2004年5月

5月31日 月曜日
南西の風が強かったため、ボートダイビングはご遠慮していただきました。ビーチは問題なく潜水できでした。お天気は曇りで、時々雨が降りました。透明度は5〜6m、水温は21〜22度でした。

黄金崎公園ビーチイザリウオの赤ちゃん、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウのペア、ササハゼ、ケラマハナダイ幼魚、ハナキンチャクフグ幼魚(よく見かけます)、ホソウミヤッコ、アマクサヨウジ、ホタテウミヘビ、ヤマドリたくさん、コワタクズガニ、サラサウミウシ等が見られました。

ハナハゼ2匹がネジリンボウの巣穴上空で旋回中!!ネジリンボウはちょっと嫌がって下からどつき攻撃。そーっと寄っていくとハナハゼ2匹が素早くネジリンボウの巣穴に→ネジリンボウ、少し躊躇したのち同じ巣穴へ。いやいや同居といった感じでした。

コクテンカタギ?と思われるチョウチョウウオの幼魚を見ました!!でもすぐに隠れてしまいはっきりとはわかりませんでした・・・もしそうならコクテンカタギ自体珍しく、かつこの時期に見られるのは更に珍しいですね。違ったらゴメンなさいですが。


ビーチに、お客様からいただいた、ひまわりを植えました。(DAN'S DIVE SHOP 鈴木様ありがとうございます!!)ビーチは風が強いので、施設の影に植えた方が良いかもしれません。しかし、それでは一番大切なお日様があたらず、日陰で人目に触れずそっと咲くなど、ひまわりには似合いません。海を前に強く生きてもらおう!との事で、日のあたる、風も通る、炊事場の脇に10本植えました。もちろん後から添え木をしますが、潮を浴びて弱ってしまわないか、西風に耐えられるのかなどなど、母の気持ちになり心配です。可愛い子ほど旅をさせろ、とも言いますので皆様もあたたかく見守って下さいませ。
2004年5月30日 日曜日    
天気  晴れ→午後から小雨   :南西
気温  :25度  水温 :20〜22度
透明度 :6〜8   :ベタ凪 
午前中は晴れて暑いくらいの陽気、午後からは予報通り小雨が降ってきました。南西が吹いてくるかなと思いきや、終日ベタ凪、ボート、ビーチともに良いコンディションで潜れています。
透明度は6〜8m、また少し全体的に白い感じです。ただし水温は今日も高く20〜22度、ウェットダイバーの元気な姿が目につき始めました。

広磯クダゴンベ!!小さくて可愛いですね。定位置にちょこんといました。しばらくは観察できそうですね。時期はずれなサギフエ!?ニシキウミウシやクロモドーリスウィラニ(?)なども(去年も見たなぁ)

沖の根トビエイは1枚だけでしたが見られています。ここのところ誰かしらは見ていますね。ベニイザリウオも2個体復活!!

黄金崎公園ビーチ〜1センチのイザリウオが2個体確認されています。いずれも地味な色ですが、かわいいです。ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ケラマハナダイ幼魚などが現在のビーチの人気者ですが、今日は新たな大物出現です。それはすさまじい数のボラ!イワシを追っていたのですが、水中ではボラの壁が!正にボラ祭り!!見られた方はとてもラッキーですね。そのほか、クロホシイシモチのペア、ハナキンチャクフグの幼魚、大きなヒラメ、ナカザワイソバナガニ、コノハガニ、ビシャモンエビ、アカシマシラヒゲエビなども。

明日も南西の風が吹きそうです。お天気は雨降りです。このまま梅雨に入ってしまうのでしょうか。
★ボート( 沖の根・広磯 ) 5/30(日曜日)
旬の生物:トビエイ・クダゴンベ

よく見られる魚たち
ベニイザリウオ・マダイ・イシダイ・ブダイ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・キンチャクダイ・オキゴンベ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・ウツボ・トラウツボ・ノコギリヨウジ

ウミウシ類:アワシマオトメウミウシ・ハナオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・アオウミウシ・ヒロウミウシ・ニシキウミウシ

甲殻類:アカホシカクレエビ・イセエビ・オルトマンワラエビ・ゼブラガニなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 5/30日曜日)
旬の生物:イザリウオ・ネジリンボウ・ヒレナガネジリンボウ

よく見られる魚たち:
カワハギ・ヨメヒメジ・タツノイトコ・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・クマノミ・クツワハゼオニハゼササハゼ

軟体動物:スジコウイカ・ヒロウミウシ・サラサウミウシ・アメフラシ・ベニキヌヅツミガイと卵

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・ビシャモンエビ・オルトマンワラエビ・コマチコシオリエビ・ナカザワイソバナガニ・コノハガニ・クモガニ・アケウス・ワレカラモドキ

5月29日 土曜日
予報ではあまり良くない天気とのことでしたが午前中は暑いくらいの晴れ、午後から曇ってきました。午前はベタ凪、午後から少し風が出てボートは多少揺られましたが問題なく潜れています。
昨日までの素晴らしい透明度は一日限りだったようでボートで6〜12m、ビーチで6〜8m、水温は18度の冷たいところが無くなり20〜22度、なかなか快適でした。

沖の根〜昨日絶好調だったトビエイは見れた方、見れなかった方いたようでしたね。数枚から10枚くらい見た方、全然見れなかった方もいたみたいですね。残念でした。
タカベ幼魚の群れを良く目にします。イサキコロダイの特大サイズ、アジの群れなども。
ウミウシ類ではアオウミウシの交接、ムラサキウミコチョウ、センテンイロウミウシ、ムラサキミノウミウシなど、アヤトリカクレエビやアケウスなどの甲殻類も見られました。

