過去ログー2003年6月

6月30日 月曜日
 まだ少し底揺れが残っていましたが、徐々に静かになっています。
 透明度は水面近くは5メートルくらいですが、水深が増すごとにきれいになり午前中は15メートル以上見えていました。午後に少し濁ってきましたが12メートルくらいは見ています。
 水温は水面近くは22度水底の水のきれいなところは18度です。
 ウエットスーツの方はフードベストがあった方が・・・・。
 

沖の根〜ウシエイを見ました。昨日いなくなっていたオオモンイザリウオも元の位置に戻っていました。ベニイザリウオもいます。
根回りではメジナの大群とスズメダイの大群、その周りを大型のマダイが取り巻き迫力があります。
大きなマダイ、イシダイの老成魚、キンギョハナダイ群れ、メジナの大群、ハナオトメウミウシ、ニセイガグリウミウシなど。

黄金崎公園ビーチ〜なぜかトビエイが紛れ込んでいて良く目撃されています。ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ウミテング、ジョーフィッシュ、アカシマシラヒゲエビのペア、ナカザワイソバナガニのペアなど。
2003年6月29日 日曜日    
天気  晴れ/曇り   :南西やや強い
気温  :29度  水温 :18〜21度
透明度 :3〜20m   :うねり大きい
昨日からのうねりが結局午後まで残りボートはEN、EXがややハードでした。水中も深場まで底揺れがありました。透明度はボートは6〜8m、ビーチは底揺れのため3〜6m、水温19〜21度です。
午後の遅い時間帯のボートでは18度台の冷たい潮が入り込んでいましたが透明度は15〜20mもあったそうです。

沖の根トビエイは単体で数組が目撃しています。
大きなマダイ、イシダイの老成魚、キンギョハナダイ群れ、メジナの大群、ハナオトメウミウシ、ニセイガグリウミウシなど。

黄金崎公園ビーチネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ウミテング、ジョーフィッシュ、アカシマシラヒゲエビのペア、ナカザワイソバナガニのペアなど。
トビエイやシビレエイ、サカタザメなども見られました。
★ボート( 沖の根 ) 6/29(日曜日)
旬の生物:トビエイ・ベラ類の産卵

よく見られる魚たち:
マダイ・イシダイ・ブダイ・ベニイザリウオキンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・ニシキベラ・イトヒキベラ・クマノミのペア・キンチャクダイ・オキゴンベ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・イラ・ウツボ

死滅回遊魚:ハナキンチャクフグの幼魚・ミツボシクロスズメダイ幼魚・テンクロスジギンポ

ウミウシ類:ハナオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・サラサウミウシ・ニシキウミウシ・ニセイガグリウミウシ・ムラサキウミコチョウ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・ムチカラマツエビ・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・ヒメイソギンチャクエビ・アカスジカクレエビ・アシボソベニサンゴガニ・ゼブラガニなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 6/29(日曜日)
旬の生物:ネジリンボウ・ヒレナガネジリンボウ・ウミテング・ジョーフィッシュ

よく見られる魚たち:
タツノイトコ・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・ホタテウミヘビ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・サツマカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼ

死滅回遊魚:
ハナキンチャクフグ幼魚・テンクロスジギンポ・ヤセアマダイ幼魚・ムレハタタテダイ幼魚

ウミウシ類:ミレニアムマツカサウミウシアオウミウシ・シロウミウシ・サラサウミウシ・コモンウミウシ・ヒロウミウシ・ヒラミルミドリガイ・アメフラシ

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・オルトマンワラエビ・ヒメイソギンチャクエビ・イソギンチャクモエビ・ナカザワイソバナガニ・アケウス・コノハガニ

6月28日 土曜日
今日は朝から小雨が降っていましたが昼過ぎにはあがりました。朝のうちは静かでしたがだんだんと南西風が吹き始めお昼にはボートはかなりの大きなうねりとなり昼からはクローズ、ビーチも午後にはかなり大きなうねりが入り始め潜水注意でした。
ナイトダイビングはうねりにより中止となりました。
透明度は冷たい19度台の所は10〜12m、暖かい21度の所は6〜8mでした。うねりと共に水中の底揺れも強くなりました。

沖の根トビエイは静かなうちに単体で目撃されました。オオモンイザリウオ幼魚、ベニイザリウオニシキベラやカミナリベラの産卵、大きなマダイ、メジナの大群、キンギョハナダイの大群、越冬ミツボシクロスズメダイ幼魚、ムチカラマツエビ、コマチコシオリエビ、アラリウミウシ、キイロウミコチョウなど。

