安良里ダイビングセンター

安良里ボート&黄金崎公園海況データ

2005年12月

● 最新海洋情報  ●トピックス   ●旬な生物   
●過去ログ&過去旬な生物&過去水温&透明度データ
12月31日 日曜日  水温13℃〜14℃ 透明度:15〜23m

 いよいよ2005年も今日で終わりです。
自分も思い返してみると、2005年はいろいろありましたね〜。何せ柏島から安良里に来てますし(笑)激動と言っても差し支えなさそうです^^;みなさんも湯船の中ででも、ほんの少し今年を思い返してみてはいかがでしょうか^^けっこう笑える出来事が思い出せるかもしれませんよ〜。

 今日はタイヤ漁礁や砂地を散歩してみました。
とてもいい透明度なので砂紋がとってもきれいです^^太陽の光も差し込んできていて、締めくくりにふさわしい1本でした。トビエイの子供が5匹も見れて、来年のトビエイ運は好調な予感???20cmぐらいのまだ小さな子供なのに、いっちょ前にヒレを持ち上げ威嚇してくるのを見て思わずぷっと笑ってしまいました^^もちろん敬意を払ってちゃんとよけて通りましたよ〜。
 他にはタツノイトコやアカエイの子供、極小イロイザリウオやダイナンウミヘビなど。キビナゴの群れやツマグロハタンポの群れ、クロホシイシモチの群れやボラの群れなどの群れモノが相変わらずきれいですよ^^

 今年も1年間、ゲストの皆さんには安良里ダイビングセンターをお世話になりました。2006年もどうぞよろしくお願い致します。いろんないい出会いがあると良いですよね^^みなさんもよい新年をお送り下さ〜い!


12月30日 土曜日  水温14℃ 透明度:15〜20m

 今日もダイビング中は穏やかな海況でした^^
気をもんでいた西風も、みなさんがエキジット完了した頃に吹き始めたので一安心です。この西風ですが、夜の間中吹き続け、明日にはまた穏やかになる予報ですよ。いよいよ今年最後のダイビングですから、気持ちよく潜って2005年を締めたいものです。

 今年はホントにマトウダイが多いですね^^;1ダイブで10匹を超えることもあります。何匹見れるか競ってみるのもどうでしょう(笑)
 岩場では産卵場所を探しているのかあちこちでスジコウイカを見かけます。先日教えてもらったショウジョウウミウシの仲間は、刺激を受けると黄色い汁を出すんだそうです。ついたらなかなか取れないそうですよ〜^^;
 それから今日はあちこちでコケギンポやトウシマコケギンポが身を乗り出していました。カメラを向けると口を大きく開けて威嚇してきて可愛いですよ^^ホウボウの成魚や小さなイロイザリウオも観察できました。

明日はお汁粉無料サービス
明後日は持ちつき持ち食べ放題です。

今年も今日で終わりです。
今年1年安良里DCは皆様のおかげでやって来られました。
そして
来年も新たなチャレンジや発見、サプライズを求めて頑張って生きたいと思います。
生物好きのニュースタッフ中野も加わり、パワーアップした安良里ダイビングセンターを来年もよろしくお願い致します。
それでは
皆様良いお年をお迎え下さい。
                      安良里ダイビングセンター 山中
12月29日 金曜日  水温14℃ 透明度:15〜18m

 今日はもったいないことに、黄金崎の施設をほとんど一日中貸切でした^^;ウミウシや海藻が増えてきているし、穏やかな海況に恵まれてるし、とっても海は面白いんですけどね〜。この穏やかな海況、1月2日ぐらいまで続く予報になっています。潜り納めや潜り初めお待ちしてま〜す!

