TOPページへ

今週の安良里
● 最新海洋情報 ●トピックス ●過去ログ ●旬な生物 ●過去水温&透明度データ

メニュー
今週の安良里
今週のお客様
予約お申込
施   設
地   図
PRICE
マップ
写真館
関連施設
商 品
お楽しみ
リンク
掲示板
スタッフ紹介
イベント2004
〒410-3502
賀茂郡賀茂村
安良里556-3

0558-56-0195

0558-56-1717

dive@arari.co.j

過去ログー2004年3月

3月31日 水曜日
一日良い天気、最高気温は21度、はっきり言って体を動かすと暑いです。
朝は良い凪でしたが昼前から御前崎辺りではかなり強い西風が吹いているようで大きなうねりが入ってきました。午前中のボートは透明度も10〜15mとまずまずの状態でしたがエキジットする頃にはうねりが出始め午後はクローズでした。
ビーチも午前中は10mくらいは見えたようですが午後からは3〜5m、水面はかなり沖の方まで茶色っぽくなっています。
久しぶりにあまり良くない透明度ですね。明日も朝のうちは少しうねりが残りそうです。
3月30日 火曜日
午前中は曇り空、昼前から雨降りでした。昨日は天気が良かったので平日にもかかわらず研修センター前駐車場は満車!!春をさがしに来たたくさんの方でいっぱいでした。暑いくらいだったのでセンター売店のアイスが大人気でしたね。
本日凪はベタでしたが透明度はやや落ちて10〜12m、水温は16度。黄金崎公園ビーチのネジリンボウは今日は巣穴から顔を出してくれなかったようですね。雨だからかなぁ。
明日は久しぶりにちょっと西風が強めですね。
3月29日 月曜日
今日は暖かでしたね、最高気温は22度!!半袖でも良いくらいでした。
残念ながら本日は潜水無し、そして天気も明日は少し崩れてしまいそうですね・・・。
2004年3月28日 日曜日    
天気  晴れ   :北東
気温  :15度  水温 :16度
透明度 :10〜15   :ベタ凪
ボート〜透明度も良く、海がとっても静かなのでボートダイビングはのんびり楽しめています。
静かできれいな海はボートには最高です。
本日はボラの大群がボートポイントを通り過ぎました。
船長曰く:「ものすごい群れだったぞ!あれは軽く50トンはあるな!!!」トンという表現がスゴイ!
 最近この近海で鯨が見られているそうです。昨日も黄金崎公園の上から見られたそうです。そんなに大きくない鯨が数頭で泳いでいたとのこと!!!もしかしたらそのうち鯨の鳴き声が聞こえるかも(^o^)(^o^)
海は広いな大きな〜〜(^o^)

黄金崎公園ビーチ〜昨日より少し白っぽくなっていました。が、お客さんはきれいですね〜〜とおっしゃっていましたよ。キビナゴの大群やそれを追っかけてかなり大きなマダイが入ってきていました。シビレエイは数は減りましたが必ず誰かが見つけてきま!!
ネジリンボウは結構近くまでOKです。ササハゼもこの時期にはあまり見ることがないのですが何個体か見られています。ウミウシ類はみな小さいので目の悪い方はパス!!ルーペが必需品です。
★ボート( 沖の根 ) 3/28(日曜日)
旬の生物:ベニイザイウオ・キビナゴの大群、ボラの大群

よく見られる魚たち:
マダイ・イシダイ・ブダイ・越冬クマノミ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・キンチャクダイ・オキゴンベ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・ウツボ・トラウツボ

ウミウシ類:ハナオトメウミウシ・アワシマオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・アオウミウシ・ヒロウミウシ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・アヤトリカクレエビなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 3/28(日曜日)
旬の生物:ネジリンボウ・キビナゴの大群

よく見られる魚たち:
シビレエイ・イシヨウジ・タツノイトコ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼオニハゼ・ガラスハゼ

軟体動物:スジコウイカ・スイートジェリーミドリガイヒロウミウシ・コトヒメウミウシ・ミツイラメリウミウシ・ミレニアムマツカサウミウシ・コガネマツカサウミウシ・イナバミノウミウシ・ホシアカリミノウミウシ・ミドリアマモウミウシ・クロヘリアメフラシ・ベニキヌヅツミガイ

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・ビシャモンエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・コマチコシオリエビ・ナカザワイソバナガニイボイソバナガニ・コノハガニ・ミズヒキガニ・クモガニ・ワレカラモドキ

3月27日 土曜日
久しぶり晴れて良いお天気、凪は変わらずベタでした。透明度は15〜18m、水温は16度台です。
黄金崎公園ビーチ〜本日はネジリンボウはあまり巣穴から出ておらず1個体くらいしか確認できませんでした。キビナゴの群れやマダイの大きな個体、クロサギの群れ、シビレエイ、ササハゼ、ハナミノカサゴ、久しぶりの登場ベニイザリウオなどが見られました。

甲殻類
アカシマシラヒゲエビ、コマチコシオリエビ、オルトマンワラエビ、ビシャモンエビ、ナカザワイソバナガニ、ヨツハモガニ、クモガニ、ワレカラモドキ沢山。

軟体動物
:スジコウイカ、アメフラシ、クロヘリアメフラシ、ミツイラメリウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、ミレニアムマツカサウミウシ、コガネマツカサウミウシイナバミノウミウシ、ミドリアマモウミウシ、ホシアカリミノウミウシ、コトヒメウミウシ、エムラミノウミウシなど。
ウミウシ類はほんとに1cmに満たない小さな個体なのでどこにいるの??と聞かれてもちょっと困るかも。
3月26日 金曜日
今日も引き続き鏡のように静かな海面でした。午前中は小雨、午後からは雨もあがりました。透明度は15m、水温15度後半、まずまず良いコンディションといえるのでは。
黄金崎公園ビーチホワイトVオクトパスの目撃がちょっと久しぶりにありました。ネジリンボウはペアと単体で、ササハゼも数個体、ホウボウの幼魚、イナバミノウミウシというちょっと変わったウミウシやスイートジェリーミドリガイなどが見られました。
3月25日 木曜日
本日も海面は鏡のように静かでした。午前中は曇り、午後からはざん根ながら雨降りとなりました。透明度は12〜15m、水温15度台、黄金崎公園ビーチでは今日もネジリンボウが目撃されています。
3月24日 水曜日
今日もベタ凪、午前中は曇り、午後から時折小雨が降ってきました。やや肌寒い一日でした。
透明度は最高、15〜20mちょっとかな、水が青いです、ブルーって感じでしょうか。
水温は15度台後半、グローブ無しやフード無しではまだまだ冷たい感じでした。

黄金崎公園ビーチ〜まず目に付くのはキビナゴの大群!!小さな個体の群れと大きめの個体の群れがあります。朝の目ざめにカーテンをさーっとひくかのようにキビナゴカーテンもさーっと泳いでいます。まさに『カーテン、オープン!!』といった感じです。
そして砂地のクロサギの群泳!!真っ白な砂地にメタリックなボディが生えますね。小さなシビレエイを1匹発見!!ネジリンボウは1個体見かけましたが結構寄って観察OKです。ササハゼも2個体ほど出てきていました。
ウミウシ類は1cmに満たない小さなモノばかり。アオウミウシは別格として、ミレニアムマツカサウミウシ、コガネマツカサウミウシ、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、コトヒメウミウシ、ミドリアマモウミウシ、ハクセンミノウミウシ、ホシアカリミノウミウシ、ムラサキミノウミウシなどなど。
甲殻類ではアカシマシラヒゲエビはキンギョハナダイをクリーニング中、オルトマンワラエビ、ビシャモンエビのペア、コマチコシオリエビ、ナカザワイソバナガニ、ツノガニ、ワレカラモドキ多数など。
ほか、ハナミノカサゴノペア、越冬に成功したチビクマノミ、これまた越冬成功でちょっとビックリのアカオビハナダイ幼魚!!、ムナテンベラ幼魚、ヒメギンポ、スジコウイカなどが見られました。
3月23日 火曜日
今日も午前中はやや北東風が強く寒かったのですが、午後からは風もやみ気温も少し上がりました。透明度は変わらず15〜20m、水温は15度台です。もう少しこの良いコンディションが続いてくれると良いですね。
未確認ですがイザリウオ情報や変わったウミウシ類情報が届いています。確認でき次第お届け致します!!
3月22日 月曜日
今日は前線の通過に伴い小雨がぱらつき午後からはものすごい北東風が吹く一日となりました。ビーチでも水面に白波が立つほどでした。真冬に戻ったかのような寒さです。
透明度は引き続き15〜20mは見えています。ボートではキビナゴの大群や大型のヒラメ、ビーチのネジリンボウも元気でしたよ。
2004年3月21日 日曜日    
天気  晴れ   :北東やや強い
気温  :10度  水温 :16度
透明度 :20〜25   :ベタ凪
良い天気、ベタ凪の一日となりました。昨日に引き続き強い北東風が吹き東伊豆に潜水注意が出ていたため久しぶりに賑やかな黄金崎公園ビーチ&安良里ボートでした。

