TOPページへ

今週の安良里
● 最新海洋情報 ●トピックス ●過去ログ ●旬な生物 ●過去水温&透明度データ

メニュー
今週の安良里
今週のお客様
予約お申込
施   設
地   図
PRICE
マップ
写真館
関連施設
商 品
お楽しみ
リンク
掲示板
スタッフ紹介
イベント2004
〒410-3502
賀茂郡賀茂村
安良里556-3

0558-56-0195

0558-56-1717

dive@arari.co.j

過去ログー2004年月

1月31日 土曜日
早いもので2004年ももう1ヶ月が過ぎてしまいました。元旦に誓った今年の抱負、皆さんすでに忘れていませんか?
さて今日は透明度が若干落ちて13mくらい、水温は15度くらいだったようです。
黄金崎公園ビーチで本日確認された生物達はオオモンイザリウオ幼魚イロイザリウオ2個体、アカエイ、ほうぼうでホウボウ、ウミテング、かなり寒そうだったケラマハナダイ、ヒメギンポ、イボイソバナガニ、アカシマシラヒゲエビはキタマクラをクリーニング中などです。
情報提供して下さったショップ様に感謝!!
明日も良い凪になりそうですね。だいぶ日が長くなってきましたね、夕方4時半でもまだ夕日が高かったなぁ。ビーチのコレクションガーデンには菜の花が植わっています。2月になると咲くのでは??
1月30日 金曜日
一日良い天気、そして良い凪でした。来週のダイビングフェスティバルの準備等で忙しく?本日も潜水なしです。ごめんなさい・・・。
透明度は15m、水温は15度台だそうです。
今週末は良い凪になりそうです。安心してお越し下さいね(笑)。
1月29日 木曜日
昨日の夜の強い西風は早い時間におさまったようで朝少しうねりがありましたが時間と共にどんどん良い凪になりました。本日も潜水なしでした。
更新を楽しみになさっている方、ごめんなさい。明日は潜る予定です!!お楽しみに。

ホームページが一部リニューアルされています。ご感想をお待ちしています!!
1月28日 水曜日
昼頃から西風が吹くのかと思いきや夕方までベタ凪でした。朝海況確認をいただいた、Yさん、ごめんなさいね。夕方5時、漁協が終業して職員さん達が帰宅につくのを見計らったかのように西風が吹き始めました。19時現在かなり音を立てて吹いています。明日の朝も少しうねり、風が残るかも知れません。
1月27日 火曜日
朝のうちうねりがありその後少しおさまっていましたが午後からまた強い北西風が吹きました。
午後からはボートクローズです。透明度は浅場で10〜12m、砂地の深場の方は15m以上見えています。水温は変わらず15度台後半でした。
黄金崎公園ビーチの砂地ではマトウダイが3匹、ホウボウ、トゲカナガシラ、アカエイの赤ちゃん、ホワイトVオクトパスの全身姿などが見らました。ロープ沿いや砂地の土のうにはタツノイトコが増えてきています。
ゴロタではオオモンイザリウオ幼魚、イロイザリウオ、ヒメギンポ、スィートジェリーミドリガイなどが見られました。

明日も強い西風になりそうなのでボートダイビングは厳しいでしょう。ダイビングを予定されている方は朝の海況確認の電話をお願い致します。
1月26日 月曜日
良い凪の一日でした。透明度は浅場は昨日同様やや白っぽく10mくらい、深場の方に行くと15mくらい、水温は15度後半です。

黄金崎公園ビーチ〜もうすぐ1月も終わりに近づいているにもかかわらず死滅回遊魚たちが見られています。サザナミヤッコ幼魚、ハダカハオコゼ共に見ることが出来ました。共に今まではビーチで見られたことがなかったのですがこんなに寒くなってもまだ元気です。サザナミヤッコは見れない日の方が多いのですが今日は確認できました。ハダカハオコゼは定位置より少し移動した場所で揺られていました。
オオモンイザリウオ幼魚も1個体、イロイザリウオが大&中合わせて3個体、ウミテング、ケラマハナダイ&カシワハナダイ(だと思います)幼魚、ヨスジフエダイ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、テンクロスジギンポ、オヤビッチャ、キビナゴの群れ、イボイソバナガニなど。
ヒメギンポのペアが目につき始めました。