黄金崎公園ビーチイザリウオの幼魚が別の場所で2個体確認されました。イザリウオはビーチでは大変珍しいのですが、この時期には幼魚を見ることがあります。
ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ササハゼ、ヒメユリハゼ、ケラマハナダイ幼魚、ハナキンチャクフグ幼魚」たくさん、クマノミ、ヤマドリ、ナカザワイソバナガニ、ビシャモンエビ、アケウス、コノハガニなども見られています。

ナイトダイビング〜今シーズン初のヒメヒイラギの発光を確認出来ました。ヒメヒイラギ自体は多数いましたが、発光は3個体と思われます。光る瞬間を目撃できたら感激ですよ!その他にはセミエビの子供たくさん、キタマクラ幼魚の寝顔、80センチくらいのコチ、カイワリの幼魚、などが見られました。
5月28日 金曜日
今日も良い天気、暑いくらいの一日でした。昨日の午後ボートの作業で浅場を潜ったときに結構水が抜けてきていたので今日はもしや???と思って朝、黄金崎から下を見ると浅場のゴロタがくっきり、水もエメラルド青色!!期待できそうな予感。

まずはボートから。昼過ぎに沖の根に入りました。浅場は6〜8m、水温21度台、あったかぬくぬくです。15mより下は透明度は15〜20m、水温18度。ちょっと身が引き締まります。
ゆっくりと流れがかかり始めているなぁ〜〜と」思いつつ西根に→
いました、まずはトビエイ3〜4枚と思いきや近づくと10枚以上の群れが。しかも間近で。
早速日本トビエイの会恒例の枚数カウントスタート。
1回目22枚。2回目20枚。ここで珠算5級の頭で平均値をたたき出すと21.0枚!!
今年一番のヒット、しかもかなりの水の良さ。
もう他には何もいりません。と言ってもマアジの群れやタカベの群れ、キビナゴの大群、大型のコロダイなども。
午前中は黄金崎公園ビーチに入りましたがこちらも透明度は砂地に降りれば15〜20m、沖のコンクリート漁礁からか水面のブイがくっきりと見ることが出来ます。
ネジリンボウはちらっと、ササハゼ、カワリオニハゼ、マゴチ、ケラマハナダイ、ミドリアマモウミウシ、ミツイラメリウミウシ、キビナゴの大群とアタックするマダイなどが見られました。
こちらもとにかくきれいな透明度と真っ白な砂地を堪能できましたよ。

この透明度が週末まで続くかなぁ・・・
5月27日 木曜日
 本日も天気が良くて少し汗ばむ陽気でした。
海も静かでのんびりとした1日でした。
透明度は相変わらず5メートル、水温19度です。
黄金崎公園ビーチ〜人気者のネジリンボウやヒレナガネジリンボウは元気に出ていました。
また新たに綿クズのような1センチくらいのイザリウオを見つけました。

黄金崎は普通のイザリウオが少なく、おそらくイロイザリウオよりもレアで、出現回数で言えばクマドリイザリウオの匹敵するほどです。もし日本に黄金崎しかポイントがなければイザリウオは珍種になっていたのでは?な〜〜んて思いながら眺めていました。(^_^)(^_^)
 またナイトダイビングが始まりエビカニをよく見るようになったのですが、注意してい見ると昼までも黄金崎はエビカニがたくさんいます。海藻を自分で体にくっつけて擬態しているコノハガニ(♂♀)やツノガニ、アケウス(いろいろなバージョン),ナカザワイソバナガニ,ビシャモンエビ、ソバガラガニ、クモガニ等々じっくり捜すとた〜〜〜くさん見つかります。透明度の悪い海もエビカニさんのおかげで充分楽しめています。

カニは道具を使う
動物で道具を使うのは類人猿の専売特許のようですが、カニも上手に道具を使ってカモフラージュします。(厳密には人間が使う道具とは違いますけど(^_^;))
 今見えているコノハガニは自分の体に上手に海藻を引っかけて海藻の一部として擬態していますし。ツノガニはアケウスはカイメンを体に付けています。どこでこの子はそんなことを覚えたのだろう?な〜〜んて子供ぽい視点でカニも眺めるとなかなかですよ。

トビエイ
本日はボートはありませんでしたが、トビエイは見られています。
5月26日 水曜日
とても穏やかな凪でした。透明度はボート、ビーチ共に3〜5m、水温は18〜19度でした。

沖の根
〜西根にてトビエイが4枚ほど見られました。そして白くて小さいベニイザリウオ、キビナゴの群れ、アラリウミウシ、キベリアカイロウミウシ、シロウミウシの幼体、アワシマオトメウミウシなどが見られました。

梅雨に入る前の晴れは貴重ですね。
明日も良い凪、曇り時々晴れの予報です。
5月25日 火曜日
本日も良い天気、ベタ凪でした。残念ながら透明度は3〜5m、台風後はずーっとこんな感じですね。水温は18〜19度、ボートではトビエイが1枚見られたようです。
黄金崎公園ビーチではネジリンボウ、カシワハナダイ?幼魚、コノハガニ、アケウス、ビシャモンエビなどが見られました。
ソットマリノさまのお客様からウミウシの写真をいただいたので後日旬の生物にアップします!!
5月24日 月曜日
久しぶりに晴天となりました。海も穏やかで、透明度は3〜5m、水温は18〜20度くらいです。
黄金崎公園ビーチでは、ネジリンボウ、カシワハナダイ幼魚(ケラマハナダイ幼魚では?という声も耳にします。今後調査致します。)、オルトラマンワラエビ、シマウミスズメ、などが見られました。

本日は黄金崎公園の花壇の大規模な整備が行われました。お花畑の為とは言え、お客様にご迷惑をお掛け致しまして、申し訳ありませんでした。そしてご協力をいただき、ありがとうございました。黄金崎がお花でいっぱいになるのを、お楽しみにしていて下さい!