 空き缶に入った可愛いミジンベニハゼ^^や、立派な胸鰭を広げて滑空するホウボウ、あちこちでたむろするマトウダイの中には大きなお腹を抱えたお母さんもいます。こうして生まれた子供たちを春先に見かけるんですよね。オルトマンワラエビやトラフケボリダカラガイ、イロイザリウオも可愛いです^^今日もキビナゴの群れはキラキラきれいでしたよ〜。

 ウミウシシリーズでは、ハクセンミノウミウシやハラックサウミウシ、シラヒメウミウシやセトミノウミウシ、セスジミノウミウシやミツイラメリウミウシなどが見つかりました^^ウミウシ本体もきれいですが、エサとなるヒドロ虫の仲間の色も意識して撮ると、よりきれいに写真が仕上がりますよ〜。巻貝につくカイウミヒドラなんか典型ですよね。

 冬の風物詩では、この冬初めてのヒメギンポの産卵を2カ所で観察できました!(^^)!メスがゆっくりと腰をふりふりしたあとに、すばやくオスが近づき放精を行います。大きくヒレを広げてメスの周りを回る婚姻色を出したオスの姿は、冬一番のスターですよね^^しばらく観察できますんで、お越しの折にはヒメギンポに注目ですよ!

12月28日 木曜日  水温13℃〜14℃ 透明度:15m

 新年に向けていい凪が続いています^^
吹き続けた12月も、終わりよければすべてよし(笑)このまま大晦日まで続いて欲しいですね。

 今日は忍沢さんが安良里に来てくれていました。
いろいろウミウシや伊豆の話を教えてもらいましたよ^^いや〜、奥が深いですね!今日はホシアカリミノウミウシやショウジョウウミウシ、シロウミウシやハクセンミノウミウシやヒブサミノウミウシ、コトヒメウミウシなどがちょっとの間に見つかったそうです。

 エントリー口付近では相変わらずイワシの群れがきれいです^^
ちょっと進むとボラの群れやキビナゴの群れも見ごたえがあります。浅場には海藻類もだんだん増えてきたし、いろんな生き物たちが元気ですよ〜。


12月27日 水曜日  水温13℃〜14℃ 透明度:13m 

 今日は久々に穏やかな凪っ!(^^)!
気持ちよ〜くゲストと一緒に潜ってきました♪

 最近勢力を増してきていてあちこちでみつかるセスジミノウミウシ、タツノイトコやスジコウイカ、ボウズコウイカや小さなイロイザリ、ミツイラメリウミウシやオキナワキヌハダウミウシ、ハクセンミノウミウシやシロハナガサウミウシ、珍しいところでは、寒さに震えるハリセンボンの子供や、冬の風物詩第二弾のヒメイカ、第三弾のホウボウの幼魚、盛んにヒレを広げてメスやライバルにアピールをするサビハゼたちなどが観察できました。
 ウミウシだけじゃなくこうした冬の生き物やその生態も、四季折々の日本のダイビングでは醍醐味だと思いますよ〜^^黄金崎の湯船からは富士山も見えるし、エキジット後にはなかなか外に出られなくなりますけどね(笑)

12月26日 月曜日  クローズ
サンタクロースもフィンランドに帰って、今日から安良里では、正月飾りがちらほら見え始めました。これからは日本の神様がちょっとしたブームになる1週間です。でも何となく心がシャキットするのは私が日本人だから?
それともオジンだから?
今日も強い西風でクローズでした。この風を何かに使えないかといつも思うほどたくさん吹き続けています。
正月は何とか静かになりそうですが・・・
とりあえず
明日は潜れるのではないかと・・・・
神様にお願いして寝ることにしようっと〜〜。byやま
12月25日 日曜日  水温:14℃ 気温:10℃ 沿岸の波高:2m→3m

 今日はサンタさんからの素敵なクリスマスプレゼント!久しぶりにベタベタの海に出会うことが出来ました。後半波が高くなってきたものの、楽しく潜ってもらえたようです。みなさんも素敵なクリスマスを過ごされましたか^^?

 今日は自分は潜ってないですが、ボートダイブでは珍しいことにこの水温でもがんばっているツバメウオ、ハナタツ、ビーチでは極小イロイザリウオや極小ジョーフィッシュ、シロハナガサウミウシの子供やセスジミノウミウシ、オランウータンクラブや可愛いマツカサウオの赤ちゃん、コノハガニやタツノイトコ、ダイナンウミヘビやマトウダイの群れ、ハオコゼやスジコウイカ、スナダコやコトヒメウミウシ、サガミアメフラシやクロヘリアメフラシなどが見れたそうです。


     

 今日の画像はサンタさんです^^
クリスマスも終わっていよいよ今年もあとわずか!気持ちよく新年を迎えれるよう一日一日を大事に過ごしたいですね。・・・早寝早起きで夜が短いですけど(笑)

12月24日 土曜日  水温:14℃ 気温:9℃ 沿岸の波高:4m→2.5m

 メリークリスマ〜〜〜ス\(^o^)/!!
一面銀世界で、みなさんのお宅の回りもクリスマスムード満点では???町のイルミネーションもクライマックスですよね。安良里の施設の飾りの評判はどうだったでしょうか^^?

