過去ログー2003年11月

11月30日 日曜日
昨日の夜からの雨が朝まで降っていましたが昼くらいにはやみました。台風のうねりの影響でビーチはかなり大きなうねりとなりました。透明度はビーチで2〜5m、底揺れが強く、前泊のお客様を除いてほとんどのお客様がキャンセルをされました。
黄金崎公園ビーチではイッポンテグリ、クマドリイザリウオ、イロイザリウオ、ウミテング、イボオコゼ、ヨスジフエダイの群れ、1mクラスのヒラメ、ウミウシカクレエビなどが観察できたようです。

明日以降も台風のうねりの影響が心配されます。ダイビングを予定されている方は必ず現地サービスに確認の電話をお願い致します。
11月29日 土曜日
北東風が強く吹き、午後からは南よりの風に変わりました。ボートダイビングは午前中の出船のみ可能でした。ビーチでは水面がやや波立ちましたが、水中は問題ありませんでした。
ボート、ビーチ共に透明度は12〜20m、水温は21〜21・5度と暖かいです。心配された大雨も降らず、曇り空でしたが、気温はあたたかでした。

沖の根〜ハナタツ、アブラヤッコなどがみられました。
黄金崎公園ビーチ
イッポンテグリは更なる大移動をしています。そのうちビーチ横断に成功するかも知れません。
イザリウオの仲間は
クマドリイザリウオ、イロイザリウオ、ベニイザリウオなど計7〜8個体います。
ウミテングのペアと単体、ミジンベニハゼのペア、ネジリンボウ&ヒレナガネジリンボウ&ササハゼ、久しぶり登場
ハタタテハゼ、アブラヤッコ&サザナミヤッコ幼魚、テングハギ幼魚、ケラマハナダイ幼魚、ミナミフトスジイシモチ幼魚、マトウダイ、トビエイのチビ、ウミウシカクレエビ、ウミウサギガイなどが見られています。

明日も北東風が強い予報なので海況のお問い合わせをお願い致します。

11月28日 金曜日
夕方から雨が降るという天気予報は外れ、曇りで時折青空が見えました。水温が上がり、20〜21度、透明度は変わらず15mと、良いコンディションでした。
黄金崎公園ビーチイッポンテグリは2日置きに移動をしているようで、本日は昨日とは別の場所にて確認されました。よって明日は本日と同じ場所で見られるのではないか?と噂されています。クマドリイザリウオ、イロイザリウオ5個体、ベニイザリウオ(黄色)、ウミテング、ミジンベニハゼのペア、クロユリハゼ、オグロクロユリハゼ、ヒメユリハゼ、ネジリンボウのペア2組、ヒレナガネジリンボウのペア、ネッタイミノカサゴ、キリンミノカサゴ、アオハナテンジクダイ、ミナミフトスジイシモチ、マツカサウオ、スミツキベラ幼魚、ノコギリハギ幼魚、レンテンヤッコ幼魚アブラヤッコ幼魚サザナミヤッコ幼魚、ミナミハコフグ幼魚、マトウダイ、またまたトビエイの小さい個体、等々が見られました。生物が豊富で透明度も良いので、気持ちよくて楽しいですよ。

明日の午前中は北東風が強く吹くでしょう。お天気は残念ながら雨との予報ですが、気温は本日よりやや上がりそうです。
11月27日 木曜日
今日も強い北東風が吹きました。午後からは沖は白波が立ち、ビーチも風波で水面がパシャついたほどです。透明度は良く15m、水温は19度弱、水中よりあがってからの防寒対策をした方が良いですね。ドライスーツは早く脱いで上からボートコート(ベンチコート)のようなものを羽織ると良いでしょう。ビーチのクラブハウスでは石油ストーブが暖かですよ!!

黄金崎公園ビーチイッポンテグリは昨日とほぼ同じ場所にて確認されました。クマドリイザリウオもだいぶ成長してきています。イロイザリウオも数個体、マトウダイも数個体、トビエイ!?が3枚も砂地で目撃されています。
他、ミジンベニハゼのペア、ウミテングのペア、ネジリンボウ、ホウボウ、ヨスジフエダイの群れ、クマノミの赤ちゃん、キビナゴの群れなどなど。

明日も北東風が強そうです。ダイビングにお出かけの際には暖かな格好でいらして下さい!!
11月26日 水曜日
今日は久しぶりの良い天気でした。相変わらず北東風が吹いているようですね。海況は凪、透明度は午前中は15m以上見えていましたが午後からは10〜12m、水温19度ギリギリくらいです。ウェットが穴が空いたのでドライにしてみましたがこの水温ではなかなか快適でした。ただし40分を超えると少し寒くなってきます。

黄金崎公園ビーチイッポンテグリ、またまた移動していました。毎日激しく動くので最初に捜す方は大変です。クマドリイザリウオも場所を移動することが多くなりました。
イロイザリウオ、ミジンベニハゼのペア、ウミテングのトリオ、サザナミヤッコ幼魚、アマミスズメダイ幼魚、ノコギリハギ幼魚、ツマジロモンガラ幼魚、オヤビッチャの群れ、ナカザワイソバナガニ、イボイソバナガニ、ビシャモンエビ、オトヒメエビの赤ちゃんなどが見られました。
この水温でもまだまだ元気なのがヨスジフエダイ幼魚の群れ。15匹くらいで群れているところもあります。

またコウイカがサラサエビを補食しているシーンにも遭遇!!