黄金崎公園ビーチネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ウミテング、タツノイトコ、ジョーフィッシュ、ガラスハゼ、マツカサウオ、アカシマシラヒゲエビのペア、コノハガニ、ニシキツバメガイたくさんなど。
6月27日 金曜日
本日も南西の風が吹いたため、ボートは揺れてややうねりもありました。ボートの透明度は午前中は8〜12m、午後は6〜8mくらいでした。水温はボート、ビーチ共に19〜21度でした。
沖の根〜午前、午後とも西根でトビエイが1枚見ることができました。西根の隣の岩にはオオモンイザリウオがいました。他には、Lサイズなマダイが3匹、メジナとキンギョハナダイとスズメダイの群れ、Sサイズのミナミハコフグ等が見られました。
黄金崎ビーチ〜ビーチにトビエイが2枚居ました!小さい方の1枚はホンソメワケベラにクリーニングされていてゆっくりと見られましたよ。アカエイかウシエイのどちらか?も見られました。他にもウミテング、ネジリンボウ、ヤセアマダイ、イワシの大群、マアジの大群、カシワハナダイ幼魚、大きなヒラメ、ジョーフィッシュ、ナカザワイソバナガニ、アカシマシラヒゲエビ等が見られました。

明日の予報も南西の風が吹く予報です。海況の確認をお願い致します。
6月26日 木曜日
南西の風のため、ボートは揺れました。ビーチは問題ありませんでしたが、やや波がありました。ボートの透明度は5〜12mくらい、ビーチは6〜8mくらいです。水温は共に20〜22度でした。そろそろウェットスーツ派と、まだまだドライスーツ派の割合が同じくらいになってきましたね。
沖の根〜トビエイ、オオモンイザリウオ、ベニイザリウオ2個体。スズメダイ・メジナ・マダイの群れがとても綺麗です。サンゴガニ、イソギンチャクモエビ、アラリウミウシ、サメジマオトメウミウシ等が見られました。

黄金崎公園ビーチ〜
ウミテングネジリンボウのペア数個体、ヒレナガネジリンボウ、ムレハタタテダイ幼魚、タツノイトコ、コウイカ、コノハガニ、アカシマシラヒゲエビのペア、ミレニアムマツカサウミウシ、ニシキツバメガイ等が見られています。
アオリイカの卵が増えています!!

明日も南西の風が吹く予報ですので、ボートはやや揺れるでしょう。
6月25日 水曜日
午前9時頃から強い南西の風が吹き、ボートはクローズになりました。ビーチはオープンでしたが、午後からはEN口に時折高い波が入ってきていました。透明度は6〜8m、水温は20〜21度でした。陸から見た予想とは違い、黄金崎ビーチの生物は豊富でした。トビエイの大きい個体、ネジリンボウ、ウミテング、ベニイザリウオ3個体、ヒメヒイラギの大群、アカシマシラヒゲエビのペア等が見られました。ボートがクローズになり残念でしたが、ビーチでも充分楽しんで頂けたのではないでしょうか。

明日も南西の風がやや強く吹きそうです。ダイビングをご予定されている方は、海況の確認をお願い致します。
6月24日 火曜日
午前中は曇りでしたが、午後からは雨が降りました。黄金崎ビーチの透明度はゴロタのあたりで6m、下の方で10mくらいでした。水温は変わらず20〜21度でした。ネジリンボウはペアでたくさん目撃ドキュンです。先日の台風にもめげずに滞在しているウミテングは、大きさ5ミリ弱と言われていますが、きっと8ミリはありますよ。しかし黒くて目立たないので、小さめに伝えておいた方が見つけやすいかもしれませんね。他にもオレンジ色のベニイザリウオ、オキナワベニハゼ、カシワハナダイ、ヤセアマダイの幼魚、コノハガニ、フジイロウミウシ、セスジミノウミウシ等がみられました。

明日は南西の風が吹きそうです。午後からは西の風に変わる予報なので、早めに潜られた方が良さそうです。お天気は、あじさいの似合う雨になりそうですよ。
6月23日 月曜日
黄金崎ビーチの透明度は8m、水温は20〜21度くらいでした。見られた生物はウミテング、ベニイザリウオ、ネジリンボウ数個体とペア、ヒレナガネジリンボウ2個体、アカシマシラヒゲエビのペア、ヤセアマダイの幼魚2個体、ヒメヒイラギの群れ、ハナキンチャクフグの幼魚、ガンガゼエビ、ジョーフィッシュ等です。
ナイトダイビング情報 (6/21) 

