過去ログー2003年8

2003年8月31日 日曜日    
天気  曇り   :南西
気温  :30度  水温 :22〜24度
透明度 :5〜6m   :うねりあり
天気は一日くもりでした。朝はベタ凪でしたが昼にかけて南西も吹き始めボートはかなりハードなコンディションとなりました。
沖の根ではあたらしいイロイザリウオが見られたようです。
ビーチの生物達も元気でした。

明日は防災の日です。皆さんも防災寺に何が出来るかこの機会に考えてみてはいかがですか?
静岡県に住んでいるとやはり地震がかなり気になります。一応非常用持ち出し袋なる物を用意しています。使わないですむのが一番なのですが・・・。
★ボート( 沖の根 ) 8/31(日曜日)
旬の生物:オオモンイザリウオ幼魚・クマノミの卵

よく見られる魚たち:
コロダイ・マダイ・イシダイ・ブダイ・ハナタツ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・ニシキベラ・イトヒキベラ・クマノミのペア・ガラスハゼ・キンチャクダイ・オキゴンベ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・イラ・ウツボ

死滅回遊魚:クロフチススキベラ幼魚・ハナキンチャクフグの幼魚・ミツボシクロスズメダイ幼魚・テンクロスジギンポ・タキゲンロクダイ幼魚

ウミウシ類:フタイロニシキウミウシ・ハナオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・ニセイガグリウミウシ・サメジマオトメウミウシ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・ムチカラマツエビのペア・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・アカホシカクレエビハクセンアカホシカクレエビアシボソベニサンゴガニなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 8/31(日曜日)
旬の生物:ハダカハオコゼ・ニシキフウライウオ

よく見られる魚たち:
ミジンベニハゼ・ジョーフィッシュ・タツノイトコ・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・ホタテウミヘビ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・サツマカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼ

死滅回遊魚:
ネジリンボウ・ヒレナガネジリンボウ・タスキモンガラ幼魚・ハナキンチャクフグ幼魚・テンクロスジギンポ・ニセカンランハギ幼魚・ヒラニザ幼魚・アマミスズメダイ幼魚・ムレハタタテダイ幼魚

ウミウシ類:スミゾメミノウミウシ・ミレニアムマツカサウミウシアオウミウシ・シロウミウシ

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・オルトマンワラエビ・ヒメイソギンチャクエビ・イソギンチャクモエビ・ナカザワイソバナガニ・コノハガニ

8月30日 土曜日
夏休み最後の土曜日ということもありビーチには大勢のお客様がいらっしゃいました。天気は良好、ボートは少し揺れたもののまずまずの凪でした。
透明度はビーチ、ボートともにすっきりせず5〜6m、水温22〜24度くらいでした。
ビーチではおおきなサカタザメが見られたようですね。ネジリンボウもたくさん、ハダカハオコゼはダイバーの行列がたくさん、ニシキフウライウオ、ミジンベニハゼウミテング、ジョーフィッシュ、クロユリハゼの幼魚、アカエイ、セミホウボウ、アオヤガラの群れ、カンパチの若魚、スミゾメミノウミウシなどが見られました。
ひさしぶりにアオリイカの産卵も見られていますよ。
ボートでは沖の根にてハナタツやマアジの群れ、コロダイのペア、マダイ、イシダイ、メジナ、アイゴ、イタチウオ、マツカサウオ、ハタタテダイ、フタイロニシキウミウシ、ニシキウミウシ等が見られました。

安良里ダイビングセンターのホームページを海外でも毎日見ていてくださる方がいるとのこと、今日はちょっとおなかが空いているのでこれくらいにしておきますが、また一生懸命更新しますね!!
8月29日 金曜日
朝から南西の風がやや強く、ボートはやや揺れて、うねりもありました。透明度は6〜12m、水温は23〜24度でした。ボートポイントの沖の根では、オオモンイザリウオ、ハナタツ(赤)、キンギョハナダイの群れ、ハナキンチャクフグの幼魚、クマノミのペア、フタイロニシキウミウシがみられました。広磯では、オオモンイザリウオが2個体、クロモドーリスウィラニ(ウミウシ)、センテンイロウミウシ等が見られました。黄金崎公園ビーチでも、ややうねりがありました。透明度は5〜7m、水温は23度くらいでした。ハダカハオコゼ、ニシキフウライウオ、ネジリンボウ、ジョーフィッシュ、イロイザリウオ、ミジンベニハゼと賑やかですよ。