明日も良いお天気となりますが、西風がやや吹きそうです。ダイビングをご予定されている方は朝に、海況確認をお願い致します。
5月23日 日曜日
昨日までのうねり、波はなくなり、とても穏やかな凪となりました。透明度もやや上がり、ビーチは5〜6m、ボートは5〜6m、水温は共に18〜19度くらいでした。

沖の根
マダイの群れ、25センチ級の大きめなマアジの群れ、イワシの群れが、とてもきれいでした。

広磯ネコザメ!!あの何かたくらんでいそうな目が可愛すぎますね。

黄金崎公園ビーチ〜昨日は見られなかったネジリンボウを数個体も確認できました。カシワハナダイ幼魚、ハナキンチャクフグ、オオモンハタ、アカハタ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、シマウミスズメなども見ることが出来ました。

明日の海況は、お昼ごろからやや西風が吹きそうです。お天気は太陽がサンサンと降り注ぐ晴天となりそうです。
5月22日 土曜日
台風2号の影響で、うねりが少し残りましたが潜水は問題なく出来ました。
ただし大分かき回されたようです。透明度は、ビーチは3〜5m、ボートは5〜7m程度でした。全体的に浮遊物が多く、白っぽい感じでした。水温は18〜20度と比較的高いようです。

広磯〜オオモンイザリウオの小さい個体が再び見られたようです。

沖の根〜トビエイは数組が見ているようでした。最近頑張っていたオオモンイザリウオは、行方不明になっていましたが、最後のチームが違う場所に移動していたのを無事に発見しました。その場所が気に入るといいのですが・・・・。
その他イワシ、アジ、タカベ等々の群れがたくさん見られています。透明度がもう少し回復すれば迫力のある沖の根のシーンが見られるはずです。

黄金崎公園ビーチ〜ニセボロカサゴ幼魚は、相変わらず見つけづらいですが、健在です。砂地はさすがに昨日のうねりで、砂紋が美しい?でした。ハゼ系はあまり見かけませんでした。朝一番に大きなトビエイが、着底していました。その他、カシワハナダイ幼魚、タツノイトコなども見られました。

ナイトダイビング〜小さめの可愛らしいシビレエイ、マゴチ(大)、スナダコ、クルマエビ、ウミエラカニダマシ、オトヒメエビ、モンガラドオシ、オトヒメエビ、口を広げて漂うメリベウミウシ、などが見られました。

明日は今日よりはうねりもおさまるでしょう。お天気は曇りで、雨は夜から降り出しそうです。
5月21日 金曜日
台風2号の影響で全面クローズといたしました。ビーチは底揺れがかなりありそうで、透明度も落ちていそうです。

夕方5時半頃海に行ってきました。ビーチのうねりは時折かなり大きなのがまだ入ってきています。ボートのブイ周りの辺りは比較的静かです。うねりは段々と小さくなっていくでしょう。

明日は予報では西よりの風が吹きそうです。ただそれほど強くはならないので潜水可能だと思います。
ただし底揺れは残ると思われます。明日ダイビングを予定されている方は朝海況確認の電話をお願い致します。

5月20日 木曜日
本日は曇り時々小雨、台風の影響はほとんど感じられず若干底揺れがあるくらいでした。水温は昨日ほど冷たくはないものの下で17度、水面近くで18度くらいでした。


広磯◎クダゴンベ◎が登場です!!かなり小さいので越冬個体ではなく今年現れた個体でしょうか・・・。台風でいなくならなければいいのですが。

沖の根トビエイ、潜降してすぐに1枚、西根にて別個体が1枚見られました。
オオモンイザリウオはいつもどおり、ウミウシ類が久々に豊富です。
ミアミラウミウシ、テントウウミウシ、キベリアカイロウミウシ?、ムラサキウミコチョウ、ハナオトメウミウシ、オトメウミウシなどなど。
ルリハタ、大きいマアジの群れ、ネンブツダイの塊、カイメンガニやアカホシカクレエビ、オルトマンワラエビなども。

黄金崎公園ビーチ〜ネジリンボウ、カシワハナダイ、イシヨウジ、ハナガサクラゲ、ビシャモンエビ、ヒシガニ、などが見られました。

明日の午前中から昼にかけて台風2号が東海地方の沖合を通過していく予定です。明日のダイビングは難しいでしょう。今週末ダイビングを予定されている方は必ず前日に海況を確認してからお出かけ下さい。

5月19日 水曜日
今日は一日ベタ凪、台風の影響を心配されている方も多いかと思いますが底揺れもなくまだまだ静かでした。水温はボートの方は15度の冷たい潮が入ってきていて中層より下は透明度も15m、浅場はなま暖かく感じられ20度、6〜8mでした。ビーチは水温18〜20度、透明度はやや回復して6〜8mでした。

沖の根〜今年一番?のトビエイです!!10枚以上!!(たぶん15枚くらい)浅場にいたので奥の方にもう少しいたようです。しかも手が届きそうなくらい近くで約5分間見ることが出来ました。
エントリーしてすぐにも浅場に2枚、移動中にも単体を別々で3回と群れ以外にも結構たくさん目撃しました。大満足の1本でした。
沖の方では大型のマダイが10匹くらい群れていました。沖の根の浅場では大きなマアジの群れ、コアジの群れ、スズメダイの大群、メジナやアイゴもたくさん、水暖かく魚多しといった感じでした。ほかいつもの大きなオオモンイザリウオやルリハタも元気にしています。
水も良く後半はトビエイで盛り上がったので小ネタは一切なしでした。

