過去ログー2003年10月

10月31日 金曜日
一日曇り空でしたが凪良好、透明度は10〜12m、水温21〜22度、少しずつ水温が下がってきています。

黄金崎公園ビーチより
●行列のできる人気者達:イッポンテグリ、クマドリイザリウオ
●比較的見やすい人気者達:ミジンベニハゼのペア、カミソリウオ、ウミテング、イロイザリウオ数個体、ネジリンボウ
●よーく捜してみよう:アサヒハナゴイ(水深10m)、モンスズメダイ幼魚、ミヤコキセンスズメダイ幼魚、アオハナテンジクダイ幼魚、ハタタテハゼ幼魚、カシワハナダイ&ケラマハナダイ幼魚、ハチマキダテハゼ
●普通に見られる死滅回遊魚たち:シコクスズメダイ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ツマジロモンガラ幼魚、モンツキハギ幼魚、トゲチョウ&フウライチョウチョウウオ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚、ムレハタタテダイ幼魚
●群れているきれいな魚たち:クロホシイシモチ、キンギョハナダイ、アオヤガラ、ソラスズメダイ、キビナゴ、スズメダイなど。
●ちょっと地味かも甲殻類:アカシマシラヒゲエビのペア、オルトマンワラエビ、イソギンチャクモエビ、アカスジカクレエビ、オシャレカクレエビ、ナカザワイソバナガニのペア、コノハガニ。

明日はサンマ船が帰ってきそうです。ボートダイビングの方はチャンスかも・・・。
10月30日 木曜日
海は一日中静かでした。透明度がやや落ち、8〜12m、水温は21〜22度でした。黄金崎公園ビーチの生物は、変わらず人気者達で賑やかです。今いちばんシャッターをきられているのは、イッポンテグリでしょうね。格好が面白く、色も鮮やかなので色々な角度から見ても絵になりますね。その他にも、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ウミテング、カミソリウオ、イロイザリウオ2個体、少しずつ成長している赤白のクマドリイザリウオ、ホカケハナダイ幼魚等も見られています。
ラッパウニとガンガゼが放精していました。一度にやっているのではなくまばらにやっていました。何となく効率悪いですね?
10月29日 水曜日
朝の早い時間は静かでしたが昼前には沖は白波が立ちボートはクローズでした。ビーチは思ったよりはうねりも入らず底揺れも小さかったのですが沖だしの流れが結構ありました。透明度は10〜15m、水温22度でした。

黄金崎公園ビーチ〜ここ数日見れたり見られなかったりですがイッポンテグリが登場しています。もちろん安良里初観測です。ゴロタで見られているアサヒハナゴイ幼魚もかなりきれいですよ。
死滅回遊魚もかなり増えてきています。クマドリイザリウオ、イロイザリウオ、ヒレナガネジリンボウ&ネジリンボウ、クロユリハゼ幼魚の群れ、ミヤコキセンスズメダイ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、シコクスズメダイ幼魚、カシワハナダイ幼魚、ノコギリハギ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚、ムレハタタテダイ幼魚の群れ、ミナミハコフグ幼魚、モンツキハギ幼魚、メガネハギ幼魚、ニジハギ幼魚、ニセカンランハギ幼魚、コクテンサザナミハギ幼魚、コガネキュウセン幼魚、ヨコシマクロダイ幼魚、メイチダイ幼魚、カイワリなどなど。
ほかにもアオヤガラの群れやミジンベニハゼのペア、ウミテング、ササハゼのペア、イトタマガシラ幼魚、クロホシイシモチの大群やキンギョハナダイの群れ、ソラスズメダイの群れなどなど上や中層を見上げてもきれいでしたよ。
10月28日 火曜日
予報が外れて雨時折曇りのやや肌寒い一日となりました。凪は良好、透明度は若干落ち気味で10m、水温22度くらいでした。

沖の根〜午後はかなり流れがありややハードはダイビングとなりました。キビナゴの群れをイナダが追いかけ回し、西根では数匹のウメイロがキンギョハナダイの群れに混じって泳いでいました。
ハタタテハゼ
、クロユリハゼ幼魚、ヘラヤガラ、ミツボシクロスズメダイ幼魚たくさん、クロフチススキベラ幼魚、クロメガネスズメダイ幼魚、ハナキンチャクフグ幼魚、ノコギリハギ幼魚、カゴカキダイの群れ、ハナタツは計3個体、アカホシカクレエビ、巨大カイメンガニ?などが見られました。
10月27日 月曜日
お天気も良く海は静かでコンディションは最高でした。透明度は10〜15m、水温は22度台でした。
黄金崎公園ビーチ
〜1日置きくらいで登場するカミソリウオはENしてすぐの場所で見られました。ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ミジンベニハゼのペア、ウミテングのペアも変わらず居ます。ハタタテハゼを見られた方の感想は決まって『きれいですねーぇ(うっとりと)』です。本当に鮮やかな体色なので必見ですよ!
そして、キンギョハナダイの群れの中にアサヒハナゴイが混じっていた、との心ときめく情報を頂きました。(DAN’S DIVE SHOP 鈴木美智代様 ありがとうございました。)図鑑で見てもとても美しい魚で無事確認することができました。
ここ数日見られているクマドリイザリウオイロイザリウオ3個体はどちらも1センチ台と、ちびちゃーいところがチャームポイントです。イワシ・スズメダイ・メジナ・キビナゴの群れは美味しそうなところがチャームポイントになるのでしょうか。その他には、ヌノサラシ、コガネキュウセン幼魚、モンスズメダイ幼魚、ミヤコキセンスズメダイ幼魚、ニジハギ幼魚、アオリイカ、イソギンチャクモエビ、アカシマシラヒゲエビ、ナカザワイソバナガニのペア、アケウス、クマノミのペア、タツノイトコ、マダイ、ハナアナゴ等も見られています。