明日の風の予報は、西のち東です。船はやや揺れるかもしれません。お天気はくもり夕方から一時雨です。
8月28日 木曜日
昨日までのうねりもなく静かな一日でした。天気もくもりながらまずまずといったところです。海の中はどうかな?と言いますと濁ってきてしまいました。透明度は5〜6m、ただしボートの広磯は20mより下に行くと15〜18mは見えています。かなりクリアですが、そこは19・5度の世界、踏み込むにはちょっと(かなり)勇気がいりますね。水面近くも水温が下がり21〜23度くらい、あの暖かな海はどこに行ってしまったんだろう・・・。

広磯オオモンイザリウオは2個体、今年は本当にオオモンイザリウオの当たり年ですね。ほとんど見ない年も過去にはあったのに。
クマノミが4回目の産卵をしていました。サクラダイの群れやメジナの大群、オオアカヒトデとヒトデヤドリエビはいたるところに、オーロラのようなイロウミウシの仲間、フタイロニシキウミウシ、ベニキヌヅツミガイとその卵などが見られました。

沖の根〜こちらでもオオモンイザリウオが2個体、いつもほとんど変わらない場所でのんびりしています。当たり前のこですが、イザリウオは刺し棒で触ったりしないで下さいね。嫌がってどこかに逃げてしまいます。
ハナタツ、こちらも2個体、ニシキベラの群れ、マアジの群れ、スズメダイの大群、マダイ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ハクセンアカホシカクレエビなどが見られました。

黄金崎公園ビーチハダカハオコゼ、ニシキフウライウオ、イロイザリウオ、ミジンベニハゼ、ネジリンボウ、ジョーフィッシュなどが人気の生物でしょうか。
トビエイ、ムレハタタテダイ幼魚、ハナキンチャクフグ幼魚、ツマジロモンガラ幼魚、テンクロスジギンポ幼魚等も見られています。
あいかわらずカンパチの若魚の群れも入り込んでいてちょっとエキサイティング!!です。
浅場でムラサメモンガラの幼魚を見ることがあります。モルディブで成魚は見ることがありましたが幼魚は記憶にないな。安良里では初めてです!!
Vマークがピースみたいでかっこいいよ。

8月27日 水曜日
天気予報は雨が結構降るとのことでしたが朝の早い時間帯だけでその後は時折日も差す良い天気となりました。
ボートはややうねりがあり、ビーチ、ボート共に底揺れがあって透明度も5〜8m、全体的に濁った感じでした。水温も低く21〜23度くらい、うーん、と言った感じのコンディションでしたが、水中の方はどうでしょうか。

黄金崎公園ビーチハダカハオコゼは同じ場所でゆらりゆらり揺れています。ちなみに暖かい海では紫色や真っ黄色の個体もいるんですよ。
ニシキフウライウオ、ミジンベニハゼ、ネジリンボウ、イロイザリウオ、ジョーフィッシュ、ムレハタタテダイ幼魚、セスジミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ナカザワイソバナガニのペア、アカシマシラヒゲエビのペアなどが見られました。
また冬の風物詩とも言えるマトウダイの成魚が早くも(!)出現しています。いくら寒い夏だからってそれはないでしょ。

沖の根マアジの大群が入ってきています。それを小さなカンパチが追いかけていました。
メジナやスズメダイも数が多いですね。オオモンイザリウオ、ハナタツ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ニシキベラの群れ、サメジマオトメウミウシ、オトメウミウシ、ヤマブキウミウシなどが見られました。
8月26日 火曜日
南西の風がやや強く、ボートはやや揺れました。ビーチではやや底揺れがありました。透明度は共に白っぽく、5〜7m、水温は22〜24度くらいでした。ボートポイントの沖の根ではオオモンイザリウオが人気を呼んでいます。黄金崎公園ビーチでも小さなイロイザリウオが評判です。あのキュートなお手手と握手したい方が順番待ちをする事もありますが、優しく見守って下さいね。他にはハダカハオコゼが3日前から見られています。ニシキフウライウオ、ネジリンボウ、ミジンベニハゼ、ジョーフィッシュ、も見られています。
またミジンベニハゼととってもよく似たミジンベニハゼモドキ(山中がそう呼んでいるだけですけど・・)がいます。ある魚が子供の頃は空き缶の中に隠れてミジンベニハゼそっくりです。成魚のイメージからは“へー”がたくさん頂けそうです。皆さんなら、なん“へー”つけるでしょうか??