ゴロタのクロホシイシモチの大群やスズメダイの群れが一斉にだーっと逃げてきたので何がはいてきたのかと思ったらなんと水鳥!?
垂直にダイビングしてくるシーンは過去に見たことがあったのですが、今日は水平方向に20m以上も泳いでいました。しかも2ダイブしてくれましたが獲物は残念ながら捕れませんでした・・・。

おまけで体長1mほどのサメが泳いでいるのにも遭遇しました。
今日は思いがけない生物に出会ったなぁ、たまにはこういうダイビングもいいものです。

11月25日 火曜日
一日雨降り、そして強い北東風が吹いていました。特に午後からはボートも揺れの影響が出るくらい、ビーチも水面が波立つほど強く吹きました。水中は透明度は12〜15m、水温19度とまずまずのコンディションでした。

沖の根ではオオモンイザリウオが復活!!
黄金崎公園ビーチイッポンテグリ、ツノカサゴ、クマドリイザリウオは観察できましたがアサヒハナゴイは今日は一休み。最近少し隠れがちだったので水温低下に伴ってあまりでて来なくなったのかも知れませんね。浅場ではサザナミヤッコ幼魚らしき魚が見られています。
ほか、イロイザリウオ、ウミテング、ミジンベニハゼ、ネジリンボウ&ヒレナガネジリンボウ、ヨスジフエダイの群れ、ムレハタタテダイ、ウミウサギガイそしてこれからの主役マトウダイなど。
深場では甲殻類が豊富ですが余り人気がないですねぇ。
アカシマシラヒゲエビのペア、イソバナカクレエビ、アカスジカクレエビ、ビシャモンエビのペア、ムチカラマツエビ、コマチコシオリエビ、イボイソバナガニ、ナカザワイソバナガニ数個体などが見られるのですが。
11月24日 月曜日     振り替え休日
本日の強い北東風が吹き寒い一日となりました。凪は良好、透明度はボートで12m、ビーチで10m、水温は19〜20度でした。

黄金崎〜深場にクダゴンベを探しにいたのですが発見できず。オオモンイザリウオの15cmクラスを1個体、イロイザリウオ、ハタタテハゼのペア、カモハラギンポ、ミナミハコフグ幼魚、シコクスズメダイ幼魚、ノコギリハギ幼魚、ルリハタ、アカホシカクレエビなどが見られました。

沖の根〜大きなマダイにコロダイ、クエ、モンガラカワハギ幼魚、レンテンヤッコ幼魚、クロメガネスズメダイ幼魚、ハナタツ4個体、ベニイザリウオ、マツカサウオ、イタチウオ、、カイメンガニ、ウミウシカクレエビのペア、ウデフリツノザヤウミウシが4個体、タマゴイロイボウミウシもまとまって4個体等が見られました。

黄金崎公園ビーチイッポンテグリ、ツノカサゴ、カミソリウオ、クマドリイザリウオ、イロイザリウオ2個体、アサヒハナゴイ、ウミテング、マツカサウオ幼魚、ミジンベニハゼ、トビエイなどが見られました。
2003年11月23日 日曜日    
天気  曇り/晴れ   :北東強い
気温  :16度  水温 :20度
透明度 :6〜12   :凪
昨日の西風が嘘のように今日は静かでした。朝のボートは若干のうねりが残りましたがその後は凪いでいきました。透明度はボートで10〜12m、ビーチは全体的に白っぽく6〜8m、水温は19・5〜20度くらいです。

ボートでは黄金崎にて久しぶりにクダゴンベが見られました。イロイザリウオのきれいな個体もいます。沖の根にしばらくいたオオモンイザリウオを今日は見かけませんでした。ハナタツ、アブラヤッコ幼魚、これまた久しぶりのモンガラカワハギ幼魚も見られています。

黄金崎公園ビーチではうねりの後のため若干生物が減った感じもありましたがイッポンテグリ、クマドリイザリウオ、アサヒハナゴイ幼魚、イロイザリウオ、ウミテング、ミジンベニハゼなどは変わらず見ることができました。
★ボート( 沖の根・黄金崎 ) 11/23(日曜日)
旬の生物:クダゴンベ・イロイザリウオ・ハタタテハゼ

よく見られる魚たち:
マダイ・イシダイ・ブダイ・ハナタツ・ベニイザリウオ・スジハナダイ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・ニシキベラ・イトヒキベラ・クマノミのペア・ガラスハゼ・キンチャクダイ・オキゴンベ・カゴカキダイ・ルリハタ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・イラ・ウツボ

死滅回遊魚:モンガラカワハギ幼魚・レンテンヤッコ幼魚・アブラヤッコ幼魚・ハナキンチャクフグの幼魚・ミツボシクロスズメダイ幼魚たくさん・クロメガネスズメダイ幼魚・シコクスズメダイ幼魚・タキゲンロクダイ幼魚・テンクロスジギンポ・ツマジロモンガラ幼魚・クロユリハゼ幼魚・クロフチススキベラ幼魚

ウミウシ類:ハナオトメウミウシ・アワシマオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・ニシキウミウシ・ニセイガグリウミウシ・イガグリウミウシ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・クダヤギクモエビ・アカホシカクレエビ・アヤトリカクレエビビシャモンエビなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 11/23(日曜日)
旬の生物:イッポンテグリ・クマドリイザリウオ・アサヒハナゴイ幼魚

よく見られる魚たち:
イロイザリウオ幼魚・ウミテングのペア・ミジンベニハゼのペア・ガラスハゼ・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・ホタテウミヘビ・ノコギリヨウジ・ササハゼ・オニハゼ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・サツマカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼ・ササハゼ