明日の午後から西よりの風に変わりそうですが、強くは吹かないと予想されます。
お天気は曇りとなるでしょう。
2003年10月26日 日曜日    
天気  晴れ   :北東→南
気温  :19度  水温 :22〜23度
透明度 :10〜15m   :凪
ボートは午後流れが少し速くなり、そのために魚の動きが良くなったのか、イワシとアジが雲のように群れて迫力のあるシーンでした。コロダイもボーット大きな巨体を浮かせて数匹で群れていました。透明度のよいこの時期のボートダイビングは無条件に楽しめますね。
 また最近気になるのがタマゴイロイボウミウシがたくさんいます。あっちこっちでペアまたは3匹でくっついています。

黄金崎公園ビーチ〜台風の影響なく静かでした。見られた生物はクマドリイザリウオ、イロイザリウオ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ハタタテハゼ、ミジンベニハゼ、ウミテングのペアです。モソモソとよく動くことで噂になっていたハダカハオコゼは、2個目のブロックから1個目へ移動し、最後にロープで目撃されてから行方知れずになりました。その他には、タツノイトコ、ムレハタタテダイ、ササハゼ等がたくさん見られました。
★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 10/26(日曜日)
旬の生物:クマドリイザリウオ・イロイザリウオ幼魚

よく見られる魚たち:
ウミテングのペア・ミジンベニハゼのペア・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・ホタテウミヘビ・ササハゼ・オニハゼ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・サツマカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼ・ガラスハゼ

死滅回遊魚:
ネジリンボウ・ヒレナガネジリンボウ・ハナキンチャクフグ幼魚・テンクロスジギンポ・ニセカンランハギ幼魚・テングハギ幼魚・モンツキハギ幼魚・ニジハギ幼魚・シコクスズメダイ幼魚・オヤビッチャ・ミツボシクロススメダイ幼魚・ムレハタタテダイ幼魚・ヨスジフエダイ幼魚・トゲチョウチョウウオ幼魚・フウライチョウチョウウオ幼魚・ヒメフエダイ幼魚・ヨコシマクロダイ幼魚

ウミウシ類:ミレニアムマツカサウミウシアオウミウシ・シロウミウシタマゴイロイボウミウシ

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・アカスジカクレエビ・イソバナカクレエビオシャレカクレエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・オシャレカクレエビコマチコシオリエビ・ナカザワイソバナガニ・コノハガニ

★ボート( 沖の根 ) 10/26(日曜日)
旬の生物:イワシの雲のような群れ・アジの群れ・コロダイ群れ・カミソリウオ・ハタタテハゼ・レンテンヤッコ(2センチ)・ベニイザリウオ

よく見られる魚たち:
マダイ・イシダイ・ブダイ・ハナタツ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・ニシキベラ・イトヒキベラ・クマノミのペア・ガラスハゼ・キンチャクダイ・オキゴンベ・カゴカキダイ・ルリハタ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・イラ・ウツボ

死滅回遊魚:ハタタテハゼ、ヘラヤガラ、ハナキンチャクフグの幼魚・ミツボシクロスズメダイ幼魚たくさん・シコクスズメダイ幼魚・テンクロスジギンポ・ツマジロモンガラ幼魚・キリンミノカサゴ幼魚

ウミウシ類:ハナオトメウミウシ・アワシマオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・ニシキウミウシ・ニセイガグリウミウシ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・アカホシカクレエビ・アヤトリカクレエビ・ムチカラマツエビ・ビシャモンエビなど。

10月25日 土曜日 
雨が降りそうな天気でしたが何とか一日もちました。凪は良好、透明度は10〜15m、水温23度と気持ち暖かくなっていました。水中も静かでしたが、スロープ辺りは多少うねりが感じられました。

黄金崎公園ビーチ〜ハタタテハゼ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ミジンベニハゼのペア、ササハゼ、ガラスハゼ、クマノミのペア、オヤビッチャの30匹くらいの群れ、ミヤコキセンスズメダイ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、シコクスズメダイ幼魚は至るところで、ヨスジフエダイ、ムレハタタテダイ幼魚の群れ、ハナキンチャクフグ幼魚、ツマジロモンガラ幼魚、ニジハギ幼魚、コガネキュウセン幼魚、ハダカハオコゼ幼魚、ウミテングのペア、タマゴイロイボウミウシ、アカシマシラヒゲエビのペア、コマチコシオリエビ、オルトマンワラエビ、ナカザワイソバナガニのペアなどが見られました。
ヤギ類にはベニキヌヅツミガイやその仲間、タカラガイの仲間やその卵類が結構いろいろと付いています。
クマドリイザリウオをはじめ、イロイザリウオ、オオモンイザリウオ、イザリウオなどすべて1cm前後の幼魚ばかりが見られました。
中層から浅場はアオリイカの小さな群れやキビナゴの大群、アオヤガラの群れなどが見られました。