朝早い時間帯にボートポイントに入りましたが透明度はかなり良いですね。浅場は10〜12mでしたが、下に行くと20mは見えています!!
1月25日 日曜日
心配された西風は、宵のうちに弱まりました。黄金崎公園ビーチの西側エントリー口には、時折やや大きめの波が入ってきていました。透明度は10mで白っぽく、水温は15〜16度でした。お久しぶりの生物情報更新となりますね。ハダカハオコゼ、オオモンイザリウオ、イロイザリウオはほぼ場所は変わらず健在でした。そしてミミックと呼ばれる上手に擬態するタコに似た、ホワイトブイオクトパス、ウミテング、震えるヨスジフエダイ、マツカサウオ、アカシマシラヒゲエビ、ビシャモンエビのペア、ナカザワイソバナガニ等が見られました。素敵な名を持つスイートジェリーミドリガイも見ることができましたよ。 見た目もおいしそう・・・じゃなく、素敵ですよ。

明日の午前は久しぶりに北東の風が吹きそうです。午後からはまた西に変わりそうなので午前の方が穏やかでしょう。
1月24日 土曜日
週末にきてやっと、西風がいったん弱まりました。しかし午後からまた吹き始め、ボートダイビングは午後からクローズといった感じでした。ビーチダイビングは潜水可能でしたが、エントリー口に波がかかりました。透明度は15m、水温はやや下がり15〜16度でした。明日も西風が吹く予報がでていますので、海況にはご注意下さい。
1月23日 金曜日
昨日に引き続き全面クローズとなりました。17時現在も強い西風が吹いています。明日も西風が吹く予報ですので、ボートダイビングは厳しそうです。海況にご注意下さい。

ますます冷え込んできましたね。今朝の室内温度は3度でしたよ。伊豆でなくても各地で寒波がみられているようですね。こんな時期は布団から出るのに勇気がいり、外出する気にはなかなかなりませんね。しかしながら天気は良くとても晴れています。136号線沿いの花壇にはいつの間にか「菜の花」が植えられていて、黄色い可愛らしい花が咲いています。寒いからと、お部屋に閉じこもってばかりいては、感動の機会を逃してしまうかもしれませんね。
1月22日 木曜日
本日は強い西風の為、全面クローズとなりました。明日も強い西風が吹くとの予報が出ています。海況にご注意下さい。

昨日の18時頃、安良里の町中に猪が出没!!角の衣料品店の店内に入り込むという事件がありました。ちょうどそのとき私は付近を通りかかったのですが、パトカーが出動して野次馬もいたりして大騒動でした。猪はお店のシャッターを閉めて店内に閉じこめられていましたがその後どうなったかはわかりません。おそらく網でお縄ちょうだいとなったのでは・・・。
村内放送で「外にでないで下さい!!」とアナウンスは流れるわ、地元猟友会の人が鈴を付けた猟犬を走らせるわ、普段は静かな村が騒然となったひとときでした。
今日あたりご近所では猪鍋のおうちが多いのでは。
つい先日も土肥の方で猪が出没して怪我人が出たニュースをやっていました。猪は結局見つかって射殺されたようですが、沼津の方でも同じようなニュースがありましたね。猪も住みづらい環境になってきているんですね。
1月21日 水曜日
一日凪いでいましたが夕方から少しうねりが入ってきています。天気は曇りときどき小雨、今にも小雪が舞いそうな寒い一日でした。本日も潜水なしでした。

明日は強い西風、そして冷え込みとなりそうです。海況は明日、明後日とハードになるのではと思われます。ダイビングを予定されている方は必ず早めの海況確認を電話でして下さいね!