昨夜のナイトダイビングにおいても数個体のヒメヒイラギの発光が確認されました。これで3週連続、今年はなかなかすごいですよ!!
サカタザメ、シビレエイなども見られました。
2003年6月22日 日曜日    
天気  曇り   :北東→南西
気温  :25度  水温 :19〜21度
透明度 :6〜8m   :凪
一日曇り空でしたが良い凪です。ボートは朝多少流れが速かったのですがその後はそれほどでもなく底揺れなし、 ゆっくりと潜ることができました。透明度は6〜8m、水温は冷たい所で19度、暖かいところで21度でした。

沖の根〜午前中は行方不明になっていたオオモンイザリウオ幼魚が午後から定位置に戻ってきました。ベニイザリウオも復活です。
ニシキベラの産卵が活発でした。

広磯〜キビナゴの群れ、スズメダイの大群、越冬クマノミ数カ所で、キイボキヌハダウミウシ(今年の広磯は多そう!?)など。

黄金崎公園ビーチネジリンボウのペアが各地にて顔を出していました。ヒレナガネジリンボウ、ジョーフィッシュ、ヤセアマダイ幼魚、70cmくらいはありそうなコロダイの成魚、コアジの群れ、カシワハナダイの幼魚、ウミテングなど。
★ボート( 沖の根・広磯 ) 6/22(日曜日)
旬の生物:オオモンイザリウオ幼魚・ベラ類の産卵

よく見られる魚たち:
マダイ・イシダイ・ブダイ・ベニイザリウオ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・ニシキベラ・イトヒキベラ・クマノミのペア・キンチャクダイ・オキゴンベ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・イラ・ウツボ

死滅回遊魚:ハナキンチャクフグの幼魚・ミツボシクロスズメダイ幼魚・テンクロスジギンポ

ウミウシ類:ハナオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・サラサウミウシ・キイボキヌハダウミウシ・ニシキウミウシ・フタイロニシキウミウシ・ムラサキウミコチョウ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・ムチカラマツエビ・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・ヒメイソギンチャクエビ・アカスジカクレエビ・アシボソベニサンゴガニ・ゼブラガニなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 6/22(日曜日)
旬の生物:ネジリンボウ・ヒレナガネジリンボウ・ウミテング・ジョーフィッシュ

よく見られる魚たち:
ホウボウ・シビレエイ・タツノイトコ・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・ホタテウミヘビ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・サツマカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼ

死滅回遊魚:
ハナキンチャクフグ幼魚・テンクロスジギンポ・ヤセアマダイ幼魚

ウミウシ類:ミレニアムマツカサウミウシアオウミウシ・シロウミウシ・サラサウミウシ・コモンウミウシ・ヒロウミウシ・ヒラミルミドリガイ・アメフラシ

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・オルトマンワラエビ・ヒメイソギンチャクエビ・イソギンチャクモエビ・ナカザワイソバナガニ・カイメンガニ・アケウス・コノハガニ

6月21日 土曜日
久しぶりの晴天で梅雨明けのようなぎらぎらと暑い一日でした。うねりの方は朝の早い時間帯は残っていましたが徐々に減っていきました。水中の底揺れもだんだんと静かになっています。透明度は4〜8m、水温19〜21度、ボートでは午前中やや流れがかかっていました。

沖の根〜午前中にトビエイを単体で数組が目撃しています。西根のカミナリベラ、ニシキベラは元気に産卵しています。
オオモンイザリウオ幼魚は台風のおかげでまた浅いところに上がってきてくれました。ちょっと見づらい位置ですので皆さん、カイメンやヤギ、ムチカラマツを痛めないように気を付けて見て下さいね。(裂けてしまったオオパンカイメンさんより)
マアジやイワシの群れが入り込んでいます。
うねりの後は割れ目からイセエビがたくさん顔をのぞかせていますね。フタイロニシキウミウシ、ハナオトメウミウシ、サメジマオトメウミウシ、タマゴイロイボウミウシ、ムチカラマツエビなどが見られました。