明日は海況確認をしてから海にお出かけ下さいね!!
10月24日 金曜日
朝の早い時間帯は西風の為やや波がありました。昼にかけては静かになり、凪になりました。

黄金崎公園ビーチの透明度は8〜13m、水温は22〜23度でした。昨日の西風もなんのその、生物は豊富でしたよ。ハダカハオコゼ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、アカハチハゼ幼魚、クロイトハゼ、オトメハゼ、ササハゼ、カモハラギンポ、コガネキュウセン幼魚、カシワハナダイ(?)幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、シコクスズメダイ幼魚、オヤビッチャの群れ、ニジハギ幼魚、ノコギリハギ幼魚、ツマジロモンガラ幼魚、タツノイトコ、ウミテングのペア、ミジンベニハゼのペア、マダイ、コロダイ、アオヤガラの群れ、と見られています。イロイザリウオがオレンジ色と、黄色の2個体が見られましたが、1匹はお口をパクパクして泳いでいました。
ゴロタではボラの大群が壁のように泳いでいました。陸から見ても海面が黒くなっていてたまにボラがはねるのでよくわかりました。
沖ではマアジの群れをカンパチやマダイが追いかけていましたよ。
他、アカホシカクレエビ、オルトマンワラエビの幼体、ナカザワイソバナガニのペア、アカスジカクレエビ、アカシマシラヒゲエビのペアなどが見られました。
10月23日 木曜日
朝のうちは静かでボートもでられたのですが昼からは強い西風のためボートはクローズ、ビーチも大きなうねりのため潜水注意となりました。
明日は朝のうちは北西風ですが風も変わってくると思うので徐々に落ち着いてくると思われます。
透明度は午前中は12〜15m、午後からは7〜8mにおちました。水温は22度台です。
10月22日 水曜日
今日は雨のち曇りとの予報でしたが、結局一日中雨!一時激しく雨!!でした。北よりの風が強く、ボート・ビーチともに水面は少しうねりがありました。夕方には風もおさまり静かな海にもどりました。しかし、明日の予報では西風が強いとのことです。ダイビングをご予定の方は海況確認をおねがいします。

黄金崎公園ビーチ〜キビナゴの群れにカンパチの若魚が襲いかかっていました。砂地では常連のネジリンボウ・ウミテングミジンベニハゼはかわらず缶のまわりをうろうろ。トゲチョウチョウウオ幼魚、フウライチョウチョウウオ幼魚、ニジハギ幼魚等が見られました。
カミソリウオ、イロイザリウオ幼魚、ハダカハオコゼ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚、ヒメフエダイ幼魚、キリンミノカサゴ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、タツノイトコ、マダイ、ホタテウミヘビ、サツマカサゴ。オオモンイザリウオ幼魚はどこへいったのだろう・・・。
10月21日 火曜日
晴れの良い天気となりました。夕方には曇りましたが暖かですね。凪良好、透明度は全体的にやや白っぽいものの10〜12mとまずまず、水温22度台です。ドライの方が徐々に勢力を強めています。

沖の根マアジのかなり大きな群れが入り込んでいました。沖の根の割れ目のクロホシイシモチは割れ目からはみだしそうで具をはさみすぎたサンドィッチみたいですね。アカネキンチャクダイやキンチャクダイも隠れています。コロダイはアジ根回りにて2個体見られました。
ほか、ベニイザリウオ、ハナタツ、ミツボシクロスズメダイ幼魚は本当にたくさん、ノコギリハギ幼魚、シコクスズメダイ幼魚、ミゾレチョウチョウウオ幼魚、クロユリハゼ幼魚、ハナオトメウミウシ、コイボウミウシなどが見られました。

三つ根〜クロホシイシモチの群れ、キンギョハナダイの群れ、ブダイ、アイゴ、スケロクウミタケハゼ、クマノミのペア、クロフチススキベラ幼魚、アカホシカクレエビ、アヤトリカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、ゼブラガニ、フタイロニシキウミウシ、アワシマオトメウミウシなどが見られました。

黄金崎公園ビーチハダカハオコゼ、オオモンイザリウオ幼魚、ネジリンボウ、ミジンベニハゼのペア、オキナワベニハゼ、ハチマキダテハゼ、ササハゼ、イロイザリウオ、スミゾメミノウミウシ、キビナゴの群れ等が見られました。
10月20日 月曜日
強い北東風が吹き寒い一日でした。黄金崎公園ビーチの芝生広場では地元賀茂村とお隣の西伊豆町の幼稚園が合同で運動会?(ピクニック)をして大変賑やかでした。
天気は晴れ、ベタ凪、透明度は10〜12m、水温22度台でした。

黄金崎クロホシイシモチの群れ、クロフチススキベラ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ガラスハゼ、フタイロニシキウミウシ、イガグリウミウシ等が見られました。

黄金崎公園ビーチ〜キビナゴの群れがザーッと雲のように動いたかと思うとカンパチの若魚が10匹ほどの小さな編隊で上空を舞っています。ゴロタの浅場のクロホシイシモチとソラスズメダイがのんびりと日光浴をしています。
砂地では常連のネジリンボウさんに混ざってちびっ子のネジリンボウやヒレナガネジリンボウが目に付くようになってきました。全部で10個体くらい、ハチマキダテハゼも3個体ほど見かけました。
人気のミジンベニハゼのペアはデミタスの缶がお気に入り、ササハゼも例年より浅いところで小さめの個体を目にします。ウミテング、昨日はペアで仲良くしているのが目撃されましたが、今日は少し離れていました。昨日あれから何があったんだろう・・・。浅場の背の立つ水深ではミナミハコフグ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、フウライチョウチョウウオ幼魚、ニジハギ幼魚等が見られました。
その他カミソリウオ、イロイザリウオ幼魚、オオモンイザリウオ幼魚ハダカハオコゼ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚、ヒメフエダイ幼魚、キリンミノカサゴ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、タツノイトコ、マダイ、ホタテウミヘビ、サツマカサゴ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビなど。
2003年10月19日 日曜日    
天気  晴れ→くもり   :北東のちやや強い
気温  :20度  水温 :22〜23度
透明度 :10〜12m   :ベタ凪
本日は良い天気となりました。凪良好、水温22〜23度、透明度は10〜12m、昨日と余り変わっていません。朝は冷え込みましたが日中は暖かで気持ちよかったですね。