明日くらいまでは台風2号の影響は少なそうです。問題は明後日金曜日ですね。うねりが入っていそうな感じです。
いずれにしても週末ダイビングを予定されている方はこまめに天気予報を見たり現地サービスに電話で問い合わせてみて下さい。
5月18日 火曜日
昨日に引き続き、西よりの風が吹きました。ビーチは昨日の様な波は無くなり、問題なく潜水できました。ボートは波があり、船がかなり揺れました。共に透明度はやや落ちましたが、魚の群れはすごいです!魚にとっては良い事なのですね。

黄金崎公園ビーチ〜透明度は3〜5m、水温は18〜19度です。ニセボロカサゴ、ネジリンボウ、カンパチの群れ、などが見られました。

沖の根〜透明度は5〜7m、水温は19〜20度でした。カンパチの30匹くらいの群れ、マアジの群れ、タカベの群れ、大きくて白いベニイザリウオ、黒いオオモンイザリウオ、アワシマオトメウミウシ、ハナオトメウミウシなどが見られました。
西根にて誰かが呼ぶ声が!!と思ったらタツミのタケさんが高橋さ〜〜〜ん(ってよんだと思うんだけど)!!指さす先には尻尾のないトビエイが1枚!!ありがとうございました。
深場ではトビエイが3枚ほど見られています。

明日の朝は、まだ西風の影響がみられそうですが、のちに風が北東に変わる予報が出ています。ただ、台風の影響も徐々にみられてくるかもしれませんので、海況にはご注意下さい。
5月17日 月曜日
西よりの風が強く吹いたため、ボートダイビングは厳しい海況でした。ビーチは潜水可能ですが、時折大きめの波が入ってきていました。本日は潜水をしておりませんので、ログはお休みさせていただきます。

明日も西よりの風が吹きそうです。ダイビングをご予定されている方は、お電話、またはHPにて海況確認をしていただけますようお願い致します。

黄金崎公園の花壇周辺にはキジのペアが住んでいます。最近はほぼ毎日出会います。送迎車が来ても、あまり気にせずのんきに歩き続けるので危ない時もあります。人間そのものを見ると逃げていきますが。メスはとても地味でスズメの様な茶色で、サイズはハト以上、カラス以下です。オスの色はというと、青、緑、赤など、クジャク並みの派手さです。この間はオス1羽にメス3羽が一緒に、お花畑でデートしている場を目撃しました。人間のカップルよりも目立っていました!
そして花壇では、現在お花の植え替えがされています。今度は何が植えられるのか、楽しみです。道ばたでは雑草ですが、ニワゼキショウ、シロツメクサ、キュウリグサが可愛らしく咲いています。
黄金崎公園は陸も最高のロケーションです。お天気が良い時は是非、お散歩してみてください。
2004年5月16日 日曜日    
天気  雨→曇り   :北東→南西
気温  :26度  水温 :17〜20度
透明度 :5〜12   :ボートは風波きつい 
朝は大雨、その後は小雨が降ったりやんだりのぱっとしない天気でした。せっかく賀茂幼稚園の遠足の日だったのですが・・・。
朝はベタ凪、本日から広磯がオープンするので早朝からブイ付けに行ってきました。浅場は予想通り濁っていましたが水深15mより下は10〜12mくらいは見えていましたね。
オオモンイザリウオの幼魚がいたそうです。
10時くらいにはかなり強い突風が吹きボートは揺れがきつくなり、午後からはクローズでした。
透明度は広磯以外は5〜8m、水温は18〜20度、一部18度をきっている場所もありました。

ビーチでは見つけにくいニセボロカサゴが引き続き観察されていますし、大きいトビエイが1匹泳ぎ回っていいました。安良里は初登場のヒメクサアジ(「旬な生物」ページ見てね)が見られました。


沖の根トビエイの10枚くらい?の群れを見た方がいたようですね。ただしまだ根に寄っていないのでもう少しの辛抱です。今週後半から少し期待しています。大きなマダイ3匹、今日のようなどんよりとした海中で出会うとちょっと不気味ですね。オオモンイザリウオ、こちらもピクリとも動かず・・・ベニイザリウオ、かなり大きくなりました。同じく微動だにせず。
アカホシカクレエビ、ゼブラガニ、ハナオトメウミウシ、ニセイガグリウミウシなども。

黄金崎公園ビーチニセボロカサゴが本日も確認されています。大きなトビエイ、ネジリンボウ、ササハゼ、ヒメクサアジカシワハナダイ幼魚、ナカザワイソバナガニ、アカシマシラヒゲエビ、ビシャモンエビのペアなども見られました。
★ボート( 沖の根 ) 5/16(日曜日)
旬の生物:トビエイ・オオモンイザリウオ・マアジの大群

よく見られる魚たち
ベニイザリウオ・マダイ・イシダイ・ブダイ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・キンチャクダイ・オキゴンベ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・ウツボ・トラウツボ・ノコギリヨウジ

ウミウシ類:アワシマオトメウミウシ・ハナオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・アオウミウシ・ヒロウミウシ・ニシキウミウシ

甲殻類:アカホシカクレエビ・イセエビ・オルトマンワラエビ・カイメンガニ・ゼブラガニなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 5/16日曜日)
旬の生物:ニセボロカサゴ・ネジリンボウ・ヒレナガネジリンボウ・タツノイトコ・幼魚類(メバル、タカノハダイ、ミギマキ、サビハゼなど)

よく見られる魚たち:
ホウボウ・カワハギ・ヨメヒメジ・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・クツワハゼオニハゼササハゼ