黄金崎公園ビーチ〜うねりの後の割にはネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウが顔を見せてくれました。ウミテングはまだ小さな個体なのですがうねりのあるときでも少しでも影響の少ない場所をうろちょろして飛ばされないようにしているんですね。
ベニイザリウオ、ヤセアマダイ幼魚、ガラスハゼのペア、アカシマシラヒゲエビのペアなどが見られました。
6月20日 金曜日
本日は台風通過後のうねりにより全面クローズです。
朝のうちは思ったよりは静かでしたが(と言ってもクローズですが)午後から夕方にかけての方がうねりが大きくなっています。
底揺れは強く透明度は3〜5mでした。

明日は潜水は可能になるとは思いますが、うねり、底揺れと透明度の悪化がどれくらい回復するかですね。
必ず海況確認の電話をしてから海にお出かけ下さいね!!
6月19日 木曜日
台風の影響がでています。お客様はいらっしゃいませんでしたが、午前は潜水注意、午後からはクローズです。ビーチ、ボート共にうねり、底揺れが大きいです。黄金崎ビーチを潜ったところ、底揺れが大きく2〜3mは横に揺られました。エントリー口にも時折大きな波が入ってきています。透明度は悪い所では1〜2m、良くても3〜4mです。
明日も台風の影響がみられるでしょう。海況には充分注意して下さい。
6月18日 水曜日
朝からうねり、底揺れがありました。時間がたつにつれて徐々に大きくなりました。透明度は10〜12m、水温は19〜21でした。沖の根ではこんな日でも、魚影が濃いようですね。広磯ではベニイザリウオが2個体見られました。
明日も南西の風が吹く予報です。台風の影響は週末にもみられるでしょう。海況の確認をお願い致します。
6月17日 火曜日
一日良い凪でした。午前中はずーっと雨、午後から降ったりやんだりでした。透明度は10〜12m、水温は冷たいところで19度、暖かいところは21度くらいあります。

沖の根〜トビエイは残念でしたね。ニシキウミウシ、ニセイガグリウミウシ、イガグリウミウシ、キイロイボウミウシ、サメジマオトメウミウシなどウミウシ類はまだまだ豊富です。が、あまりウミウシ探しに夢中になっていると上をトビエイが通り過ぎるのでは?とちょっと落ち着かないんですよね。
今日のお客様のコメントにハナミノカサゴに感動とありました。ツノカサゴやボロカサゴじゃなきゃねぇ!!と思われる方も多いかと思います。でも初めて伊豆で潜ったときにたいていの方はミノカサゴを目にして、なんてきれいな魚なんだろう!!もしくはこれが危険な生物にのっていた魚だ、きれいなバラには刺があるもんだな、なーんてこと思いませんでした?そのときのピュアな感動を忘れずにダイビングを続けたいものですね。
6月16日 月曜日
お昼までは曇り、午後からは小雨となりました。本日は凪もおさまり透明度も10〜12mとまずまず、水温が少し下がって19〜21度くらいでした。

沖の根オオモンイザリウオ幼魚、クロスジウミウシ、コイボウミウシの交接などが見られました。

黄金崎公園ビーチネジリンボウ、ウミテングのミニ、ヤセアマダイ幼魚、ムレハタタテダイ幼魚、セスジミノウミウシ、アカシマシラヒゲエビののペアなど。
ヒメヒイラギの大群、マアジの群れ、イワシの群れなど魚影の濃いビーチでした。
2003年6月15日 日曜日    
天気  曇り   :北東→南西
気温  :24度  水温 :20〜22度
透明度 :8〜12m   :ボートはうねりあり
今日は一日曇り空、ボートの方は終日うねり、底揺れがとれませんでした。ビーチの方は静かでした。透明度は8〜12m、水温は20〜22度くらいです。

沖の根トビエイ、昼過ぎからは高確率で見られています。単体から2枚程度ではありますが結構近くで見られて大喜びでしたよ!!
オオモンイザリウオの幼魚、ベニイザリウオ、クロスジウミウシ、ムラサキウミコチョウなども人気です。

広磯〜午後はちょうど良い流れがかかっていて快適ドリフトダイビングでした。
イワシの大群やクマノミのペアと卵(まだきれいなオレンジ色でした)、キイボキヌハダウミウシ、フタイロニシキウミウシなど。

黄金崎公園ビーチネジリンボウ、ウミテング、ジョーフィッシュ、ハナキンチャクフグの幼魚、テンクロスジギンポ、ヤセアマダイ幼魚、タツノイトコ、ニシキツバメガイたくさんなどが見られています。