沖の根〜浅場の魚影が相変わらず濃いですね。メジナ、スズメダイ、クロホシイシモチ、キンギョハナダイがたくさんです。コロダイ、マアジの群れ、ハナタツ、ルリハタ、ノコギリヨウジ、ミツボシクロスズメダイ幼魚たくさん、コイボウミウシ、ムチカラマツエビ、ビシャモンエビ、アカホシカクレエビなどが見られています。

黄金崎公園ビーチ〜ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ササハゼ、ミジンベニハゼ、ウミテングのペア、カミソリウオ、ハダカハオコゼ、オオモンイザリウオ、イロイザリウオ、ツマジロモンガラ幼魚、ホカケハナダイ、アカシマシラヒゲエビのペア、キビナゴの群れをカンパチが追いかけていましたよ!
未確認情報でしたがハタタテハゼの小さな個体も見られたようです。
★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 10/19(日曜日)
旬の生物:ハダカハオコゼホカケハナダイ幼魚・イロイザリウオ幼魚

よく見られる魚たち:
ウミテングのペア・ミジンベニハゼのペア・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・ホタテウミヘビ・ササハゼ・オニハゼ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・サツマカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼ・ガラスハゼ・ササハゼ

死滅回遊魚:
ネジリンボウ・ヒレナガネジリンボウ・ハナキンチャクフグ幼魚・テンクロスジギンポ・ニセカンランハギ幼魚・テングハギ幼魚・モンツキハギ幼魚・シコクスズメダイ幼魚・オヤビッチャ・ミツボシクロススメダイ幼魚・ムレハタタテダイ幼魚・ヨスジフエダイ幼魚・トゲチョウチョウウオ幼魚・フウライチョウチョウウオ幼魚・ヒメフエダイ幼魚・ヨコシマクロダイ幼魚・アザハタ幼魚

ウミウシ類:スミゾメミノウミウシ・ミレニアムマツカサウミウシアオウミウシ・シロウミウシ・セスジミノウミウシ

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・アカスジカクレエビ・イソバナカクレエビオシャレカクレエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・ナカザワイソバナガニ・コノハガニ

★ボート( 沖の根 ) 10/19(日曜日)
旬の生物:セナキルリスズメダイ

よく見られる魚たち:
コロダイ・マダイ・イシダイ・ブダイ・マアジの群れ・キビナゴの群れ・・ハナタツ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・ニシキベラ・イトヒキベラ・クマノミのペア・ガラスハゼ・キンチャクダイ・オキゴンベ・カゴカキダイ・ルリハタ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・イラ・ウツボ

死滅回遊魚:ヘラヤガラ・ハナキンチャクフグの幼魚・ミツボシクロスズメダイ幼魚たくさん・シコクスズメダイ幼魚・フタスジリュウキュウスズメダイ幼魚・テンクロスジギンポ・ツマジロモンガラ幼魚・キリンミノカサゴ幼魚

ウミウシ類:ハナオトメウミウシ・アワシマオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・サメジマオトメウミウシ・ニシキウミウシ・ニセイガグリウミウシ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・アカホシカクレエビ・アヤトリカクレエビ・ムチカラマツエビ・ビシャモンエビなど。

10月18日 土曜日
昼過ぎからは小雨がパラツキ寒い一日となりましたが、良い凪の一日でした。透明度は10〜12m、水温が少し下がって22度、陸が寒いので上がってきた皆さんの第一声が寒い!!でした。

沖の根ハナタツは長いこと見られている赤い個体以外に、オレンジ色の個体も見られています。大きなマダイ、スズメダイ、マアジ、イワシの群れ、クロホシイシモチ、アカスジカクレエビ、オルトマンワラエビ、コイボウミウシ等も見られました。

黄金崎公園ビーチ〜昨日に引き続きカミソリウオの茶色の個体、ウミテングのペア、ヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウは成魚と、赤ちゃんの個体も見られました。他ハダカハオコゼ、イロイザリウオ、ミジンベニハゼのペア、アマミスズメダイ、ニセカンランハギ、ヨスジフエダイ、ムレハタタテダイなども見られ賑やかでしたよ。

今日は残念ながら昼過ぎから雨が降りましたが、明日は晴れの予報です。風は東よりなので海も凪ぎになるでしょう。
10月17日 金曜日
北東風がやや強く吹きましたが、穏やかでした。
黄金崎公園ビーチでは透明度10〜13m、水温は23度〜24度でした。お久しぶりのカミソリウオが登場しました。ロープに付いており、色は茶色と地味目ですが大きいサイズでした。
ブロックに付いているハダカハオコゼも元気そうでした。

明日も凪になるでしょう。お天気も晴れとなりそうです。
10月16日 木曜日
お天気も良く暖かかったです。黄金崎公園ビーチには大きな花壇があり、たくさんのお花が見事に咲いています。そんな花壇に植えられたお花も素敵ですが、芝生の端だったり、岩場の隙間だったり、日陰からもたくましく生える雑草が私は好きです。ひとつひとつにちゃんと名前があって、とてもかわいいんですよ。みなさんも、遊歩道で探してみて下さい。

黄金崎公園ビーチでは透明度10〜13m、水温は23度〜24度です。ネジリンボウとヒレナガネジリンボウの共生、ハダカハオコゼ、ホカケハナダイ、イロイザリウオ、ミジンベニハゼ等が見られています。

明日も良いお天気、良い凪となるでしょう。
10月15日 水曜日
久しぶりに晴れ間ものぞく良い天気、洗濯物やレンタル器材、そしてビーチのブルーシートが良く乾いてなんだか嬉しい一日でした。凪は午前中はベタ、午後少し沖の方で白波が立っていましたがビーチダイビングは全く問題なし。透明度は午前中は15〜18m、特に沖の砂地は良かったですね。午後からは10〜12m、水温23度台、良いコンディションでした。

黄金崎公園ビーチ〜沖のコンクリート漁礁のイロイザリウオ、着実に大きくなってきていますね。ミジンベニハゼのペアもコーヒーの缶がお気に入り、愛想が良いので被写体としては最適です。
新たにちょっと小さめのハタタテハゼを発見!!
ネジリンボウとヒレナガネジリンボウとランドールシュリンプの3者共生も見られました。他ハゼ類ではササハゼ、オニハゼ、ガラスハゼ、カタボシオオモンハゼなどが見られています。
たくさん見られていたスミゾメミノウミウシとその卵がほとんどいなくなっていたのにはびっくり・・・。いったいどこに行ってしまうのでしょう。
カンパチやアオヤガラの群れ、巨大ヒトヅラハリセンボン、ハダカハオコゼの小やかなりレアなホカケハナダイ、オオモンイザリウオ幼魚、ヒメフエダイ幼魚、ヨコシマクロダイ幼魚、アザハタ幼魚、メガネハギ幼魚、ツマジロモンガラ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚、ウミテング2個体、オシャレカクレエビ等が見られました。

今日は沖縄本島でガイドをされている方と潜りましたが一生懸命撮っていたのがネジリンボウとミジンベニハゼ。本島ではヒレナガネジリンボウはかなり深い水深でないと見られないようです。またキタマクラやウミスズメ、タカノハダイ、ミギマキ、アイゴなども興味をそそられるようですね。所変われば・・・というやつですね。
10月14日 火曜日
朝のうちはくもりでしたが昼前からはずーっと雨でした。気温も上がらず寒かったですね。海の方は昨日の夕方が嘘のように静かでしたが水中は浮遊物が多く午前中は5〜6m、午後で8mくらい、水温は24度です。
ビーチのみのダイビングでしたが水中の生物達は変わらず見られたようですね。
本日は3連休あとの片づけや昨日大打撃を受けたビーチ手すりの修理のため潜水ログはありません。また明日お楽しみに。
10月13日 月曜日  体育の日
昨夜から吹き始めた南西風のためボートは朝の早い時間からうねりがありクローズ、ビーチダイビングのみとなりました。午前中はうねりも思ったよりは小さく透明度も10〜15mとまずまずでしたが、午後からは予報通りかなり大きなうねりが入り底揺れも出始め透明度も6mくらい、2時過ぎ辺りからはエキジット注意となりました。水温は23度台、引き続き高いです。雨は時折降る程度で蒸し暑い一日でした。

黄金崎公園ビーチ〜エントリーしてすぐのゴロタにアカハチハゼの幼魚ハナゴイが見られました。ゴロタの浅場ではオヤビッチャ、モンツキハギ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、フウライチョウチョウウオ幼魚、クマノミのペア、ニシキフウライウオなども見られます。
沖側のゴロタではハダカハオコゼの大、オオモンイザリウオ幼魚、ヌノサラシ、シコクスズメダイ幼魚、ミナミハコフグ幼魚、クロホシイシモチの群れ、アオヤガラの群れなどが見られました。
コンクリート漁礁周りではイロイザリウオ幼魚、スミゾメミノウミウシと卵、ハダカハオコゼの小、ヨスジフエダイの小さな群れなど、砂地ではミジンベニハゼ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ササハゼ、ホカケハナダイ幼魚、ヒメフエダイ幼魚、ムレハタタテダイ幼魚、ツマジロオコゼ幼魚などが見られました。
2003年10月12日 日曜日    
天気  くもり/雨   :北東
気温  :22度  水温 :23度
透明度 :12〜18m   :ベタ凪
本日も東伊豆がコンディション不良のため、たくさんのお客様にいらして頂きありがとうございました。また送迎等でお待たせいたしまして申し訳ありませんでした。
凪、透明度共に良好、水温も高くダイビングコンディションは快適でした。途中強い雨が降り、ビーチダイビングの方は濡れて大変でした。

ボートでは三つ根にてセナキルリスズメダイ幼魚沖の根ではハナタツが数個体、黄金崎公園ビーチではイロイザリウオ幼魚オオモンイザリウオ幼魚が人気です!!
★ボート( 沖の根・三つ根 ) 10/12(日曜日)
旬の生物:セナキルリスズメダイ・クマノミの卵

よく見られる魚たち:
コロダイ・マダイ・イシダイ・ブダイ・マアジの群れ・キビナゴの群れ・・ハナタツ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・ニシキベラ・イトヒキベラ・クマノミのペア・ガラスハゼ・キンチャクダイ・オキゴンベ・カゴカキダイ・ルリハタ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・イラ・ウツボ

死滅回遊魚:ヘラヤガラ・ハナキンチャクフグの幼魚・ミツボシクロスズメダイ幼魚たくさん・シコクスズメダイ幼魚・フタスジリュウキュウスズメダイ幼魚・テンクロスジギンポ・ツマジロモンガラ幼魚・キリンミノカサゴ幼魚

ウミウシ類:ハナオトメウミウシ・アワシマオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・サメジマオトメウミウシ・ニシキウミウシ・ニセイガグリウミウシ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・アカホシカクレエビ・アヤトリカクレエビなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 10/12(日曜日)
旬の生物:ハダカハオコゼホカケハナダイ幼魚・オオモンイザリウオ幼魚・イロイザリウオ幼魚・ニシキフウライウオ

よく見られる魚たち:
ウミテング・ミジンベニハゼのペア・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・ホタテウミヘビ・ササハゼ・オニハゼ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・サツマカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼ・ガラスハゼ・ササハゼ

死滅回遊魚:
ネジリンボウ・ヒレナガネジリンボウ・ハナキンチャクフグ幼魚・テンクロスジギンポ・ニセカンランハギ幼魚・テングハギ幼魚・モンツキハギ幼魚・シコクスズメダイ幼魚・オヤビッチャ・ミツボシクロススメダイ幼魚・ムレハタタテダイ幼魚・ヨスジフエダイ幼魚・トゲチョウチョウウオ幼魚・フウライチョウチョウウオ幼魚・ヒメフエダイ幼魚・ヨコシマクロダイ幼魚・アザハタ幼魚

ウミウシ類:スミゾメミノウミウシと卵・ミレニアムマツカサウミウシ・ツルガチゴミノウミウシ・アオウミウシ・シロウミウシ・セスジミノウミウシ

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・アカスジカクレエビ・イソバナカクレエビオシャレカクレエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・ナカザワイソバナガニ・コノハガニ

10月11日 土曜日
コンディションは良好です。透明度は15〜20m、水温は24〜25度と暖かいです。
黄金崎公園ビーチで見られた生物〜カミソリウオ、ネジリンボウ、ウミテング、ハダカハオコゼ、ニシキフウライウオ、オオモンイザリウオ幼魚、イロイザリウオ、イボオコゼ、ミジンベニハゼ、ツマジロモンガラ、ヌノサラシ、ハナテンベラ、コマチコシオリエビ、アカシマシラヒゲエビ、オシャレカクレエビ、ナカザワイソバナガニ。
ボートポイント沖の根ではハナタツイロイザリウオ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、ミツボシクロスズメ等が見られました。

明日は雨が降りそうです。昼過ぎからは曇り空となるでしょう。午前中は北東風が強く吹き、午後からは南西の風に変わる予報です。ダイビングはお早めをお薦め致します。
10月10日 金曜日
昔は(と言ってもちょっと前までは)今日が体育の日、運動会が行われていたんですね。統計によると旧体育の日の10月10日は晴れの日が多いとのことですが、今日も晴れ時々くもり、当たっています!!
昨日よりはおさまりましたがまだ北東風が吹いているようです。凪は良好、透明度は最高、気分は上々です!!
で、透明度はボートは15〜20m、港の中でも底がはっきりと見えます。水温も23度ちょっと、暖かく感じられます。天気も良かったのでウェットでも快適ダイビングでした。

黄金崎公園ビーチ〜本日も透明度が抜群でした。エントリーしてすぐから1個目のケイソンが見えました。ハダカハオコゼ2個体、ニシキフウライウオ、イロイザリウオ幼魚2個体、オオモンイザリウオ幼魚、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ケラマハナダイ、空き缶がお家のミジンベニハゼのペア、貝のお家でひとりで住むミジンベニハゼ、ササハゼ等が見られました。そして伊豆ではなかなか見ることのできないホカケハナダイが登場しました。(情報提供 GO TO THE SEA 横田様ありがとうございます)

三つ根〜ひさしぶりでした。深場にはキンギョハナダイ、スズメダイ、ブダイ、メジナが群れており、セナキルリスズメダイを発見!!99年以来の目撃のような気がします。ヘラヤガラのペア?、シマアジ2匹、アカホシカクレエビやアヤトリカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、特大サイズのコイボウミウシ、アミメイボウミウシ、タマゴイロイボウミウシなども見られました。

沖の根〜クマドリチックなイロイザリウオ、元気でした(と言ってもじーっとしてるのですが)。80cmはありそうなコロダイ、イシダイの老成魚、ハナタツ2個体、クロユリハゼ(ほとんど成魚サイズ)、メガネハギ幼魚、ハナキンチャクフグ幼魚、テングハギ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、アミメウマズラハギなどが見られました。

明日はお天気がやや傾きそうですが、夕方まで雨は降らないでしょう。
風向きは北東の予報なので海は静かでしょう。
10月9日 木曜日
今日も強い北東風でした。昨日と違って天気が良かったので安良里は比較的暖かでしたが宇久須(黄金崎公園ビーチ)は風がかなりありました。透明度は12〜15m、水温はまた元に戻って23度台です。

沖の根〜1mオーバーのクエがいました。普通サイズ(80cmくらい?)のも1匹、コロダイの大きなのと30cmくらいの若魚が1匹ずつ、スズメダイの大群が復活していました。
クマドリチックなイロイザリウオ、ガラスハゼが20匹くらい群れているヤギ、キリンミノ、ハナキンチャクフグ幼魚、ヘラヤガラ、クマノミの赤ちゃん、1cmに満たないミツボシクロスズメダイ幼魚、ハナオトメウミウシ、タマゴイロイボウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、5mmくらいのピカチューの幼体、アカホシカクレエビなどが見られました。