1月20日 火曜日
宵のうちに風は止み、静かになりました。本日は潜水はありませんでしたが、海は凪でした。明日は午後よりまた西風が強く吹きそうです。お早めの潜水をおすすめ致します。
1月19日 月曜日
午前中は雨が降りベタ凪でしたが午後から雨がやんで晴れ間がのぞくとすぐに強い西風が吹き始めました。午後からはボートはクローズビーチは潜水注意です。本日は潜水はありませんでした。
明日も午前中は風とうねりが残りそうですね。
2004年1月18日 日曜日    
天気  晴れ/曇り   :北東→西
気温  :8度  水温 :16・5〜17度
透明度 :18〜25   :ベタ凪
昨日の雪の影響が心配されましたが今朝は冷え込みがあまり厳しくなかったので、路面凍結もなく問題なく皆様いらっしゃれました。ただし船原峠の山頂付近の道の両側は雪だらけだったようです。
ベタ凪、透明度はものすごく良いですね、特に浅場の砂地では遙か彼方まで見渡せます。マックス25mは見えているでしょう。水温も17度近くあり40分程度の潜水ならかなり快適環境です。
砂地ではアカエイ、ホウボウがよく見られる他ボラの群れ、クロサギの大群、キビナゴの大群がとってもきれいでした。カスザメやメガネウオを見た方もいたようですね。
本日はビーチダイビングのみでしたがイザリウオの仲間達やハダカハオコゼ、ウミテング、ネジリンボウなども昨日と変わらず見ることが出来ました。
★ボート( 沖の根 ) 1/17(土曜日)
旬の生物:ハナタツ・ウデフリツノザヤウミウシ

よく見られる魚たち:
マダイ・イシダイ・ブダイ・ベニイザリウオ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・イトヒキベラ・クマノミのペア・ガラスハゼ・キンチャクダイ・オキゴンベ・カゴカキダイ・ルリハタ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・イラ・ウツボ

死滅回遊魚:ミツボシクロスズメダイ幼魚・クロフチススキベラ幼魚・ミゾレチョウチョウウオ

ウミウシ類:ハナオトメウミウシ・アワシマオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・ニシキウミウシ・ニセイガグリウミウシ・イガグリウミウシ・アオウミウシ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・アカホシカクレエビ・アヤトリカクレエビ・ゼブラガニ・カイメンガニなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 1/18(日曜日)
旬の生物:ハダカハオコゼ・マトウダイ・ヒラメ・ウミウサギガイ・ホワイトVオクトパス

よく見られる魚たち:
サザナミヤッコ幼魚・オオモンイザリウオ幼魚・イロイザリウオ幼魚・ウミテング・ガラスハゼ・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・ホタテウミヘビ・オグロエソ・ノコギリヨウジ・ササハゼ・オニハゼ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・サツマカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼ

死滅回遊魚:
ネジリンボウ・ケラマハナダイ幼魚・ハナキンチャクフグ幼魚・ノコギリハギ幼魚・テンクロスジギンポ・シコクスズメダイ幼魚・オヤビッチャ・ミツボシクロススメダイ幼魚・ヨスジフエダイ幼魚・トゲチョウチョウウオ幼魚

ウミウシ類:ミレニアムマツカサウミウシ

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・ビシャモンエビのペア・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・コマチコシオリエビ・ナガレモエビ属の一種・ナカザワイソバナガニイボイソバナガ・ニコノハガニ・ワレカラモドキ

1月17日 土曜日
朝からかなりの冷え込みでした。6時過ぎくらいから船原峠で雪が降り始めチェーン規制が出たため、到着が遅れた方、キャンセルされた方など大変でしたね。帰りの運転は大丈夫でしたか?黄金崎公園ビーチでも小雪がぱらぱら舞う中のエントリーとなってしまいました。
水中の方が暖かなくらいで16〜16・5度、透明度は15〜18mとかなりきれいでした。

黄金崎公園ビーチサザナミヤッコ幼魚、見れればラッキーで今日は見ることが出来ました。
砂地では通称ホワイトV(ブイ)と呼ばれているマダコ属の一種が見られました。
ハダカハオコゼイロイザリウオは3個体、オオモンイザリウオ幼魚ケラマハナダイ幼魚、ノコギリハギ幼魚、ツマジロモンガラ幼魚、オヤビッチャの群れ、シコクスズメダイ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚、キビナゴの群れ、ブダイ&メジナ&アイゴ&ボラ&クロホシイシモチの群れ、ビシャモンエビのペア、オルトマンワラエビ、ナガレモエビ属の一種、アカシマシラヒゲエビ、ナカザワ&イボイソバナガニ、、ヒョウモンダコ、マダコ、スジコウイカ、ミレニアムマツカサウミウシなどが見られました。
ネジリンボウも低水温の割にはペアとダテハゼと一緒の巣穴から1個体、ヒレナガネジリンボウの極小のペアと元気にしていましたよ。

