの口内保育、ビシャモンエビのペア、イボイソバナガニ、コノハガニ、アケウス、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、アオウミウシ、ニシキツバメガイマンリョウウミウシ、スジコウイカ
6月23日 土曜日
今日は曇り空ながら良い凪、水温は一部冷たい潮が入り込んで19〜22度くらい、透明度は8mでした。

今日のトビエイ情報
今日は0〜2枚くらい、3ダイブした私は0枚でした。他の魚が群れていておもしろいのですが、やはりトビエイ狙いのお客様にはトビエイが出ないことには・・・

沖の根オオモンイザリウオO、今日一日だけでかなり移動しています。マダイ、メジナとアイゴの群れ、アオリイカスズメダイ玉、キンギョハナダイの群などが見られています。他アカシマシラヒゲエビ2匹、オルトマンワラエビ、アワシマオトメウミウシ、キイロイボウミウシなど。
また一瞬でしたがイナダの30匹くらいの群が西根を通りました。

黄金崎公園ビーチタツノオトシゴ、ネジリンボウ数個体、サカタザメ(よく見かけます)、ニシキツバメガイたくさん。オオスジイシモチは口内保育しているのをよく見かけます。



 ダイオウタテジマウミウシ金曜日に目撃したシーンです。
ダイオウタテジマウミウシ(大きさ10センチ)がトゲトサカにしっかりかぶりついて食べていました。(@_@)
はがそうと試みましたが離れませんでした。回りのトゲトサカも減った気がします。そのうち全滅
普段砂地に生息していると言われているウミウシが岩場に生息するトゲトサカを食べるなんて??これって普通のこと!!
むーん知らないことがまだまだ
写真提供=河辺様ありがとう。

6月22日 金曜日
昨日からの雨は午前中にはあがりました。ベタ凪、透明度8〜10m、水温22度くらいです。
久しぶりに自分で更新します。この2日間、プロジェクトワイルドなる研修に参加していたので潜っていません。休みも入れて3日間も海に入っていないのは久しぶり、端から見ればいい骨休みというかもしれませんが、毎日潜らないと調子が悪いですね。

沖の根トビエイ2枚、朝一番以外はなかなか群れに当たりませんね。ベニイザリウオ、継続して観察できています。

黄金崎公園ビーチタツノオトシゴは移動していました。ネジリンボウ数個体、トビエイの捕食、たくさんのカイワリ、ウミエラカニダマシなど。

今日のはこれだ!

ダイオウタテジマウミウシ、このところビーチで見られていますが、10cm強の大型のウミウシ、数は余り多くありません。以前砂に潜っているところに出会いましたが、今日はウミトサカを食べていたそうです(山中談)。
6月21日 木曜日
 昨日は強烈南西風のためボートはクローズ、ビーチも珍しくうねりが入り、お客様がダイビング中止にされたのでログの更新もお休みさせていただきました。_(._.)_

 本日は風もおさまり、多少うねりが残りましたが、ビーチを潜ってきました。
ネジリンボウヒレナガネジリンボウがでています。このところずーとフラフラしている1メートル以上もあるサカタザメにも会いました。西伊豆の名物マトウダイの幼魚が見られました。胸鰭が非常に長くて特徴的です。
イボイボバナガニ、ビシャモンエビ、タツノイトコ等なども

テンジクダイの仲間の産卵が始まっています。黄金崎公園ではオオスジイシモチが最初に口内保育を始め、本日ネンブツダイの口内保育を確認しました。ビーチで最も多いクロホシイシモチはしきりに産卵を促す動作を始めています。こちらももうすぐ始まるでしょう。例年オオスジイシモチがトップで始めている気がします。不思議です。
 なんといってもこの時期の楽しみは、雌が卵を産んでオスが口にくわえる瞬間を見ることです。この時期しか見られない決定的瞬間をなんとかビデオに納めたいものです。皆さんもたかがテンジクダイと思わないでちょっと注意して観察してみてください。きっと貴重なシーンに出会えるかもしれませんよ(^_^)v
6月19日 火曜日
今日は朝のうちはやや風がある程度だったのですが、10時頃から南西が強く吹き始めたため、ボートは1ダイブのみとなりました。ただ透明度は良く12〜15mくらい、ビーチのEN場所付近だけ1〜2mと悪かったです。水温は22度を超えています。