黄金崎公園ビーチ〜昨日と余り変わっていない模様です。
ニシキフウライウオ、ネジリンボウ、ハタタテハゼハダカハオコゼ、イロイザリウオ幼魚、オオモンイザリウオ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚、ムレハタタテダイ幼魚などが見られたようです。
10月8日 水曜日
北東風が強く吹きました。透明度は15〜20m、水温はやや下がり20.8度くらいでした。冷たいですが、西側EN口から入り、ゴロタをおりると1個目のケイソンが楽々見えていました。ウミテング、ネジリンボウ、オオモンイザリウオ幼魚、ハダカハオコゼ2個体、ハタタテハゼ、1mもあるヒラメ、キビナゴとアジの群れ、ムレハタタテダイの20匹ほどの群れ等が見られました。

明日も北東の風が吹く予報です。お天気は晴れ間も見られそうです。
10月7日 火曜日
一日強い北東風が吹き寒い一日となりました。透明度はやや上がって12〜18m、水温は23度台のままです。水の中の方が暖かく感じられました。

沖の根〜こぶし大ほどのクマドリチックなイロイザリウオがいます。ハナタツは無事2個体確認できました。マアジの群れがまわってきたり、キンギョハナダイやメバルが群れていたり、相変わらず魚影は濃いですね。クマノミやミツボシクロスズメダイ幼魚の1cmに満たない個体を見かけるようになりました。ハタタテダイ、ハナキンチャクフグ幼魚やハナオトメウミウシ、キイロイボウミウシなどウミウシ類はやや少なめです。

黄金崎公園ビーチハタタテハゼ、ミジンベニハゼのペア、ネジリンボウ&ヒレナガネジリンボウ、ササハゼ、ハダカハオコゼ、ニシキフウライウオ、ウミテング、イロイザリウオ&オオモンイザリウオ、イッテンフエダイ、ホウセキキントキ、シコクスズメダイ幼魚、ツマジロモンガラ幼魚、ヘラヤガラ、セスジミノウミウシ&スミゾメミノウミウシなどが見られました。
キビナゴの群れをカンパチの若魚やアオヤガラが追っかけています。
以前見た、尻尾のないアオヤガラが元気にしていました。

まだまだ水温が高いので卵を持っている生物が多いですね。コマチコシオリエビはおなかに抱卵中、ウミシダには5mmくらいの幼体が一緒に暮らしています。エビでは他にアカシマシラヒゲエビやカザリイソギンチャクエビも抱卵中です。
ガラスハゼもムチカラマツに卵を産み付けていますね。もちろんクマノミの卵も元気いっぱい、明日辺りハッチアウトしそうです。
スミゾメミノウミウシ、今年はたくさん見られますがウミヒドラにたくさんのピンク色の卵を産み付けています。ベニキヌヅツミガイも6月くらいからずーっと必ずどこかのヤギには卵を産んでいますね。

陸は一足先に冬になったかのような天気でしたが海中世界はまだまだ熱いです!!
10月6日 月曜日
久しぶりにお天気が崩れましたが、海は変わらず静かでした。黄金崎公園ビーチの透明度は8〜12m、水温は23度でした。ガンガゼに寄り添うニシキフウライウオは黒色でややミニサイズです。生物が密集しているゾーンでは、ウミテング、ネジリンボウのペア、オオモンイザリウオが見られました。一番西側のケイソンではイロイザリウオの幼魚で黄色い個体がついています。ゴロタではハダカハオコゼ、ホウセキキントキ、クマノミとその卵、カモハラギンポ、ムラクモキヌヅツミガイ等も見られています。カンパチの小群れ(5匹)もみることができました。
ほか、アカハチハゼの幼魚、アザハタ幼魚などの目撃例も届いています。

明日も晴れ間は見られそうにありませんが、雨は夜まで降らないでしょう。
風向きは北東なので、海は静かです。
2003年10月5日 日曜日    
天気  晴れ/くもり   :北東
気温  :20度  水温 :23度
透明度 :8〜15m   :ベタ凪
本日も良い凪、そして良い天気です。
ボートダイビングでは沖の根の浅場の魚の群れ、メジナ、スズメダイ、クロホシイシモチ、アイゴ、ブダイ、キンギョハナダイなどやマアジ群れなどがお薦めです。
オオモンイザリウオイロイザリウオなども見られました。

ビーチでは昨日見られたニシキフウライウオハダカハオコゼ、ハタタテハゼ、オオモンイザリウオ、イロイザリウオ、ミジンベニハゼ辺りが人気ですね。たまに水中で行列ができることもありますが横入りはまずいですよね。また生物は皆さんで見たり撮ったりするもの、独り占めはデザートのケーキだけにしましょう。
★ボート( 沖の根 ) 10/5(日曜日)
旬の生物:オオモンイザリウオ・イロイザリウオ

よく見られる魚たち:
マダイ・イシダイ・ブダイ・マアジの群れ・ハナタツ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・ニシキベラ・イトヒキベラ・クマノミのペア・ガラスハゼ・キンチャクダイ・オキゴンベ・カゴカキダイ・ルリハタ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・イラ・ウツボ

死滅回遊魚:ヘラヤガラ・クロフチススキベラ幼魚・ハナキンチャクフグの幼魚・ミツボシクロスズメダイ幼魚・テンクロスジギンポ・ッツマジロモンガラ幼魚

ウミウシ類:ハナオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・サメジマオトメウミウシ・キイロウミウシ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・アカホシカクレエビハクセンアカホシカクレエビなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 10/5(日曜日)
旬の生物:ハダカハオコゼ・オオモンイザリウオ幼魚・イロイザリウオ幼魚・ニシキフウライウオ・ハタタテハゼ・クマノミの卵

よく見られる魚たち:
ウミテング・ミジンベニハゼのペア・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・ホタテウミヘビ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・サツマカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼ・ガラスハゼ・ササハゼ

死滅回遊魚:
ネジリンボウ・ヒレナガネジリンボウ・ハナキンチャクフグ幼魚・テンクロスジギンポ・ニセカンランハギ幼魚・テングハギ幼魚・モンツキハギ幼魚・シコクスズメダイ幼魚・オヤビッチャ・ムレハタタテダイ幼魚の群れ・ヨスジフエダイ幼魚・トゲチョウチョウウオ幼魚・フウライチョウチョウウオ幼魚・ホウセキキントキ

ウミウシ類:スミゾメミノウミウシと卵・ミレニアムマツカサウミウシ・ツルガチゴミノウミウシ・アオウミウシ・シロウミウシ

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・アカスジカクレエビ・イソバナカクレエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・ナカザワイソバナガニ・コノハガニ

10月4日 土曜日
一日良い凪でした。水温が急に下がって23度、やや冷たく感じられました。透明度は10〜12mでした。明日も良い凪でしょう。

黄金崎公園ビーチではニシキフウライウオをはじめ、ウミテング、極小オオモンイザリウオ(たぶん)、極小イロイザリウオ、ハタタテハゼ、ミジンベニハゼペア、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ササハゼ、ガラスハゼ(寄生虫だらけです)、ホウセキキントキ、フタイロハナゴイ幼魚、シコクスズメダイ幼魚、トゲチョウチョウウオ&フウライチョウチョウウオ幼魚、ハシナガウバウオ幼魚、クマノミのペアと卵、ツマジロモンガラ幼魚、テングハギ幼魚、ニセカンランハギ幼魚、ムレハタタテダイ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚、ハダカハオコゼ中&小、メジナの群れ、ボラの群れ、大きなマダイ、カンパチの若魚、カイワリ、アカシマシラヒゲエビのペア、アカスジカクレエビ、イソバナカクレエビ、ナカザワイソバナガニ、スミゾメミノウミウシとその卵、ツルガチゴミノウミウシなどが見られました。
10月3日 金曜日
良い凪でした。透明度は少し落ちてきていますがそれでも12〜13mくらい、水温も引き続き高く25度台、良いコンディションをキープしています。
黄金崎公園ビーチではハダカハオコゼ、イロイザリウオ2個体、フタイロハナゴイ幼魚、ウミテング、ネジリンボウ、ミジンベニハゼのペア、ガラスハゼとその卵、ヤセアマダイ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚、ムレハタタテダイ幼魚、ツマジロモンガラ幼魚、シコクスズメダイ幼魚、ホウセキキントキ、アカシマシラヒゲエビのペア、ナカザワイソバナガニのペア、アカスジカクレエビなどが見られました。
クマノミのペアが2カ所で産卵しています。
明日も良い凪となるでしょう。
10月2日 木曜日
西風が強く吹きました。黄金崎公園ビーチの西側EN口には、時折大きな波がかかりました。水中ではややうねりがありましたが、透明度は8〜12m、水温は25℃と大きな変化はありませんでした。見られた生物は、ウミテング、ネジリンボウ、イロイザリウオ、ウデフリツノザヤウミウシ、ボラの群れ等です。

明日は北東の風に変わる予報ですので、だんだん凪いでくるでしょう。
10月1日 水曜日
一日秋晴れの良い天気でした。午後より南西の風が吹きましたが、EN、EXに問題はありませんでした。

黄金崎公園ビーチ〜透明度は8〜12m、水温は25℃でした。ハタタテハゼメガネスズメダイ、ミジンベニハゼ、ウデフリツノザヤウミウシ、イロイザリウオの幼魚、ヨコシマクロダイの幼魚、イシガキダイの幼魚、ちびネジリンボウとちびササハゼの個体が幼稚園児の様で微笑ましい、と午前中はのどかな雰囲気でした。しかし日が傾きはじめた頃、水中では異変が。ボラ、マダイ、カンパチ、ツムブリが群れとなってすさまじい早さで泳いでいたのです。その群れを追いかけていたのはなんと!ハンマーヘッドシャーク!!大きさは1.5mです。(情報提供、Mid Summer様)場所は黄金崎公園ビーチのネジリンボウ付近です。何故ビーチで?しかも水面でなく水中で。と安DCスタッフも、ちびネジリンボウも(?)大変驚いております。

沖の根・黄金崎〜透明度は午前中は15〜18m、午後はやや白くなり12〜13m、水温は25℃です。
見られた生物はクロホシイシモチの大群、メジナ大群、マダイ、マアジの群れ、カンパチの若魚、ハナタツスジハナダイ、ハナキンチャクフグ幼魚、ミナミギンポ、クロユリハゼ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、イガグリウミウシ、ニセイガグリウミウシ、ミチヨミノウミウシ、イソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビなどが見られました。

明日は西の風がやや強く予報です。ダイビングをご予定されているお客様は、明日の朝6時30分以降に、海況のご確認をお願い致します。