沖の根〜こちらもキビナゴの大群が泳いでいました。ハナタツベニイザリウオ、ウデフリツノザヤウミウシ、マダイなどが見られました。
1月16日 金曜日
朝から良い凪でした。久しぶりにビーチに調査ダイビング!!、の前にうねりで壊れた手すりの補修にちょっと手こずりましたが、いざエントリーしてみるとやはり水温が下がっていました。16度ちょうどくらい、この時期としては例年並みと言ったところでしょうか。透明度は12〜18m、とまずまず、水中生物もうねりの前とあまり変わっていませんでした。

キビナゴの大群、オオモンイザリウオ幼魚、イロイザリウオ大、中、小、サザナミヤッコ幼魚、ケラマハナダイ幼魚、ウミテング、ササハゼ、ガラスハゼ、アカシマシラヒゲエビ、ビシャモンエビのペア、ムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ナカザワイソバナガニたくさんなど。

ヨスジフエダイがだいぶ減ってきています。スジコウイカがイソカサゴをくわえていました。

明日は天気は崩れそうですが凪には恵まれそうですね。

1月15日 木曜日
西風は朝の早い時間からやんだので予報に反してどんどん凪いでいきました。ビーチは朝のうちは潜水やや注意→OK、ボートも午後からなら揺れながらも出せそうでした。本日は潜水なしでした。
明日は久しぶりに潜れそうですね!!
水温の急低下が心配されますが・・・。
1月14日 水曜日
全面クローズでした。昨日の午後から吹き始めた西風は、17時現在もまだ強く吹いています。明日もこのまま吹き続けるとの予報が出ていますので、潜水は厳しいでしょう。
1月13日 火曜日
朝の早い時間は雨が降り凪いでいましたが、雨がやむととたんに強い西風に変わりました。ボートはクローズ、ビーチは午前は潜水注意、午後からはクローズとなりました。透明度は15m、水温は引き続き18度と暖かでしたがこの西風で水温が一気に下がってしまいそうですね。
明日も強い西風となるのでダイビングは厳しいのではと思われます。
1月12日 月曜日
朝から良い凪でした。黄金崎公園ビーチの透明度は15〜20m、水温は18度でした。本日はヒメヒラタイザリウオの目撃例がなかったのですが、オオモンイザリウオ、イロイザリウオ、ハダカハオコゼ、ウミテング、ネジリンボウは元気に姿を見せてくれました。
1月11日 日曜日
心配されていたほどうねりは残っていませんでした。ボートは多少揺れましたが透明度、水温共に最高でした。ビーチ、ボート共に透明度は15〜20m、水温は18度でした。
沖の根キビナゴの大群がとても迫力ありました。ベニイザリウオ、ハナタツ、マダイ、コロダイ、ハタタテダイも見られました。ウミウシではニシキウミウシ、アオウミウシ、ハナオトメウミウシが見られました。
黄金崎公園ビーチ〜透明度が良いので砂地が美しいですね。こちらでもキビナゴの群れが現れていました。ヒメヒラタイザリウオ、オオモンイザリウオ、イロイザリウオ、ハダカハオコゼ、ウミテング、ネジリンボウ、なども見ることが出来ました。
水温が上がったので、透明度の良いうちに初潜りをおすすめ致しますよ!
1月10日 土曜日
午前は静かでしたが、午後から西風が吹き波が出てきました。黄金崎公園ビーチの透明度は15〜16m、水温は18度あり、昨日に比べて暖かく感じました。ネジリンボウも水温差に敏感なようで、今日は数匹出ており、ペアでも見ることが出来ました。小さいヒレナガネジリンボウも可愛い顔を見せてくれました。昨日に引き続きヒメヒラタイザリウオ、オオモンイザリウオ、イロイザリウオ、ハダカハオコゼ、ウミテング、ケラマハナダイ、アオスジテンジクダイなども見られました。その他では、カワリオニハゼ(俗称)、マトウダイ、キビナゴの大群、ミチヨミノウミウシ、クマノミの赤ちゃん、なども姿を現せてくれました。