今日のトビエイ情報

沖の根にて2枚見られました。

黄金崎公園ビーチサカタザメ、場所を移動していますが、見られています。マトウダイの幼魚、ネジリンボウ2個体、ヒレナガネジリンボウ1個体、ササハゼ、オニハゼ(婚姻色)、チャガラ幼魚の群、コケギンポ、ヨウジウオ、ダイオウタテジマウミウシなどが見られました。

 イッテンフエダイのほぼ成魚サイズが7匹ほど固まって泳いでいました。
 カイワリがマダイやクロサギ、キュウセン、カワハギなどいろいろな魚にくっついて泳いでいるのがたくさん見られますよ。
・ ニシキツバメガイ、一体何匹、いや何十匹いるのでしょうか?数えられないほど見られます。知らない間に大発生しています。一昨年辺りから水温の高い夏場に良く目にするようになりましたが、今の状態はすごいです。
6月18日 月曜日
今日も天気は曇りながら暑いくらい、凪ぎ良好、透明度も少し上がって10〜12m、水温は22度くらいです。明日から天気は下り坂になりそうです。

今日のトビエイ情報

トビエイは朝の早い時間帯には見られたようですが、他は余り見ることができませんでした。また明日・・・

沖の根オオモンイザリウオOベニイザリウオ、マダイ、イシダイの5〜6匹の群れ、キイボキヌハダウミウシ、イガグリウミウシ、アカシマシラヒゲエビなどが見られました。

黄金崎公園ビーチネジリンボウ、タツノオトシゴ、カミソリウオなど。


オオスジイシモチの口内保育、何個体か見かけます。クロホシイシモチやネンブツダイ、キンセンイシモチなどはまだのようなので、同じテンジクダイ科の魚でも時期が微妙にずれるようですね。次に口内保育する魚はどれでしょうか?


 黄金崎公園歩き方その四『黄金崎農園〜2』

黄金崎農園のトマトもだいぶ大きくなりました。キュウリは先に収穫して食べてしまいました。味の方は???もう少しでトマトも収穫ですね。やっぱり時期的に冷やしトマトに塩かけてビールでしょうか。

      
2001年6月17日 日曜日
項目 データ  項目 データ
天気  曇り時々晴れ   風  北東→南西     
気温  23度 水温 21〜22度
透明度 8m        ベタ凪             
今日も曇り空ながら蒸し暑い一日でした。凪ぎ良好、透明度8mくらい、水温21〜22度、水温は少しだけ上がりました。


今日のトビエイ情報

朝の早い時間帯に沖の根にて5枚くらいの群れ、その後は1〜3枚くらい、午後からは1枚くらいでしたが大きな個体をゆっくりと観察できました。また午後の黄金崎ではなんと久しぶりに20枚!!の群が見られたようです。


黄金崎〜午後にトビエイ20枚の群れ、一組だけ見ています。

沖の根〜今日はこの時期には珍しく、マクロ系のガイドの方がいましたのでウミウシ類を捜してきました。ムラサキウミコチョウ(多い)、イガグリウミウシ、キイロイボウミウシの1cmくらいの幼体、ニシキウミウシ、アラリウミウシ、アオウミウシ、キイボキヌハダウミウシ、ハナオトメウミウシ、アワシマオトメウミウシ、サメジマオトメウミウシ、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、など。
他にはオオモンイザリウオO郎、ベニイザリウオ、マダイ、イシダイの老成魚、マアジの群、タカベの群れ、ルリハタなど。