★お知らせです★
テレビ朝日さんにて、ガラスで作られたウミウシが放映されます。27日の朝6時50分からです。黄金崎研修センターで販売中の例のアレです。是非ご覧になって下さいね。
8月25日 月曜日
この夏一番と言っても良いくらいの良い天気でした。やや南西の風が吹きましたがビーチは静かでした。透明度は8〜10m、少し濁った感じで水温は21〜22度の冷たい潮が入ってきていました。
ビーチではネジリンボウミジンベニハゼ、ウミテングカンパチの群れ、浅場でムラサメモンガラの幼魚、ムレハタタテダイ幼魚、アマミスズメダイ幼魚、イロイザリウオ幼魚、アカシマシラヒゲエビ、ミレニアムマツカサウミウシなどが見られました。
2003年8月24日 日曜日    
天気  晴れ/曇り   :南西
気温  :31度  水温 :25〜26度
透明度 :8〜12m   :1m
今日も暑いです。のどばかり渇いて夏ばてしてしまいそうです。ビーチ静か、ボ−トは多少揺れましたが問題なく潜れています。
透明度は多少白っぽくなりましたが8〜12m、水温は25〜26度、まずまずです。
黄金崎公園ビーチではニシキフウライウオ、ウミテングなどの目撃情報が寄せられています。他トビエイ、サカタザメ、ミジンベニハゼ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、イロイザリウオ、アマミスズメダイ幼魚、ムレハタタテダイ幼魚など。
ボートではオオモンイザリウオが3個体、ハナタツが2個体、タキゲンロクダイ、マアジの大群やイサキの群れ、マダイ、コロダイ、イシダイ、ニシキベラの大行進&産卵など魚影の濃さを満喫できます。
★ボート( 沖の根・広磯 ) 8/23(日曜日)
旬の生物:オオモンイザリウオ幼魚・クマノミの卵・ニシキベラの産卵

よく見られる魚たち:
マダイ・イシダイ・ブダイ・ハナタツ・ベニイザリウオ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・ニシキベラ・イトヒキベラ・クマノミのペア・ガラスハゼ・キンチャクダイ・オキゴンベ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・イラ・ウツボ

死滅回遊魚:クロフチススキベラ幼魚・ハナキンチャクフグの幼魚・ミツボシクロスズメダイ幼魚・テンクロスジギンポ・タキゲンロクダイ幼魚

ウミウシ類:フタイロニシキウミウシ・ハナオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・ニセイガグリウミウシ・サメジマオトメウミウシ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・ムチカラマツエビのペア・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・アカホシカクレエビハクセンアカホシカクレエビアシボソベニサンゴガニなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 8/23(日曜日)
旬の生物:イロイザリウオ幼魚・イワシの大群・カンパチの群れ

よく見られる魚たち:
ミジンベニハゼ・タツノイトコ・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・ホタテウミヘビ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・サツマカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼ

死滅回遊魚:
ネジリンボウ・ヒレナガネジリンボウ・ニシキフウライウオ・ハナキンチャクフグ幼魚・テンクロスジギンポ・ニセカンランハギ幼魚・ヒラニザ幼魚・アマミスズメダイ幼魚・ムレハタタテダイ幼魚

ウミウシ類:ミレニアムマツカサウミウシアオウミウシ・シロウミウシ

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・オルトマンワラエビ・ヒメイソギンチャクエビ・イソギンチャクモエビ・ナカザワイソバナガニ・コノハガニ

8月23日 土曜日
今日も夏らしい良いお天気でした。まさに残暑と言った感じです。昼くらいからボートが多少揺れましたが特に問題なく、透明度もボートで12〜15m、ビーチは15→8m、水温は共に高く25〜26度でした。

黄金崎公園ビーチウミテング、ミジンベニハゼ、ササハゼなどの新顔が見られました。ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、イロイザリウオ極小、ジョーフィッシュ、トビエイ、アマミスズメダイ幼魚、ムレハタタテダイ幼魚等が見られました。
が、今日のビーチはイワシの大群、それも半端な数ではありません。海が真っ黒になるくらいの数でした。それをカンパチの若魚の数十匹の群れとアオヤガラの群れが捕食するために追いかける追いかける、すごかったですね。

沖の根〜こちらも魚影の濃さなら負けてはいません。スズメダイの大群にマアジの大群、大きなマダイ、キンギョハナダイの群れ、ニシキベラの大群とその産卵、なかなかの迫力でした。
オオモンイザリウオ、ハナタツ、ヘラヤガラ、イタチウオ、ハクセンアカホシカクレエビ、ヤマブキウミウシ、ニセイガグリウミウシ、ハナオトメウミウシ、ニシキウミウシなどが見られています。