軟体動物:スジコウイカ・ヒロウミウシ・コガネマツカサウミウシムラサキミノウミウシ・アメフラシ・ベニキヌヅツミガイと卵

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・ビシャモンエビのペア・オルトマンワラエビ・コマチコシオリエビ・ナカザワイソバナガニ・コノハガニ・ミズヒキガニ・クモガニ・アケウス・ワレカラモドキ

5月15日 土曜日
今日も良い天気で日中は暑いくらいです。凪も落ち着き透明度はビーチで5〜8m、ボートで6〜8m、昨日より若干良くなった感じがします。水温はビーチでは17〜18度、ボートでは18〜20度、下に行くとちょっと冷たいですね。

沖の根〜流れ、底揺れもなくのんびりとしていました。マダイの80cmクラスが2匹、マアジも30cmはありそうな個体の群れが目を奪います。カゴカキダイは5〜6匹ですが透明度の良くない海では目立ちますね。ベニイザリウオ、アイゴの群れ、キンギョハナダイの群れ、オルトマンワラエビ、カイメンガニ、アラリウミウシ、ハナオトメウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシなどが見られました。

黄金崎公園ビーチ〜姿をくらましていたニセボロカサゴを確認することができました!海中ではアントクメという緑色の海藻にそっくりで、かなり見つけづらいです。砂地では大きなサカタザメ、メガネウオ、ネジリンボウ、ササハゼなどを見ることができました。あまり見かけないヒメクサアジアマクサヨウジ、ウシエイ、カシワハナダイ、そしてコウイカが卵に砂を吹き付けるシーンにも遭遇です。その他、ホウライヒメジの幼魚、ウミヒゴイの群れ、ツノガニ、アカシマシラヒゲエビ、ビシャモンエビ、ミレニアムマツカサウミウシ、なども見られました。

明日は雨模様です。海は午前中は静かそうですが、午後からは南西の風が吹きそうです。
5月14日 金曜日
朝は曇り、昼前から晴れて暑い一日となりました。昨日の夜はかなり強い南西風が吹いていたので本日風はおさまっていましたがうねりは夕方までとれませんでした。ボートは揺れがちょっとハード、底揺れもややハードなコンディションでした。
透明度はあまりぱっとせず5〜6m、水温は下で18度台、浅場は20度近くあります。

沖の根に2本潜りました。ウメイロが単体でしたが間近で見られましたね。割れ目をのぞくと巨大なイセエビが・・・。うねりがあるときは奥の方に入り込んでゴソゴソとやっていますね。
大きなマアジやコアジの群れが回っています。オオモンイザリウオはこれまた底揺れがあるせいかカイメンにしっかりとはり付いたまま微動だにしません。ベニイザリウオは2個体、1個体は先日までオレンジ色のだったのが今日は汚い白系に・・・。別の個体なのかそれとも満月で変身したのか・・・。
巨大カイメンガニ、ものすごい量のカイメンを付着させています。
ウミウシ類はアワシマオトメウミウシ、ハナオトメウミウシ、ニシキウミウシ、キイロイボウミウシ、アラリウミウシ、久しぶりに見ましたシモフリカメサンウミウシの白バージョンなど。
ほか、イシダイの老成魚、カゴカキダイ、シラコダイ、アイゴとメジナの大群、タキゲンロクダイ幼魚など。
のんびりゆっくりのボートダイビングでした。ちょっと揺れ揺れでしたが・・・。
5月13日 木曜日
午後から南西の風がやや吹きました。心配された雨は降らずに一日中曇り空でした。
昨日までの冷たくてきれいな潮はどこかへいってしまったようです。透明度は8m、水温は18〜19度でした。
沖の根ではベニイザリウオ、オオモンイザリウオ、マアジ群れ、アワシマオトメウミウシ、サメジマオトメウミウシ、シモダイロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、などが見られました。
三つ根ではドチザメやゼブラガニが見られました。私たちダイバーにとってはドチザメは見るだけの生物ですが、漁師さんにとっては食べれる魚です。なかなか美味だそうですよ。
黄金崎公園ビーチでは、ネジリンボウ、ササハゼ、タツノイトコ、ツノガニ、ビシャモンエビ、などがみられました。ニセボロカザゴもいたようですが、移動しているみたいです。

今日はビーチの監視のおじさんが、アカエイの煮魚を振る舞ってくれました。召し上がられたお客様曰く、「チキンみたい」だそうです。昨日は近くの魚屋さんの店先で、さばいた後のマンボウを見ました。お初にお目にかかる時は海中がよかった!と思いましたが・・・。
魚をスーパーでパックになっている切り身で買う時は、忘れがちですが、食べ物は全てありがたい命なのですね。いただきます、ごちそうさま、と感謝の気持ちを忘れずにしたいものです。
5月12日 水曜日
東の風にかわり、海は穏やかになりました。
沖の根では、透明度がとても良かったです。水深20mより下は25m以上は見えていました。過去ベスト3に入るくらいの透明度でした。ただしきれいなところは水温は15度、手がかじかむくらいの冷たさでしたね。中層から浅場は8〜15m、なま暖かく感じられましたが水温は19度くらい。
トビエイは1枚のみでしたが西根にて目撃されています。オオモンイザリウオ、ベニイザリウオ、巨大マダイ、マアジの大群、ネンブツダイの塊なども。

とにかく水のきれいさだけでおなか一杯のダイビングでした。かなり冷たかったけれど・・・。
5月11日 火曜日
一日良い天気でした。最高気温は26度をマーク、Tシャツ短パンでいけますね。ビーチのオジサンがごちそうしてくれたアイス&ところてんがとってもおいしかったですね!!
昨日の南西風はおさまっていましたがうねりが残りました。ボートは午前中は揺れがきつそう、ビーチはEN&EXには問題がない程度のうねりでした。水中は底揺れがあり透明度も5〜8m、水温18〜19度でした。

黄金崎公園ビーチでは本日もニセボロカサゴ幼魚が観察されています。ただし見つけるのはかなり難しいので見れなくてもがっかりしないでね。
ハナタツ、ネジリンボウ、ササハゼ、ビシャモンエビのペア、ナカザワイソバナガニ、ミツイラメリウミウシ、イナバミノウミウシなども観察されています。
ダイビングワールド6月号&ダイバー6月号にそれぞれ安良里特集が出ています。皆さん見て下さいね!!
5月10日 月曜日
今日は一日雨降り、日中は強く降りました。朝はベタ凪でしたが昼からは南西風が強く吹き沖は白波が立っていました。ビーチは夕方まで問題ありませんでしたがボートはかなり揺れそうな感じでした。黄金崎公園ビーチニセボロカサゴ幼魚は本日も確認されています。
2004年5月9日 日曜日    
天気  曇り→雨   :南東
気温  :20度  水温 :18〜20度
透明度 :8〜18   :ベタ凪
あいにくの雨となってしまいましたが水面は波一つありません。透明度は朝のボートは深場では18mくらいは見えていました。浅場で8〜10m、ビーチは午前は10〜12m、午後は8mくらい、この時期としてはなかなかの透明度です。水温は18度前半から19度後半、ドライスーツにはちょうど良い水温ですね。

沖の根〜黒いオオモンイザリウオ登場!!12〜13cmくらいでしょうか。ベニイザリウオも3個体。カシワハナダイ幼魚を別の場所で刑個体目撃しています。ほか、アワシマオトメウミウシ、アオウミウシ、キイロイボウミウシ、オルトマンワラエビなど。
ミツボシクロスズメダイ幼魚の1cmくらいの個体を今年初めて見ました。
今日の一番はマアジの群れでしょうか。小アジの群れと大きなマアジは10匹くらいで根の周りでよく見られます。沖の根の浅場のメジナ、アイゴ、スズメダイの群れもかなり密集しています。

黄金崎公園ビーチ〜昨日見られたハダカハオコゼらしき生物はどうやらニセボロカサゴ幼魚のようですね。おそらく黄金崎公園ビーチ初観測では??
ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ハナタツはペアで、タカアシガニかと見間違えるような巨大ヒシガニなどが見られました。
キビナゴの群れイトヒキハゼ、カワリオニハゼ、タツノイトコ、アカシマシラヒゲエビ、ビシャモンエビのペア、ナカザワイソバナガニ、タマゴイロイボウミウシ、コガネマツカサウミウシ、オトメウミウシなどが見られました。

ボートもビーチも小魚の動きが活発化してきました!!
★ボート( 沖の根 ) 5/9(日曜日)
旬の生物:トビエイ・オオモンイザリウオ・イロイザリウオ・カシワハナダイ・マアジの大群

よく見られる魚たち
ベニイザリウオ・マダイ・イシダイ・ブダイ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・キンチャクダイ・オキゴンベ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・ウツボ・トラウツボ・ノコギリヨウジ

ウミウシ類:アワシマオトメウミウシ・ハナオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・アオウミウシ・ヒロウミウシ・ニシキウミウシ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・アヤトリカクレエビ・カイメンガニなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 5/9日曜日)
旬の生物:ネジリンボウ・ヒレナガネジリンボウ・タツノイトコ・幼魚類(メバル、タカノハダイ、ミギマキ、サビハゼなど)・ホシノハゼの婚姻色

よく見られる魚たち:
トゲカナガシラ・ホウボウ・カワハギ・ヨメヒメジ・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・クツワハゼオニハゼササハゼ

軟体動物:スジコウイカ・ヒロウミウシ・コガネマツカサウミウシミドリアマモウミウシ・ムラサキミノウミウシ・アリモウミウシヒラミルミドリガイ・アメフラシ・ベニキヌヅツミガイと卵

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・ビシャモンエビ・オルトマンワラエビ・コマチコシオリエビ・ナカザワイソバナガニ・コノハガニ・ミズヒキガニ・クモガニ・アケウス・ワレカラモドキ

5月8日 土曜日
今日は天気も良く暖か、ベタ凪でした。ボートでは透明度15m、ビーチでも8〜15m、水温は一部18度の所がありましたがあとは平均すると19〜20度、暖かくなっています。
GWが終わったばかりの週末ということもあり、ボート、ビーチ共にのんびりでしたね。

沖の根トビエイが3枚見られました。ただしまだまだ深いところですね。トビエイにはまだ刺激を与えないようもう少し浅いところに上がってくるまで辛抱というところでしょうか。
ベニイザリウオも3個体、アヤトリカクレエビなども。
浅場ではアジ、タカベ、イワシの大群がスゴイです!!

黄金崎公園ビーチネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウは今日も好調でした。とりあえず8個体ほど見ましたが昨日と違う場所で目撃したり、昨日見た場所にはいなかったりなので実際は15個体くらいいるはずです!!この時期としてはかなりスゴイですね。
ハナタツはペアで、タツノイトコ、イシヨウジ、ササハゼのペア、アキアナゴハナキンチャクフグ幼魚、ムナテンベラの幼魚、ビシャモンエビのペア、アカシマシラヒゲエビ、ナカザワイソバナガニなど変わらず見られています。
またハダカハオコゼらしき魚も目撃されています。
旬な生物達にアップしてあります。

こちらもコアジの群れが今日は一段ときれいでしたね。
5月7日 金曜日 
午後からはやや南西の風が強く吹きました。よって午後のボートは波がありましたが、ビーチは穏やかでした。透明度は8〜12m、水温は19〜20度近くありました。19度後半もあれば、ウェットスーツでも大丈夫ですね。

明日は良い凪となりそうです。お天気も晴れの予報です。気温がやや低く、肌寒く感じられるかもしれませんが、海中は暖かですよ!