本日の午後から吹き始めた西風は、明日の午前中まで影響が残りそうです。
ダイビングをご予定されている方は海況確認をしてお出かけ下さい。
1月9日 金曜日
風は北東でしたが、午前中は昨日のうねりがやや残っており波もありました。午後からは凪になり水中も静かでした。黄金崎公園ビーチの透明度は12〜15m、水温は17度台でした。昨日に引き続きヒメヒラタイザリウオ、オオモンイザリウオ、イロイザリウオと合わせて計7個体も確認できましたよ。ハダカハオコゼは、少年少女合唱団のように歌に合わせて揺れています。本日のみどころはというとキビナゴの大群に太陽が反射するキラキラ感と、ホワイトブイオクトパスの見事な物真似でしょう。ホワイトブイはホタテウミヘビの真似をしていたのですが、砂から頭をとんがらせて出していましたよ。新年会で使えそうな物真似ネタですね。その他ではアオリイカの群れ、ムナテンベラの幼魚、ウミテング、ネジリンボウ、ムレハタタテダイ幼魚、ケラマハナダイ幼魚、アカシマシラヒゲエビ、ビシャモンエビのペア、ナカザワイソバナガニ、イボイソバナガニ、タマゴイロイボウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ、なども見ることができました。
明日は午後から西風が吹くとの予報がでています。お天気は晴れそうです。
1月8日 木曜日
昨日の夜遅くから吹き始めた西風が朝のうちはかなり強くうねりも大きかったため午前中は全面クローズとしました。ただ11時くらいには風もやみうねりも急速におさまってきています。午後からはビーチも潜水可能状態、夕方にはボートも少し揺れますが出せる程度におさまってきています。明日は風も北東に変わるので良いコンディションとなるでしょう。
1月7日 水曜日
一日良い天気、凪でした。ただ日中あまり気温が上がらず晴れの割には肌寒い一日となりました。透明度はボートで15m、ビーチでは15〜18m、水温16・5度くらいです。

沖の根キビナゴの大群をはじめベニイザリウオ、ハナタツは赤のみ2個体、ムレハタタテダイ、ノコギリヨウジ、モンツキハギ幼魚、ノコギリハギ幼魚、ミノカサゴ&ハナミノカサゴ、ウデフリツノザヤウミウシは計4個体、タマゴイロイボウミウシ、アヤトリカクレエビも4個体、アカホシカクレエビ、ゼブラガニ、カイメンガニなどが見られました。

黄金崎公園ビーチヒメヒラタイザリウオ、オオモンイザリウオ、イロイザリウオはサイズいろいろ3個体、ハダカハオコゼケラマハナダイ幼魚、ウミテング2個体、マトウダイ、アカエイ、ダイナンウミヘビ多い、ウミウサギガイなど。
1月6日 火曜日
風もなく良いお天気で穏やかな一日でした。本日は潜水なしなので、申し訳ございませんがデータはありません。
みなさん初潜りはされましたか?
1月5日 月曜日
良い天気、良い凪でした。黄金崎公園ビーチの透明度は12〜13m、水温は16.5度でした。見られた生物はハダカハオコゼ、オオモンイザリウオ、イロイザリウオ、ウミテング、アカエイ、ケラマハナダイ、ホウボウ、ミレニアムマツカサウミウシなどです。キビナゴの群れをマダイが追いかけているシーンも見ることができました。
明日も良い凪となるでしょう。
2004年1月4日 日曜日    
天気  晴れ   :西→北東
気温  :11度  水温 :17度
透明度 :12〜13   :凪
久しぶりに一日良い凪でした。今日でおもちのサービスもおしまいです。本日はきなこ&磯辺焼きでした。
天気も良く朝方は冷え込みましたが日中は比較的暖かになりました。
ボートダイビングは無かったのでフリソデエビの行方はわかりません・・・。
ビーチの生物はあまり変わっていませんでした。最近はネジリンボウの目撃例が減ってきています。キビナゴの大群やマトウダイ、ヒラメをよく見るようになってきました。冬ですね。
★ボート( 沖の根 ) 1/4(日曜日)
旬の生物:ハナタツ・ウデフリツノザヤウミウシ

よく見られる魚たち:
マダイ・イシダイ・ブダイ・ベニイザリウオ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・イトヒキベラ・クマノミのペア・ガラスハゼ・キンチャクダイ・オキゴンベ・カゴカキダイ・ルリハタ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・イラ・ウツボ

死滅回遊魚:ミツボシクロスズメダイ幼魚・クロフチススキベラ幼魚・ミゾレチョウチョウウオ

ウミウシ類:ハナオトメウミウシ・アワシマオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・ニシキウミウシ・ニセイガグリウミウシ・イガグリウミウシ・アオウミウシ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・アカホシカクレエビ・アヤトリカクレエビ・ゼブラガニ・カイメンガニなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 1/4(日曜日)
旬の生物:ヒメヒラタイザリウオ・ハダカハオコゼ・マトウダイ・ヒラメ・ウミウサギガイ