広磯〜こちらもオオモンイザリウオ、クマノミの卵、ベニキヌヅツミガイとその卵、クニエイ(ひらひらしながらかなり激しく移動する伊豆ではちょっと珍しいウミウシです)等が見られました。
8月22日 金曜日
お天気も良く海は凪でした。ボートポイントの沖の根では、また新たにイロイザリウオが発見されました。オレンジ色で、おとといに見られた個体とは別です。ハナタツ、オオモンイザリウオ、スズメダイの大群、ニシキベラの大産卵も、透明度が良いと、よりいっそう美しいですね。水玉模様がとってもかわゆいミナミハコフグの幼魚も見られましたよ。タマゴイロイボウミウシ、ハナオトメウミウシも見られました。黄金崎公園ビーチでは、小さいイロイザリウオがまだまだ人気を独り占めしているようです。その他にもネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、コノハガニ、、クロホシイシモチも見られています。

明日も良い凪、良いお天気となるでしょう。
8月21日 木曜日
久しぶりに晴れ間がのぞきました。張り切って器材を干したり、更衣室のマットを洗ったりしました。やっぱり晴れの日は気分も晴れ晴れ、微笑三太郎という感じですね。
凪も良好、透明度はビーチは4〜8m、ボートは12〜18m(朝の早い時間帯)、水温は今日は比較的温かく下に降りても24度でした。

黄金崎公園ビーチ〜台風後いなくなってしまったミジンベニハゼを別の場所で発見!!イロイザリウオの極小黄色も発見!!
ネジリンボウのペア、極小イロイザリウオ、ジョーフィッシュ、ムレハタタテダイ幼魚の群れ、ハナキンチャクフグ幼魚、ツマジロモンガラ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、アマミスズメダイ幼魚なども見られました。
今日も引き続きイワシの群れを追いかけるカンパチ、アオヤガラの群れが元気でした。

広磯〜ちょっと久しぶりに潜りました。オオモンイザリウオが変わらずというか成長しています。イロイザリウオの大きな個体も見られました。ハナタツの黄色はちょっと珍しいですかね。クマノミのペアは今期4度目?の卵、もうハッチアウト寸前でした。
深場ではシラコダイの群れ、ブダイの群れ、ニザダイの群れなど透明度がよいのでよく見えましたね。

沖の根〜こちらでもオオモンイザリウオが2個体、ハナタツは1個体、ハクセンアカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、タマゴイロイボウミウシ、ハナオトメウミウシ、サメジマオトメウミウシ、ちょっと珍しめのヤマブキウミウシなどが見られました。
ボートでは余り見た記憶がないテングチョウチョウウオや大きなツノダシ、ミツボシクロスズメダイの幼魚、浅場にはアオリイカの赤ちゃんの群れなど賑やかになってきましたよ。
8月20日 水曜日
雨にも降られず、凪でした。ビーチの透明度は5〜10m、水温は24〜26度くらいでした。見られた生物はネジリンボウのペアたくさん、久しぶりにヒレナガネジリンボウ、小さいイロイザリウオ、ジョーフィッシュ、ムレハタタテダイ幼魚、アマミスズメダイ幼魚イシガキダイ幼魚、セミホウボウ、大きなコロダイ、アカシマシラヒゲエビ等でした。
相変わらずイワシの群れをマダイ、カンパチ、アオヤガラなどが狙っています。

ボートポイントの沖の根では透明度は6〜12m、水温は24〜26度でした。見られた生物は大きなイロイザリウオ、オオモンイザリウオは2個体、ハナタツも2個体、ニシキベラの大群、イガグリウミウシ、フタイロニシキウミウシ、サメジマオトメウミウシ、ハナオトメウミウシの交接、サキシマミノウミウシ、アカホシカクレエビ等です。

明日も雨は降らないでしょう。凪もよさそうです。
8月19日 火曜日
凪は良好、天気は一日曇りで夕方から雨が降り出しました。
透明度は暖かいところは3〜4m、冷たいところでは8〜18m、水温は19度〜26度、暖かいところと冷たいとろの差がものすごいです。

黄金崎公園ビーチ〜ネジリンボウは水温が低いせいか昨日ほど巣穴からの出具合が良くありませんでした。イロイザリウオ、アマミスズメダイ幼魚、ムレハタタテダイ幼魚、クロユリハゼ幼魚、セミホウボウ、ホタテウミヘビ、モンガラドオシ、ヤマドリの求愛、イタチウオ、カイワリたくさん、コノハガニ、タマゴイロイボウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ等が見られました。