透明度が今日はひときわ良く20m、25mは見えた!!という声も。
ビーチ、ボート共にゆっくりと潜ることが出来ました。
★ボート( 沖の根 ) 3/21(日曜日)
旬の生物:ベニイザイウオ・キビナゴの大群

よく見られる魚たち:
マダイ・イシダイ・ブダイ・越冬クマノミ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・キンチャクダイ・オキゴンベ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・ウツボ・トラウツボ

ウミウシ類:ハナオトメウミウシ・アワシマオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・アオウミウシ・ヒロウミウシ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・アヤトリカクレエビ・カイメンガニなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 3/21(日曜日)
旬の生物:・カスザメ・ネジリンボウ

よく見られる魚たち:
・シビレエイ・イシヨウジ・タツノイトコ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼオニハゼ・ガラスハゼ

軟体動物:スイートジェリーミドリガイヒロウミウシ・コトヒメウミウシ・クロヘリアメフラシ・ベニキヌヅツミガイ

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・ビシャモンエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・コマチコシオリエビ・ナカザワイソバナガニイボイソバナガニ・コノハガニ・ミズヒキガニ・ワレカラモドキ

3月20日 土曜日
今日は浦守神社祭典という、航海安全、大漁祈願をするお祭りの日でした。が、あいにくの雨と冬に逆戻りしたかのような寒い一日となってしまいました。

本日ボートダイビングにいらっしゃったゲストは刺身の盛り合わせやサンマ寿司、お餅の振る舞いがありラッキーでした!!

透明度は12〜15m、水温15度台、ベタ凪の良いコンディションでした。ビーチではキビナゴの大群やホウボウ、、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウなど、ボートの沖の根ではマダイやハナタツが見られました。
3月19日 金曜日
北東よりの風に変わり、一日中とても静かでした。海中は変わらず,透明度15m、水温は16度でした。
明日は午前中は雨が降りそうですが、海は静かでしょう。
3月18日 木曜日
午前8時ごろから南西の風が吹いてきました。ボートエリアは波が高く、厳しい状態でした。ビーチは時折波が入ってきましたが、波をよめば西側からのエントリーも可能でした。
陸は残念ながら雨で、桜もかすんで見えてしまいましたが、海の中は予想以上に良かったです。透明度は15m以上、水温は16度以上ありました。
明日は気温がやや下がりますが、お天気は晴れそうです。風向きは北東にかわりますので、海は静かになり、良いコンディションが期待出来そうです。
3月17日 水曜日
午前中はとても静かでしたが、午後からは南西の風がやや強く吹きました。ビーチは問題ありませんでしたが、午後のボートは揺れそうな風でした。透明度は10m、水温は15度でした。

黄金崎公園ビーチの施設裏と、前に植えられている大島桜が開花しました。まだ一部咲きです。花はソメイヨシノに比べ白っぽい色です。本日は日中の最高気温が22度まで上がり、曇り空でも暖かかったです。黄金崎研修センターには、観光バスが何台も立ち寄り、3脚を担いだアマチュアカメラマンさんが大勢いらっしゃっていました。段々畑の菜の花と海と黄金崎を枠に収めようと、体をかがめるカメラマンの姿があちらこちらで見られました。それを見て、伊豆へお花見だけでもいらっしゃる方が居る事を改めて感じました。この時期ダイビング目的で伊豆まで足を運んでいただいたのならば、是非ともダイビングとお花見の両方をお楽しみ下さいね。
3月16日 火曜日
風はなくとても静かでした。お天気も良く暖かかったですが、本日は潜水をしておりません。掲示板にも書いたように、今まで漁協の物置にされていた倉庫を、掃除しておりました。汚れても構わないようにカッパを着て長靴を履き、埃を吸わないようにタオルを鼻に当て、後ろで結ぶという何とも怪しい姿でした。おじさん達に笑われましたが、なりきり匠は頑張ります。
その他にも、ブイ(浮き)を直す作業をしました。海に浮かぶブイには沢山のフジツボちゃん達が付いて生活しております。しかし海から引き上げてしばらく放置してあったので、すでに息絶えていました。かわいそうですが、ブイ直しをするにはフジツボをハンマーで割り落とさなければなりません。ゴメンね、亡骸は海に返してあげました。

明日も良い天気になりそうです。予想最高気温は18度と暖かくなりそうです。黄金崎公園と研修センターの桜は、既につぼみが膨らんでいます。暖かい日が続いているので、うずうずしている事でしょう。東京では開花との話を聞きました。伊豆の桜も、今週末にはちらほら咲き始めるかもしれませんね。
3月15日 月曜日
久しぶりに一日中良い凪でした。お天気も良く暖かい春の陽気でした。安良里の港の向かいにある山には桜が咲いています。桜のピンク色がいっそう春を感じさせてくれます。
ボートポイント沖の根では、透明度が12〜15m、水温は15度でした。マダイがキビナゴの群れを追いかけていました。その他にはハナタツのペアベニイザリウオ2個体、マツカサウオ、アヤトリカクレエビ、アカホシカクレエビ、イセエビ、コイボウミウシ、ハナオトメウミウシなども見られました。
2004年3月14日 日曜日    
天気  晴れ   :北東→西強い
気温  :16度  水温 :15度
透明度 :12〜15   :凪→うねりでる
午前中はベタ凪、午後から西風が吹くという昨日と全く同じパターンでした。午後はボートはクローズ状態でした。透明度は少し浮遊物が増えてやや落ちた感じがしました。

沖の根〜昼くらいに結構流れがかかっていました。今日はハナタツ、ベニイザリウオともに1個体ずつとちょっと寂しかったですね。メジナの群れや西根の流れが当たっている面のキンギョハナダイの群れがなかなかすごかったです。

黄金崎公園ビーチでは運が良ければネジリンボウが見られますよ。ただし本格的に巣穴から出てくるのはまだまだこれから、もうちょっと待っていて下さいね。
キビナゴの群れホウボウ、コガネマツカサウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ、コトヒメウミウシなどが見られました。
★ボート( 沖の根 ) 3/14(土曜日)
旬の生物:ベニイザイウオ・ハナタツ

よく見られる魚たち:
マダイ・イシダイ・ブダイ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・キンチャクダイ・オキゴンベ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・ウツボ・トラウツボ

ウミウシ類:ハナオトメウミウシ・アワシマオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・アオウミウシ・ヒロウミウシ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・カザリイソギンチャクエビ・アヤトリカクレエビ・カイメンガニなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 3/14(日曜日)
旬の生物:スイートジェリーミドリガイ
よく見られる魚たち:
アカエイ・シビレエイ・イシヨウジ・タツノイトコ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・サビハゼ・クツワハゼオニハゼ・ガラスハゼ
軟体動物:ヒロウミウシ・コトヒメウミウシ・クロヘリアメフラシ・ベニキヌヅツミガイ・ヒメイカ

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・ビシャモンエビ・オルトマンワラエビ・イソギンチャクモエビ・コマチコシオリエビ・ナカザワイソバナガニイボイソバナガニ・コノハガニ・ワレカラモドキ

3月13日 土曜日 
午前中はベタ凪でしたが昼過ぎから西風が吹き始めました。ビーチはほとんど影響ありませんでしたがボートはちょっと無理なくらいうねりが出ました。透明度は変わらず15〜18mでしたが、水温が下がってしまい14度台、冬に逆戻してしまいました。

沖の根マダイの大きな個体が3個体、クエハナタツはペアと単体で3個体、ベニイザリウオは本日は1個体のみ、アヤトリカクレエビ2個体、ニシキウミウシなどが見られました。越冬しているクマノミはペアを含めて計5個体、頑張りました。
そして今日の目玉はトビエイです。尻尾のない個体が1枚、水深26mくらいの砂地とゴロタの境目に着底していました。
黄金崎公園ビーチでは本日もネジリンボウを見た方があったようですね。
3月12日 金曜日
朝から雨がぱらついていました。昨日は春のような陽気でしたので、太陽の見えない今日はやや肌寒く感じられました。
昨日一昨日は『劇的、ビフォーアフター』大計画実施のためかなりの労力を使いました・・・。
完成致しましたら(未定ですが)詳細をご報告致します!!

黄金崎公園ビーチでは透明度が8〜15m、水温は16度でした。この暖かい水温にご機嫌なネジリンボウをペアで見ることが出来ました!独り身な子と合わせて計3個体です。その他スイートジェリーミドリガイ、コガネマツカサウミウシとその卵、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、ベニキヅツミガイ等も見られました。キビナゴが大群で回っていてきれいでしたよ!!

本日は安良里に住む方を先生に招き、サンマ寿司作り体験が開かれました。このサンマ寿司は漁師のおじさんも唸るおいしさで、安良里に住んでいる誰もが作れるものではありません。ですので作り方は先生の極秘(?)なのですが、今日はレシピを配り、サンマをさばく所から体験できました。参加者はサンマ寿司をお持ち帰りしていましたが、私たちもおすそわけを頂きました。ごちそうさま!!
3月10日 水曜日
暖かな良いお天気でしたね。本日、安良里地区は粗大ゴミの日だったので、ビーチのゴミ、ボート乗り場倉庫のゴミ、合わせて2トントラック3台分!!運んで、潜る前から大汗をかいてしまいました。おかげでかなりきれいになりましたよ。

久しぶりに沖の根に潜りました。朝はベタ凪、昼前から少し沖で西風が吹き始めたようで2本目のエキジットはやや揺れがきつめでした。透明度は15〜20m、浮遊物が若干気になるもののなかなかきれいでした。水温も16度ちょっと、水没ドライで潜りましたが問題なしです。
マダイのでかいのが3匹、1匹はホンソメワケベラが熱心にクリーニングしていて結構間近で見ることが出来ました。70cmクラスのコロダイ、キンギョハナダイの群れは元気に西根周りに群れています。穴をのぞけばイタチウオやツマグロハタンポ、甲殻類では大きなイセエビ、オトヒメエビ、アヤトリカクレエビ、順調に巨大化しているカイメンガニなどが見られました。
ウミウシ類ではアオウミウシが幼体から大人まで、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、タマゴイロイボウミウシ、ハナオトメウミウシ、アワシマオトメウミウシ、ヒラムシの仲間も2種類見られています。
ハナタツは赤のペアとオレンジの単体で計3個体、ベニイザリウオはオレンジが1個体、白が2個体で計3個体、どれも結構大きくてきれいです。
越冬しているクマノミがまだ寒そうにイソギンチャクから顔をのぞかせているのが印象的な海でした。
黄金崎公園ビーチではこの時期としては大変珍しいネジリンボウが2個体、巣穴から顔を出していたそうです。元気に越冬しているんですね。3月上旬で見られたのはここ数年記憶にないなぁ。

なかなか良い海洋状況ですよ!!
3月9日 火曜日
風はなくよい凪になりました。夕方から少しうねりが入りましたが、透明度は15〜18m、水温は16〜16.5度と良いコンディションでした。陸では日中の最高気温が16度まで上がり、日向はぽかぽかしていました。
黄金崎公園ビーチ
では、クロダイ、マダイ、ボラの群れ、クロサギの群れ、ホウボウ、タツノイトコなどが見られました。その他にも、コガネマツカサウミウシ、ツルガチゴミノウミウシ、オトヒメエビも見られました。海藻が徐々に成長しています。マメタワラの森を割って泳ぐ日も近そうですね。
3月8日 月曜日
朝方は真冬並みの冷えこみで寒かったのですが日中は良い天気に恵まれて日向はぽかぽかと暖かな一日となりました。凪も良好、水中の底揺れもなくなり静か、透明度はやや白っぽく12mくらい、水温は16度台をキープしています。
黄金崎公園ビーチにて本日はフルフェイス型水中会話器のテストを敢行!!結果、近くにいるときは結構会話を受信できるみたいです。ただラジオのチューニング時のようなザッーという音が若干気になるのと、自分が吸気や排気した瞬間は音を拾いにくいようです。
興味のある方は是非お問い合わせ下さい。
水中生物はあまり変わりませんがキビナゴの群れがきれいですね。カワハギのペア、メバル、ブダイなどは低い水温をモノともせず元気にしていて目立っています。
3月7日 日曜日
西風の影響で、ボートはクローズです。黄金崎公園ビーチは、朝のうちから波がありましたが波高は低めでした。午後からは波が高くなり、潜水注意でした。透明度は15mもあり、水温は16度でした。美しい砂地ではシビレエイ、ガヤにはミレニアムマツカサウミウシ等が見られました。
明日も西風の影響がありそうです。ダイビングをご予定されている方は、海況の確認をお願いいたします。
3月6日 土曜日
朝は風がなかったのですが7時頃から吹き始め9時にはかなり強い風、そして大きなうねりとなってしまいました。ボートはクローズ、ビーチも午後からはクローズでした。
早い時間帯は透明度が15mでしたが、10時半頃には8〜10m、底揺れもかなり強くありました。水温は昨日から黒潮が入ってきているのか16・5度!!はっきり言ってかなりあったかでした。