死滅回遊魚:
ネジリンボウ・ヒレナガネジリンボウ・ケラマハナダイ幼魚・カシワハナダイ幼魚・ハナキンチャクフグ幼魚・ノコギリハギ幼魚・テンクロスジギンポ・ニセカンランハギ幼魚・テングハギ幼魚・モンツキハギ幼魚・ノコギリハギ幼魚・シコクスズメダイ幼魚・オヤビッチャ・ミツボシクロススメダイ幼魚・ササスズメダイ幼魚・ムレハタタテダイ幼魚・ヨスジフエダイ幼魚・トゲチョウチョウウオ幼魚・フウライチョウチョウウオ幼魚

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・アカスジカクレエビ・イソバナカクレエビ・ビシャモンエビのペア・ムチカラマツエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・コマチコシオリエビ・ナカザワイソバナガニ・コノハガニイボイソバナガニ
11月22日 土曜日
強い西風の為、ボート、ビーチ共に全面クローズとなりました。
明日にかけては、風が北東へ変わる予報がでております。
11月21日 金曜日
朝の早い時間は静かでしたが、だんだんと西風が強くなりました。よってボートダイビングはクローズでした。ビーチの西側エントリー口には時折大きな波がかかり、EN・EX時には注意が必要でした。水中ではややうねりがありました。透明度はゴロタ付近で6m、その他では8〜12mでやや白っぽい感じでした。水温は19.8度でした。お天気は曇り時々晴れでした。

黄金崎公園ビーチ〜イッポンテグリ幼魚、クマドリイザリウオ、アサヒハナゴイ幼魚、ウミテング3個体、イロイザリウオのオレンジ色3個体・白色1個体、ミジンベニハゼのペア、マツカサウオ、カンパチ、マトウダイ、タテヒダイボウミウシ等が見られた他、ドチザメらしき1m弱の鮫も目撃されています。

明日も西風が強く吹く予報ですので、ボートダイビングは厳しいかもしれません。
ビーチも海況はあまりよくはないでしょう。海況の確認をお願い致します。
11月20日 木曜日
朝から雨が降っていましたが、凪は本日も良好でした。透明度は15mにもどり、水温は昨日と変わらず20度でした。

黄金崎公園ビーチ〜どんよりとした空の色とはうらはらに今日のビーチも色とりどりの魚達でにぎわっていました。クマドリイザリウオ幼魚(白と赤)、イロイザリウオ数個体(オレンジ)アサヒハナゴイ幼魚(ピンクと赤と黄色と・・・とにかくきれいな色です)イッポンテグリ幼魚(白と紫と黄色と?)タテジマキンチャクダイ幼魚、ウミテング、ミジンベニハゼのペア、ネジリンボウのペア、ケラマハナダイ幼魚、カシワハナダイ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚の群れ、クロイトハゼ、ササハゼなどが変わらず見られました。

本日はサンマ船入港のためお昼にサンマを焼いたのと刺身で頂きました。たくさん頂いたのでご近所さんにお裾分けに行ってきます!!今晩はサンマの刺身とビールかな、秋味ですかね。
11月19日 水曜日
凪は良好、昼くらいから小雨が降りました。透明度はややどんよりとした感じで12mくらい、水温は20度台に下がっています。

沖の根オオモンイザリウオはいつもほとんど同じ場所にいるのですが、あまりにも汚くて意外に目に入りにくいですね。大きさは15cm近くあるのではないでしょうか。近くにここのところカゴカキダイの30匹くらいの群れがずーっと付いています。安良里ではカゴカキダイの群れはちょっと珍しいので新鮮な感じです。岩の隙間にはマツカサウオも定住していますよ。
ハナタツはいつもの赤が2個体、オレンジと相棒のおなかの大きな個体のペアと2ヶ所で観察されました。
ベニイザリウオは白&オレンジ、ハタタテハゼ、レンテンヤッコ幼魚、クロメガネスズメダイ幼魚、ノコギリハギ幼魚、ハナキンチャクフグ幼魚、ムナテンベラ幼魚、ノコギリヨウジなども見られました。
他ちょっと変わったところでウミウシカクレエビのペア?1個体は2cm近くはあるBIGサイズです。
最近のお気に入りはカイメンガニ(だと思います)!!玉ミルやカイメン類を付着させていて原形をとどめていないのではっきりとはよく分かりませんが、ゴソゴソ動くとものすごく不気味です。
また越冬したミツボシクロスズメダイがものすごく大きくなっています。この勢いでこの冬も越冬して欲しいものです!!

黄金崎公園ビーチクマドリイザリウオ幼魚、イロイザリウオ数個体、アサヒハナゴイ幼魚イッポンテグリ幼魚タテジマキンチャクダイ幼魚、ウミテング、ミジンベニハゼのペアなどが変わらず見られました。
11月18日 火曜日
海は朝から静かでした。お天気も晴れで、暖かかったです。
黄金崎公園ビーチ〜では透明度12〜15m、水温は21度と変化なしです。イッポンテグリ、クマドリイザリウオ、ウミテング、ネジリンボウ、ミジンベニハゼ等を見ることができました。
明日も凪となりそうです。ただ朝晩には雨がぱらつきそうです。