 とても強かった寒気もようやく緩み始め、今日は何とかビーチダイブは出来ました。連休ということもあって、ゲストも待ってましたとお越しです。自分はガイド担当で2ダイブ行ってきました。初ガイドのお相手は・・・『今週のお客様』でどうぞ^^

 極小イロイザリウオや極小ジョーフィッシュ、シロハナガサウミウシの子供やセスジミノウミウシ、オランウータンクラブや可愛いマツカサウオの赤ちゃん、コノハガニやタツノイトコ、ダイナンウミヘビやマトウダイの群れ、ハオコゼやスジコウイカ、スナダコやコトヒメウミウシなどが観察できましたよ^^カレイの稚魚を途中で見かけたのですが、ホシノハゼの子供が体の上に乗っかったのに微動だにしないのには見てるこちらが驚いてしまいました^^;
みなさんの聖夜が素晴らしいものでありますように!

12月23日 金曜日
 今日も寒気が強く、ビーチもボートもクローズでした。
だんだん富士山が真っ白になっていってる気がします^^;
クリスマスには期待したいですね。

12月22日 木曜日
 各地で記録的な大雪をもたらした寒気は、朝になってもまだ強く、今日は一日大荒れの天気となりました。ビーチ・ボートともにクローズです。ボート施設のクリスマスの飾りつけを行いました。


         

 昨晩みんなで飲んでたという船長さん総出で、朝早くから港の中のイセエビ網を上げてました。結果はまぁまぁだったみたいですよ^^ by say-sea

12月21日 水曜日  水温:15℃ 透明度:13mぐらい
 今日も午前中は高気圧に包まれ、穏やかな陽気に恵まれました^^
・・・が、2本目エキジット後には波もだんだん高くなり、黄金崎から帰る頃には冬の海さながらの様相でした^^;明日は大時化の予報になっています。冷え込みや路面の凍結などが予想されるので、みなさんも気をつけてくださいね。

 柏島に比べて安良里のハゼは低水温にも強いようですが、さすがにここ数日の低水温が堪えて出てこなくなった彼らに対して、俄然ウミウシが元気になってきました^^今日はシロハナガサウミウシの子供やコトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシや大きいのから小さいのまでそろったセスジミノウミウシ、スウィートジェリーミドリガイ3個体、エダウミウシやコノハミドリガイ、クロヘリアメフラシの子供やオカダウミウシという1mmぐらいのウミウシもいました^^;

 ウミウシ以外では、おたまじゃくしみたいな姿が可愛いエゾイソアイナメやチェーンにすっぽり身を隠したスナダコ、ホソウミヤッコやタツノイトコのペア、コワタクズガニや交尾中のコノハガニ、エントリー時にもエキジット時にも楽しめるツマグロハタンポの幼魚たちやイワシの群れなどが見れましたよ^^


      

 今日は黄金崎のビーチの飾り付けをしました!
今週末はハッピークリスマス恵まれるといいですね^^以上、say-seaでした。

12月20日 火曜日    
ようやく寒気が緩み穏やかな天候に恵まれました^^
透明度は10mぐらい、水温は16℃前後でしたが風が無いので快適なダイビング日和でした。

 今日は伊東市での事故防止講習会に参加するため、2時間で事務所と海を往復するという慌しいダイビングをしてきました^^;昨日の大荒れの天気で、透明度ががくっと落ちていましたが、生き物達は元気にがんばってましたよ。

 いなくなったと思われていたけど復活した小さなイロイザリウオネジリンボウ、アミメハギ、ヨメヒメジ、セスジミノウミウシ、クロホシイシモチの群れや子供アオリイカの群れ、マトウダイやオニハゼ、セボシウミタケハゼやミツイラメリウミウシ、スウィートジェリーミドリガイやガラスハゼ、ボウシュウボラやオルトマンワラエビ、キヌヅツミガイの仲間3種などが観察できました。by say-sea



      セスジミノウミウシ

 離れたところからでも紫色がはっと目を引くウミウシです。今の一押し(^^♪
12月19日 月曜日
西風が強くクローズでした。
西伊豆は天気は良いのですが空気が冷たく、冷蔵庫の中に入っているようでした(冷蔵庫の中に入ったことはありませんが・・(^_^.))
明日は風が変わる予報なので潜れると思います
ホタテツノハゼがガンバッテ顔を出しているかどうか??
12月18日 日曜日
西風が強くボートはクローズ、ビーチは潜水注意でしたが、波が高いのでお客様は他の場所へ移動されたため、潜水はありませんでした。
それにしても毎日寒い日が続いています。西伊豆も西風が強く吹いて、この冬一番の寒さです。(というがまだまだ冬が続く)
船長たちが「西風が吹くのは1月おきさ〜」とよく言います。ということは来月1月は静かになるのかな?
明日も西風の予想です。
西伊豆へ潜りにいらっしゃる場合は海況確認をしてください。
12月17日 土曜日
西風が強かったですが、ビーチは潜れました。ボートはクローズです。
透明度10メートル。水温が16度西風が吹くたびに水温が下がっています。

黄金崎公園ビーチ〜アジが相変わらずたくさん群れています。マトウダイも大型の個体が1DIVEで数固体見られます。今日はペアの個体も見ました。産卵でしょうか?
スジコウイカも群れていました。
ワニゴチ

目にまぶたのようなレースがかかっています。
何のためにあるのか?
見づらくないのかな??〜〜

その他イロイザリウオミジンベニハゼヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウ、ササハゼ、クロイトハゼ、極小ジョーフィッシュ、コロダイ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、クマノミ、アミメハギ、ヨメヒメジ、タツノイトコ、コノハガニ、ムチカラマツエビ、セスジミノウミウシ、ハクセンミノウミウシなども。

12月16日 金曜日
今日も天気です。
西風でビーチは波が多少ありましたが潜れています。
透明度15〜10メートル
水温17度
今日はホタテは見つからなかったようです。
マトウダイがよく見られています。

黄金崎公園ビーチ〜マトウダイ、イロイザリウオミジンベニハゼヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウ、コロダイ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ホシテンス、クマノミ、アミメハギ、ヨメヒメジ、コウベダルマガレイ、タツノイトコ、コノハガニ、ムチカラマツエビ、セスジミノウミウシ、ハクセンミノウミウシなども。
12月15日 木曜日
やっと風がおさまり、海は静かになりました。
天気もよく透明度も20メートル
水温は17度とちょっと冷たいです。

ホタテツノハゼが出ていました。午前中出ていなかったのに、午後に出てきて少々近づいても逃げなかったそうです。うらやましい。
寒くなってきたのでウミウシが増えてきました。


ハクセンミノウミウシ 
写真提供:探底倶楽部酒井様

黄金崎公園ビーチホタテツノハゼイロイザリウオミジンベニハゼヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウ、コロダイ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ホシテンス、クマノミ、アミメハギ、ヨメヒメジ、コウベダルマガレイ、タツノイトコ、コノハガニ、ムチカラマツエビ、、ボウズコウイカ、セスジミノウミウシ、ハクセンミノウミウシなども。
12月14日 水曜日
う〜〜んまた西風だ
船長曰く「西風は1月毎に吹く、今月たくさん吹けば来月は吹かんよ」と・・・。
と言うことで
本日もクローズです。
ホタテツノハゼが心配で心配で明日こそ潜るぞ!!
明日からニュースタッフ“セイ”こと中野誠志が登場します。今日は1日引越しの片付けです。顔はスタッフのところ見てね
12月13日 火曜日
昨日からの西風が吹き続いています。本日は全面クローズでした。明日も引き続き一日強い西風となるのでダイビングは難しそうです・・・。
朝の海況確認をしてからダイビングにお出かけ下さい。
12月12日 月曜日
明日のうちは静かでしたが昼前から風が強くなりました。ボートは昼前にはクローズ、ビーチも午後はかなり大きなうねりとなり潜水注意でした。
明日も強い西風が続きそうです。海況確認の上お出かけ下さい。

天気は晴れ
透明度15メートル
水温17〜18度

黄金崎公園ビーチイロイザリウオヨスジウフェダイ、ミジンベニハゼヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウ、コロダイ幼魚、スダレヤライイシモチ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ホシテンス、クマノミ、アミメハギ、ヨメヒメジ、コウベダルマガレイ、タツノイトコ、コノハガニ、ムチカラマツエビ、セスジミノウミウシ、ボウズコウイカなども。
12月11日 日曜日
昨日から吹いていた強い西風は朝の4時から今で吹いていたようです。うねりはまだあったのでボートはクローズでしたが、ビーチは思ったほどはうねり、底揺れの影響も出ずに潜水することできました。
透明度は10〜12m、昨日より回復していました。水温は17〜18度です。

遂に
黄金崎公園ビーチに「ホタテツノハゼ」が登場してしまった。
極小のサイズではあるが
伊豆半島初観察では??
発見者は忍沢さん!!!
写真もいただきました。
忍沢さんブログへ

黄金崎公園ビーチイロイザリウオが新たに発見されました!!2個体見ることが出来ました。
ミジンベニハゼは一時期より個体数が減ってきてしまいましたがまだ見ることが出来ていますよ。
ほかには、ヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウ、コロダイ幼魚、スダレヤライイシモチ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ホシテンス、クマノミ、アミメハギ、ヨメヒメジ、コウベダルマガレイ、タツノイトコ、コノハガニ、ムチカラマツエビ、セスジミノウミウシ、ボウズコウイカなども。
12月10日 土曜日
朝から強い西風が吹きました。ボートはクローズ、ビーチは午前中の早い時間帯は潜水注意でしたが午後からはうねりも大きくなりクローズとなりました。
到着の早かった方は2ダイブすることが出来ました。
ビーチでこの時期には珍しいトビエイを見ました。

黄金崎公園ビーチ〜イロイザリウオ、ハナタツ、マトウダイ、ホウボウ、テンスヤング、ミジンベニハゼ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、セボシウミタケハゼ、セホシサンカクハゼ、クロユリハゼ、ヒメユリハゼ、オオガラスハゼ、ノコギリヨウジ、ムレハタタテダイ、モンガラドウシ、ヒロウミウシ、ルージュミノウミウシ、ミチヨミノウミウシ、ムチカラマツエビ、イソギンチャクモエビ
12月9日 金曜日
朝からうねりがあったのでボートはクローズでした。西風は昼前まではほとんどなく、朝の早い時間帯は問題なく潜水できています。昼過ぎから強い西風となり、午後は潜水注意、最終グループのエキジット時はかなり大きなうねりとなってしまいました。
水中は底揺れが後半は強くなっています。透明度は12〜15m、水温17〜18度、

黄金崎公園ビーチではミジンベニハゼ、ヒレナガネジリンボウ、イロイザリウオ赤ちゃん、マトウダイなどが見られています。

明日も引き続き強い西風が吹きそうなのでボートは難しいと思われます。ビーチダイビングは可能なのでは?と思われますが、海況確認をされてからいらっしゃった方が良いでしょう。
12月8日 木曜日
今日も良い天気でした。風もなく穏やかな1日でした。
少し波がある程度で問題なし。
透明度は15メートル
水温は19度
黄金崎公園ビーチ〜エントリーするとすぐにイワシの群れがキラキラ群れていてきれいです。アジやイサキも群れています。ヤマブキベラの雌雄中間色の個体がいます。どこまでこの寒さの中大きくなるのか楽しみです。
ハナタツ、タツノイトコ、イロイザリウオ、マトウダイ、巨大なヒラメ、ツノダシ、ナカハラタナバタウオ、ヤマブキベラ、ヘラヤガラ、ホウボウ、アジの群れ、イサキの群れ、クロホシイシモチの群れ、ネジリンボウ、ミジンベニハゼ、クロイトハゼ、オオガラスハゼ、ガラスハゼ、クロユリハゼ、オグロクロユリハゼ、イトマンクロユリハゼ、セホシサンカクハゼ、コケギンポ、コクチフサカサゴ幼魚、サツマカサゴ、キジハタ幼魚、ホソウミヤッコ、セスジミノウミウシ、マツカサウミウシの仲間、ミチヨミノウミウシ、極小ムチカラマツエビ、コノハガニ、クモガニの仲間など。