黄金崎公園ビーチ〜ウミテングが明日のジョー最終回のように真っ白になって死んでさまよっていました・・・。トゲウオ目のお魚(タツノオトシゴなど)は体が甲羅のように硬いので死んでしまっても骨格が元のまま残っているんですね。色こそ真っ白になってしまいましたがそのままの姿で痛々しかった・・・。
キビナゴの大群やそれを追うマダイ、ボラの群れ、アカシマシラヒゲエビ、ビシャモンエビ、ナカザワイソバナガニ、イボイソバナガニ、ワレカラモドキ、コガネマツカサウミウシ、ツルガチゴミノウミウシなどが変わらず見られました。
3月5日 金曜日
昨日と同じように午前中は静かでしたが、ごごから西風が強く吹きました。よって午後のボートは厳しい状態、午後のビーチは潜水注意程度の高い波が入っていました。本日は潜水しませんでしたので、ログはお休みさせていただきます。
明日は西風がさらに強まりそうです。ダイビングをご予定されている方は、海況にご注意下さい。

今日も天気が良いこともあり、研修センターには観光バスが数台とまっておりました。やはり、河津桜を見にいらしたようです。ここには今満開の河津桜の他に、一般的なソメイヨシノの並木もあります。そちらはまだつぼみの状態ですので、河津桜が散ってしまっても、またひと味違う桜の花も楽しめるということです。
3月4日 木曜日
朝は静かでしたが、お昼にかけてだんだんと西風が強くなり、午後には強風で高波にかわってしまいました。そのためボートは午後はクローズ、ビーチも潜水注意になりました。黄金崎公園ビーチの透明度は8〜10m、水温は14.5度でした。久しぶりの生物情報になりますね。ガラスハゼ、ビシャモンエビ、アカシマシラヒゲエビ、イボイソバナガニ、ナカザワイソバナガニに続き、ウミウシ類も多種みられました。スイートジェリーミドリガイ、ヒロウミウシ、コトヒメウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ、コガネマツカサウミウシ、ツルガチゴミノウミウシ等です。
16時現在も強風が吹いていますので、明日も西よりの風による影響があると予想されます。明日にダイビングをご予定されている方は、海況確認をされてお出かけ下さい。

そろそろ岩に海苔が付き始めました。監視のおじさんは漁師でもあるので、海苔の成長が気になるようです。宇久須の海苔はとっても美味ですが、沢山は採れないので貴重なのです。私もまだ食べたことが無いです。今年こそはどこかで仕入れて(おねだりして)食べてみたいです。
3月3日 水曜日
やや西風が吹いたため、沖は波がありましたが、黄金崎公園ビーチは静かでした。透明度は少し上がって10〜12m、水温は14.5度程度でした。砂地ではメガネウオが2個体見られたようです。そういえば今日はひな祭りでしたね。もしかするとそのメガネウオ達は、お内裏様とお雛様ごっこの最中だったのでしょうか?いずれにしても、2個体も見られる機会はあまりないのでラッキーな事ですね。

研修センターバンガロー脇の、河津桜と菜の花が見頃を迎えております。私的な意見ですが、研修センターで販売している甘酒(1杯¥100)を左手に、さくらソフトクリーム(1個¥300)を右手に持ってお花見してみたいです。もちろんお花を見るのが目的ですよ。でも脇役も重要ですから。是非おすすめします!
3月2日 火曜日
午前はよい凪、午後から少しに風が吹きボートは揺れそうな感じとなってしまいました。
ただし、水温、透明度ともに急?上昇しています。
ボートで水温が14・5度くらいと約1度上昇、透明度も8〜10mは軽く見えそうです。約2週間続いた春濁りが一段落したのかもしれませんね。
3月1日 月曜日
今日から3月、もうすぐ春ですね。と言いながらも本日は冷え込みが厳しく船原峠の方では雪がぱらついたようですね。安良里も風はなく静かですが冷え込んでいます。
本日は潜水無しですが海況は変わっていないと思います。