黄金崎公園ビーチでは暖かい水温に喜ぶネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、それぞれのペアも見られました。合計9個体!!久しぶりに見たアキアナゴハナタツ、ササハゼのペア、アナハゼ、、ヤマドリのペア、アカシマシラヒゲエビ、ウミエラカニダマシ、ビシャモンエビのペア、クマノミのペア、タツノイトコ、ヒラミルミドリガイ、ムラサキミノウミウシと卵、コガネマツカサウミウシなどが見られました。そして珍しくマダイの群れが目撃され、しかも顔の部分が真っ黒になった個体が何個体が混じっていたそうです。
最近小アジの群れも良く目にしますよ!!

5月よりデジタルカメラフォトコンテストが開催されました。平日に限りますが、お一人様3点まで承ります。珍しい魚でなくても、みなさんが「いいな」と感じたシーンをバシバシ撮ってバンバンご応募下さい。お待ちしております。
5月5日 水曜日            子供の日
昨日の大荒れが嘘のように良い凪となりました。時折雨の降る寒い一日でしたが、水温は19度!!水の中の方が暖かく感じられました。透明度も急速に回復してボートで12〜16m、ビーチでは10mくらいでした。
GWの最終日とあって道路は比較的空いていたようです。お家でのんびりする方が多いのでしょうか?安良里でのダイビングものんびりムードで行われました。陸がやや寒かったので、あったか〜いお風呂が気持ちよいです。

ボートポイント沖の根ではベニイザリウオや、カンパチの30匹くらいの群れ、小アジの群れ、メジナの大群、クリーニングされている大きなマダイ、越冬したカシワハナダイ、人気者のウデフリツノザヤウミウシ、ハナオトメウミウシ、オトヒメエビ、イセエビ、等が見られました。
同じくボートポイントの黄金崎では、イロイザリウオが見られています。

黄金崎公園ビーチでは、引き続きハナタツがペア見られています。その他にはネジリンボウヒレナガネジリンボウ、タツノイトコ、アカシマシラヒゲエビ、ビシャモンエビなども見られました。

みなさま連休はいかがお過ごしでしたか?
貴重なお休みを使い、遠方からお越し下さったお客様、ありがとうございました。
安良里の海を楽しんでいただけましたでしょうか?
是非またお越し下さいませ。スタッフ一同お待ち致しております!

明日はようやく晴れ間がのぞきそうですね。
明日からまたお仕事、家事、育児等、頑張って下さい!
5月4日 火曜日            国民の休日
朝のうちはまだ風も弱かったのですが段々と強くなりボートはクローズとなりました。ビーチも朝一番は透明度8〜10mありましたが段々とうねり底揺れともに強くなり午後には透明度4〜5mで潜水注意、水温はあたたかく19度ありました。

黄金崎公園ビーチ〜朝の早い時間帯はネジリンボウ3個体、ヒレナガネジリンボウ1個体が見られましたが底揺れと共に巣穴に引っ込んでしまいました。
ハナタツ、ハナキンチャクフグ幼魚、越冬クマノミ、アオヤガラ幼魚、タツノイトコ、ヨメヒメジ、ブダイ、メジナの群れ、アイゴ、ニザダイ、ハナミノカサゴ、ビシャモンエビ、アカシマシラヒゲエビ、ナカザワイソバナガニ、アケウス、コノハガニ、ミヤコウミウシ、コガネマツカサウミウシなど。

明日は南西の風もおさまってくるので今日よりは海況も良くなりそうです。が、多少うねりの影響が残ると思われますのでダイビングをと予定されている方は朝海況確認の電話をお願い致します。
5月3日 月曜日            憲法記念日
今日は今にも雨が降り出しそうな天気、と思っていたら昼くらいから小雨が降ってきました。午後には上がり夕方は晴れ間がのぞいています。
透明度はボートで12→8m、ビーチも同じような感じでした。昨日より水中が暗かったせいもあるのでまずまずでしょう。
驚いたのは水温が3度近く上がったこと。19度ありウェットの方でも50分くらいは潜っていることができました。

ビーチではオーシャントップ社のデジタルビデオハウジングの無料モニター会が開催されました。お客様の反響も良かったようですよ!!

黄金崎イロイザリウオが定位置にて見られています。色、形、ロケーションすべてパーフェクト!!絶好の被写体となっています。
ゼブラガニ、コマチコシオリエビ、オルトマンワラエビ、アオウミウシ、アカエラミノウミウシ、ヒロウミウシなどの細かな生物も豊富でした。

沖の根〜浅場でアカクラゲを良く目にします。クラゲウオが一緒に泳いでいることが多いので安全停止中など要チェック!!ただし触手にはご注意下さい。
トビエイは3枚くらい、いずれも別の場所で単体で目撃されています。水深も浅くなってきているので群れが見られるのもそろそろでしょうか。
ベニイザリウオは3個体、マダイ、ウメイロ5〜6匹、マアジの群れ、アラリウミウシ、ハナオトメウミウシたくさん、キイロウミウシ、コモンウミウシなどが見られました。