11月入り、季節はもうすっかり秋ですね。寒い寒いといっても伊豆は東京よりもまだ暖かい方ですね。だからなのか、赤く紅葉する木が少ないです。種類が違うのか、茶色と緑色と黄色になる木が多いですね。そんななか、土肥の交番の近くでは何故か桜が咲いています。今年の夏は冷夏で残暑が長かったので、混乱してしまったのでしょうか。
通り道の景色を眺めるのも、秋ならではの楽しさですね。
11月17日 月曜日
朝の早い時間はややうねりが残っていましたが、お昼には静かになりました。透明度は変わらず15mをキープしています。水温はギリギリ21度でした。
本日も良いお天気となり、白く雪をかぶった富士山を、あったか〜い露天風呂からきれいに眺められました。休憩室のストーブも暖かくて、落ち着いた良い雰囲気ですよ。時々監視のおじさんが持ってきたお芋や椎茸が焼かれていて、お土産屋さんの様な雰囲気になったりもしますが・・・。
黄金崎公園ビーチ〜イッポンテグリ、クマドリイザリウオ、イロイザリウオ3個体、アサヒハナゴイ、ウミテング、クマノミのペア、ヨスジフエダイ等が見られています。エントリーしてすぐの砂地では、ハナハゼの幼魚、ヒメユリハゼの幼魚、オグロクロユリハゼの幼魚が30匹くらい集まっていて、ピヨピヨ聞こえてきそうで、とってもかわいらしい様子ですよ。
2003年11月16日 日曜日    
天気  晴れ/曇り   :南西→西
気温  :22度  水温 :21度
透明度 :12〜15   :うねりあり
昨日の夜に降った雨は朝の早い時間帯にやみました。予報では雨があがると西がかなり吹くとのことだったので、ボートは水面の揺れもあり1チームが朝1ボートしただけでした。ビーチも昼からはうねりがきつくなるかなと思われましたが思ったほどではありませんでした。
透明度は浅場は白っぽくなりましたが中は15mくらい、水温21度でした。

黄金崎公園ビーチイッポンテグリ、毎日場所を少しずつ移動していますね。昨日発見のツノカサゴも場所を移動していたため見ることができた方はごくわずかでした。
クマドリイザリウオやイロイザリウオは定位置にて観察できました。アサヒハナゴイ幼魚、ケラマハナダイ幼魚、ホカケハナダイ幼魚、タテジマキンチャクダイ幼魚2個体、ヌノサラシ、ネジリンボウ&ヒレナガネジリンボウ、ミジンベニハゼペア、ササハゼのペア、ガラスハゼたくさん、ウミテング、ムレハタタテダイ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚の群れ、マトウダイ(さぶっ)、ウミウサギガイなどが見られています。
また地味ではありますが甲殻類が豊富ですね。ものすごく狭い範囲の中でアカシマシラヒゲエビのペアのクリーニング、アカスジカクレエビ、イソバナカクレエビ、ビシャモンエビのペア、ムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、ナカザワイソバナガニ数個体、イボイソバナガニなどを見る事が出来ます。
★ボート( 沖の根・黄金崎 ) 11/15・16(日曜日)
旬の生物:大型コロダイ・オオモンイザリウオ・イロイザリウオ・ハタタテハゼ

よく見られる魚たち:
マダイ・イシダイ・ブダイ・ハナタツ・ベニイザリウオ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・ニシキベラ・イトヒキベラ・クマノミのペア・ガラスハゼ・キンチャクダイ・オキゴンベ・カゴカキダイ・ルリハタ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・イラ・ウツボ

死滅回遊魚:ホカケハナダイ・ヘラヤガラ・ハナキンチャクフグの幼魚・ミツボシクロスズメダイ幼魚たくさん・クロメガネスズメダイ幼魚・シコクスズメダイ幼魚・タキゲンロクダイ幼魚・テンクロスジギンポ・ツマジロモンガラ幼魚・クロユリハゼ幼魚・クロフチススキベラ幼魚

ウミウシ類:ハナオトメウミウシ・アワシマオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・ニシキウミウシ・ニセイガグリウミウシ・イガグリウミウシ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・アカホシカクレエビ・アヤトリカクレエビビシャモンエビなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 11/16(日曜日)
旬の生物:イッポンテグリ・ツノカサゴ・クマドリイザリウオ・タテジマキンチャクダイ幼魚・アサヒハナゴイ幼魚

よく見られる魚たち:
イロイザリウオ幼魚・ウミテングのペア・ミジンベニハゼのペア・ガラスハゼ・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・ホタテウミヘビ・ササハゼ・オニハゼ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・サツマカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼ・ササハゼ

死滅回遊魚:
ネジリンボウ・ヒレナガネジリンボウ・ケラマハナダイ幼魚・カシワハナダイ幼魚・ホカケハナダイ幼魚・ハナキンチャクフグ幼魚・ノコギリハギ幼魚・テンクロスジギンポ・ニセカンランハギ幼魚・テングハギ幼魚・モンツキハギ幼魚・ニジハギ幼魚・シコクスズメダイ幼魚・オヤビッチャ・ミツボシクロススメダイ幼魚・ササスズメダイ幼魚・ムレハタタテダイ幼魚・ヨスジフエダイ幼魚・トゲチョウチョウウオ幼魚・フウライチョウチョウウオ幼魚・ヌノサラシ

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・アカスジカクレエビ・イソバナカクレエビ・ビシャモンエビのペア・ムチカラマツエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・コマチコシオリエビ・ナカザワイソバナガニ・コノハガニイボイソバナガニ
11月15日 土曜日
本日は凪は良好、天気は曇りで時折、小雨がぱらついたり日が射したり大忙し。透明度はなかなか良く15m、水温も21度をキープしています。