昨日今日と安良里のボートダイビングはトビエイ狙いの大勢のお客様で賑わいを見せました。お越し頂いた皆様、ありがとうございました。
トビエイを見ることができた方も残念ながら見れなかった方もまたいらしてくださいね。
★ボート( 沖の根・広磯 ) 6/15(日曜日)
旬の生物:オオモンイザリウオ幼魚・ベラ類の産卵・クマノミの卵

よく見られる魚たち:
マダイ・イシダイ・ブダイ・ベニイザリウオ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・ニシキベラ・イトヒキベラ・クマノミのペア・キンチャクダイ・オキゴンベ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・イラ・ウツボ

死滅回遊魚:ハナキンチャクフグの幼魚・ミツボシクロスズメダイ幼魚・テンクロスジギンポ

ウミウシ類:ハナオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・サラサウミウシ・ヒロウミウシ・キイボキヌハダウミウシ・フタイロニシキウミウシ・ムラサキウミコチョウ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・ムチカラマツエビ・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・ヒメイソギンチャクエビ・アカホシカクレエビ・アカスジカクレエビ・アシボソベニサンゴガニ・ゼブラガニなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 6/15(日曜日)
旬の生物:ネジリンボウ・クマノミの卵ウミテング・ジョーフィッシュ

よく見られる魚たち:
ホウボウ・シビレエイ・タツノイトコ・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・ホタテウミヘビ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・サツマカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼ

死滅回遊魚:
ハナキンチャクフグ幼魚・テンクロスジギンポ・ヤセアマダイ幼魚

ウミウシ類:ミレニアムマツカサウミウシアオウミウシ・シロウミウシ・サラサウミウシ・コモンウミウシ・ヒロウミウシ・ヒラミルミドリガイ・アメフラシ

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・オルトマンワラエビ・ヒメイソギンチャクエビ・イソギンチャクモエビ・ナカザワイソバナガニ・カイメンガニ・アケウス・コノハガニ

6月14日 土曜日
朝は晴れていましたが午後になって雨が降り出しました。朝の早い時間帯は比較的静かでしたが昼以降はうねりがやや大きくなりボートダイビングは底揺れもしたためEN、EXが大変でした。透明度は朝のボートでは一部15mは見えていましたが午後からは8mくらい、ビーチの方は8〜10m、夕方多少うねりが入った程度で問題ありませんでした。水温は冷たい20度の潮が入り込んでいるところ以外は21度くらいでした。

沖の根〜トビエイは今ひとつでしたね。オオモンイザリウオ幼魚は居心地が悪いのかよく場所を移動します。
マダイ、イシダイ老成魚、キンギョハナダイの大群、スズメダイ玉、イワシの大群、ハシナガウバウオ、ハナキンチャクフグ幼魚、ガラスハゼ、越冬ミツボシクロスズメダイ幼魚、ムチカラマツエビ、クロスジウミウシ、ムラサキウミコチョウ、ニセイガグリウミウシの交接、ハナオトメウミウシ、サメジマオトメウミウシなどが見られています。ニシキベラの産卵は今日も活発でした。

黄金崎公園ビーチネジリンボウ、今日も元気でした。ウミテング、ベニイザリウオ、ジョーフィッシュ、ヤセアマダイ幼魚、ムレハタタテダイ幼魚、ハナキンチャクフグ幼魚、クロイシモチ、アカシマシラヒゲエビ、ナカザワイソバナガニのペア、ニシキツバメガイたくさん、クロネズミはぱらぱらなどが見られました。
久しぶりにホワイトVオクトパスの目撃例も届いています。

ナイトダイビング情報
先週に引き続きヒメヒイラギの発光が確認されています。その数20個体!!

6月13日 金曜日
朝から一日雨降りでした。ビーチは終日凪でしたが、午後から南西風が少し吹きました。透明度は8→10mとやや回復、水温は21〜22度くらいでした。
黄金崎公園ビーチでは今日もネジリンボウが元気に顔を出していました。
6月12日 木曜日
天気予報は雨予想でしたが、良い天気でとても暑い1日となりました。
透明度と水温は変わっておらず、6〜8m、21〜22度でした。海はとても静かでした。