よく見られる魚たち:
オオモンイザリウオ幼魚・イロイザリウオ幼魚・ウミテングのペア・ガラスハゼ・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・ホタテウミヘビ・オグロエソ・ノコギリヨウジ・ササハゼ・オニハゼ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・サツマカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼ

死滅回遊魚:
ネジリンボウ・ケラマハナダイ幼魚・ハナキンチャクフグ幼魚・ノコギリハギ幼魚・テンクロスジギンポ・シコクスズメダイ幼魚・オヤビッチャ・ミツボシクロススメダイ幼魚・ヨスジフエダイ幼魚・トゲチョウチョウウオ幼魚

ウミウシ類:ミレニアムマツカサウミウシ

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・ビシャモンエビのペア・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・コマチコシオリエビ・ナカザワイソバナガニイボイソバナガニコノハガニ・ワレカラモドキ

1月3日 土曜日
本日もビーチクラブハウスにてお汁粉&きなこ餅のサービスがありました。
天気は晴れ、朝は比較的静かでしたが昨日同様午後から強い西風が吹いてきました。ボートは朝一番の船から揺れが大きく昼でクローズ、ビーチも午後1時過ぎからはかなり大きなうねりとなり潜水注意となりました。透明度はうねりが入る前は15m、水温17度(ボートでは17度を少し切っていました)です。

沖の根〜早速フリソデエビのリクエストで出かけたのですがアカヒトデのみ発見、エビさんはどこかの穴に入り込んでしまったようですね。
キビナゴの大群、イシダイ老成魚5〜6匹、ムレハタタテダイ成魚2匹、ハナタツ、ベニイザリウオ、ウデフリツノザヤウミウシ、タマゴイロイボウミウシ、ハナオトメウミウシ、巨大カイメンガニ、ゼブラガニ、アヤトリカクレエビなどが見られました。

黄金崎公園ビーチヒメヒラタイザリウオ、オオモンイザリウオ、イロイザリウオ数個体、ウミテング、ネジリンボウ、ササハゼ、ケラマハナダイ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚、キビナゴの群れ、アカシマシラヒゲエビ、ビシャモンエビのペア、ナカザワイソバナガニ、ミレニアムマツカサウミウシなど昨日とあまり変わっていませんでした。
1月2日 金曜日
本日はビーチクラブハウスにてお餅つき大会?がありました。お汁粉、大根おろし、磯辺焼き、きなこなど皆さんお好みで食べていました。
明日もお汁粉サービスを致しますのでお楽しみに。

朝は比較的静かだったのですが昼前から西風が吹き始めました。ボートは午前中1本のみ、午後からはクローズとなりました。透明度はボートが15m、ビーチは15→12m位、水温17度です。

沖の根〜新年早々めでたくフリソデエビの登場です!!今日は賀茂村の成人式、振り袖姿の女性の姿が見られました。陸でも水中でも振り袖見ちゃいました。
マダイの大きなのが7匹、ハナタツ、ベニイザリウオ、巨大ムレハタタテダイ、ハシナガウバウオ、久々ウデフリツノザヤウミウシの交接、タマゴイロイボウミウシ、巨大カイメンガニ等。

黄金崎公園ビーチ〜ネジリンボウは寒さのためあまり巣穴から顔を出していませんでした。
オオモンイザリウオ、イロイザリウオは大、中、小3個体、ヒメヒラタイザリウオハダカハオコゼ、サザナミヤッコ幼魚、ケラマハナダイ幼魚、タスジウミシダウバウオ、キビナゴの大群、ヒラメ、マトウダイ、アオリイカ、久々登場ホワイトV、アカシマシラヒゲエビ、ビシャモンエビのペア、ナガレモエビ属、ウミウサギガイなど。
2004年1月1日 木曜日      元旦
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 年明け第1日目は天気もよく、暖かでとっても気持ちの良い日でした。
海は波もなく穏やかです。透明度13〜15メートル、水温17度でした。
 生物は昨日と大きな変化はありません。
サザナミヤッコ幼魚ハダカハオコゼ、ヒメヒラタイザリウオ、オオモンイザリウオ幼魚、イロイザリウオ、ネジリンボウ、ウミテング、ヨスジフエダイ幼魚、ケラマハナダイ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚などが見られました。