安良里ダイビングセンター

安良里ボート&黄金崎公園海況データ

2006年1月

● 最新海洋情報  ●トピックス   ●旬な生物   
●過去ログ&過去旬な生物&過去水温&透明度データ
1月31日 火曜日  黄金崎公園 水温:13℃〜14℃ 透明度:13m

 ぎっくり腰で寝込んでいる中野です(^^ゞ
先週から腰に違和感があったのですが、土日に張り切りすぎてついに昨日の朝ジーンズをはこうとした瞬間にバーストしてしまいました(T_T)

「・・・はうっΣ(゜o゜)」

 たまらず布団にもんどりうって前のめりに突っ伏します。う〜ん、う〜んとしばらく起き上がれませんでした。そのせいで昨日今日とお休みをいただいていたのですが、今日はめでたくADSLの開通日なので、接続のために出てきています^^;

 がんばってくれていたエナガイザリウオの小さい個体も、ついに☆になってしまったようです(T_T)サクラミノウミウシやイザリウオモドキ、エムラミノウミウシやサンゴタツ、ヒブサミノウミウシ?なんかが見られているようです。・・・腰はいつ治るんだろう^^;???


1月30日 月曜日  黄金崎公園 水温:13℃〜14℃ 透明度:15m

 今日は西風で少し水面がぱしゃぱしゃしていましたが、一日中潜ることができました。
 話題のイザリウオモドキは今日もみなさんに見ていただけたのでほっとしています(^・^)週末までいてくれるといいな・・・
ただ、残念なことにエナガイザリウオ・イロイザリウオには今日は逢うことができませんでした(-_-;)

そのほか今日逢えた生物はスウィートジェリーミドリガイ、ハナショウジョウウミウシ、たくさんのマトウダイ、コノハガニ、クロイトハゼ、あまりやる気のなさそうなサンゴタツ、ネジリンボウなどなど・・・


      


 今日の写真はゲストの伊藤さまのモドキの写真です。ありがとうございました^^また可愛いイザリが出るといいですね♪次はウルマ???


1月29日 日曜日  黄金崎公園 水温:14℃〜15℃ 透明度:15m

 今日も東風の一日で穏やかな海況でした^^
イザリウオモドキもエナガイザリウオも無事に確認できたみたいです。
なんとか週末までがんばってくれましたね。
こうなると来週の土日までがんばってもらって、
たくさんの人に観察してもらいたいものです!(^^)!

 さて、今日も自分はガイド担当でした。
なんだか最近になってカニたちが元気ですね^^クビナガアケウスやクモガニの仲間たち、コノハガニやツノガニの仲間、ソバガラガニやコワタクズガニなど、じっと見てるともぞもぞと・・・^^;


     最近黄金崎ビーチに出ている生き物

 冬場からが旬の大きなコウイカと卵、水温が低くてもときどき姿を見せてくれるネジリンボウとヒレナガネジリンボウ、ミジンベニハゼのペア極小エナガイザリウオ1個体、成魚も幼魚も見れるマトウダイジョーフィッシュ、ホウボウの成魚、ヒメギンポの産卵や婚姻色、ヒメクロモウミウシ、スミゾメミノウミウシ、アカエラミノウミウシ、アオボシミドリガイ、ハクセンミノウミウシ、スウィートジェリーミドリガイ、クロヘリアメフラシやコノハミドリガイ、ミツイラメリウミウシ、タツノイトコたくさん、ちょっと変わった形が珍しいハナショウジョウウミウシ、ヒロウミウシ・コトヒメウミウシたくさん、スナダコ、イワシの群れ、キビナゴの群れ、ツマグロハタンポの群れ、クロホシイシモチのすごい群れなどなど^^


1月28日 土曜日  黄金崎公園 水温:14℃〜15℃ 透明度:15m

 今日は朝のうちはちょっと波がありましたが、次第に穏やかな海になっていきました^^イザリウオモドキ出現の報を聞いて、あちこちからゲストがお越しでしたよ。今日はあっさり見つかって、どのチームも確認できたようですよ〜!

 一方、残念なのは小さいイロイザリが、自分を含めどのチームも確認できなかったことです(T_T)ほとんど大きくもならないし、さっぱり動かないので、かねてから栄養状態や体調が心配されていたのですが、ついに☆になってしまったのかもしれません・・・。イザリウオモドキが同じケーソンで見つかり、最近はそれほど見向きもされずにぞんざいな扱いを受けてましたから(涙)
みなさん、イロイザリの赤ちゃんって充分珍しいし、可愛いですよね^^;???

 他にはエナガイザリウオやタツノイトコの仲良しペアや、イズヒメエイ、オキゴンベの赤ちゃん、ニシキツバメガイやハクセンミノウミウシ、ハナショウジョウウミウシのペア、シロウサギウミウシやスウィートジェリーミドリガイ、ほっそりしたクモガニの仲間たちや、ヒメギンポの産卵や大小のマトウダイ、イワシの群れやクロホシイシモチの群れ、それから今日はキヌヅツミガイの仲間がたくさん見つかりました^^宿主のヤギ類もきれいなのが多いし、写真に撮ってみるととってもキレイですよん♪


    

1月27日 金曜日  黄金崎公園 水温:14℃〜15℃ 透明度:15m

 今日は予報どおり、ダイビング終了直後ぐらいから北西風になり、波が出てきました^^;今日もいい凪の一日でよかったです。土日も穏やかな予報なので、いい週末になりそうですね♪

 さて、今日のイザリウオモドキエナガイザリウオ情報ですが、ゲストが潜る前にわざわざ山中さんが体を張ってばっちり探してきてくれました。今日も『現場百篇』の教えが非常に役に立ったそうです(笑)何度も自分に言い聞かせて探したのだとか。

ちなみに気になる本日のイザリウオモドキ捜索時間は・・・?

『・・・・・・30分』

お疲れさまでした(#^.^#)


 自分は今日は1本ですけどガイド担当です。
柏島時代にガイドしたことあるイザリウオ好きのゲストが、モドキ&エナガのためにはるばる遊びに来てくれました^^裏方の仕込みの甲斐あって、どちらもばっちりすぐ見つけることができましたよ〜。明日もゲストが来る前に、先に潜って見つけておくことができますかね???

他にはショウジョウウミウシの仲間やミツイラメリウミウシ、シロウサギウミウシやスウィートジェリーミドリガイ、オランウータンクラブにコノハガニやツノガニの仲間たち、クモガニの仲間たちなんかのカニ系も元気いっぱいです。
オトメウミウシやオトメウシノシタ幼魚なんかが出てきてくれるのは、やっぱり乙女をガイドしているからでしょうか^^???
産卵中のヒメギンポや、まわりにたくさんいるのが合体したかのような巨大なヒロウミウシも見つかったりしましたよ〜。

エントリー&エキジット時には、浅場のクロホシイシモチの群れやイワシの群れ、ツマグロハタンポの群れといった群れモノもお忘れなく。天気がいい日は思わずカメラを向けたくなりますよん^^


1月26日 木曜日  黄金崎公園 水温:14℃〜15℃ 透明度:15m

 今日も西予報でしたが、波もない穏やかな一日でした^^
あいにく自分、3日前にやってしまったぎっくり腰(風味)のため、今日はイザリウオモドキも順調に見つかったようでしたし大事をとって陸番です。明日にはこの腰痛が治ってるといいのですが・・・^^;


    


 今日の画像はマリンステーション マーボウの高橋さんの画像です。ありがとうございます^^このまま土日まではがんばって、たくさんの人に可愛がってもらいたいところですよね^^;


     最近黄金崎ビーチに出ている生き物

 冬場からが旬の大きなコウイカと卵、水温が低くてもときどき姿を見せてくれるネジリンボウとヒレナガネジリンボウ、ミジンベニハゼのペア、極小イロイザリウオ、極小エナガイザリウオ1個体、成魚も幼魚も見れるマトウダイジョーフィッシュ、ホウボウの成魚、ヒメギンポの産卵や婚姻色、ヒメクロモウミウシ、スミゾメミノウミウシ、アカエラミノウミウシ、アオボシミドリガイ、ハクセンミノウミウシ、スウィートジェリーミドリガイ、クロヘリアメフラシやコノハミドリガイ、ミツイラメリウミウシ、タツノイトコたくさん、ちょっと変わった形が珍しいハナショウジョウウミウシ、ヒロウミウシ・コトヒメウミウシたくさん、スナダコ、イワシの群れ、キビナゴの群れ、ツマグロハタンポの群れ、クロホシイシモチのすごい群れなどなど^^

1月25日 水曜日  黄金崎公園 水温:14℃〜15℃ 透明度:13m

 夜半の波の影響か、少し今日は水が白っぽかったです。
ヒマな一日になりそうでしたが、イザリウオモドキ出現の情報から、今日のポイントを変更してショップさんやカメラマンが来てくれました^^

 ・・・んが、見事に擬態しているイザリウオモドキにことごとく挑戦者たちが退け
られていきます^^;自分も応援のために、客足が落ち着いた昼前から1本入って探してみました。けっこう簡単に見つけるつもりでいたのですが^^;、ふと気づけばコンピューターのダイブタイムは35分(汗)

 昨日の船長さんとの飲み会で、遅くまでけっこう飲んじゃいましたんで今日はウェットスーツだったのですが、寒さがあちこちからどんどん滲みこんできます(T_T)とは言うものの、わざわざ予定を変更してまでモドキに出会うことを楽しみに来てくれた方々のためにも、もはやあとに引ける道などありません(笑)

 ところで、柏島時代に覚えた、ゴルゴニアンシュリンプやニシキフウライウオといった擬態の達人を見破る探し方のひとつが、かの有名な『現場百遍』です。その前にいた場所で見つけられなかった場合に、少し捜索範囲を広げてみます(まぁだいたい見破れてないだけで周りにはいないことが多い)が、それでも見つからないときに現場へ戻ってみて、あきらめずに角度や見方を変えてみるわけです。今日もその教えが非常に役に立ち、5回にわたる昨日と同じ場所の捜索の結果、ようやく40分過ぎに見つけることができました。はい、そうです。モドキは昨日とほぼ同じ場所にいたのに、4回もじっっっくり見たにもかかわらずその場にいるのを見破れなかったというわけです(゜o゜)恐れ入りましたm(__)m


     


 昨日の船長さんたちの新年会の様子です^^
いや〜、みなさんお若いです!2次会のカラオケの歌もうまいうまい!みなさんも今年も元気な船長さんたちに会えるのを楽しみにしてくださ〜い!(^^)!


1月24日 火曜日  黄金崎公園 水温:14℃〜15℃ 透明度:15m 

 今日はすごいのが出ましたっ!
その名もイザリウオモドキ!!


      


 うお〜、ままままさか伊豆で出会うことができるとは・・・!
感無量ですっ\(T∇T\)\(T∇T)/(/T∇T)/
パチパチと瞬きしてわが目を疑いましたが、

「すごいの見つけちゃいました。・・・イザリウオモドキです」

えっ、マジでっ!?と確認したゲストと見交わして、思わず万歳です^^
 今日はイロイザリウオエナガイザリウオも、イザリウオモドキまで見れちゃうというイザリフィーバーな1本でしたよん♪う〜ん、いつまでも見れるといいのですがっ。他にはヒブサミノウミウシやオランウータンクラブ、オトメウミウシやサンゴタツ、スジコウイカやオキゴンベ、コウイカの卵なんかが見れました^^今日は船長さんたちとの親睦会に呼ばれてますんでこの辺で・・・。


1月23日 月曜日 クローズ
今日は西風が強くてクローズとしました。
夕方にはおさまってきています。
夜に西風がまた強くなりそうですが・・・
明日は今日よりは良いかも??
凪は期待できないかもしれませんが
潜れるかもしれません。チョット期待!!

“フジヤマカシパン”
中野が昨日書いていたなぞの名前は?
プッスマ(草gとユースケサンタマリアがやっている)の担当から
問合せがあったらしい
どうも宮崎駿さんがフジヤマカシパンといっていたらしい
当然弊社の図鑑にはそんなカシパンはない
タコノマクラと勘違い???
と思って調べたら
  • Clypeasteroida Agassiz, 1872 タコノマクラ目
    • Clypeasterina Agassiz, 1873 [sic] タコノマクラ亜目 -- Clypeaster タコノマクラ
    • Laganina Mortensen, 1948 カシパン亜目 -- Fibularia ニホンマメウニ, Laganum フジヤマカシパン, Astriclypeus スカシカシパン
いた!!
でも
写真は探せず!!
どんなカシパンなんだろう
チョット興味ありあり(^^)。
1月22日 日曜日  黄金崎ビーチ 水温:14℃〜15℃ 透明度:15m

 久しぶりの冬型の天気になりました。
こちらは雪の影響はなかったものの、テレビのニュースで見ると昨日はほんとにすごかったんですねぇ(゜o゜)みなさんは大丈夫でしたか?

 ゲストが帰る頃になって大荒れになっちゃいましたが、14:00ぐらいまで波はなかったので、ギリギリセーフ^^;透明度もいいし、天気もいい!快適に潜ってもらえたのではないでしょうか。

 自分は今日は一番湾内のコースを取ってみました。
水深も8m程度でエアも全然減らないし、砂地も明るいしきれいでした^^

 柏島にはいないハスノハカシパン(もじゃもじゃ)というウニの仲間も、5個体ぐらい見かけました。ふ〜ん・・・ぐらいで素通りするところでしたが、「・・・はっ!あれが噂のフジヤマカシパンΣ(゜o゜)!?」
 撮りまくってエキジットしましたが、見せるまでもなくあっさり山中さんに同定されてしまいました・・・・・・^^;


         

         大きなヒラメが浅場に上がってきてますよ〜


 ホウボウの成魚や大きなヒラメ、シマヒメヤマノカミの幼魚やサラサウミウシ、コノハミドリガイやミツイラメリウミウシ、たくさんのハオコゼやコノハガニ、透明度のいい砂地の海に映えるボラの群れなんかが見れましたよ^^


     最近黄金崎ビーチに出ている生き物

 冬場からが旬のコウイカと卵、水温が低くてもときどき姿を見せてくれるネジリンボウとヒレナガネジリンボウ、ミジンベニハゼのペア、極小イロイザリウオ、極小エナガイザリウオ1個体、少し数が減ったかな?マトウダイ、巣穴の下はどうなっているのか!?ジョーフィッシュ、ホウボウの成魚、ヒメギンポの産卵や婚姻色、スミゾメミノウミウシ、アカエラミノウミウシ、アオボシミドリガイ、ハクセンミノウミウシ、スウィートジェリーミドリガイ、クロヘリアメフラシやコノハミドリガイ、ミツイラメリウミウシ、タツノイトコたくさん、ちょっと変わった形が珍しいハナショウジョウウミウシ、ヒロウミウシ・コトヒメウミウシたくさん、スナダコ、イワシの群れ、キビナゴの群れ、ツマグロハタンポの群れ、クロホシイシモチのすごい群れなどなど^^

1月21日 土曜日

 沖合いを低気圧が通った影響で、船原峠に雪が積もりました^^;
お越しのゲストには大瀬回りか松崎のバサラ峠回りをおすすめし、用心して来ていただきました。海自体は東風のベタ凪の海で、気持ちよく潜ってもらえたようです。中には70分越えて6ハンで潜っていたという方も・・・。

 ハナショウジョウウミウシやマルガザミ、コケギンポやアカハタ、コマチコシオリエビやムチカラマツエビ、ヒメギンポの婚姻色やホソウミヤッコ、コウイカの卵やジョーフィッシュ、ヒレナガネジリンボウなどをご紹介したとのことでした^^ by若木さん


1月20日 金曜日

 今日は寒い一日でした。海に入らず陸仕事です。
途中、ネット接続ができなくなるというトラブルもありながら、オーバーホール(を見学)したり、勉強をしたり・・・。

 ようやく安良里にもADSLが来ます!(^^)!
今日は書類も届いたし、いよいよ現実味を帯びてきましたっ!これでFLASHのホームページが閲覧できるようになったり、WEBビデオが見れるようになるので楽しみです^^


1月19日 木曜日        水温:14〜15℃ 透明度:20m

 今日は1本カメラマンの池田さんにくっついて行ってきました^^
3倍マクロの撮影は、ピントが薄い分だけやっぱり大変そうです(^^ゞとりあえず自分もやってみるとしたら、2倍から練習する必要があるんでしょうねぇ〜。

 ハクセンミノウミウシやセスジミノウミウシ、ハナショウジョウウミウシやキヌヅツミガイの仲間、紫のヤギに付いたきれいなガラスハゼなんかを紹介しながらのんびりご一緒してきました^^

ここからは
ヤマちゃん

透明度も良く、砂がきれいだな〜〜〜と
のんびり潜っていたら、
おとなしくボーっとしていると思っていた、サビハゼがいきなり、ネズッポ科のイズヌメリ?の子供を
パクリ!!!

海の中は
サプライズいっぱいです。(^_^)v

その他の生物
極小のエナガイザリウオ、極小イロイザリウオ、サンゴダツやジョーフィッシュミジンベニハゼ、タツノイトコ、マトウダイ、ホソウミヤッコも見られています。


1月18日 水曜日        水温:14〜15℃ 透明度:20m〜25m

 うねりで巻き上がった砂で白っぽかった海も、ずいぶんとキレイになりました^^そのせいかのんびりしているマトウダイやイシモチたちがとても気持ちよさそうに見えます。浅場では相変わらずイワシの群れが見物です♪誰かがエントリーしてからしばらく時間が空くと、エントリー口にたっぷり戻ってきます。顔を水につけた瞬間から大歓迎してくれてるようで、なかなか気持ちがいいですよ^^


       


 今日の写真はユビワミノウミウシです。2個体見かけました。こうした写真映えするウミウシが増えてきていますよ^^他にはハナショウジョウウミウシや集会でも開いてそうなたくさんのコトヒメウミウシ、スジコウイカやヒメギンポの産卵、スミゾメミノウミウシやレンズに噛み付いてきそうなコケギンポなんかが観察できました^^


1月17日 火曜日        水温:14〜15℃ 透明度:15m〜20m
海は完全に静かになりました。透明度も再びベストコンディションです!(^^)!
陸も寒くないので、それなりの装備をしていれば寒さも辛くなく潜れます。
上がった後も暖かい器材桶とお風呂で心も体も温まります。
ビーチのおじさん達の気遣いに涙がポロリ・・・。

 コウイカが産卵しています。エナガイザリウオは探すのに苦労しますが、それでも極小の個体が見つかりました。
極小イロイザリウオ、サンゴダツやジョーフィッシュミジンベニハゼなど人気を集めています(そんなにお客さんは来てないけど^_^;)マトウダイも大小の個体が見られています。
ゴマフビロードウミウシの白バージョン、タツノイトコ、ハクセンミノウミウシ

 
コウイカ30センチくらいの個体見るようになりました。

ジュズエダカリナに産み付けられた砂玉のような房が卵です。
上手に砂をまぶしてカモフラージュしています。
この時期は他の生物の活性が低いので
孵化後の生存率も高いのでしょう。

1月16日 月曜日  黄金崎公園 水温:14〜15℃ 透明度:10m〜15m

 大きなうねりだったらしい昨日の底揺れも、今日はずいぶん穏やかになっていて、ほぼ底揺れなし!快適に潜ることができましたよん^^

 あいにくエナガイザリの1個体が、吹き飛んだのか、はたまた『☆』になってしまったのか・・・?近くを念入りに探したのですが、その姿を見ることは出来ませんでした。でもくっついていたテレビのブラウン管に穴が開いていたので、案外その中に避難していたのかもしれませんけどね^^;そういえば、ミジンベニハゼの住処の空き缶も、うねりのせいで巻き上がった砂で半分方埋まってしまっていました(T_T)


             


 今日の写真はエキジット間際に産卵していたハクセンミノウミウシです^^
水深8mぐらいの岩の壁面に多いこのウミウシですが、個体数もそこそこいるのでこうしたシーンに立ち会うことができるかも・・・?自分が出会ったときにはもう産み終わりに近かったのですが、産卵に立ち会ったおかげでエキジットが10分ほど伸びてしまいました^^;

 こうした予想外のシチュエーションに出会うことができると、寒さも飛んでってしまいますよね〜。・・・満足して我に返ったあとで、どデカいリバウンドが来るんですけど(笑)ガタガタ震えながらお風呂に飛び込みましたが、ほくほく気分なのですぐ暖まってしまいますよん^^

 冬場よく目にするヒョウモンダコやヒラメ、セイテンビラメやマトウダイ、サクラミノウミウシやハナショウジョウウミウシ、写真映えするキヌヅツミガイの仲間たち、ミジンベニハゼエナガイザリウオ、オキゴンベの幼魚などが観察できました。晴れていたので浅場のイワシの群れがとってもキレイでした^^


1月15日 日曜日       水温:14〜15℃ 透明度:10〜20m
 今日は一日曇りの日でした。
一月だと言うのにホント西風が吹かないですねぇ〜。ありがたいです^^
ところがせっかくの凪のボートダイブなのに大きなうねりが入ってて、透明度もいいところもあれば悪いところもあるそうだったのが残念でしたね(T_T)
ビーチもうねりが入っていましたが午後に向かってだんだんおさまっていました。いんちき気象予想屋山中の予想では、お昼までには凪になる予定だったのですが、ボートではうねりの底揺れが残ってしまいました。ごめんなさい。

黄金崎公園〜ボートが10メートルくらいしか見えていなかったのに、ビーチは15メートル以上見えています。
最近人気のエナガイザリ見つかりませんでした。(^_^;)昨日からのうねりでどこかへ飛ばされたのか???明日からもう少し回りを探してみます。
冬の名物マトウダイがたくさん見られています。その他サンゴタツやイロイザリウオミンベニハゼジョーフィッシュ、ホウボウ、タツノイトコ、ハクセンミノウミウシやコトヒメウミウシなど


1月14日 土曜日  黄金崎公園  水温:14〜15℃ 透明度:20m

 今日は久しぶりの雨模様の一日となりました。
水中も普段よりなんだか薄暗く、ライトがないとなかなか生き物を探すのも難しかったです^^;

 今日は久しぶりに沖のケーソンまで泳いでみました。
エナガイザリやミジンベニハゼとは若干コースが違うので、周りには誰もいません^^;周りはみんな今頃何を見てるんだろうな〜っと頭の片隅で考えながら、みっちりケーソンをリサーチです。2種類のウミウシの卵が産んであったり、初めて見るハナショウジョウウミウシ2個体、スウィートジェリーミドリガイやセスジミノウミウシ、それからヤマドリの小さなメスがついてました。

 水深8mぐらいの浅場にはハクセンミノウミウシがたくさん!ひとつの岩肌になんと10匹ついてるところもありましたよ^^;ズームをかけてみると、そのきれいさが引き立ちますよん^^

      最近黄金崎ビーチに出ている生き物

 ネジリンボウ、ミジンベニハゼ、極小イロイザリウオ、極小エナガイザリウオ2個体やたくさんのマトウダイジョーフィッシュ、アオボシミドリガイ、ハクセンミノウミウシ、スウィートジェリーミドリガイ、アカボシウミウシ、クロヘリアメフラシやコノハミドリガイ、ムラサキミノウミウシやミツイラメリウミウシ、タツノイトコたくさん、ちょっと変わった形の珍しいハナショウジョウウミウシ、ヒロウミウシ・コトヒメウミウシたくさん、スナダコ、イワシの群れ、キビナゴの群れ、ツマグロハタンポの群れ、クロホシイシモチのすごい群れ、とっても小さなイカのヒメイカなどなど^^


1月13日 金曜日  黄金崎公園  水温:14〜15℃ 透明度:20m

 今日も穏やかな凪です^^
雨模様ですが明日も日中は穏やかな凪日和のようですよ。お待ちしておりま〜す!

     


 この冬場はロープや海藻をじっくり観察していくと、小さなヒメイカが見つかりますよ。タコの墨は煙幕、イカの墨は分身と言われますが、いくつも自分と同じサイズの分身を作って捕食者の目をそらす、なかなかたいした忍者っぷりですよ^^

 ヒメイカやミジンベニハゼ、極小イロイザリウオ、極小エナガイザリウオ2個体やたくさんのマトウダイ、アオボシミドリガイやハクセンミノウミウシ、、スウィートジェリーミドリガイやアカボシウミウシ、クロヘリアメフラシやコノハミドリガイ、ムラサキミノウミウシやミツイラメリウミウシなどが観察できましたよ^^


1月12日 木曜日  黄金崎公園  水温:14〜15℃ 透明度:15m

 今日も穏やかな一日でした^^
1月に入ってからあんまり吹いていませんよね。海にも安定して入れているしうれしいです。

 今日は昨日池田カメラマンに教えてもらったジョーフィッシュを見に行ってみました。こ、これは・・・・・・集合住宅^^;?狭い範囲にうじゃうじゃいます。ただとっても過敏なのが手ごわいですね〜。


      


 今日の写真は産卵中のヒメギンポの産卵管のアップです。胸ビレの下の白い管が見えますか?本人の意向で顔は写してほしくないとのことでした^^;

 ペアでいるヒメギンポのうち、くるくる回らずに、中央でもじもじしているのがメスです。もじもじしている間に海藻などに卵を産み付けているんだそうです。ほとんどのサカナは夏に産卵するのですが、付着卵タイプは産卵場所という『資源』が限られていますよね?こうして冬に産卵することで競争を避けるというのも立派な生存戦略ですよね〜。奥が深い!!

 ミジンベニハゼ、コトヒメウミウシやイロイザリウオ、極小エナガイザリウオやたくさんのマトウダイ、スウィートジェリーミドリガイやアカボシウミウシ、コノハミドリガイやネジリンボウなどが観察できました^^

 今週末も潜れそうな天気予報ですね。お越しの皆さん、お楽しみに!(^^)!

1月11日 水曜日  黄金崎公園  水温:14〜15℃ 透明度:15m〜20m

 朝まで吹いた西風も日中には緩み、穏やかなダイビング日和となりました^^透明度が少し落ちていたものの、なかなかよい状態を保っています。

 「メガネウオが3匹もいたよ」との情報に、今日はいつもより少し広めに潜ってみました。ホースに入ったペアや空き缶に入ったミジンベニハゼ、ハリセンボンの幼魚は寒さのせいか震えているようです(>_<)一方、マトウダイは各所でのんびりしています^^;

 ここ数日目撃例が無かった2匹目のエナガイザリウオは、ちゃ〜んともとの場所に陣取っていました。このエナガは自分が見つけたのよりやや小さく、よくこんなのが眼に留まるなぁ^^;といった感じです。発見者のシースラッグの酒井さん、お礼が遅くなりましたが情報ありがとうございます
!(^^)!


        


いつものサイズだとわかりづらいので、今日は大画面です。

             『異種間での熱愛発覚!?』

いやいや、ヒヤリ危機一髪でしょう^^;エナガのほっぺにキスするハオコゼ・・・・・・。お互い気づいてないんでしょうか???

 他にはツノガニの仲間やコノハガニといった擬態の達人や、クロサギの群れにイワシの群れ、ウミウシではシロハナガサウミウシやスウィートジェリーミドリガイ、セスジミノウミウシなどが見れました^^・・・・・・そういえば、見に行ったメガネウオですけど、逃げちゃってました^^;


1月10日 火曜日  黄金崎公園  水温:15℃ 透明度:20m
昨日に引き続き 透明度の良い気持ちの良い海です。
当為明度の良い海にクロホシイシモチの群れ、小さいツマグロハタンポの群れが良い感じですよ。
エナガイザリウオやイロイザリウオ極小コンビ、ネジリンボウやヒレナガネジリンボウ、ミジンベニハゼ、クロイトハゼ、ジョーフィッシュ、マトウダイ、ホウボウと賑やかです。
    
1月9日 月曜日  水温:15℃ 透明度:ボート25m〜30m
              水温:15℃ 透明度:ビーチ20m
1月5日に中野が見つけた小さいベニイザリウオと思われていた個体は
エナガイザリウオでした。瀬能先生によるとほぼ北限記録だそうです。


   

           写真提供:忍沢さん


 今日もボートは透明度抜群!
ピカチュウウミウシやハナタツ、イズヒメエイの幼魚やメジナの群れ、ツリフネキヌヅツミガイやトラフケボリダカラガイ、イソコンペイトウガニやアカネキンチャクダイ、イソウミウシの仲間やフリエリイボウミウシ、マダイの群れなどが見れました^^
 それにしても沖の根のウチワやヤギ類はカラフルできれいですね!とても見ごたえがあります!(^^)!こうしたカラフルなヤギをバックに撮ると、写真もまたきれいですよね。

黄金崎公園〜極小コンビのエナガイザリウオとイロイザリウオは、見てきたみなさん「小さいね〜〜」と極小の名に恥じないほど小さくて可愛いです。
水温が上がってきたのか、ミジンベニハゼも4匹出ています。このまま越冬すれば黄金崎公園でミジンベニハゼ初越冬です。しばらく見なかったホタテツノハゼ属一種も出ていました。この調子なら本家ホタテも・・・・・ちょっと期待!!
ヒレナガネジリンボウ、クロイトハゼ、ハクセンウミウシ、セスジミノウミウシ


1月8日 日曜日  
水温:13℃〜16℃ 透明度:ボート25m〜35m ビーチ:20m

 今日もいい凪に恵まれました^^
久しぶりにボートのゲストもお越しで、自分も付き添ってボートに行ってきました♪

 黄金崎ビーチでは水温が16℃になっていたそうで、ヒレナガネジリンボウもネジリンボウも出ていたそうです^^水温もあるでしょうが水質もとってもいいですからねぇ。マツカサウミウシやミジンベニハゼ、コトヒメウミウシやイロイザリウオ、極小ベニイザリウオやマトウダイなどが観察できたそうです。

 ボートは黄金崎と沖の根に行ってきました!(^^)!
透明度がとってもいいのでどこまでも地形が見えてましたよ〜。産卵期が冬なため浅場に上がってきている大きなヒラメ、大きなマダイやシロハナガサウミウシ、イイジマフクロウニがたくさんいるのでコールマンシュリンプを今度探してみたいですね。カゴカキダイの群れが青い海に映えてきれいでしたよ〜!


1月7日 土曜日  水温:14℃〜15℃ 透明度:30m〜40m

 今日は好天にも恵まれ、昨日よりもさらに気持ちの良い海でした^^
今日は注意してもっと透明度を確認してみたのですが、岩場のだいぶ手前から砂地のケーソンが見えてましたよ〜!(^^)!

 さて、今日はとてもいい海況だったのですが、昨日届いたデジカメ用のマクロレンズを試してみました^^いや〜、おもしろいですね!今まで撮れなかった生き物たちも撮ることができる優れものです。マクロレンズお持ちじゃない方は、ぜひ試してもらいたいですね。自分のように新しい世界が開けると思いますよ〜(笑)しばらくはマクロレンズの成果をアップしていきたいと思います。


            

 とはいうものの、今日の写真はダテハゼのヒレ全開写真です^^
目の前を小さなダテハゼが横切ったのを「おりゃ〜!誰の許可得て通っとんじゃ〜!!」っとばかりにヒレを全開、口も大解放で、ものすごい威嚇してます^^;普通に見れるサカナでも、こうしたドラマを見せてくれるときがありますよ^^

 ミジンベニハゼやとっても小さなベニイザリウオ2個体、久しぶりに出てたネジリンボウ、ジョーフィッシュは2種類、マトウダイの成魚や幼魚、クモガニの仲間やテンロクケボリガイ、オトメミドリガイやヒブサミノウミウシ、クモガタウミウシや珍しいミヤコウミウシの幼体、セスジミノウミウシやスウィートジェリーミドリガイ、ショウジョウウミウシの仲間やネアカミノウミウシ、ハクセンミノウミウシなどが観察できました^^透明度もとても良いし、真っ青な海の下から見上げる太陽やキビナゴの群れがとってもきれいですよ〜!


1月6日 金曜日  水温:14℃〜15℃ 透明度:30m〜35m

 透明度さいこーーーーーーーーーーーーッ!(^^)!
突然透明度が上がりました!昨日と比較しても10m以上よけいに見えてます。海の色が真っ青ですよ!?これで明日は晴れるそうですから・・・とてもきれいでしょうね^^

      


 今日の写真はマトウダイです。
透明度があまりにもいいので、視界にいるマトウダイがたくさん確認できます^^;何匹確認できるか競争してみてもおもしろいかも???自分は4匹、山中さんは5匹でした。
 透明度が良いので写真のバックもブルーです。明日お越しのゲストはぜひワイドレンズをお持ち下さい^^


1月5日 木曜日  水温:14℃〜15℃ 透明度:20m

 今日はとっても寒い一日になりました。
日中もほとんど早朝と気温が変わらず、エントリー直前にはなんとあられが降る始末(笑)まぁ海に入ってしまえば関係は無いのですが、積雪のためその海まで来れなかったお客様もいらしたようです・・・。日本各地で被害をもたらした最近の寒波、なかなか緩んではくれませんね^^;

       


 今日は新たにベニイザリウオの赤ちゃんが見つかりました!(^^)!
とっても小さく、1cmぐらいでしょうか。周りには危険もたっぷりですが、健やかに大きくなってほしいものです^^

 他にもイロイザリウオや大小のマトウダイ、ツツイシミノウミウシやハクセンミノウミウシ、ミツイラメリウミウシやアカエイの子供、ミジンベニハゼやムチカラマツエビのペア、イワシの群れやヒメギンポの産卵などが見れましたよ^^


1月4日 水曜日

 今日も強い寒気が流れ込み、西風が吹き荒れました。
ビーチ・ボート共にクローズです。この西風明日もまだ少し吹きそうです。明日のダイビングをご予定の方は、海況確認の電話をお願いします。

 今日は漁協も仕事始めでした。
おかげでようやく年賀状を受け取ることが出来ました^^;書いていただいたみなさん、どうもありがとうございました。今年もよろしくお願いします。お返事はばっちり出させていただきます!

 昨日はちゃんこ鍋に1月2日についた餅を入れて食べました^^
今日はキムチ鍋にも投入される予定です。おいしい食べ方まだ募集してま〜す!


1月3日 火曜日
西風が強く本日はクローズです。
正月休みも今日で終わりという方も多いのでは?
寒日が続きますが、明日からガンバって行きましょう。
1月2日 月曜日

 新年二日目。今日も穏やかな海況に恵まれました^^
しかも今日は餅つきです。ところがあいにく今日はゲストなし(T_T)スタッフだけでつくのもあまりにもストイックなので、タツミさんたちと合同で餅つきしました。安良里ではつきたての餅に、大根おろしとのりをまぶし醤油をかける食べ方が主流のようで、熊本県民→高知県民だった自分には新鮮な驚きでしたよ^^他にもきなこ餅やぜんざい、お雑煮などいろんな食べ方で無病息災を祈念しました。
 たくさん餅が余ったのでしばらくは餅尽くしになりそうですね^^;掲示板ででもメールででも、いい食べ方があればご一報ください(笑)

      


 今日は漁師さんたちのイベント『乗り初め』も行われました^^
まだ1時間も早いうちから地元に帰省している人々が集まり始め、一年ぶりの再会を祝ったりしていました。そのうち小さな漁船で船長さん一家が現れ、みかんや『サンマ』をまいていました。自分も浜名湖みかんをゲットです^^なかなか賑やかでしたよ〜!

 みなさんももうだいぶん『今年最初の〜』というのが済んでしまったんじゃないでしょうか?一年でやる最初の一回って、なんだか気持ちが引き締まりますよね^^みなさんの潜り初めお待ちしてま〜す!


2006年1月1日元旦
あけましておめでとうございます。
今年も皆様にとって良いお年でありますように。
安良里ダイビングセンターを今年もよろしくお願い致します。

お年玉企画
HPのどこかにお年玉が隠れています。
探してね(^_-)-☆

 今日も正月早々いい凪に恵まれました^^
今年のダイビング運は快調な滑り出しですね。水温13℃〜14℃という低水温にもかかわらず、初潜りということでわざわざネジリンボウが顔を出していてくれました^^ハゼ運もよさそうですね(笑)他にもハナハゼやオニハゼ、ダテハゼなんかもよく出ていました。

 今日はジョーフィッシュが2種類(?)目に止まりましたけど、これがまた小さいしジョーフィッシュの分類は、その特異な生態からよくわかってないんですよね。写真を使って旬の生物で少しふれて見たいと思います。う〜ん、もどかしい!!

        

 今日の画像はMIC21のみなさんです。
日本の国旗の旗を持ってのダイビングだったそうです。う〜ん、新年って感じですよね^^めでたい!!今年も楽しく潜ってくださ〜い。