今日もイワシの群れマダイ、カンパチ、アオヤガラ、カイワリが追っかけ回して水中はキラキラとてもエキサイティングでしたね。

明日こそ晴れると思います。
8月18日 月曜日
南西の風が吹き、ボートはやや揺れました。天気は曇り空、ほんの少しだけ日が差しました。
沖の根の透明度は8〜10m、水温は25度くらいでした。新たにイロイザリウオが発見されました。20センチ程の大きさで肌色の個体です。水色のオオモンイザリウオピンクのベニイザリウオも見られており、パステルカラーがかわいいですね。その他、ハナタツ、イタチウオ、フタイロニシキウミウシ、アラリウミウシも見られました。ヨツハモドキという珍しいカニも見られましたよ。
ビーチの透明度は午前中は8m→3〜4m、午後になって急に濁りました。水温は25〜26度、暖かでした。
ネジリンボウは数個体、ランドールズピストルシュリンプと共生しているものもいました。ヒメオニハゼもランドールと共生していますね。極小イロイザリウオも引き続き観察できました。クマノミのペアと卵、ジョーフィッシュ、アカシマシラヒゲエビのペア、イソギンチャクモエビ、ナカザワイソバナガニのペア、コワタクズガニ等が見られました。
シラスを追いかけてカンパチの若魚が10〜15匹、マダイも追いかけましています。テンジクダイ科の稚魚、幼魚がたくさん群れています。メジナの幼魚も浅場にたくさんいますね。トゲチョウチョウウオ幼魚、ツマジロモンガラ幼魚、ミナミハコフグ幼魚、ムレハタタテダイ幼魚なども見られました。
2003年8月17日 日曜日    
天気  曇り   :北東→南西
気温  :25度  水温 :24〜25度
透明度 :8〜12m   :凪
久しぶりの曇りの天気(やっと雨があがったということですね)でした。曇り空とはいえ雨が降らないというのはいいものです。とはいえ湿度が高くじめじめとしています。
凪も良好、水温も高く下に行っても24度以上あります。透明度はボートで8〜12m、ビーチで6〜8mくらいでした。

沖の根オオモンイザリウオ、イロイザリウオ、ベニイザリウオ、イザリウオ御三家がそろい踏みでした。大きなマダイが迫力大です!!ハナタツは良く動きますね、ジボガウミウシ、フタイロニシキウミウシ、ハナオトメウミウシ、タマゴイロイボウミウシなどウミウシ類も良く目にします。

黄金崎公園ビーチ〜イワシの群れを追ってシマアジの群れが入り込んでいました。トビエイの大きな個体が深場で目撃されています。
小さなイロイザリウオが変わらず見られています。ネジリンボウも元気です!!

来週からはまた夏らしい日が戻るそうなので残り少なくなってしまった夏を少しエンジョイできそうですよ。
★ボート( 沖の根 ) 8/17(日曜日)
旬の生物:イロイザリウオ幼魚・オオモンイザリウオ幼魚

よく見られる魚たち:
マダイ・イシダイ・ブダイ・ハナタツ・ベニイザリウオ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・ニシキベラ・イトヒキベラ・クマノミのペア・ガラスハゼ・キンチャクダイ・オキゴンベ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・イラ・ウツボ

死滅回遊魚:クロフチススキベラ幼魚・ハナキンチャクフグの幼魚・ミツボシクロスズメダイ幼魚・テンクロスジギンポ・タキゲンロクダイ幼魚

ウミウシ類:フタイロニシキウミウシ・ハナオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・ニセイガグリウミウシ・サメジマオトメウミウシ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・ムチカラマツエビのペア・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・アカホシカクレエビハクセンアカホシカクレエビアシボソベニサンゴガニなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 8/17(日曜日)
旬の生物:イロイザリウオ幼魚・カイワリの群れ

よく見られる魚たち:
タツノイトコ・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・ホタテウミヘビ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・サツマカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼ

死滅回遊魚:
ハナキンチャクフグ幼魚・テンクロスジギンポ・ニセカンランハギ幼魚・ムレハタタテダイ幼魚

ウミウシ類:ミレニアムマツカサウミウシアオウミウシ・シロウミウシ

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・オルトマンワラエビ・ヒメイソギンチャクエビ・イソギンチャクモエビ・ナカザワイソバナガニ・コノハガニ

8月16日 土曜日
今日も午前中は強い雨でした。船原峠では通行止めが出ていたようですが車は無事通過できたようです。午後からは少し小雨となっています。
凪は良好、透明度は浅場は雨の濁りもあって3mくらいでしたが、深場に行くと6〜8m、時間によっては10m程度見えていた時もありました。水温は24〜25度、暖かでした。

明日も天気は雨模様ですが昼からはやみそうな予報です。

黄金崎公園ビーチカミソリウオ、極小イロイザリウオ、ネジリンボウ、ムレハタタテダイ幼魚などが見られました。

沖の根マアジの大群がすごかったです!!
オオモンイザリウオ、イロイザリウオ、ハナタツ、キンギョハナダイの群れ、マダイなど。
8月15日 金曜日
昨日から降り続いた大雨の影響で、朝海を見たら真っ茶色!!!
それでもビーチは透明度10メートル最終的に2〜3メートルでした。
ボートは水面は多少濁っていましたが水底は透明度が良く12メートルから15メートルでした(感激!)。ただボートも2時30分くらいから濁りが押し寄せて、最後は視界不良になっていました。水温は22〜24度と高くなっていました。