黄金崎公園ビーチ〜今日は新しい生物がいくつか見られました。まずはツノカサゴ!!1年ぶりの登場です。地味な色彩ではありますがなんと言ってもあの長〜い皮弁が特徴的ですね。タテのりなのもね。
タテジマキンチャクダイ幼魚、こちらは別の場所にて2個体確認されました。近くにレンテンヤッコの幼魚もいましたよ。ほかミナミハタタテダイ幼魚、ベニイザリウオ、ヌノサラシなども目新しかったですね。
後は着々と成長中のイッポンテグリ。体色が白一色から柄が体全体に出始めてきていて派手になってきています。クマドリイザリウオやイロイザリウオ数個体、アサヒハナゴイ幼魚、ケラマハナダイ幼魚、カシワハナダイ幼魚、ウミテング、ネジリンボウ&ヒレナガネジリンボウ、ミジンベニハゼのペア、ササハゼのペア、ガラスハゼたくさん、ヨスジフエダイの小さな群れ、ムレハタタテダイ、ヨコシマクロダイ幼魚、ビシャモンエビのペア、アカシマシラヒゲエビのペア、ナカザワイソバナガニ、イボイソバナガニなど。

沖の根〜やはりボートの醍醐味は魚影の濃さでしょうか。ここのところまたマアジが復活していますが今日も大群が圧巻でした。透明度も良かったのでなかなかの迫力でしたよ。
オオモンイザリウオ、ハナタツ2個体、カゴカキダイの群れ、アオサハギ幼魚、ガラスハゼ、ノコギリヨウジ、ゼブラガニ、ムチカラマツエビ、タマゴイロイボウミウシ、キイロイボウミウシ、ニシキウミウシなどが見られました。
西根のミツボシクロスズメダイ幼魚、例年にもまして今年はたくさん群れています。現在40匹くらいはいると思われます。今月いっぱいくらいはまだまだ元気に泳いでいますよ!

明日は西よりの風がだんだんと強くなりそうです。ボートは厳しいコンディションとなりそうです。
朝一番の海況確認をお忘れ無く!!
11月14日 金曜日
晴れた良い天気、良い凪の一日となりました。昼頃は安良里の港はぽかぽかして気持ちよかったですねぇ。透明度は12〜15m、水温21度です。

黄金崎公園ビーチイッポンテグリ、クマドリイザリウオ、イロイザリウオ2個体、アサヒハナゴイ幼魚、ケラマハナダイ幼魚、ホカケハナダイ幼魚、ウミテングのペア、ネジリンボウ、ミジンベニハゼのペア、ヨスジフエダイ幼魚、アカシマシラヒゲエビのペアなど。

黄金崎イロイザリウオ、マアジの大群、スズメダイやキンギョハナダイの幼魚の群れ、クロユリハゼ幼魚、ニシキハゼ、アカホシカクレエビ、タマゴイロイボウミウシ、イガグリウミウシ、季節はずれなムラサキウミコチョウ、ニシキウミウシ、ヒロウミウシなど。

沖の根〜大きなのっぽのオオモンイザリウオベニイザリウオ、いつもの赤いハナタツと別の場所でハナタツ3個体、サクラダイ、ミナミゴンベ、ミツボシクロスズメダイ幼魚の群れ、マツカサウオ、巨大カイメンガニ、ゼブラガニなど。
11月13日 木曜日
良い凪でしたが曇り時々晴れ一時雨という複雑なお天気で寒い一日でした。まさに「女心と秋の空」でしたね。透明度は15m、水温21度とコンディションは変わらないですね。
ボートの沖の根では大きなオオモンイザリウオ、ハナタツ、メジナやクロホシイシモチ、スズメダイの大群など、黄金崎公園ビーチではイッポンテグリ、クマドリイザリウオ、イロイザリウオ、アサヒハナゴイ幼魚、ホカケハナダイ幼魚、ケラマハナダイ、サカタザメ(30センチくらい)、シビレエイ、マトウダイ(大)などが見られました。いつも見られているウミテングのペアに、本日はチビチビサイズの1個体が加わり、計3個体になっていました。
11月12日 水曜日
久しぶりに良いお天気となりました。北東風がやや強く吹きましたが、凪でした。ビーチ、ボート共に透明度が良くなり、12〜15m、水温は21〜22度でした。
沖の根〜透明度が上がったので気持ちが良いですね。ハタタテハゼハナタツ2個体、オオモンイザリウオ、ベニイザリウオ、コロダイ、レンテンヤッコ幼魚、クロホシイシモチの群れ等が戯れ、楽しませてくれました。
黄金崎公園ビーチイッポンテグリ幼魚は徐々に色が変化してきました。クマドリイザリウオは本日少〜し移動しました。イロイザリウオはオレンジ色のかわいい個体が数個体見られていますよ。ヒレナガネジリンボウのペア、ミジンベニハゼ、ウミテング、は変わらず砂地で見られています。アサヒハナゴイ幼魚、ホカケハナダイ幼魚、ケラマハナダイ、カシワハナダイは色彩豊かで、うっとりと見とれてしまいます。その他、ササハゼ、タツノイトコ、ヨスジフエダイ、モンスズメダイ等も見られました。