黄金崎公園ビーチ〜新たにハナタツの赤、ベニイザリウオが見られました。
ほか、ネジリンボウのペア、ヒレナガネジリンボウ、ササハゼのペア、サビハゼ幼魚の群れ、ヒメユリハゼ5〜6匹、タツノイトコたくさん、おおきなホウボウ、アカシマシラヒゲエビ、ビシャモンエビ、アケウス、ヨツハモガニ、コノハガニ、ワレカラモドキたくさん、コガネマツカサウミウシ、タツナミガイ、ヒラミルミドリガイ、ムラサキミノウミウシ、サラサウミウシ、ミドリアマモウミウシなどが見られました。
浅場ではハタンポ幼魚の群れ、ミギマキ幼魚、小アジの群れ、メジナの大群、アイゴの群れなどとても賑やかでした。

明日は西よりの風、雨となりそうなのでちょっと残念ですね。
2004年5月2日 日曜日    
天気  晴れ   :北東やや強い
気温  :18度  水温 :16〜18度
透明度 :5〜16   :ベタ凪
今日も良い天気、海はべたなぎ、でも道路はちょっと渋滞気味だったようです。いらっしゃった方、運転お疲れ様でした。
ボートは透明度がかなり良くなっています。12〜16m、ビーチは午前中は8〜10m弱、午後は6mくらいでした。水温は変わらず16〜17度、浅場は18度でした。

黄金崎〜昼頃は良い感じで流れていました。昼食前の運動としては最適です。イロイザリウオは体操の平均台の選手を思わせます。燃焼系ですね。大型のヒラメ、クロホシイシモチの群れ、越冬クマノミのペア、ハナミノカサゴ、ニシキウミウシ、オトメウミウシ、ベニキヌヅツミガイ、トラフケボリダカラガイなどが見られました。

沖の根キンギョハナダイの群れがきれいですね。ベニイザリウオが2個体、越冬クマノミ、アヤトリカクレエビ、タマゴイロイボウミウシ、ハナオトメウミウシ、アオウミウシ、シミチョロヒラムシなど。

黄金崎公園ビーチネジリンボウ、タツノイトコ、ヤマドリ、イソカサゴ、ミノカサゴ、サビハゼ幼魚の群れ、ナカザワイソバナガニ、アカシマシラヒゲエビ、ビシャモンエビ、コガネマツカサウミウシなど。
★ボート( 沖の根 ) 5/2(日曜日)
旬の生物:イロイザリウオ・越冬クマノミ

よく見られる魚たち
ベニイザリウオ・イシダイ・ブダイ・キンギョハナダイ&スズメダイ&クロホシイシモチ&メジナ&アイゴの群・ホンベラ・キンチャクダイ・オキゴンベ・ミノカサゴ・タカノハダイ・アカハタ・ウツボ・トラウツボ・ノコギリヨウジ

ウミウシ類:ハナオトメウミウシ・キイロイボウミウシ・タマゴイロイボウミウシ・コイボウミウシ・アオウミウシ・ヒロウミウシ・ニシキウミウシ・オトメウミウシ

甲殻類:イセエビ・オルトマンワラエビ・アヤトリカクレエビ・カイメンガニなど。

★ビーチ( 黄金崎公園ビーチ ) 5/2日曜日)
旬の生物:ネジリンボウ・タツノイトコ・幼魚類(メバル、タカノハダイ、ミギマキ、サビハゼなど)・ホシノハゼの婚姻色

よく見られる魚たち:
トゲカナガシラ・カワハギ・ヨメヒメジ・イシヨウジ・ウツボ・トラウツボ・ダイナンウミヘビ・メバル・キタマクラ・キンギョハナダイの群・クロホシイシモチの群・ヤマドリ・カサゴ・ミノカサゴ・ハオコゼ・スズメダイの群・クツワハゼオニハゼササハゼ

軟体動物:スジコウイカ・スイートジェリーミドリガイヒロウミウシ・コガネマツカサウミウシミドリアマモウミウシ・ムラサキミノウミウシ・アリモウミウシ・ベニキヌヅツミガイと卵

甲殻類:アカシマシラヒゲエビ・ビシャモンエビ・オルトマンワラエビ・コマチコシオリエビ・ナカザワイソバナガニ・コノハガニ・ミズヒキガニ・クモガニ・アケウス・ワレカラモドキ

5月1日 土曜日
今日から連休の方も多いかと思いますが一日暖かで良い天気、海の方もベタ凪でした。
透明度は少しだけアップしてボートでは8〜10m、ビーチも6〜8m、これから少しずつ回復してくれると良いですね。水温の方はちょっと冷たく16〜17度、水面近くや浅場は18度くらいあります。

沖の根トビエイを見た方がちらほらいたようです・・・。
ウシエイや大きなクエ、マアジ、ベニイザリウオ、ボウシュウボラの卵、マンリョウウミウシの卵、イソコンペイトウガニなどが見られました。西根のキンギョハナダイやクロホシイシモチの群れはきれいでしたね!!

黄金崎公園ビーチネジリンボウはあまり出ていなかったようですがとりあえずは1個体。ホシノハゼの婚姻色がきれいですね。トゲカナガシラやヤマドリ、越冬クマノミのペア、大きなヒラメ、サビハゼ幼魚の群れ、キビナゴの小さな群れ、ビシャモンエビ、アカシマシラヒゲエビの小、ナカザワイソバナガニ、コガネマツカサウミウシ、アオ&シロウミウシなど。
ウツボがオトヒメエビに口の中をクリーニングされていましたね。隣ではトラウツボが順番待ち。
GWなのでクリーニング店もやや混雑しているのかも。

本日は道路がやや混雑していたようです。明日いらっしゃるお客様も車の運転には気を付けてお越し下さい。お待ちしています!!