 明日早朝から透明度チェックします。西伊豆へお越しの方は電話でお問い合わせ下さい。

黄金崎公園ビーチ極小イロイザリウオ、ミナミハコフグ幼魚マツカサウオ、ハタタテダイ、ネジリンボウ、ニセカンランハギ幼魚、ツマジロオコゼ、アカシマシラヒゲエビなど

沖の根〜オオモンイザリウオ、イロイザリウオ、ベニイザリウオトリオそろい踏み!!ハナタツ、クダヤギクモエビ、アシボソベニサンゴガニ
8月14日 木曜日
一日中雨が降っておまけに強い北東風が吹き荒れ、ほんとうにオーガスト?と言った感じでした。陸も寒ければ水温も20〜22度と低め、なかなか夏なのにワンピのウェットが着れません。透明度は昨日より少し濁った感じで浅場で3〜4m、深場で6〜8mでした。

黄金崎公園ビーチネジリンボウ、ベニイザリウオ、アオヤガラの群れ、ムレハタタテダイ幼魚の群れ、ニセカンランハギ幼魚、ツマジロオコゼ、アカシマシラヒゲエビなど。

沖の根トビエイ、オオモンイザリウオ、イロイザリウオ、ハナタツ、ニシキウミウシ、サメジマオトメウミウシ、ハナオトメウミウシなど。
8月13日 水曜日
夏らしくない曇りの一日でした。毎年この時期は暑い暑いとブーたれているのに、いざ涼しくなると、「夏らしくないな〜」などと好き勝手な事を言っている我々って何なんだろう??本当に勝手ですね(^_^;)(^_^;)
 透明度は浅いところはまだ濁っていますが、少し潜ると8メートルくらい見えています。水温は24度から20度です。10メートルを超えると冷たいのでフードベストをお持ちの方は持参して下さい。

沖の根〜スズメダイ、キンギョハナダイ、メジナの群れ群れ群れ、オオモンイザイリウオは昨日と違った場所に移動して色も少し変わっていました。レモン色の綺麗なイロイザリウオ、ベニイザリウオ、ハナタツ、アカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、ムチカラマツエビ、ハナオトメウミウシの交接、サメジマオトメウミウシ、コイボウミウシなど。

黄金崎公園ビーチカイワリの50匹以上の群れが入り込んでいました。
イワシを追って70cmクラスの大きなマダイが2匹、ビーチに現れています。
ネジリンボウ、大きなヒラメ、ヤマドリは雄、雌、幼魚、クロイシモチの口内保育キリンミノカサゴ、ヒラニザ幼魚、アカシマシラヒゲエビのペア、ヨコシマエビ、ナカザワイソバナガニのペア、コノハガニは沢山(卵を持っているメスもいます)、ヒメイカ、アオリイカの子供の群れなど。

朝のうちに比べて午後の方が透明度が回復してきています。ゴロタの浅場で4m、砂地では8〜10mくらい見えているところもありました。
このまま回復に向かってくれると良いですね。
8月12日 火曜日
今日は朝方雨が降った後、昼間は時折日が差したり小雨が降ったりと忙しい天気でした。午前中はよい凪、昼過ぎからボートはやや南西風が吹き揺れました。
透明度がビーチ、ボート共に落ちてきています。
浅場は1〜3m、深場にいくとボートで6m、ビーチでも6〜8m(はないかな)くらい、水温は濁ったところは24度以上、やや見えているところは20〜22度くらいです。早く回復してくれると良いのですが・・・。

沖の根オオモンイザリウオが新たに発見されました!!
イロイザリウオ、ハナタツ、イナダ、アジの群れ、キンギョハナダイの群れ、メジナの群れ、ブダイの群れ、アカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、ムチカラマツエビ、ハナオトメウミウシの交接、サメジマオトメウミウシ、コイボウミウシなど。

黄金崎公園ビーチネジリンボウ、クロイトハゼ、オニハゼ、サツマカサゴ、オニカサゴ、ミノカサゴ、ヤマドリ、タツノイトコ、カイワリの20匹くらいの群れ、ムレハタタテダイ幼魚、テンクロスジギンポ、ニセカンランハギ幼魚、コノハガニ、ナカザワイソバナガニ、アカシマシラヒゲエビなど。小魚を追って大きなマダイが入って来ています。
昨日ハッチアウト寸前だったクマノミの卵はハッチアウトしました。これで3回目の産卵終了です!!
8月11日 月曜日
今日も夏らしい良い天気でした。凪は良好、水中も静かでした。透明度はビーチの浅場は2〜3m、深い方にいくと8m、ボートも浅場は2〜3m、根回りは8〜15mくらいでした。水温はきれいなところは18〜20度、濁ったところは24度以上とかなり差がありました。

沖の根トビエイが2枚見られました!!イロイザリウオ、ハナタツは台風のうねりもめげずに頑張っていました。タカベの群れ、サクラダイ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、サメジマオトメウミウシ、キイロイボウミウシ、コイボウミウシ、ハナオトメウミウシ等が見られました。
ニシキベラが大産卵していました!!