10月25日に掲載したハナタツが左
今日撮ったのが右です。
1ヵ月半でずいぶん大きくなり、色も赤くなってきました。
立派なハナタツに育っています。よしよし!(^^)!
12月7日 水曜日
天気は快晴!
波もなく静かな海でした。
透明度は15メートル
水温18度

黄金崎公園ビーチ〜例年よりちょっと遅めですがイロイザリウオがまた見つかりました。今度のは米粒2つくらいの大きさ。1週間前に見つけた個体はすごく成長して、米粒3つくらいになっています。イロイザリウオの成長は早いです。
そろそろ白と赤のイザリウオや黒と黄色のイザリウオが出てくれると良いのですが・・・・。
ハナタツ、タツノイトコ、イロイザリウオ、マトウダイ、巨大なヒラメ、ホウボウ、アジの群れ、イサキの群れ、クロホシイシモチの群れ、ネジリンボウ、ミジンベニハゼ、クロイトハゼ、オオガラスハゼ、ガラスハゼ、クロユリハゼ、オグロクロユリハゼ、イトマンクロユリハゼ、セホシサンカクハゼ、コケギンポ、コクチフサカサゴ幼魚、サツマカサゴ、キジハタ幼魚、ホソウミヤッコ、マツカサウミウシの仲間、ミチヨミノウミウシ、極小ムチカラマツエビ、ミズヒキガ二、コノハガニ、クモガニの仲間など。


ヒメギンポの求愛
顔の黒いオスがメスの周りを反時計回りにクルクル回っていました。
時々メスが尾びれを震わせていたので、まんざらでもないカップルでした(^^)
春によく見られる光景ですが、この時期にも見られるんですね〜〜
12月6日 火曜日
昨日からの西風がおさまり、うねりが残っていましたが潜れました。
透明度は15メートル
水温は18〜19度
良い天気で陸上が暖かかったせいか、そんなに冷たく感じませんでした。

黄金崎公園ビーチ相変わらずアジの大きな群れを作っています。
マトウダイやホウボウ、ホウボウ、ホウボウそっくりなトゲカナガシラやキビレミシマなど砂地の生物が目立ってきました。
ハナタツ、タツノイトコ、イロイザリウオ、マトウダイ、ネジリンボウ、クロイトハゼ、オオガラスハゼ、ガラスハゼ、クロユリハゼ、オグロクロユリハゼ、イトマンクロユリハゼ、セホシサンカクハゼ、コケギンポ、コクチフサカサゴ幼魚、サツマカサゴ、キジハタ幼魚、サザナミハギ、ホソウミヤッコ、マツカサウミウシの仲間、ミチヨミノウミウシ、クモガニの仲間など。


ホウボウ
鰭が変形し、足のように見えます。この足を上手に使って砂の上を這い回っていますが、この足の先端に味がわかる器官があるらしく、砂地のエサを探りながら歩いているのです。
歩きながら足の裏で味がわかったら人間は大変ですね。
○○を思わず踏んじゃったりして・・・・(ToT)/
12月5日 月曜日
西風が昨日の夜から音を立てて吹いています。天気はよく晴れていますが冷え込みも厳しく日中も気温は上がりませんでした。
本日は全面クローズでした。

風は今夜半まで吹きますが明日は変わりそうなのでビーチは潜れるようになるかもしれません。ダイビングを予定されている方は海況を確認してお出かけ下さい。。
12月4日 日曜日 
天気  :曇り→小雨   :西 
気温  :11度  水温 :17〜19度
透明度 :12〜25m 波・うねり  :朝のうちうねりあり
朝のうちはうねりが残っていましたがだんだんと静かになりました。ボートは午前中は少し揺れがありました。透明度はボートで12m、ビーチは見えているところは20〜25m、水温はだんだんと下がって17〜18度くらいになっています。

黄金崎公園ビーチアジの群れ、ニシキフウライウオ、イロイザリウオ、マトウダイ、ヒレナガネジリンボウ、クロイトハゼ、オオガラスハゼ、ガラスハゼ、クロユリハゼ、オグロクロユリハゼ、イトマンクロユリハゼ、セホシサンカクハゼ、コケギンポ、コクチフサカサゴ幼魚、サツマカサゴ、キジハタ幼魚、サザナミハギ、ホソウミヤッコ、マツカサウミウシの仲間、ミチヨミノウミウシ、クモガニの仲間など。

沖の根巨大イサキの群れがすごいですね!向こう側が見えないくらい密集していました。
ハナタツ、マダイ、コロダイ、クロホシイシモチ、ガラスハゼ、ヘラヤガラ、フリエリイボウミウシ、センテンイロウミウシなど。

明日は強い西風となりそうです。ビーチダイビングも難しいかもしれません。
海況確認の上お出かけ下さい。
12月3日 土曜日
朝の早い時間帯は風もあまりなく沖合いだけ白波が立った状態でしたが、10時くらいから強い西風となりました。ボートはクローズ、ビーチは潜水注意、午後からはうねりも大きくなりハードなコンディションとなりました。
透明度は15m、水温は少し下がって19〜20度、昼からは浅場は底揺れが出始めました。

黄金崎公園ビーチ〜まずはハゼ類から。ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ミジンベニハゼ多数、セホシサンカクハゼ、ガラスハゼ、オグロクロユリハゼ、イトマンクロユリハゼ、ホタテツノハゼ属の1種などなど。
ほかに、アジの群れ、ニシキフウライウオ、ハナタツ、イロイザリウオの赤ちゃん、カンムリベラ幼魚、マトウダイ多数、サツマカサゴ、コクチフサカサゴ、リュウキュウヒメジ、ハワイトラギス、ヤライイシモチ、コケギンポ、ヒメギンポ、ワニゴチ、イネゴチ、アオリイカの群れ、ミチヨミノウミウシ、マツカサウミウシの仲間なども。

明日は今日ほどは西風も吹かないようなのでとりあえずビーチダイビングはできるのでは思われます。
12月2日 金曜日
朝から強い西風が吹きました。ボートはクローズ、ビーチはうややうねりはあったものの早い時間帯に潜り終わったので問題なく潜水は出来ました。
透明度は12〜15m、水温19〜20度、黄金崎公園ビーチではニシキフウライウオ、ベニイザリウオ、イロイザリウオ、ミジンベニハゼ、マトウダイ数個体などは変わらず見ることが出来ています。

明日も昼前から強い西風となりそうです。早めのダイビングをおすすめ致します。ダイビングを予定されている方は朝の海況確認の電話をお忘れなく!!
12月1日 木曜日
今日は静かな海でした。
天気は相変わらず良いですね
透明度15〜18メートル
水温21〜20度
良いコンディションです。

安良里の港の中に15センチくらいのイワシの群れが大量に入っているらしく鳥たちがバタバタ騒ぎ、釣り人もワイワイ言いながら形のいいイワシを釣り上げていました

 黄金崎ビーチ〜アジの群れが今日はまた一段とすごかった。
昨日見た人気者たちは今日も見られています。
米粒イロイザリウオ、ニシキフウライウオ、ハナタツ、タツノイトコ、ホソウミヤッコ、イシヨウジ、マトウダイ、ハタタテダイ、ミジンベニハゼ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ホタテツノハゼ属一種、クロイトハゼ、ササハゼ、ヒメユリハゼ、オグロクロユリハゼ、ムチカラマツエビ、イソギンチャクモエビ、コノハガニ等は見られています


スダレヤライイシモチ
地味ですが、後ろのコスジイシモチと比べると尾の付け根の黄色い丸がよく目立ちます。
例年秋には見られる個体ですが今年は少ないですね。
それにしてもこんなに大きくなるまで今まで気づかなかったな〜〜。