黄金崎公園ビーチカミソリウオ、ネジリンボウ、タツノオトシゴ、ヒメヒイラギ、ニシキツバメガイなど。
★ボート(沖の根、三つ根、黄金崎) 6/17(日曜日)
トビエイ1〜20枚、オオモンイザリウオベニイザリウオマダイ、イシダイの老成魚、マアジの群、キンギョハナダイの群れ、メジナの群れ、タカベの群れ、ブダイ、ニザダイ、アイゴの群れ、、ネンブツダイの群れ、クロホシイシモチの群れ、トラウツボ、ウツボ、ハナミノカサゴ、ミノカサゴ、オニカサゴ、タカノハダイ、ミギマキ、オキゴンベ、クマノミ、スズメダイの大群、コガネスズメダイ、ツマグロハタンポ、オルトマンワラビ、アヤトリカクレエビ、アカシマシラヒゲエビオルトマンワラエビ、アオウミウシ、キイロイボウミウシ、コイボウミウシ、ハナオトメウミウシ、アワシマオトメウミウシ、ニシキウミウシ、サメジマオトメウミウシ、ヒロウミウシ、アラリウミウシ、ムラサキウミコチョウ(多い)
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 6/17(日曜日)
カミソリウオ、ネジリンボウ、タツノオトシゴタツノイトコ(多い)、イシヨウジ、ホソウミヤッコ、ウツボ、トラウツボ、ヒメヒイラギ、アイゴの群れ、メバル(幼魚も多い)、タカノハダイ、ボラの群、チャガラの群れ、サツマカサゴ、イソカサゴ、ミノカサゴ、カサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ、コケギンポ、スズメダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ネンブツダイ、クロホシイシモチの群れ、オオスジイシモチの口内保育、ビシャモンエビのペア、イボイソバナガニ、コノハガニ、アケウス、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、アオウミウシ、ニシキツバメガイ、スジコウイカ
6月16日 土曜日
今日は雨もなく、凪ぎも良好、透明度は今ひとつで6〜8mくらいでしょうか。水温は20〜21度、ドライの方がどんどん減ってきています。


今日のトビエイ情報

朝の早い時間帯は3〜5枚くらい、結構近くで見た方もいたようです。しかし、そのあとは1枚くらい(0枚の方も・・・)、で、最後のグループは2班とも4枚8枚、結構近くで見ることができたようです。

三つ根トビエイは2枚ミツボシクロスズメダイの幼魚(今年初)、アヤトリカクレエビなど。

沖の根オオモンイザリウオOベニイザリウオ、大きなマダイ、イシダイの老成魚、タカベの群れ、マアジの群、小アジの群れ、キンギョハナダイの群れ、メジナとアイゴの群れ、スズメダイの大群、ムラサキウミコチョウ、ニシキウミウシ、オトヒメエビのクリーニングなどなど。とにかく魚影はかなり濃いです。

黄金崎公園ビーチトビエイ、カミソリウオ、タツノオトシゴ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ニシキツバメガイなどが見られています。

6月15日 金曜日
今日も午前中はかなり強い雨でしたが午後からはやみ、少しだけ日も差しました。透明度は8〜10m、水温21度、凪ぎ良好でした。ボートの沖の根ではここ2〜3日、午前中はS→N、午後は逆のN→Sのやや強めの流れがでています。そのせいか流れがかかっているときは大きな群ではありませんがトビエイが3〜5枚くらいで固まって飛んでいることが多いですよ。ということで本日はどうだったのでしょうか、

今日のトビエイ情報

今日も午前、午後ともに3〜5枚くらいの群と単体をよく見ることができました。週末まで続いてくれますように。

黄金崎公園ビーチカミソリウオ、ヒレナガネジリンボウ2個体、ネジリンボウのペア、ササハゼのペア、タツノオトシゴ、お腹ぱんぱんのタツノイトコ、トビエイ、トゲカナガラの幼魚、サラサウミウシの産卵、ダイオウタテジマウミウシ、ミズヒキガニ、クモガニ、ハナガサクラゲ3個体などなど見どころ豊富でした。

オオスジイシモチがすでに口内保育を始めています。

6月14日 木曜日
今日は梅雨らしく一日中雨降り、やや肌寒いくらいでした。透明度は8m、水温20〜21度くらいです。

今日のトビエイ情報

今日も昨日に引き続きトビエイは好調でした。3〜5枚くらいの群の他、単体で1ダイブ中に多いグループだと10枚近く見ることができています。

沖の根小アジの大群がすごいです。オオモンイザリウオO、大型のマダイ、メジナ、アイゴ、スズメダイの大群、ウミウシ類ではニシキウミウシ、アワシマオトメウミウシ、ムラサキウミコチョウなど。

黄金崎公園ビーチカミソリウオタツノオトシゴ、タツノイトコ(多い)、ネジリンボウ、メバルの幼魚の群、チャガラ幼魚の群、スジコウイカ、ニシキツバメガイ(いっぱい)、ミツイラメリウミウシ(まだよく見ます)などが見られました。

           黄金崎公園ビーチでここ10日間ほど見られている
                    カミソリウオ

          
                       
                         PHOTO by S.WAKAGI
              
6月13日 水曜日
今日も梅雨の合間の晴れ間というか曇り空、天気良好、凪ぎ良好でした。透明度は朝の早い時間帯は8〜10mくらいでしたが、その後はかなり濁って5mくらいまでおちてしまいました。水温は20〜21度くらいです。

今日のトビエイ情報

今日は朝一で4枚の群れ、その後も大きいのやら小さいのやら、おまけに幸福の白いトビエイまで飛び出し、合計で15枚近く見れました。スマッシュヒットでした。

沖の根小アジの大群が大変よく見られました。オオモンイザリウオO郎、大型のマダイのクリーニングや、ニシキウミウシ、アワシマオトメウミウシ(まだ見ることができました)、イガグリウミウシの交尾?なども見られました。またアジの群を追っかけてイナダを1匹見ることができました。

黄金崎公園ビーチネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ササハゼ、タツノオトシゴ、ビシャモンエビ、イボイソバナガニ、ミツイラメリウミウシ、ニシキツバメガイなどが見られています。
6月12日 火曜日
今日も昨日に引き続きよい天気、良い凪でした。透明度は8〜10m、水温20〜21度くらい、午前中の沖の根はかなり流れていました。

今日のトビエイ情報

久しぶりに三つ根にて6枚!!沖の根でも多い方で4枚、ただし午後からは見ることができなかった方が多かったようです。

沖の根〜いつもの生物のほか、ベニイザリウオ、コイボウミウシなど。

黄金崎公園ビーチ〜昨日と変わりません。すいません、さぼっているのではなくて新しい発見がなかったもので・・・


黄金崎公園歩き方その三『季節の花〜あじさい』
ビーチに下りていく管理道の脇に自生のあじさいが咲いていました。紫色の方は花を付けていましたが、青い方はまだつぼみでした。雨が降ればカタツムリでも見られるのでしょうか?そういえば最近カタツムリ、目にしなくなりましたね・・・

                   

6月11日 月曜日
今日も梅雨の合間の良い天気、良い凪、透明度は8〜10mくらい、水温20〜21度くらいでした。

今日のトビエイ情報

今日は多い組で4枚、その他のグループもほぼ全員1〜2枚と少ないですが、見ることができています。

沖の根オオモンイザリウオOマダイ、アカシマシラヒゲエビ、ムラサキウミコチョウ(何カ所かで見かけます)など。

黄金崎公園ビーチカミソリウオ、タツノオトシゴ、ネジリンボウなど人気の生物は変わらず見ることができています。
2001年6月10日 日曜日
項目 データ 項目 データ
天気  曇り 風  東→南西     
気温  23度 水温 20〜21度
透明度 8〜10m        ベタ凪             
今日も良い凪ぎ、透明度はビーチ、ボート共に8〜10mくらいでした。水温20度台です。

今日のトビエイ情報

今日も朝のうちは1枚くらい、昼頃が少なくて0枚、午後の遅い時間帯にやっと5枚!!見ることができました。5枚見れた方、ほんとおめでとーです。

沖の根オオモンイザリウオO、一体いつまでその元気な姿を見せてくれるのでしょうか、初観測以来2ヶ月以上がたちました。

黄金崎公園ビーチウミテング、早くも登場!!カミソリウオも元気でした。ニシキツバメガイの異常?発生、ちょっと不気味です。
★ボート(沖の根、三つ根) 6/10(日曜日)
トビエイ1〜5枚、オオモンイザリウオ、ベニイザリウオ、マダイ、アジの群、キンギョハナダイの群れ、メジナの群れ、ブダイ、ニザダイ、アイゴの群れ、、ネンブツダイの群れ、クロホシイシモチの群れ、トラウツボ、ウツボ、ハナミノカサゴ、ミノカサゴ、オニカサゴ、タカノハダイ、ミギマキ、オキゴンベ、クマノミ、スズメダイの大群、コガネスズメダイ、ツマグロハタンポ、オルトマンワラビ、アヤトリカクレエビ、アカシマシラヒゲエビオルトマンワラエビ、ゼブラガニ、アオウミウシ、キイロイボウミウシ、コイボウミウシ、ハナオトメウミウシ、ムラサキミノウミウシ、ムラサキウミコチョウ
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 6/10(日曜日)
カミソリウオウミテング、ネジリンボウ、タツノオトシゴマトウダイ幼魚、タツノイトコ(多い)、イシヨウジ、ホソウミヤッコ、ウツボ、トラウツボ、アイゴの群れ、メバル(幼魚も多い)、タカノハダイ、ボラの群、チャガラの群れ、サツマカサゴ、イソカサゴ、ミノカサゴ、カサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ、コケギンポ、スズメダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ネンブツダイ、キンメモドキの群れ、クロホシイシモチの群れ、スジコウイカ、ビシャモンエビのペア、イボイソバナガニ、コノハガニ、アケウス、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、アオウミウシ、ニシキツバメガイ
6月9日 土曜日
今日は天気は曇りがちでしたが、昼間は結構あたたか(暑いくらい)でした。透明度は10mくらいでまあまあでしょうか、水温は19〜21度、ウェットでいい感じになってきました。やはりダイビングはウェットでしょ!!というのが安良里DCです。

今日のトビエイ情報

今日もトビエイを見にたくさんのお客様にいらしていただきまずはお礼申しあげます。全体的に1枚くらい、中には残念ながら1枚も見れなかった方もいましたが、これにめげずにまたいらしてください。なにぶん自然、生物が相手です、おおらかな優しい気持ちで海に接したり潜れるようになれたらいいですよね。

三つ根〜
アヤトリカクレエビ、まだ見ることができます。

沖の根
〜トビエイぬきでも魚影が濃くておもしろいのですが、やはりこの時期はトビエイが見れないと拍子抜けしてしまいますよね。オオモンイザリウオO郎、今日は定位置に戻っていました。ベニイザリウオも2個体、ムラサキウミコチョウ、ムラサキミノウミウシ、ハナオトメウミウシ(久しぶりに見ました)、アカシマシラヒゲエビなどが見られています。

黄金崎公園ビーチ
トビエイ、シビレエイ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、タツノオトシゴ、カミソリウオ、カイワリ(たくさん見ます)、ニシキツバメガイ、ビシャモンエビ、イボイソバナガニなどが見られています。

6月8日 金曜日
今日の天気は曇りながら良い凪、透明度は昨日同様15m以上見えており午後からも変わりませんでした。水温は一部18度の冷たい潮がありましたが、他は19〜20度くらいです。

今日のトビエイ情報

今日は沖の根にて久しぶりに10枚の群を見ました。ただ結構根から離れており、見たこと自体はもちろん嬉しいのですが、これで大群遭遇!!とか書いてしまうのはどうかなという感じなのでコメントは控えめにさせていただきます。他は1〜2枚、2本目は私は0枚でした・・・ただしいることだけは間違いありませんので、今後に期待してください。

沖の根〜
今日もスズメダイが塊になっていました。オオモンイザリウオO
ベニイザリウオムラサキウミコチョウ、ムラサキミノウミウシ(ちょっと久しぶり)、キイロイボウミウシ、アカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、などなどトビエイ以外もおもしろいですよ。たまには上ばかりでなく下も見て潜りましょうね。

黄金崎公園ビーチカミソリウオ、タツノオトシゴ、ネジリンボウ、ニシキツバメガイ、ビシャモンエビ、イボイソバナガニなどが変わらずに見られています。

6月7日 木曜日
今日は梅雨の合間の晴れとなりました。朝のうち雲が多かったのですが、日中はよい天気に恵まれました。凪ぎも良好、透明度は朝のボートは15m以上見えていました。午後からはやや濁ったもののそれでも8〜10m、久しぶりの良い透明度でした。
水温は21度の暖かい潮と19度くらいの冷たい潮がありました。

今日のトビエイ情報

今日は
沖の根にて単体で2枚ほど、他のグループも余り見ることができなかったようです。


沖の根〜魚影がものすごく濃くなっています。スズメダイの大群、メジナ、アイゴ、キンギョハナダイ、わんさかいます。マダイ、クロダイ、イシダイも結構見かけますよ。他、ベニイザリウオムラサキウミコチョウ、イガグリウミウシ、アカシマシラヒゲエビなど。

黄金崎公園ビーチタツノオトシゴ、カミソリウオ、たくさんのニシキツバメガイ、もちろんネジリンボウも見れています。

6月6日 水曜日
今日は朝から曇り空、午後は雨が降りまた夕方にあがっていますが、終日涼しい一日でした。透明度は朝のうちは8mくらいでしたが、午後の遅い時間帯は4〜5mにおちていました。水温はちょっと冷ためで18.5〜19.5度くらいです。


本日はTBS モーニング天気  (注:モーニング娘は出ません)という番組の中のアウトドア企画でダイビングの取材撮影がありました。この時期はやはりトビエイが見たい!!ということで3本潜りましたが、結果は1枚×2回という寂しいものでしたが、こればかりは生き物ですから仕方がないですね。
オンエアは関東地区のみTBS朝5:30〜5:59(安良里の紹介は3分ほど)です。沖の根の生物やもちろん安良里ダビングセンター ばーん とでますよ、おまけに高橋リポーターの小林さんの楽しいトークもあります。皆様早い時間帯ですのでビデオ録画してみてください。のちほど番組を見たご意見ご感想、お待ちしています。


他、沖の根ではオオモンイザリウオOやマダイ((多くなってきています)、アイゴとメジナの群れ、アカシマシラヒゲエビなどが見られました。

黄金崎公園ビーチニシキツバメガイがよく見られています。

6月5日 火曜日   
  久しぶりにファンダイビングをビーチ楽しんできました。
午前中悪かった透明度も午後から徐々に回復し、10メートル近く見えるようになってきました。そのかわりに水温が20度から18度に下がってしまいました。
 この時期伊豆でダイビングされる方は、陸上が暖かくても5oの2ピースにフードベストが暖かですよ。
 相変わらず元気に茂っているホンダワラの仲間の間をすり抜けて、砂地に下りると、タツノオトシゴがいつもの位置にいました。(ちょっと気になるのはどうもオオウミウマのようでもあるのですが、まだまだ小さいのではっきりとは...)
 ネジリンボウはいつもの個体とちょっと小さめの個体、更に進むと、1メートルくらいのサカタザメをみつけ、遠回りして”気づいていないよ〜”という風に、刺激しないでそーとしておきました。砂地にミシマオコゼらしきものを発見!掘り起こして確認しようかな〜と思いましたが、そのままそのまま。
 ダイヤの魚礁の辺りにはナイトダイビングで発光が待たれるヒメヒイラギ様達がたくさん群れていました。今年こそ!!
 浅い方へ戻ってちょっと早い出現のカミソリウオを確認し、しばらく泳ぐと色のとてもきれいなニシキツバメガイの2.5センチくらいの巨体?がたくさん。 午後から曇ったせいなのか、3時くらいだったせいかヤマドリのオスが雌に求愛していました。エキジット間近にトビエイの子供が砂に顔を突っ込んで餌を食べていました。
まだまだ見たいものやまわりたいコースはあったのですが、1本で回れる範囲はこの程度!黄金崎公園を潜り尽くすには3本くらい必要です。

 この時期の安良里はボートで沖の根のトビエイ、広磯のソフトコーラル、ビーチで小物とワイドマクロ両方が充実しています。
1ボート1ビーチなどといわず、どーんと泊まりで2ボート2ビーチでお待ちしております。としっかり営業を忘れずに!
たまに登場する山中でした。
6月4日 月曜日   
今日はよい天気、良い凪、しかし透明度は良くありません、ビーチ、ボートともに5mあるかないか・・・水温は19.5度くらいでした。

沖の根〜群を見た方もいたようですが、安良里DCのお客様は残念ながら皆0枚に終わりました。今年はまだ当たりはずれが多く、群で見るのは一部の方で他の方は数枚程度のことが多いです。もう少し水温が上がってきてからでしょうか・・・

オオモンイザリウオO郎、ベニイザリウオ、キンギョハナダイの群れ、メジナとアイゴの群れ、ムラサキウミコチョウのペア、など変わらずに見れています。

黄金崎公園ビーチネジリンボウ、タツノトシゴ、マトウダイ幼魚などが見られました。ミツイラメリウミウシがこの時期でもまだまだ多いです。

2001年6月3日 日曜日
項目 データ 項目 データ
天気  晴れ 風  北東→南西     
気温  28度 水温 19〜20度
透明度 4〜10m        2m             
6月最初の日曜日、今日はトビエイ目当てのお客様が大勢いらっしゃいました。ありがとうございました。透明度はビーチは6→4m、ボートも午前中は深場のみスカッと見えていました(そのかわり冷たかったです)が、その後は5mくらいでした。水温は18度後半から19度後半くらいでした。

今日のトビエイ情報

全体的に数枚程度、パラパラでした。

三つ根トビエイ2枚、アワシマオトメウミウシ、ハナオトメウミウシ、アヤトリカクレエビ、ゼブラガニなど。

沖の根〜トビエイの他はオオモンイザリウオO郎、ベニイザリウオ、ムラサキウミコチョウなど。

黄金崎公園ビーチ〜今年初めてカミソリウオが見られました。タツノオトシゴも2個体、ネジリンボウ、マトウダイ幼魚、ダイオウタテジマウミウシなど。ハナハゼ、ヒメユリハゼもたくさんでした。

6/2 ナイトダイビング情報

ヒメヒイラギ、群れていました。今年は発光現象が観察できそうです??サカタザメも見ることができました。この時期のナイトダイビングはシビレエイやサカタザメなどの軟骨魚類をよく見ることが出来ます。

今日のはこれだ!
黄金崎公園ビーチにて今年初めて カミソリウオ が見られました。昨年は7月初旬でしたのでやや早いようです。なかなかきれいな個体でしたよ。
           

                      PHOTO by S.WAKAGI
★ボート(沖の根、三つ根) 6/3(日曜日)
トビエイ数枚、オオモンイザリウオ、ベニイザリウオ、マダイ、アジの群、メバル幼魚の群、キンギョハナダイの群れ、メジナの群れ、ブダイ、ニザダイ、アイゴの群れ、、ネンブツダイの群れ、クロホシイシモチの群れ、メバル幼魚の群、トラウツボ、ウツボ、ハナミノカサゴ、ミノカサゴ、オニカサゴ、タカノハダイ、ミギマキ、オキゴンベ、クマノミ、スズメダイの大群、コガネスズメダイ、ツマグロハタンポ、オルトマンワラビ、アヤトリカクレエビ、アカシマシラヒゲエビゼブラガニ、アオウミウシ、イガグリウミウシ、キイロイボウミウシ、コイボウミウシ、アワシマオトメウミウシ、ハナオトメウミウシ
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 6/3(日曜日)
カミソリウオ、ネジリンボウ、タツノオトシゴヒメヒイラギの群れ、タツノイトコ、イシヨウジ、ホソウミヤッコ、ウツボ、トラウツボ、アイゴの群れ、メバル(幼魚も多い)、タカノハダイ、ボラの群、チャガラの群れ、ヒメユリハゼ、サツマカサゴ、イソカサゴ、ミノカサゴ、カサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ、コケギンポ、スズメダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ネンブツダイ、キンメモドキの群れ、クロホシイシモチの群れ、スジコウイカ、ビシャモンエビのペア、イボイソバナガニ、コノハガニ、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ(たくさん)、アオウミウシ、ダイオウタテジマウミウシ、ニシキツバメガイワレカラモドキ、カマテワレカラ
6月2日 土曜日   
今日は曇り時々晴れ、午前中は比較的穏やかな凪でしたが、午後1時過ぎくらいから南西風が吹き始めたため、以降のボートダイビングはかなり揺れました。午前中の沖の根はS→Nでかなり強い流れがありました。お客さんは逆らって西根に行ったのでちょっと(かなり???)疲れてしまったようです。
透明度は三つ根の深場は10mくらい見えたものの、他はボート、ビートともに5mくらいでした。水温は19.5〜20度くらい、ウェットOKです。

今日のトビエイ情報

1〜5枚とやや少なかったのですが、お一人だけ10枚!!見られた方もおりました。いるにはいるのですがなんといっても透明度が・・・


三つ根トビエイは1枚くらい、ちょっと寂しかったです。

沖の根トビエイは一人だけ?10枚くらい見ましたが、あとは1〜5枚程度、全体的に少なかったようです。オオモンイザリウオO郎、イシダイの老成魚、ムラサキウミコチョウ、イガグリウミウシ、巨大イセエビ、オトヒメエビ、アカシマシラヒゲエビなどもいました。

黄金崎公園ビーチネジリンボウ、タツノオトシゴ、タツノイトコ(多い)、マトウダイの幼魚などが見られました。