黄金崎公園ビーチイロイザリウオのちょっと大きめの個体がいます。ネジリンボウが数個体、結構近くまで寄れました。サカタザメ、アザハタ幼魚、ムレハタタテダイ幼魚(少しずつ群れ始めています)、トゲチョウチョウウオ幼魚、ジョーフィッシュ、ナカザワイソバナガニ、アカシマシラヒゲエビ、久々登場ヨコシマエビなどが見られています。
8月10日 日曜日
昨日の夕方は今年一番の荒れ具合だったので今日はまずクローズだと思ったのですが、なんと思ったよりビーチは静かになっていました。透明度は一日変わらず2〜3mでしたが、EN、EX口はうねりも小さく底揺れもあまりありませんでした。水温は23〜24.5度と暖か、うねりのすごさを物語るような砂紋がものすごかったですね。
台風一過ということでお天気は快晴、沢山の海水浴客がビーチに来ていました。
ネジリンボウが数個体、クロイトハゼ、イロイザリウオ、ジョーフィッシュ、マゴチ、ハナミノカサゴ、アカシマシラヒゲエビ、ナカザワイソバナガニのペア、ベニキヌヅツミガイと卵、クマノミの卵もハッチアウト寸前等が見られました。
明日以降徐々に海の方も落ち着きを取り戻してくると思います。
8月9日 土曜日
台風10号の影響のため本日も全面クローズです。
明日も厳しいコンディションになるでしょう。





黄金崎公園ビーチの波
8月8日 金曜日
本日は台風10号接近のため、全面クローズになりました。
夕方のビーチはかなり大きなうねりが入ってきています。

明日も厳しいコンディションとなりそうです。ダイビングを予定されている方は海況確認をよろしくお願いいたします。
8月7日 木曜日
今日は朝強い雨が降ったあとは一日良い天気でした。朝から昼にかけては台風接近を感じさせないほど静かでした。が、午後からは時折ビーチには大きなうねりが入り、水中の透明度も6→4mに、底揺れも出始めました。

明日、明後日は台風10号の接近に伴い厳しいコンディションとなりそうです。ダイビングを予定されている方は海況確認の方よろしくお願い致しいます。

黄金崎公園ビーチサカタザメ、ネジリンボウはペア、単体共にやや少なめ、ジョーフィッシュ、ウミテング、ミジンベニハゼ、クロイトハゼ、ムレハタタテダイ幼魚が4〜5匹の群れに、ニセカンランハギ幼魚、ツマジロモンガラ幼魚、ハナキンチャクフグ幼魚、クマノミのペアとハッチアウト寸前の卵、カイワリの群れ、アオヤガラの群れ、クロイシモチ、ウデフリツノザヤウミウシ、セスジミノウミウシと3mmくらいの幼体、アカシマシラヒゲエビ、コノハガニ、ソバガラガニ(ちょっと珍しい)、アオリイカの卵などが見られました。
8月6日 水曜日
台風の影響が心配される中、本日の黄金崎公園ビーチは静かでした。透明度はやや落ちて5〜6m、水温はやや上がり21〜23度くらいでした。ネジリンボウは相変わらずたくさん見られています。ミジンベニハゼもサザエのお家が気に入ったようですね。ンガクック!久しぶりにウデフリツノザヤウミウシも見られました。みなさんお想像するより大きくて驚かれますね。クロイトハゼ、ハナキンチャクフグ幼魚、ニセカンランハギ幼魚、テンクロスジギンポ、セスジミノウミウシ、ミチヨミノウミウシなども見られました。

沖の根は時間帯によって5mくらいの時もあったようでしたが午後からは浅場は5mくらいでしたが、下は見えてるところは10〜15m、ただし19〜20度とかなり冷たい潮でした。
今日はベラの産卵は一休みと言った感じでマダイが数匹、イシダイも数匹、キンギョハナダイが乱舞していました。西根は魚が多くて楽しいですね。ハナタツは1匹のみ、クマノミのペアやミツボシクロスズメダイ幼魚、マアジの群れなどが見られています。