明日も北東風の予報ですので凪となるでしょう。
お天気も晴れですので、のんびりダイビング日和となるでしょう。
11月11日 火曜日
北東風が強く吹きましたが、問題なく静かでした。透明度はやや上がり、12m、水温は21度台でした。午前は曇り空でしたが、昼過ぎからは雨が降り、一時は雷を伴いました。
沖の根〜オオモンイザリウオ、ハタタテハゼウデフリツノザヤウミウシの交接シーン等、写真を撮るのが楽しい美しい被写体がたくさん見られました。写真をたくさん撮られた日には、是非デジカメフォトコンテストにご応募下さい。「自信作!」または「思い出に・・・」はたまた「賞金稼ぎ」等々、理由を記入して頂く必要はございませんので、簡単なご連絡先を記入して頂くだけの簡単なものです。皆様のご参加お待ち致しております。
黄金崎公園ビーチ〜何故ここに?と不思議がられる生物の、イッポンテグリ幼魚アサヒハナゴイ幼魚、ホカケハナダイ幼魚、に並び本日はコブシメ登場です。沖縄などではクブシミと呼ばれているコウイカの仲間です。石の脇にじっとして石のように丸まっていたようです。その他ミジンベニハゼのペア、クマドリイザリウオ、ウミテングのペア等見られました。

明日も良い凪となるでしょう。お天気は曇りですが、雨は降らないようです。
11月10日 月曜日
昨日から気温が下がり雨もぱらつき、陸は肌寒くなりました。海況は良く静かで、透明度は8m、水温は21〜22度でした。
黄金崎公園ビーチ
マトウダイの大きな個体や70cmほどのヒラメを見かけました。水中も冬が近づいてきてる感じです。とは言え、まだまだ南の魚達は元気でした。
イッポンテグリ幼魚、クマドリイザリウオ幼魚、イロイザリウオ幼魚、アサヒハナゴイ幼魚、ケラマハナダイ幼魚、ホカケハナダイ幼魚数個体、ヌノサラシ、ササズズメダイ幼魚、モンスズメダイ幼魚、アマミスズメダイ幼魚、シコクスズメダイ幼魚たくさん、ネジリンボウやヒレナガネジリンボウは極小個体も、ササハゼのペア、ミジンベニハゼのペア、ガラスハゼたくさん、アカシマシラヒゲエビのペアと単体、ビシャモンエビのペア、ムチカラマツエビ、イソバナカクレエビ、イボイソバナガニ、ナカザワイソバナガニのペアなどが見られました。
2003年11月9日 日曜日    
天気  晴れ/曇り   :南西
気温  :22度  水温 :21〜22度
透明度 :8   :ボートは少し波あり
今日は夕方曇りましたが、天気も良くて暖かくて、凪ぎ良好でした。
透明度はやや濁り気味で8m、水温21〜22度です。

沖の根〜沖の根の壁にホカケハナダイが数固体集まっているのを見つけました。今年がたまたま多いのかはたまた、今まで気づかなかっただけなのか???その答えは来年に解るかも・・・。魚影が濃くてダイナミックな地形が楽しい沖の根ですが、じっくり見るとオオモンイザリウオ、ハナタツ、ハタタテハゼ、アカホシカクレエビも見られて大物小物で楽しめます。

黄金崎公園ビーチ〜人気ランキング的には無敵の横綱イッポンテグリ、華麗な大関アサヒハナゴイ、普段なら横綱クラスの実力者関脇クマドリイザリウオ、前頭1枚目はネジリンボウ&イロイザリウオといった感じでしょうか。
他にもサカタザメ、ホカケハナダイ幼魚、ケラマハナダイ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚、ムレハタタテダイ幼魚、イトタマガシラ幼魚、ウミテング、ミジンベニハゼ、ササハゼ、ガラスハゼたくさん、アカシマシラヒゲエビのペア、ビシャモンエビのペア、ナカザワイソバナガニのペア、イボイソバナガニなどもいるのですが、いろいろいすぎて水中では全部は紹介しきれませんね。
★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 11/16(日曜日)
旬の生物:イッポンテグリ・クマドリイザリウオ・イロイザリウオ幼魚・アサヒハナゴイ幼魚

よく見られる魚たち:
ウミテングのペア・ミジンベニハゼのペア・ガラスハゼ・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・ホタテウミヘビ・ササハゼ・オニハゼ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・サツマカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼ・ガラスハゼ

死滅回遊魚:
ネジリンボウ・ヒレナガネジリンボウ・ケラマハナダイ幼魚・カシワハナダイ幼魚・ホカケハナダイ幼魚・ハナキンチャクフグ幼魚・テンクロスジギンポ・ニセカンランハギ幼魚・テングハギ幼魚・モンツキハギ幼魚・ニジハギ幼魚・シコクスズメダイ幼魚・オヤビッチャ・ミツボシクロススメダイ幼魚・ササスズメダイ幼魚・ムレハタタテダイ幼魚・ヨスジフエダイ幼魚・トゲチョウチョウウオ幼魚・フウライチョウチョウウオ幼魚

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・アカスジカクレエビ・イソバナカクレエビ・ビシャモンエビのペア・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・コマチコシオリエビ・ナカザワイソバナガニ・コノハガニイボイソバナガニ
★ボート( 沖の根・黄金崎 ) 11/16(日曜日)
旬の生物:大型コロダイ・オオモンイザリウオ・ハタタテハゼ

よく見られる魚たち:
マダイ・イシダイ・ブダイ・ハナタツ・ベニイザリウオ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・ニシキベラ・イトヒキベラ・クマノミのペア・ガラスハゼ・キンチャクダイ・オキゴンベ・カゴカキダイ・ルリハタ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・イラ・ウツボ

死滅回遊魚:ホカケハナダイ・ミスジリュウキュウスズメダイ・チャイロヤッコ・アカハラヤッコ・ヘラヤガラ・ハナキンチャクフグの幼魚・ミツボシクロスズメダイ幼魚たくさん・シコクスズメダイ幼魚・タキゲンロクダイ幼魚・テンクロスジギンポ・ツマジロモンガラ幼魚

ウミウシ類:キイロウミウシ・ハナオトメウミウシ・アワシマオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・ニシキウミウシ・ニセイガグリウミウシ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・アカホシカクレエビ・アヤトリカクレエビビシャモンエビなど。

11月8日 土曜日
心配された西風は、午前中に少し吹いただけで問題はありませんでした。
透明度はボート、ビーチ共に8→6m、水温は21〜21・5度でした。

沖の根(ボートポイント)で見られた生物は大型のコロダイ、オオモンイザリウオ、ハナタツ、ハタタテハゼ、タテヒダイボウミウシ、キイロウミウシ等です。ミスジリュウキュウスズメダイも登場しました。

黄金崎公園ビーチで話題を呼んでいるイッポンテグリ幼魚ですが、トラギスから強いアタックを受けていましたが、なんとか交わしていました。ちょっと心配ですが、午後も見られています。ホカケハナダイ幼魚は水深8mくらいの所で5匹も群れているのを発見しました。アサヒハナゴイ幼魚ケラマハナダイ幼魚の美しい色には惚れ惚れしてしまいますね。クマドリイザリウオ、イロイザリウオ2個体、ウミテングのペア、ミジンベニハゼのペアも健在です。その他、ネジリンボウ、ササハゼのペア、寄生虫につかれたガラスハゼ、ヨスジフエダイ、ムレハタタテダイ、オオモンハタ幼魚、ササスズメダイ幼魚?、クロユリハゼ幼魚の30匹ほどの群れ、ノコギリヨウジ、アオハナテンジクダイ幼魚、ナカザワイソバナガニのペア、ビシャモンエビのチビのペア、イボイソバナガニの幼体、等も見られており、よく見られる生物、旬な生物、珍しい生物、と盛りだくさんです。
11月7日 金曜日
お天気も良く日中は半袖でも平気なくらい暖かかったです。ダイビングの合間には、芝生でのんびりとお昼寝なんていかがですか?きっと穏やかな気持ちになれるはずですよ。
明日のお天気も晴れの予報です。最高気温の予想は24度と暖かくなりそうです。
寒くなる前に外へ遊びに行きましょう。

は透明度8m、水温20〜21度でした。エントリーしてすぐの浅場でホカケハナダイが見られました。「ケラマハナダイ?カシワハナダイ?」と見分けが難しいハナダイも発見です。引き続き見られているのは、イッポンテグリ、ウミテング、クマドリイザリウオ。その他には、アカスジカクレエビ、オキナワベニハゼ、ホウボウ幼魚、アカオニガゼ等も見られました。
11月6日 木曜日
雨は朝の早い時間にあがりました。凪良好、透明度は少し良くなって8〜10m、水温20〜21度くらいでした。
黄金崎公園ビーチでは今日もイッポンテグリが見られています。週末まで頑張れそうですね。
ほかクマドリイザリウオ、ネジリンボウ、ウミテング、ハタタテダイ幼魚、ツマジロモンガラ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚、ムレハタタテダイ幼魚など。
11月5日 水曜日
朝のうちは日がでていましたが午後から曇り夕方にはついに雨がぽつりぽつり落ちてきました。
黄金崎公園ビーチには今、たくさんのツワブキが咲いています。
ビーチの受付カウンターや電気ポットの所にビーチで咲いている野草がそっと飾ってあるのをご存じですか?
皆さん、クラブハウスに飾ってあるクマドリイザリウオやネジリンボウの写真は熱心に見ていますがなかなか花に興味がある方って少ないんですよね。私もその一人なんですが・・・。

野に咲く一輪の花に自然と目がいくような人は、きっと水中でも生物達の何気ない仕草や色合いや生の営みをさりげなく感じて楽しめるんだろうなぁ。
本日の透明度は6m、水温20〜21度でした。明日は残念ながら雨模様です。
11月4日 火曜日
午前中はやや曇っていましたが、昼から晴れ間ものぞきました。午後はやや波が出てきましたが、問題はない程度でした。透明度は変わらず5〜6m、水温も21度くらいでした。
黄金崎公園ビーチではイッポンテグリ、イロイザリウオ、クマドリイザリウオ、アサヒハナゴイ幼魚等が見られております。
明日も凪となるでしょう。お天気は曇り空となりそうです。
11月3日 月曜日       文化の日
一日雨降りでした。午前中は凪は良かったのですが午後から南西が吹きボートの最後の組は揺れました。透明度は水中が暗いのもあってか5〜8m、どんよりしていました。水温は21度台です。
ボートの沖の根では15cm強のオオモンイザリウオ、ベニイザリウオ、ハタタテハゼ幼魚、クロユリハゼ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚の群れ、マアジの群れ、イタチウオなどが見られました。
黄金崎公園ビーチではイッポンテグリ、クマドリイザリウオ、アサヒハナゴイ幼魚、タテジマキンチャクダイ幼魚等をはじめたくさんの生物たちが見られました。

人気の生物達はカメラ派ダイバーの良い被写体なのですが、写真を撮るときは周りもよく見ながら撮るようにすると良いですね。
ついつい撮るのに夢中になっていて後ろにダイバーの行列が出来ていませんか、フィンやカメラで生物達にダメージを与えていませんか・・・。
2003年11月2日 日曜日    
天気  晴れ/曇り   :南西
気温  :22度  水温 :21〜22度
透明度 :8   :凪
今日は天気も良く凪ぎ良好、たくさんのお客様がいらっしゃいました。中でもイッポンテグリ狙いの方が多かったですね。
透明度はやや濁り気味で8m、水温21〜22度です。

沖の根〜オオモンイザリウオ、ハナタツ、ハタタテハゼ、ベニイザリウオ、アカホシカクレエビ、ビシャモンエビが人気でしょうか。でもボートの醍醐味はやはりダイナミックな地形を堪能することと、ビーチにはない魚の群れでしょうか。今日もキビナゴの大群やここのところずーっと見られているマアジの群れがお薦めです。

黄金崎公園ビーチ〜イッポンテグリがダントツ人気ですが、クマドリイザリウオ、イロイザリウオ、ネジリンボウ、ミジンベニハゼのペアなどもなかなか可愛いです。
また今少し変わったハナダイの仲間、アサヒハナゴイ、ホカケハナダイ、ケラマハナダイ、カシワハナダイ、ハナゴイなどが見られました。どれも小さな個体が多いですがとってもきれいです。たくさんいる小魚の群れから探し出したときは嬉しいものですね。
★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 11/2(日曜日)
旬の生物:イッポンテグリ・クマドリイザリウオ・イロイザリウオ幼魚・アサヒハナゴイ幼魚

よく見られる魚たち:
ウミテングのペア・ミジンベニハゼのペア・ガラスハゼ・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・ホタテウミヘビ・ササハゼ・オニハゼ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・サツマカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼ・ガラスハゼ

死滅回遊魚:
ネジリンボウ・ヒレナガネジリンボウ・ケラマハナダイ幼魚・カシワハナダイ幼魚・ホカケハナダイ幼魚・ハナゴイ幼魚・ハナキンチャクフグ幼魚・テンクロスジギンポ・ニセカンランハギ幼魚・テングハギ幼魚・モンツキハギ幼魚・ニジハギ幼魚・シコクスズメダイ幼魚・オヤビッチャ・ミツボシクロススメダイ幼魚・ムレハタタテダイ幼魚・ヨスジフエダイ幼魚・トゲチョウチョウウオ幼魚・フウライチョウチョウウオ幼魚・ヒメフエダイ幼魚・ヨコシマクロダイ幼魚

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・アカスジカクレエビ・イソバナカクレエビオシャレカクレエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・コマチコシオリエビ・ナカザワイソバナガニ・コノハガニ
★ボート( 沖の根・黄金崎 ) 11/2(日曜日)
旬の生物:イワシの雲のような群れ・アジの群れ・カゴカキダイの群れ・レンテンヤッコ(2センチ)・ベニイザリウオオオモンイザリウオ

よく見られる魚たち:
マダイ・イシダイ・ブダイ・ハナタツ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・ニシキベラ・イトヒキベラ・クマノミのペア・ガラスハゼ・キンチャクダイ・オキゴンベ・カゴカキダイ・ルリハタ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・イラ・ウツボ

死滅回遊魚:ハタタテハゼ、ヘラヤガラ、ハナキンチャクフグの幼魚・ミツボシクロスズメダイ幼魚たくさん・シコクスズメダイ幼魚・タキゲンロクダイ幼魚・テンクロスジギンポ・ツマジロモンガラ幼魚・キリンミノカサゴ幼魚

ウミウシ類:ハナオトメウミウシ・アワシマオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・ニシキウミウシ・ニセイガグリウミウシ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・アカホシカクレエビ・アヤトリカクレエビ・ムチカラマツエビ・ビシャモンエビなど。

11月1日 土曜日
朝の早い時間は小雨が降りましたが、昼前から晴天になり海も静かになりました。透明度はビーチ、ボート共に8m、水温は21〜22度でした。

沖の根(ボートポイント)では、マアジの群れがすごい迫力でした!キビナゴの群れ、クロホシイシモチの群れ、小イワシの群れ、等も見られました。人気者のハナタツ、ベニイザリウオ、ビーチでも出没中のハタタテハゼ、クロユリハゼ、ミツボシクロスズメダイ幼魚40匹くらいのかわいい姿等が見られています。ウミウシでは、コイボウミウシ、タマゴイロイボウミウシが見られました。
黄金崎公園ビーチでは、イッポンテグリまだ健在です。ホカケハナダイアサヒハナゴイを見つけた時はウォーリーを見つけた時の気持ちに似ています。ミジンベニハゼはコーヒーの香りがするアルミ製の家がお気に入りの様子です。ネジリンボウ、ササハゼ、ウミテングはレギュラーになりつつありますよ。そんな中、マトウダイ(大)なんていう、身の毛もよだつ魚も見られました(嫌っちゃいやん)。ニシキフウライウオは久しぶりの登場でしたね。絵に描くのは難しいです。カミソリウオが居なくなってしまったので、水中マップの、元カミソリウオの絵に毛を生やしてごまかしちゃおうなんて思ってしまいます。クマドリイザリウオ、イロイザリウオは小さいながらも成長しております。その他、サカタザメ、ホウボウのペア、セミホウボウ、等も見られております。

明日は南西の風ですが強くは吹かないようです。お天気は晴れで、降水確率は10〜0%です。