沖の根〜潜った方はトビエイが1〜2匹ずつ見られたようです。オオモンイザリウオ幼魚もがんばっています。

黄金崎公園ビーチネジリンボウはよくでています。10個体近く見られましたがすべてネジリンボウのみ、ヒレナガネジリンボウがあまり見られませんね。
ジョーフィッシュ、こちらは通常小指の先くらいしかなくその上用心深いので大変観察しづらいのですが、今見られているのは巣穴からかなりでていてとってもよく見えます。と言ってもミニサイズです。
ヤセアマダイ幼魚、ムレハタタテダイ幼魚、ハナキンチャクフグ幼魚、テンクロスジギンポ、クロスジギンポ、マダイ成魚、サビハゼの群れ、チャガラの群れ、オルトマンワラエビ、ナカザワイソバナガニのペア、アカシマシラヒゲエビのペア、アケウス、抱卵しているコノハガニ、ヒラミルミドリガイたくさんなど。
砂地にはニシキツバメガイが意味もなく?たくさん徘徊しています。夏休みの駅前の中学生のようです。クロボウズもちらほら、こちらは数が少ないのでさしずめ見回りをするPTAの父兄と言ったところでしょうか。
クマノミの卵は色が赤黒くなってきています。目玉もはっきり見えるので2〜3日後には孵化しそうですね。卵と言えば気になるのがアオリイカですが、こちらは変わらず二房ほどです。
暖かい時期になると見られるハナガサクラゲもいましたよ。カイワリの15匹くらいの群れも夏らしい感じでしたね。別でヨメヒメジにストーカーのようにまとわりついている個体もいましたが。
6月11日 水曜日
昨日は梅雨入りしたそうですが、本日は早朝に少し降っただけでした。透明度がやや回復しました。ビーチ、ボート共に7〜8mくらい見えていました。水温は変わらず22度くらいです。

沖の根〜オオモンイザリウオの幼魚、イシダイの老成魚、ヘラヤガラ、マダイ、ムラサキウミコチョウ(多い)、イガグリウミウシ、キベリアカイロウミウシ、アラリウミウシが見られました。
ホンベラ、カミナリベラ、ニシキベラの産卵行動が盛んです。特にニシキベラの産卵が目につきました。産卵した側からメジナが集まってきてその卵を食べていましたよ。
トビエイは残念でした。

広磯イタチウオ・キイボキヌハダウミウシスミゾメミノウミウシとその卵、フタイロニシキウミウシ、ベニキヌヅツミガイとその卵などが見られました。

黄金崎ビーチ〜ネジリンボウ、大きなヒラメ、ジョーフィッシュなど。
6月10日 火曜日
 朝のうち雨が少しだけ降っただけで、1日中薄曇りでした。
黄金崎公園ビーチ〜本日もネジリンボウが見られています。だんだん人に慣れてきたせいか近くまで寄っても怖がらない個体もいます。
 発光する魚ヒメヒイラギがたくさん群れていました。久しぶりにこれほどの群れを見たような気がします。今週末のナイトダイビングに期待しましょう。
 ヤマドリも求愛が始まっています。雄が背びれをたてるシーンはなかなか見物です。
その他生物、キビレミシマオコゼ、ジョーフィッシュ、黄色い大きなクロイシモチ、テンスモドキ
6月9日 月曜日
今日も一日うっすらと晴れた良い天気、良い凪でした。透明度はうーん、5mくらいでしょうか。水温は22度、陸が暖かい日でしたらウェットのほうが良いくらいです。午前中のボートは結構速い流れがありました。

沖の根〜相変わらずスズメダイとメジナがぐっちゃりと群れています。マアジの群れが入り込んでしました。オオモンイザリウオ幼魚、ベニイザリウオは汚いのと白と2個体、ウミウシ類はニシキウミウシ、ハナオトメウミウシ、ムラサキウミコチョウたくさん、タマゴイロイボウミウシ、キイロイボウミウシ、アラリウミウシ、クロスジウミウシ、サメジマオトメウミウシ、キッカヒロウミウシ、イガグリウミウシ、ニセイガグリウミウシ、その他和名分からないのが2個体ほど。
カシワハナダイの幼魚もいましたよ。

黄金崎公園ビーチ〜本日はネジリンボウのみでしたが、ペアが2カ所、単体で2個体、計6個体見られました。クマノミの卵もまだまだきれいなオレンジ色をしたままです。

2003年6月8日 日曜日    
天気  晴れ   :北→南東
気温  :24度  水温 :20〜21度
透明度 :4〜5m   :ベタ凪
良い天気、良い凪、絶好のダイビング日和です。さて今日はどんな生物たちとの出会いがあるかなぁ、と期待しながらのエントリー!!
透明度は残念ながら今日も5mくらい、なかなか水が抜けませーん。水温は20〜21度、ウェットダイバー比率も日に日に上昇しています。

沖の根〜今日もトビエイ?と見間違えそうなメジナの大群がお出迎えです。スズメダイ玉もただいま出現中!!オオモンイザリウオ幼魚クロスジウミウシ、サメジマオトメウミウシ、アワシマオトメウミウシ、ムラサキウミコチョウ、キイロウミコチョウ、タマゴイロイボウミウシ、キイロイボウミウシなど透明度が悪いときにはウミウシ類が目につきますね。

黄金崎公園ビーチネジリンボウは6〜8個体くらい出現中!!
イロイザリウオに変わってベニイザリウオが登場しました。ホウボウ・ヤセアマダイ幼魚、ツマジロモンガラ幼魚、テンクロスジギンポ、アカシマシラヒゲエビ、イソギンチャクモエビ、ナカザワイソバナガニ、アケウス、コノハガニ、ベニキヌヅツミガイとその卵、卵と言えば今年は早くもクマノミの卵発見!!この時期にクマノミの卵を見たのは初めでちょっと興奮しました。9月くらいまではかなりの頻度で卵を産むのではと思われます。今後が期待できそうですね。
★ボート( 沖の根 ) 6/8(日曜日)
旬の生物:オオモンイザリウオ・メジナの大群・スズメダイ玉

よく見られる魚たち:
マダイ・イシダイ・ブダイ・ベニイザリウオ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・ニシキベラ・イトヒキベラ・クマノミのペア・キンチャクダイ・オキゴンベ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・イラ・ウツボ

死滅回遊魚:ハナキンチャクフグの幼魚・ミツボシクロスズメダイ幼魚・テンクロスジギンポ

ウミウシ類:ハナオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・サラサウミウシ・ヒロウミウシ・フタイロニシキウミウシ・アラリウミウシ・ムラサキウミコチョウ・キイロウミコチョウ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・アヤトリカクレエビ・ムチカラマツエビ・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・ヒメイソギンチャクエビ・アカホシカクレエビ・アカスジカクレエビ・アシボソベニサンゴガニ・ゼブラガニなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 6/8(日曜日)
旬の生物:ネジリンボウ・クマノミの卵・ベニイザリウオ

よく見られる魚たち:
ホウボウ・シビレエイ・タツノイトコ・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・ホタテウミヘビ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・サツマカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼ

死滅回遊魚:
ハナキンチャクフグ幼魚・テンクロスジギンポ・ヤセマダイ幼魚・ツマジロモンガラ幼魚

ウミウシ類:ミレニアムマツカサウミウシアオウミウシ・シロウミウシ・サラサウミウシ・コモンウミウシ・ヒロウミウシ・ヒラミルミドリガイ・アメフラシ

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・オルトマンワラエビ・ヒメイソギンチャクエビ・イソギンチャクモエビ・ナカザワイソバナガニ・カイメンガニ・アケウス・コノハガニ

6月7日 土曜日
天気は曇りでしたが暖かく一日良い凪、透明度は変わらず5〜6m、水温20〜21度くらいでした。
明日も良い凪に恵まれそうです。

沖の根オオモンイザリウオの幼魚ベニイザリウオ、越冬ミツボシクロスズメダイ幼魚、ハシナガウバウオアヤトリカクレエビのペア、ムチカラマツエビのペア、フタイロニシキウミウシ、クリヤイロウミウシ、サメジマオトメウミウシ、タマゴイロイボウミウシ、ムラサキウミコチョウなどが見られました。
メジナ、スズメダイの群れがスゴイです!!
ニシキベラ、カミナリベラ、ホンベラが元気よく動き回って産卵行動をとっています。

黄金崎公園ビーチネジリンボウは元気に巣穴から顔を出していました。ヤセアマダイの幼魚も2個体、ムレハタタテダイ幼魚、ホシテンス幼魚、ヤマドリ、2003年だというのにミレニアムマツカサウミウシ、アケウス、コノハガニ多数などが見られました。
アオリイカの卵が産卵床に二房ほどついています。

ナイトダイビング情報
今年初めて2個体ほどですがヒメヒイラギの発光が確認されました。ヒメヒイラギ自体は群れで見ることができました。今後期待大ですね。
ネコザメ、サカタザメも見られています。
6月6日 金曜日
朝はやや雲が多かったものの昼前からは良い天気、夕方も西日が暑いくらいです。水面は静かですが、ビーチの浅場は少し揺れがありました。
透明度は昨日より落ちた感じで5m?くらいでしょうか。水温は20度、決して低い水温ではないのですが数日前まで22度の海に入っていたため少々冷たく感じられます。

沖の根〜午前中に潜ったグループが久々にトビエイ10枚の群れを見ました!!今週末は期待大です。
オオモンイザリウオの幼魚も見られています。

黄金崎公園ビーチネジリンボウが比較的浅い水深で5〜6個体、かなり巣穴からでているペアも見られました。メイチダイの成魚サイズ、アオヤガラ、ヤセアマダイ幼魚、ホシテンス幼魚、コノハガニ♂♀などが見られました。
6月5日 木曜日
久しぶりに良いお天気になりました。黄金崎ビーチでは、透明度は少し上がり、6〜8m、水温は少し下がり20度でした。浅場ではやや底揺れがありましたが、小アジの大群や、カマス幼魚の群れなど、生物は賑やかでした。恥ずかしい写真をデカデカと載せられているイロイザリウオ、ネジリンボウは6個体くらい見れました。そしてやっっっとアオリイカの卵が産卵床に生み付けられていました。バ・ナ・ナンボー♪
他には、ホシテンスの幼魚、ヤセアマダイ幼魚、カシワハナダイ幼魚、メイチダイ幼魚、マダイ、ホウボウも見ることができましたよ。
6月4日 水曜日
一日中雨が降り、やや肌寒かったです。海の中は午前中に、流れがありました。透明度は4〜5mで、水温は21度でした。

明日はお天気が回復するでしょう。
6月3日 火曜日
良い天気良い凪でしたが、台風の影響がまだ残っているのか透明度は5〜6mと余りよくありません。水温も少し下がって21度でした。

沖の根〜トビエイは見られませんでしたがもう少し海の中が落ち着いてからでしょう・・・。
巨大なコロダイと同じく巨大なマダイ、結構大きいイシダイの老成魚、ホンベラの産卵行動、オオモンイザリウオの幼魚、ベニイザリウオ、イセエビ、イソギンチャクモエビ、ハナオトメウミウシ、アラリウミウシ、サメジマオトメウミウシ、タマゴイロイボウミウシなどが見られました。
そうそうミナミハコフグの幼魚(パチンコ玉くらい)もいましたよ。
6月2日 月曜日
台風4号のうねりもおさまり、初夏の良い天気の1日でした。これから夏!!と言う感じです。
 透明度は5〜7メートル、水温は21度

 沖の根〜久しぶりにドチザメを3匹見ました。ボーット見ていたらいきなり穴から出てきて、またの下をすり抜けていきました。ちょっとビビリました。
トビエイは西根で2匹目撃されています。その他オオモンイザリウオ・マダイ・スズメダイの群れ・タカベの群れ・クマノミ・ミツボシクロスズメダイ・アヤトリカクレエビ・ドフライニアシュリンプ・クダヤギクモエビ
 
6月1日 日曜日(クローズ)
季節はずれの台風4号の残していったうねりが昨日の昼過ぎから入り始め、ビーチ、ボートもクローズです。ビーチのクローズは久しぶりです。
駆け足で台風が通り過ぎると、台風が過ぎた後からうねりが入ることがあります。
 本日は大潮なのでうねりでいろいろなものが海岸に打ち上げられています。
明日の干潮時にビーチを歩いたらいろいろは発見があるかもしれません。
 台風も悪い面ばかりではないときもあります。
 高橋チーフは滅多に手伝えない村の休日に一斉清掃にかり出されています。
 6月に入りそろそろトビエイは群れの遭遇率が低くなりますが、その代わり7月中旬位まで数匹単位のトビエイへの遭遇率はグーンと高くなります。トビエイは沖の根にホバーリングにやってきているので上手に近づくとすごく近くで見られます。
 トビエイに近づくには‘だるまさんが転んだ’作戦です。詳しくはスタッフまで(^_^)

夕方速報
昼前から天気が回復し、暖かいと言うより暑い1日でした。
うねりも夕方にはずいぶんおさまりました。
明日は潜れるでしょう。透明度がどのくらい回復するか心配です。
台風の後は今まで見なかった生物が顔を出すことがよくあります。
明日の1本目は楽しみです。