気になる台風10号の動きですが、現在沖縄にいて北上中です。予報通りですと今週末の土曜日あたりはコンディションが悪化しそうですね。場合によっては潜れないことがあるかもしれません。

週末ダイビングを予定されている方は必ず海況確認をしてください。
8月5日 火曜日
夏本番ですね。最高気温は32度ととても蒸し暑くなりました。そんな陸では暑い中、海の中の水温は冷たい所で19度、水面近くは23度でした。黄金崎公園ビーチの透明度は6〜8mでした。とっても小さいイロイザリウオが話題になっています。みなさんには、台風で飛ばされないかとご心配をおかけしております。暖かく見守っていて下さい。水温はやや下がり気味ですが、ネジリンボウ、ジョーフィッシュ、ヤセアマダイの幼魚は元気でした。お客様から頂いた情報ですが、名前は派手でも見た目は地味なハワイアントラギスが居たようですね。ミジンベニハゼも小さいのでサザエの殻の奥に隠れてしまうと、見れないようですね。本日も見れた方と見れなかった方がいました。沖の根の透明度は8〜12mくらいでした。ベニイザリウオは台風を予知したのか、穴にはまり込んでいました。タカベ、マダイ、メジナの群れがきれいでした。ハナタツはペアで揺られていましたね。ウミウシではムラサキウミコチョウタマゴイロイボウミウシハナオトメウミウシ、サメジマオトメウミウシ、サラサウミウシ等が見られましたよ。西根ではニシキベラの産卵が激しく行われていました。トビエイが3枚通過していくのが見られましたよ!

台風10号が沖縄にいます。このまま北上してくるとうねりの影響が木曜日くらいには出てきそうですね。ちょっと週末が心配です・・・。

8月4日 月曜日
今日は予報に反して良い天気でした。凪良好、ビーチは透明度8〜10m、ボートで8〜15m、水温は20〜24.5度くらいでした。

黄金崎公園ビーチネジリンボウのペア、ムレハタタテダイ幼魚、ヤセアマダイ幼魚、トビエイの捕食、ヤマドリの求愛、ミジンベニハゼ、アオリイカの卵、サラサウミウシなどが見られました。
極小のイロイザリウオ発見!!飛ばされないと良いのですが。

沖の根では今日も大きなマダイが4匹ほど西根にいましたね。久しぶりにニシキベラの産卵が活発でした。イロイザリウオ、ハナタツ2匹、ムラサキウミコチョウなど、広磯ではオオモンイザリウオ幼魚、クマノミのペアと卵、タキゲンロクダイ幼魚、リュウグウウミウシの仲間などが見られました。
2003年8月3日 日曜日    
天気  晴れ   :南西
気温  :30度  水温 :21〜26度
透明度 :8〜15m   :凪
今日も良い天気、絶好調です。透明度はビーチは8m、ボートは朝の早い時間は12〜15m、その後は8〜10mくらいでした。ビーチは高水温で24〜26度、ボートは浅場は24度、下に行くと一部22度とちょっと冷たく感じられます。

黄金崎公園ビーチネジリンボウ、ウミテング、イザリウオ、ウデフリツノザヤウミウシなどが見られています。
アオリイカ十数匹の産卵シーンが目撃されました。ビーチのアオリイカの産卵は他の地区より例年遅いのでこれからが狙いめです。

沖の根マダイ、イシダイがたくさん見られています。メジナの群れ、スズメダイの群れ、スゴイですね。イロイザリウオ、ハナタツ2個体、ムラサキウミコチョウなどが見られました。

広磯〜クダゴンベ、大勢の方が捜していたようですが残念ながら見られませんでした(見た方がいるかも)。オオモンイザリウオ、どんどん成長しています。
★ボート( 沖の根 ・広磯) 8/3(日曜日)
旬の生物:クダゴンベ・イロイザリウオ幼魚・オオモンイザリウオ幼魚・クマノミの卵

よく見られる魚たち:
マダイ・イシダイ・ブダイ・ハナタツ、キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・ニシキベラ・イトヒキベラ・クマノミのペア・ガラスハゼと卵・キンチャクダイ・オキゴンベ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・イラ・ウツボ

死滅回遊魚:ハナキンチャクフグの幼魚・ミツボシクロスズメダイ幼魚・テンクロスジギンポ・タキゲンロクダイ幼魚

ウミウシ類:フタイロニシキウミウシ・ハナオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・ニセイガグリウミウシ・サメジマオトメウミウシ・ムラサキウミコチョウ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・ムチカラマツエビのペア・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・ハクセンアカホシカクレエビアシボソベニサンゴガニ・イボイソバナガニなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ )