安良里ダイビングセンター

安良里ボート&黄金崎公園海況データ

2006年5月

● 最新海洋情報  ●トピックス   ●旬な生物   
●過去ログ&過去旬な生物&過去水温&透明度データ
5月31日 水曜日 水温:16〜18℃  透明度:6〜3m
今日も初夏のような一日でした
でも
透明度が・・・・
漁師曰く
この時期の濁りは魚を育てるそうなので海にとっては良いことなのだと言い聞かせてマクロな生物でもじっくり楽しもう
と言いつつ
沖の根では今日も濁りの中かろうじて1匹ゲットしたようです。マトウダイやハナタツも見られています。

ビーチでは
ガーデンイールの仲間でアキアナゴが1匹だけニョキッと出ているようです。
スタッフが潜っていないので今日はこの程度で・・・

来週末11日日曜日に海藻セミナーが開催されます。
この話をすると
「海藻ですか・・・・・(^_^;)」と言って皆さん10歩ばかり後ずさりしますが、
講師が東京海洋大学教授の田中次郎先生で、この先生がわかりやすくて楽しいお方!!昨年も10歩ばかり下がっていたうちのスタッフも、セミナーが終わる頃には20歩ぐらい近寄って先生に食いついていました。(^^)わかりやすい講義の後に一緒に潜って、その後にまた海藻を使って楽しめて、¥600の参加費は超お得です。
ぜひご参加ください。
5月30日 火曜日 水温:16〜18℃  透明度:12〜5m

 今日も一日いい天気(^o^)丿
昨日のうねりはばっちり収まりましたが、あいにく置き土産でニゴニゴの透明度を残していってくれた模様です(^^ゞ早くさっぱりした海に潜りたいものですね。

 ビーチではハナタツやベニイザリなどの常連が人気でした。
芝生で遊ぶ近所の保育園の子供たちを見てるとほのぼのしちゃいますね^^


 ボートでは
ママママンボウ!!遠くを80センチ程度の個体が悠々と通過していった。
感激!!!でもお客様に教えている間にすーっと消えてしまった。
ガイドしか見ていない(すみません)
透明度は午前中良かったのですが、潮が引き始めるとともに濁りってきました。トビエイは1匹だけ西根の傍でダイバーなど気にする風でもなく悠然と泳ぎ去っていきました。こちらも感激!!
その他下を向くと、ベニイザリウオが2個体だった。と言うのもしばらく見られていた個体がいなくなってすぐ近くに同じサイズの少し色が違う個体がいたので、色が変わってこちらへ移動したのかと思っていたら、しっかり2匹いた。(^_^;)
ハナタツやマトウダイ、メジナやネンブツダイ、メバルの群れが相変わらず圧巻です。
5月29日 月曜日 水温:16〜18℃  透明度:5〜8m

 昨日は全然なかったうねりですが、今日はなかなか大きなのがビーチにも入ってきていました(^^ゞ明日には収まってほしいものです。昨日じゃなくてよかったです。ホント^^;

 今日は干潮で、ドン引きうねうねの中を潜りました。
ウミテングの幼魚もほぼ同じ場所で定点観測ですね。何せサイズが見つけたときとほとんど同じで、ようやく1cmってところです(^o^)丿あの子にとっての世界は、まだきっとすっごく小さいんだろうな〜って思いました(笑)元気に育ってちょ〜だい!!

 一方、同じ幼魚で定点観測していたハナダイの子供ですが、昨日お越しだった詳しい方から「ナガハナダイの特徴が出てきたみたいだよ」って教えてもらいました(^o^)丿今日、うねうねの中観察してきましたが、う〜ん・・・さもありなんって感じでしたね。あいにく写真は揺れのため無理でしたが、このまま周りのメバルに混じってすくすく育ってほしいですね。


           

 ビーチから戻ってきたら・・・あれれ?赤いじゅうたんが・・・???
よく見るとテングサで道ができていたのでした。まさにテングサロード(^^ゞ
ネコも杓子もみなテングサフィーバーです。今年のテングサの相場はどうなるのでしょうね(笑)


        


 今日はとってもいい天気です(^o^)丿
おやおや?何やら道路脇に黒山の人だかりが・・・・・・???


        


 見に行ってみると、なんと安良里王座決定戦(?)の真っ最中でした(^^ゞ
両陣営からやんややんやの野次が飛んでいます(笑)天気がいいとやっぱりいいですね〜^^


5月28日 日曜日 水温:16〜18℃  透明度:6m〜13m ポイントにより15〜20m

 今日は午前中は小雨が時折パラつく天気でしたが、ゲストのお帰りの頃にはすかっとした青空が広がりました(^o^)丿

 そのおかげでボートダイブもちゃんと穏やかな海況で潜っていただくことができて、ほっと一息です(^^ゞ
しかもトビエイも大集団こそ出なかったものの、ほとんどのチームがまんべんなく何枚ずつか見れたようでした。ベニイザリウオやハナタツなどの人気者や、メジナにマダイの群れが好評だったようです♪


        
             御黄金名物メジナの大群


 一方、ビーチではななんと、ショップさんからマンボウの目撃情報をいただきました。場所は水深19mのエリア境近くの砂地で遭遇したそうです。安良里では4/30の御黄金につづいて2度目の登場でした。
 また極小ウミテングやハナタツ、サンゴタツ、ベニイザリウオも確認できてます。

        

 サンゴタツの写真はピュアリーの吉種さん提供です。
マンボウもこの日見ちゃってるショップさんです(^o^)丿う〜ん、うらやまし〜!!

5月27日 土曜日 水温:18〜19℃  透明度:上層5m・下層13m

 今日は東風で穏やかな海況でした^^
雨もほとんど降ることはなく、快適なダイビング日和となりました♪・・・ただ、大潮なんでエントリーエキジットが少し大変でしたけどね(^^ゞ

 今日は自分は3ビーチガイド担当です。
1本目は沖回り、2本目は真ん中、3本目は浅場と、黄金崎のビーチほぼ全域を回っちゃいました(^^ゞ

 ハナタツ×2個体や今日見つけた黄色でかわいいベニイザリ、マアジの群れやキンメモドキの群れ、カワハギの卵やアオリイカの卵、ベニハナダイ(?)の幼魚や、ハナショウジョウウミウシやスイートジェリーミドリガイ、ウイゴンベの幼魚や子供トビエイ、ヒラメやウミテングの幼魚、ヨレモクの海中林に集うチャガラの幼魚たち、砂地の忍者カスザメや土遁の術のアサヒガニなどが見れました^^
 今日のヒットはベニイザリウオですね!
いや〜、ビーチにはホント久しぶりの、待望のイザリの登場です(^o^)丿しばらくいてちょーだい!!


       
 今のイチオシ!!極小でとってもかわいいですよ〜(^o^)丿

 ボートでは数は少ないもののトビエイがでています。
また、ハナタツも3個体確認できました。ベニイザリも定位置でがんばってます。今日は深いところに16℃の冷たい潮が入ってきていました。でもこの部分の透明度は10〜13mくらいあり、気持ちよかったです。(ちょっと寒かった。。)浅場は水温18℃でしたが透明度が4〜6mくらいでトビエイ的にはベストコンディション(?)でした。

5月26日 金曜日 水温:18〜19℃  透明度5〜8m
天気は曇りでしたが、海はベタナギです。
透明度水温とも昨日大きな変化はありません。
今日はボートはありませんでした
ビーチはスナビクニンが・・・・・(^_^;)
そこで
お客様にはケーソンの回りをじっくり観察するダイビングをオススメしました。
ケーソンの壁をジーット見ていると、ゴソゴソを動くものが動くものが見えてきます。ほんの少しの根競べでたくさんの甲殻類が見えてきます。
一度お試しあれ。こんなに蟹がいたんだ!!と思えますよ。

明日は東風が強くなる予報です。
西伊豆はボートビーチともに静かでしょう。
5月25日 木曜日 水温:18〜19℃  透明度5〜8m
朝から晴れていて初夏の良い天気です。このまま続いてくれると良いのですが・・・。
朝のうちは20メートル以深では10メートル以上見えていましたが、その後濁り始めて5〜8メートルになりました。
 トビエイは1本目30枚!!
以下5枚2枚、2枚、0枚(番町皿屋敷のよう(^_^;))とそれなりに遭遇していました。


      


 ビーチです(^o^)丿
今日は2本は作業潜水でした。
ガイドロープの切れていたところをばっちりつないできました。これでナイトや濁った日も安心???
 3本目は6/11に海藻セミナーをお願いしている松本さんと一緒に潜りました!いや〜、海藻はさっぱりだったのですが、なんか少し楽しみ方がわかったような気がします(^o^)丿セミナー当日が俄然楽しみになってきました♪

 スミゾメキヌハダウミウシやヒメメリベ、キヌハダウミウシやツヅレウミウシ、ヨツハモガニやコノハガニ、朝から夕方までケーソンの上で動かないでっかいワニゴチ、ミノカサゴがトビヌメリをぱくっといった捕食シーン、ハナダイの仲間の幼魚、オニカサゴのペアがいちゃいちゃするところなどが見れました。


       
 この直後にぱくっ!胸鰭で逃げ道をふさぐような感じで、す〜っと上から接近して喰らいつきます(゜o゜)

 最近ヘビギンポのオスが婚姻色を出しはじめたのですが、今日は産卵も見ることができました^^どんどん水中も賑やかになってきましたね〜!他にナベカも産卵しているようでした。


               最近見られている生物


ビーチ:アオリイカの産卵床入ってます!
カスザメ、トビエイの子供、ハナタツ、アナハゼの子供シビレエイ、タツノイトコ、でっかいヒラメ、メバルの幼魚、サビハゼの幼魚、ドロメの幼魚、イダテンカジカの幼魚、アオリイカ、アジの群れ

クロホシイシモチの群れ、キンメモドキの群れ、コノハガニ、コワタクズガニ、ホソウミヤッコ、ヨツハモドキ、ダイナンウミヘビ、モンガラドオシ、スナダコ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ

産卵生態:カワハギの産卵、ミサキコウイカの求愛・産卵、ホシノハゼの連れ込み宿、クロホシイシモチの求愛、トビヌメリの求愛やケンカ、クツワハゼのケンカ、アラメガレイのケンカ、ダテハゼのケンカ

ウミウシ:クリヤイロウミウシ、ホシアカリミノウミウシ、ウミフクロウ、スイートジェリーミドリガイ、マドレラ・フェルギノーサ、サラサウミウシ、アカエラミノウミウシハナショウジョウウミウシ、ヒラミルミドリガイ、クロヘリアメフラシ、ミドリアマモウミウシ、トヤマモウミウシ、ヒロウミウシ、アメフラシ、アマクサアメフラシ、ミドリアメフラシ、シロウミウシ、アオウミウシ、イソウミウシ、ダイダイウミウシ、キセワタガイ、ドト・ラケモサ


ボート:トビエイの群れ、ベニイザリウオ、ハナタツ、サクラダイ、スジハナダイ、アオリイカ、大型のマダイ、メジナやアジの群れ、ネンブツダイのすごい群れ、キンギョハナダイの群れ、ハナオトメウミウシ、
(マンボウ出ないかなぁ(^^ゞ)
5月24日 水曜日 水温:18〜19℃  透明度8〜13m

 早朝のうちは少し小雨が降っていましたが、日中は快適なお天気になりました^^太陽もときどき顔を覗かせてくれましたよ♪

 ボートでは沖の根1ダイブでトビエイが7枚見れたそうです(^o^)丿
最近よく西根の上で、ホンソメワケベラにクリーニングされているところを目撃されています。邪魔しないように楽しんでくださいね^^


        
 ボート施設の水槽に新しい住人が入りました(^o^)丿水揚げされたテングサの中に混じっていたそうですが、テングサを全身にくっつけた、まさにテングサの精です(笑)


 一方ビーチでは、水温が上がってきてスナビクニンが減ってしまった代わりに、生き物たちの求愛や闘争が盛んになってきました。
 今日は先日のウミテングの赤ちゃんを探しに行ったのですが、途中でスジコウイカ13匹での『ねるとん』風景や、ホシノハゼのオスが婚姻色バリバリで尻尾をふりふりしながらメスを巣穴へとお持ち帰りしたり、ダテハゼのオス同士がヒレをぼろぼろにしながらも激しく戦いあうシーンなど、最大水深8mなのにもう大満足のダイビングです!(^^)!

 1つ不思議だったのは、ダテハゼのバトルを見ている時に、巣穴の保有者のダテハゼのペアと共生しているハナハゼが、ちょっかいをかけてきているダテハゼに1度でしたが噛み付いたんですよね。これはハナハゼが家主を見分けて応援したのか、はたまた長引くケンカがうっとうしくなったのか・・・(^^ゞあれこれ目撃した事象の意味を想像するのもダイビングの楽しみですよね!


        
           冬の使者ことマトウダイ

 まだこんな人がビーチで見れたりしてますが(^^ゞ、夏は産卵にまつわる生態シーンが一年で一番見れる季節です。水温の上昇とともに、どんどん海の中も熱くなってきてますよ〜〜〜(^o^)丿そろそろ浅場でもヘビギンポやナベカの産卵も始まりそうです!



5月23日 火曜日 水温:18〜19℃  透明度8〜13m

 今日はいい海況に恵まれました^^
それに心配していた雨も、なんとかお客様のお帰りまで保ってくれました。まぁ黄金崎は雨が降ってもぜんぜんへっちゃらなんですが(^^ゞやっぱり降らないにこしたことはないですね^^

 さて、今日は赤ちゃんハナダイの様子を見に行ってみました。
最初はやっぱり寝起きのせいか隠れていましたが、しばらくすると泳ぎ始めてメバルの群れに混じってました^^少し特徴が出てくるまで種類はやっぱりわかりませんね〜。ベニハナダイかナガハナダイ、それかもしかするとシロオビハナダイになったりして???経過が楽しみなんですが、ケーソンの主のオキゴンベが、ぱくっといかないか気が気じゃありません(^^ゞ


 途中、カワハギのメスが丸く円を描くように、口から出す水流で砂地を耕しているところに出くわしました。

「・・・ハッ(゜o゜)あれはまさに産卵の兆し!!」

メスが納得いく産卵床ができるまで5分ぐらいかかりましたが、オスがマダイやトビヌメリなんかをパトロールして蹴散らしたおかげで首尾よく産卵を見ることができました♪安良里は砂地が多いのでけっこう見れそうですね(^o^)丿楽しみです!


 いっつもあくせく探したり写真を撮ったりしてばかりなので、今日はジョーフィッシュの集落をのんびり観察してみました。パッと見で辺りには8個ぐらい穴がありますね。
 しばらくじ〜っと眺めていると、巣穴の中に引っ込んだジョーが、ぴょっと巣穴の外に出て、ぷっと砂を吐き出します。どうやら巣穴の拡張工事中みたいですね。そういえば真冬に比べて少し大きくなった気がします。これから産卵行動なんかも見れるんじゃないでしょうか???


 最後にはスジコウイカの求愛行動も観察できました♪
安良里は浅場の砂地でよく見かけるのですが、産卵場所の岩場のカイメンまでかなり遠いんですよね(^^ゞちょっと不思議です。どこに産卵してるんだろ〜???
 そうそう、イカつながりですが、今日も育成の早いミミイカがハッチアウトしました!(^^)!卵を見ていると、もぞもぞと薄い膜を破り飛び出したかと思うと、早速透明な色から目立たない色に体色を変化させて大海原へ旅立っていきました。無事に大きくなれよ〜!!
卵の残りはあと半分ぐらいです。いつまで見れるかな〜???


5月22日 月曜日 水温:18℃  透明度8〜13m

 消滅したとは言ってもさすがに台風でしたね(^^ゞ
昨日はなかなか立派なうねりがビーチにもときどき入ってきていました。
 一夜明けた今日は、いい天気でコンディションもばっちり!
水面付近を除いては、透明度も早速回復していたので快適なダイビングとなりました^^

 ボートでは朝イチに沖の根に潜ったチームは、なんとトビエイの20枚ほどの群れに遭遇!!う〜ん、うらやましいですね(^^ゞFUNSEAの伊奈さん情報&ビデオ画像ありがとうございます。HPはこちら。
また、西根の上でも4枚ほどがホバリングしていたようですよ〜。最近好調なトビエイですよね(^o^)丿


      
 毎回色が変わってる(?)のか違う個体なのか、いつもほぼ同じ場所で見つかるベニイザリウオ。今日は黒い個体でした(笑)


 最近オープンしたばかりの広磯では、カラフルなソフトコーラルが見所です。また、自分もエントリーした御黄金では、ハナタツやベニイザリウオ、メジナの群れや巨大なマダイ、ドト・ラケモサの卵保護(?)、マンリョウウミウシやスジコウイカ、サクラダイやスジハナダイも今日は30mで見れました^^
 トビエイ狙いのダイビングに、どのポイントを絡めるか・・・悩ましいところですよね!(^^)!


5月21日 日曜日 水温:17〜18℃  透明度5〜8m
梅雨のような雨が続きましたが、今日は晴れ!!気温も高く黄金崎公園の芝生でのんびりお弁当を楽しむには最高の一日でした。
昨夜からのうねりでかき回されたのか??透明度が落ちてしまいました。
朝のうねりが残って今日の潜水はビーチだけ。

黄金崎公園ビーチ
今年初のウミテングを見つけました。

     写真:八重樫さん

指し棒の先端よりも小さい小さい超小さいマクロなウミテング!!見つけた中野が誰よりも大喜び!!

    写真:八重樫さん
さらにこんな小さくて胸びれの青いホウボウ幼魚です。胸びれの青さが・・・
八重樫さん、写真ありがとうございます(^o^)丿

 濁りと朝のうちうねりがあった黄金崎ですが、ホンダワラ類の林の中に分け入ると、小さくてちょっと赤っぽいキレイなチャガラがたくさん群れていて幻想的です。こんな潜り方ができるのもこの時期らしいですね。
その他タツノイトコのペア、アジの群れ、キンメモドキの群れ、サツマカサゴ、ヒラメ、キビナゴ、マンリョウウミウシ、ネズミウミウシ、サラサウミウシ、クリアイロウミウシ、マドレラフェルギノーサ、



5月20日 土曜日 水温:17〜18℃  透明度6〜10m
南西の風と雨が強く降っていましたが、ボートは思ったほど波がなく何とか出ました。
トビエイは4チーム中2チームが1匹ずつ見ることができました。一応50%(^_^;)
アジの群れ、イワシの群れ、大型のマダイなど魚影が濃い!!ですね。
極小のベニイザリウオらしきイザリウオが見つかりましたが、はたして明日は??

ビーチではカワハギの産卵行動が目立ち始めました。オスとメスのペアに他のオスが絡んだりして見ていて飽きない、この時期ならではです。
相変わらずスナビクニンやベニハナダイらしきハナダイ、マトウダイが見られています。

 今日からナイトダイビング解禁です!!
夜はアントクメの葉っぱの上で活動していた(!)スナビクニンや、カスザメにシビレエイ、小さくても寝るときは着底するのねサビハゼの赤ちゃん、ミミイカやアオリイカ、大きなヒラメに砂地をぴょんぴょん跳ねるイダテンヤドカリの仲間、メバルの幼魚も着底して寝ているのでパッと見はオシャレハナダイのようです!!(笑)
いや〜〜〜、久しぶりのナイトは楽しかったです!!詳しいナイトダイビングの結果は明日の隊長のナイトログをお楽しみに(^o^)丿

明日は天気も回復して海も静かになるでしょう。
5月19日 金曜日 水温:17〜18℃  透明度10〜13m

 広磯解禁〜〜〜〜〜〜〜!!
今日は期間限定ボートポイントの広磯にブイをつけてきました(^o^)丿さすがにイセエビ漁の期間にたっぷりお休みした広磯のコーラルはキレイでしたよ〜!荒れそうな明日はともかく、明後日には入れそうですよん♪9月中旬までの限定ポイントです。お楽しみに!!

 ナイトも明日から解禁です!!
昼とは一味違う黄金崎ビーチを堪能できますよ〜!(^^)!
夜行性の生き物や夜光虫タイム、それから黄金崎で世界初観測のヒメヒイラギの集団大発光も忘れてはいけませんよね(^o^)丿毎週土曜日、19:00〜21:00はナイトダイブ!!


        
 今日はビーチにも入りました。
スナビクニンよりちょっと大きい、写真のトウシマコケギンポの幼魚3cmや、


        

 たぶんショウジンガニのメガロパ幼生なんかも観察できましたよ〜。春先に生まれた子どもたちが大きくなって目に付くようになって来ましたね。


        


 浅場にはホンダワラがにょきにょき伸びています!
この周りもチャガラやメバル、ムツの若魚などで賑やかになっています(*^_^*)下から見上げてみるとなかなか立派ですよ〜!!


               最近見られている生物


ビーチ:スナビクニン数個体、カスザメ、トビエイの子供、ハナタツ、アナハゼの子供シビレエイ、いろんなウミウシたち、タツノイトコ、でっかいヒラメ、ヒメギンポの産卵・メバルの幼魚、サビハゼの幼魚、ドロメの幼魚、イダテンカジカの幼魚、アオリイカ、スジコウイカやヒメコウイカの求愛やバトル

クロホシイシモチの群れ、キンメモドキの群れ、アラメガレイ、コノハガニ、コワタクズガニ、ホソウミヤッコ、ヨツハモドキ、ダイナンウミヘビ、スナダコ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ

ウミウシ:クリヤイロウミウシ、サクラミノウミウシ、ホシアカリミノウミウシ、ウミフクロウの幼体、コヅチミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、クモガタウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、マドレラ・フェルギノーサ、サラサウミウシ、アカエラミノウミウシハナショウジョウウミウシ、ヒラミルミドリガイ、クロヘリアメフラシ、ミドリアマモウミウシ、トヤマモウミウシ、ヒロウミウシ、アメフラシ、アマクサアメフラシ、ミドリアメフラシ、シロウミウシ、アオウミウシ、イソウミウシ、ダイダイウミウシ、キセワタガイ、ドト・ラケモサ


ボート:トビエイの群れ、ベニイザリウオ、ハナタツ、サクラダイ、スジハナダイ、アオリイカ、大型のマダイ、メジナやアジの群れ、ネンブツダイのすごい群れ、キンギョハナダイの群れ、ハナオトメウミウシ、
(マンボウ出ないかなぁ(^^ゞ)
5月18日 木曜日 水温:17〜18℃  透明度8〜10m

 今日は夜半に降り続いた小雨もやみ、穏やかな海況に恵まれました^^
ボートでは、1本目に沖の根に行ったチームは見れなかったものの、2本目行ったチームは戻ってきたときの顔がウハウハ顔(*^_^*)西根の上で10枚以上のトビエイの群れに当たったみたいです♪
 自分が1本目に行ったときには、周辺の砂地を含めて影も形も見当たらなかったんですけどね(^^ゞ


       
 自分は見てないけどきっとこんな感じ???
写真は以前撮影されたものでドリームワークス藤原さん提供です。こんな群れに出会えるといいですよね〜!

 他にも1m弱のクエや、大型のマダイやメジナの群れなど。ハナタツのペアは尻尾を絡めてアツアツ、マンリョウウミウシは自分の体ほどもある立派な卵を産卵中でした(*^_^*)アオリイカも大型個体が上がってきてますよ〜。昨日はビーチに産卵床が投入されたし、これからのシーズンの楽しみがまたひとつ増えました^^


       


 ニューポイントの御黄金も好調で、ネンブツダイやクロホシイシモチのとんでもない大きさの群れや、アジやメジナの群れなんかで大変なことになっていますよ!安良里の2枚看板の名に恥じないコンディションです。三つ根にも行きたいけどこりゃ3本行かないとダメですね(笑)

黄金崎公園ビーチ
あいかわらずスナビクニンが人気ですね(^^)シマシマやドットなど可愛いですよ。この時期特有のサカタザメやカスザメが今日も見られています。
5月17日 水曜日 水温:17〜18℃  透明度8m

 今日も穏やかな東風でした^^
小雨が時折ぱらつくお天気でしたが、なんとかゲストのお帰りまで保ってくれました(*^_^*)

 さて、今日はリクエストにより、ウミウシと例のハナダイを中心にガイドしてきました。ウミウシも一頃に比べてガタ減りしていますが、それでもドト・ラケモサやクリヤイロウミウシ、サラサウミウシやイシガキウミウシ、アカエラミノウミウシやミサキヒメミノウミウシ、セトミドリガイやネズミウミウシ、ツヅレウミウシやマドレラ・フェルギノーサ、トヤマモウミウシなどが観察できました^^ハナダイはもちろんその可愛い姿をばっちり撮影してもらってますよ〜!


        

 今日の写真はゲストの杉下さんにいただきました^^ばっちりかわいく撮れてますね〜。ありがとうございます♪ずいぶん大きくなってきたので、マクロレンズ1枚あればこんなに大きく撮れますよ(^o^)丿

 他には色とりどりのスナビクニンやヒメコウイカ、コノハガニやエダツノガニ、ニシキハゼの子供やジョーフィッシュなんかをご紹介しました。季節モノではチャガラの幼魚の群れに出会えたり、ヤマドリのオスが背びれをびらんびらんと打ち振りながら闊歩していくさまや、少し大きくなったアナハゼがクロホシイシモチを捕食しているところなんかにも出会えましたよ〜(^o^)丿

 今週末の土曜日からいよいよ今年のナイトダイビングが始まります!!
毎週土曜日開催です。序盤はヒメヒイラギという魚の発光シーンが期待できます!たくさんのご参加お待ちしておりま〜す!(^^)!


5月16日 火曜日 水温:17〜18℃  透明度8m

今日は朝からはっきりとしないお天気でした。時折小雨が降りましたがベタ凪、スナビクニンが今日も確認されました。

ホシアカリミノウミウシがいましたよ。大きいヒラメや砂地を歩行中のサラサウミウシ、ネジリンボウも1個体ですがしっかりと確認できています!!
マンリョウウミウシ、セトミノウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、ドトラケモサ、フジエラミノウミウシ、アカエラミノウミウシ、ミヤコウミウシなどなどまだまだたくさん見られています。

明日もよい凪となるでしょう!!曇り空がちょっと残念ですが昼間は雨は大丈夫そうですよ!!!

5月15日 月曜日 水温:18℃  透明度5m

 今日は朝からいい天気!(^^)!
天気がいいとなんだかうきうきしてきますね♪透明度は落ちちゃいましたが、明るい水中は気分も浮き立ちます^^

 さて、最近新しく二人のスタッフが入ってくれたのですが、この二人、なんと地元出身なんですよね(^o^)丿地元のおじさんたちの掛け合いも、ローカルな漫才みたいで楽しいですよ〜!

 今日は先日見つかったハナダイの幼魚をしっかり確認しに行ってきました!魚に詳しい瀬能さんのお話によると、ベニハナダイの幼魚かもしれないそうです。何しろ体長が3cm弱、お腹の方なんかよく見るとまだ透けてますもん(^^ゞこりゃいくらなんでもさすがにまだ何の幼魚かわからないですよね〜。成長して特徴が出てくるまで見守りたいと思います(^o^)丿


        
 ちなみにこれがベニハナダイ幼魚。大きさは4cmぐらいの個体です。さて、あの子は何ハナダイかな〜???

 今の時期オススメなのはニシキハゼの幼魚です!
日に日に大きくなっていってますが、エサの探し方や食べ方なんかを見てみると、なかなかおもしろい食べ方していますよ〜!おこぼれに預かろうと周りのホシノハゼやキュウセンなんかが隙を狙っていますが、四方を威嚇しまくってガツガツ食べていました(笑)


5月14日 日曜日 水温:18℃  透明度8〜13m
午前中南西の風が吹いており、ボートはクローズとしました。
ビーチは多少左側に波がありましたが潜るには問題ない程度でした。

 ビーチではカスザメが2個体見つかりました(^o^)丿
シビレエイやトビエイが見つかったチームもあり、イシモチ類やアジの群れなんかとのあわせ技で、ワイドもけっこうイケたようです^^透明度も少し沖の方からかなり劇的に改善してますよ〜!!

 スナビクニンは縞々・水玉・斑点の3パターンで、いろんな色の個体が確認されています^^コレクションしてみてもおもしろですよ〜(^o^)丿

 昨日アップしたハナダイも見に行ってみました!
メバルの群れに混じって、ちょこちょことさかんにエサを食べているようです^^あっという間に大きくなってくれそうですね〜。近くには外敵もいないし、ちょっと一安心。特徴が出てくるほど大きくなるまで成長を見守りたいと思います^^


        
    小さな小さなコブダイの赤ちゃん。2cmありません(*^_^*)

 新しく見つかったサンゴタツや小さな小さなコブダイの幼魚に加え、立派に育った赤と黄色のコノハガニや、砂地に隠れるモンガラドオシやハナアナゴ、水温が上がって出始めたシロギスや小アジの群れなど、どんどん海がにぎやかになってきてますよ〜(^o^)丿今日はうれしいおまけでスジコウイカとカワハギの産卵シーンも見られました♪そろそろ冬の間、押入れに締まっておいた、器材を引っ張り出してきてもいいのかも???


5月13日 土曜日 水温:18〜19℃ 透明度:8m〜12m
海は昨日に続きベタ凪です。
天気はあいにくの雨模様でしたが・・・

今日のトビエイは2勝4敗 3割3分3厘の確率でした。
そしてイナダの強大な群れに、沖の根と御黄金で遭遇されたチームが2チーム!!やはり大物の群れはいつ見ても感動しますよね!!
その他相変わらずハナタツや、ベニイザリウオ、ミアミラウミウシ、アラリウミウシは見られています。もちろんお約束のマダイの群れやメジナの群れも見られています。


 ビーチです(^o^)丿
今日はスタッフの潜水はありませんでしたが、お客様の話によると、スナビクニンやシビレエイ、ウミウシの仲間たちなどのこの時期の人気者が、一通り見れたところが多かったようです^^


      

 なんと何やら珍しいハナダイの赤ちゃんが出ているようですよ〜!!
黄金崎にアサヒハナゴイが出たのが有名ですが、今回のハナダイはいったい何なんでしょうかっ!?
 写真は自分が柏島で撮ったハナダイですが、こんな感じのハナダイの幼魚のようです。もうむちゃくちゃ気になって仕方ないですね。明日は見に行けるかな〜???(^^ゞ


               最近見られている生物


ビーチ:スナビクニン数個体、(カスザメ)、ハナタツ、アナハゼの子供シビレエイ、いろんなウミウシたち、タツノイトコ、でっかいヒラメ、ヒメギンポの産卵・メバルの幼魚、サビハゼの幼魚、ドロメの幼魚、イダテンカジカの幼魚、アオリイカ、スジコウイカやヒメコウイカの求愛やバトル

フトスジイレズミハゼのペア、
クロホシイシモチの群れ、キンメモドキの群れ、ムスメウシノシタ幼魚、メイタガレイ幼魚、ナガレメイタガレイ幼魚、コノハガニ、コワタクズガニ、ホソウミヤッコ、ヨツハモドキ、ダイナンウミヘビ、スナダコ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ

ウミウシ:クリヤイロウミウシ、アデヤカミノウミウシ、サクラミノウミウシ、ミサキヒメミノウミウシ、ホシアカリミノウミウシ、ウミフクロウの幼体、コヅチミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、クモガタウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、マドレラ・フェルギノーサ、サラサウミウシ、アカエラミノウミウシハナショウジョウウミウシ、ヒラミルミドリガイ、クロヘリアメフラシの産卵や交接や幼体、ミドリアマモウミウシ、ヒメクロモウミウシ、トヤマモウミウシ、ヒロウミウシ、アメフラシ、アマクサアメフラシ、ミドリアメフラシ、シロウミウシ、アオウミウシ、イソウミウシ、ダイダイウミウシ、キセワタガイ、ドト・ラケモサ


ボート:トビエイ、ベニイザリウオ、イロイザリウオ、ハナタツ×3、サクラダイ、スジハナダイ、アオリイカ、大型のマダイ、メジナやアジの群れ、ネンブツダイのすごい群れ、キンギョハナダイの群れ、ハナオトメウミウシ、
フリエリイボウミウシ、(マンボウ出ないかなぁ(^^ゞ)

5月12日 金曜日 水温:18〜19℃ 透明度:6〜15m
曇っていましたが海はベタナギ!!
透明度は浅いところは少し悪くなっていますが、下へ降りると13メートルから15メートルくらい見ています。

ボートは相変わらずトビエイが見られています。
本日は2組が潜り、一組は合計8枚、一組は1枚見ています。
この時期この比較的よい透明度と、トビエイとのよい遭遇率は珍しいですね。
皆さん是非このチャンスをお見逃しなく。
ベニイザリウオやハナタツ、根周りの濃〜〜い群れたちも相変わらず見られています。


 一方、ビーチです(^o^)丿
今日はビーチ番だったので、わずかなヒマを見てガーっとスナビクニンを確認して泳ぎ回るだけのダイビングでした(^^ゞ
でもそんなダイビングでも、深場のメバルの幼魚の中にトゴットメバルがいないか覗き込んだり、エキジット口でナベカを見つけてころんころんと波に揺らされながらも写真を撮ろうと試みたりしました!!(笑)
ナベカ、実はかなりキレイなんですよ〜♪


        

 写真は井田ダイビングセンターたけし!さんよりいただきました。ありがとうございます!!今一番近いケーソンに住んでる看板娘(?)です(^o^)丿水玉模様がかわいいですよ〜!

 ちょっと透明度は普通になっちゃいましたが、それでもまだまだ『普通』です(笑)水温も上がって快適ですよん♪




5月11日 木曜日 水温:18〜19℃ 透明度:6〜10m
朝から強い雨が降っていました。
朝早くは静かだったのですが昼近くに波が高くなり、ボートは午前中で中止にしました。

ボートで2組が潜られて2組ともトビエイに遭遇したようです(^^)
5月には滅多にない透明度でトビエイが見られるの今年だけかもしれません。その他沖の根だけでもハナタツ3個体やベニイザリウオ3個体が見られています。


 一方ビーチでは、南よりの南西の風だったため、まったく波がない快適なコンディションでした♪たたここのところの連日の雨で、せっかくの良好な透明度が普通に戻っちゃいました(^^ゞ
 反対にうれしいニュースは水温がアップしたことです。19℃近い水温ですから、6ハンで1時間潜っててもへっちゃら!!


       

 魚たちが騒がしいですよ〜(^o^)丿
写真はホシノハゼの婚姻色!なんでそんな隙間からはぁはぁしてるの???(笑)


       

 ウミウシも一気に初夏バージョンになってきました^^
写真はクリヤイロウミウシ。初めて見たのでパッと見は、レンゲウミウシかと思いました(^^ゞSail awayの山口さん、教えていただきありがとうございます(^o^)丿


       

 最近見つかっている大きなスナビクニンです。水玉模様でかわいいですよ〜♪ちなみにこの形態のヤツは、一説によると別種のホシビクニンとなるそうです。へ〜って感じですよね!!
 写真は井田ダイビングセンターてつ!さんからいただきました。ありがとうございま〜す(^o^)丿また自分もお邪魔しに行くのでよろしくお願いしま〜す!


             最近見られている生物


ビーチ:スナビクニン数個体、(カスザメ)、ハナタツ、アナハゼの幼魚シビレエイ、いろんなウミウシたち、タツノイトコ、でっかいヒラメ、ヒメギンポの産卵・メバルの幼魚、サビハゼの幼魚、ドロメの幼魚、イダテンカジカの幼魚、アオリイカ、スジコウイカやヒメコウイカの求愛やバトル、ホウボウの幼魚、

フトスジイレズミハゼのペア、
クロホシイシモチの群れ、キンメモドキの群れ、ムスメウシノシタ幼魚、メイタガレイ幼魚、ナガレメイタガレイ幼魚、コノハガニ、コワタクズガニ、ホソウミヤッコ、ヨツハモドキ、ダイナンウミヘビ、スナダコ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ

ウミウシ:クリヤイロウミウシ、アデヤカミノウミウシ、サクラミノウミウシ、ミサキヒメミノウミウシ、ホシアカリミノウミウシ、ウミフクロウの幼体、コヅチミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、クモガタウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、マドレラ・フェルギノーサ、サラサウミウシ、アカエラミノウミウシハナショウジョウウミウシ、ヒラミルミドリガイ、クロヘリアメフラシの産卵や交接や幼体、ミドリアマモウミウシ、ヒメクロモウミウシ、トヤマモウミウシ、ヒロウミウシ、アメフラシ、アマクサアメフラシ、ミドリアメフラシ、シロウミウシ、アオウミウシ、イソウミウシ、ダイダイウミウシ、キセワタガイ、ドト・ラケモサ


ボート:トビエイ、ベニイザリウオ、イロイザリウオ、ハナタツ×3、サクラダイ、スジハナダイ、アオリイカ、大型のマダイ、メジナやアジの群れ、ネンブツダイのすごい群れ、キンギョハナダイの群れ、ハナオトメウミウシ、
フリエリイボウミウシ、(マンボウ出ないかなぁ(^^ゞ)

5月10日 水曜日 水温:17〜18℃ 透明度:13〜15m

 なんだか降ったりやんだりな、変な天気が続いていますね(^^ゞ
とは言うものの海はベタ凪。透明度も良好なのでとっても快適なダイビングです^^

 今日は自分はビーチガイドを担当しました!
ハナタツやでっかいヒラメ、キンメモドキの群れやそろそろ着底し始めたサビハゼの子供たち、アデヤカミノウミウシやウミグモの仲間、コヅチミノウミウシやハナショウジョウウミウシ、ホウボウの幼魚などが観察できました。
 スナビクニンは今日は水玉パターンも見られました!大きさは5cmほど!!でっかいです(^o^)丿

 シーズンものも楽しいですよ〜!
今日はスジコウイカの求愛行動も見られました♪オスが腕を振り上げ、メス側の体のヒレの下に『スジ』を出して、メスの回りをくるっと回ります。何度となく繰り返していましたが、きっとこうやってメスの気持ちを昂ぶらせていくんでしょうね〜(*^_^*)今のイチオシです!!
 他にもホシノハゼやクツワハゼのケンカや縄張り争いも盛んです!メスをめぐっての熾烈なバトル。これからは砂地から目が離せませんよ〜(笑)

 ボートでは無事にトビエイの群れにも当たったそうです♪
今日は沖の根の西根でした。う〜ん、どこで出るかわからないのも醍醐味のうち・・・ですかね(^^ゞ





5月9日 火曜日 水温:17〜18℃ 透明度:15m〜25m

 ここのところの雨の影響で、少し上層が濁ってはいるものの、相変わらず透明度は良好です♪トビエイ狙いで沖合いを攻めてみたのですが、水底までどこまでも見えている感じでした(^o^)丿

 そうなるとほどよい大きさの岩なんかが、トビエイやウシエイなんかに見えちゃうんですよね(笑)そうしたことで一喜一憂できるのも透明度がいいときのお楽しみです^^・・・でも先にしっかり確認してから紹介しないと、(トビエイによく似た)岩や(ウシエイによく似た)岩なんかを紹介することになるので要注意です(^^ゞ自分も今日やっちゃいました!


     

 ボートポイントではハナタツやベニイザリウオが3個体ずつ見つかっています(^o^)丿ハナタツは今日は2匹でポーズをとってくれていました♪


     

 ウミウシも水温が上がって若干ですが衣替えのようです^^
写真はミアミラウミウシですが、ボートの20mぐらいで見つかっています。写真は『シースラッグ』の酒井さん提供です。ポーズも決めてくれてますよね!ありがとうございます(^o^)丿


     

 個人的に今のイチオシはニューポイントの御黄金です!!
根を覆いつくさんばかりのネンブツダイの群れは圧巻というより言葉を失うほど超ド級の感動です!!マダイやメジナ、アジやイサキまで絡んで大変なことになってます!!写真のようにノーマルでもいいですが、ぜひフィッシュアイレンズで撮ってみてください!!
いつの間に、そしてどこからこんなに集まってきたんだろう???

 トビエイ狙いで三つ根か、定番の沖の根か、それともNewポイントである御黄金か・・・。どこに潜るか悩ましいなんて、ホント贅沢な悩みですよね〜(*^_^*)


5月8日 日曜日  水温:17〜18  透明度25〜15メートル
祭りの後の静けさなのかな?GWが終わって何となく寂しいような静かなような・・・。
1日中雨でしたが朝のうちに残っていたウネリモおさまり、透明度が朝一番は25メートルなんとも素晴らしい状態です。こんな5月の海は記憶にないほどのベストコンディションです。
しかも沖の根と三つ根ではトビエイが100%(といっても3組ですが)目撃されています。山中もブイ修理のついでにちょっと回ったら、群れではないがそこかしこでトビエイがフラフラ〜
沖の根の周りのマダイ、メジナ、スズメダイも群れているし、ハナタツやベニイザリウオも見られ、透明度が良くてビッグな地形が見渡せて、群れ群れで、小物ゲットできるベストな状態です。
     
沖の根の綺麗なベニイザリウオ。
「ありゃ!見つかっちゃったな〜〜〜」て言っていました。


 ビーチも透明度は良好でした^^
ハナタツの岩の辺りにアジの群れがいついているようです。今日もたっぷりと大き目のアジがのんびりしていました。ビーチの管理人のおじさん達は、「アジがいるよ」と言ったら目の色が変わります(笑)釣るのはほどほどでお願いしますよ〜(^^ゞ

 他にはハナタツが2個体、サクラミノウミウシやヒブサミノウミウシ、メガネウオやスナビクニン、ヒメコウイカなんかが見れました(^o^)丿

 今のイチオシは砂地です!!
水温が上がって魚たちも騒がしくなってきています。今日はトビヌメリやイトヒキヌメリの求愛行動やケンカ、それからコウベダルマガレイの激しくオス2匹でぐるぐる回るバトルなんかが観察できました!
 砂地というのは平面なので、中層を泳ぐタイプの魚に比べて繁殖資源としてはかなり限られているわけですよね。だから繁殖期のオスたちは、その砂地を巡って熾烈な縄張り争いを繰り広げるんですよ〜(^o^)丿おもしろいのでぜひ観察してみてください♪


5月7日 日曜日 
水温:17〜18℃ 透明度:ビーチ15m〜20m

 GW9日目〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!
お越しいただいた皆さんありがとうございました!今日でGWも最終日。今日はさすがにみなさん長丁場のGWで遊び疲れたのか、お客様はほとんどいませんでした!(^^ゞしとしと雨が降り止まない黄金崎ビーチで、のんびりダイビングとなりました。

 実は自分、久しぶりにビーチに入ったのですが、環境が大きく変わっていて驚きました(^^ゞGWの前と後を境に、魚たちがとっても増えているんですね。大きくなってきたアナハゼの幼魚やメバルの幼魚などに対して、ムツの幼魚はいつの間にかその姿を消していますね。外洋へ旅立っていったのでしょう。
スジコウイカが目立っていた砂地は、近縁種のヒメコウイカが取って代わっています^^;スナビクニンもすっかり大きくなっていますね!今週末いろんなお客様に報告できるのが楽しみです♪


       

 砂地に妖しく咲く花、ハナガサクラゲです。夜には中層を漂う姿が観察されるのだとか・・・。自分も初めて見ましたが、写真映えする色合いです(^o^)丿


       

 浅場の小アジだけじゃなく、沖合いにはアジの群れが入ってきています!透明度もいいのでワイド写真にばっちり!


       

 しかもおまけでなんとビーチでトビエイ出現です!
今日戻る法政の学生バイトのために、わざわざ三つ根から出張サービスしてくれました(笑)ボートで潜って見てみたいっつってたもんね。よかったなぁ〜(^o^)丿

 他にはハナタツやヒメギンポの産卵、ヒラメやカワハギの産卵直前(タイムアップで見れず(^^ゞ)、クロホシイシモチの産卵前行動やヒメコウイカの求愛、トビヌメリの産卵直前(これまたタイムアップで産卵見れず・・・(^^ゞ)ハナショウジョウウミウシ、マドレラ・フェルギノーサ、フトスジイレズミハゼのペアやホシノハゼのケンカ、スナビクニンやキンメモドキの群れ、ウミエラカニダマシやシビレエイなどに出会えました〜〜〜!(^^)!安良里の海のみんなもGWお疲れさん!


5月6日 土曜日 
水温:17〜18℃ 透明度:ビーチ13m〜15m・ボート13〜25m

 GW8日目〜〜〜〜〜!!

 いよいよGWも明日までですね!(^^)!
みなさん今年のGWはいかがでしたか?この土日は疲れを抜く方向に使うかたが多いのではないでしょうか???いろんなツアーや海の話をお待ちしております^^


 さて、今日もボートでは三つ根でトビエイが出ています(^o^)丿
今日は着底個体が2個体と浮遊個体が3〜5個体見ることができました^^のんびりゆったり、優雅にはばたいているので、じ〜っくり観察することができますよん。

 さて、そのトビエイウォッチングですが、マンタウォッチングの要領で、あちらから近寄ってくる個体には自分は動かずその場で待ち、こちらからは追いかけたりアプローチはしないのがトビエイと接する上でのマナーです。そうすればダイバーの目前だというのに、普段と変わらない彼らの日常を垣間見せてくれることでしょう。お楽しみに!(^^)!


         


 今日は他にはハナオトメウミウシやマンリョウウミウシ、ハナタツのペアやオトメウミウシ、トラフケボリダカラガイやシロウサギウミウシ、高い透明度で見てるだけで気持ちいいネンブツダイやスズメダイ、メジナの群れなどを楽しめました(^o^)丿ネンブツダイは西根の上を覆いつくすかのようです!圧巻!!


      


 黄色のベニイザリもいました!(^^)!
これでまた三つ根に行く理由が増えてしまいました(笑)

ビーチは相変わらずスナビクニンが見れています。
今日はひさしぶりにハナガサクラゲが登場です。綺麗ですよね、このクラゲ。
2個体ほど確認できました。
ゴロタ境のクロホシイシモチやネンブツダイ、キンメモドキの群れは圧巻でしたよ。


             最近見られている生物


ビーチ:スナビクニン数個体、(カスザメ)、サカタザメ、ハナタツ、アナハゼの幼魚シビレエイ、いろんなウミウシたち、タツノイトコ、でっかいヒラメ、ヒメギンポの産卵・メバルの幼魚、サビハゼの幼魚、ドロメの幼魚、ムツの幼魚、イダテンカジカの幼魚、アオリイカ、

フトスジイレズミハゼのペア、スジコウイカ・
クロホシイシモチの群れ、キンメモドキの群れ、ムスメウシノシタ幼魚、メイタガレイ幼魚、ナガレメイタガレイ幼魚、コノハガニ、コワタクズガニ、ホソウミヤッコ、ヨツハモドキ、ダイナンウミヘビ、スナダコ

ウミウシ:サクラミノウミウシ、スミゾメキヌハダウミウシ、ホシアカリミノウミウシ、ウミフクロウの幼体、ヤマンバミノウミウシ、コヅチミノウミウシ、ミチヨミノウミウシ、ユビワミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、カラスキセワタ、エダウミウシ、ツヅレウミウシ、ベッコウヒカリウミウシ、クモガタウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、マドレラ・フェルギノーサ、サラサウミウシ、アズキウミウシ、アカエラミノウミウシハナショウジョウウミウシ、ヒラミルミドリガイ、クロヘリアメフラシの産卵や交接や幼体、ミドリアマモウミウシ、ヒメクロモウミウシ、アリモウミウシ、トヤマモウミウシ、ヒロウミウシ、アメフラシ、アマクサアメフラシ、ミドリアメフラシ、シロウミウシ、アオウミウシ、イソウミウシ、ダイダイウミウシ、キセワタガイ、フジエラミノウミウシ、シロハナガサウミウシ、マンリョウウミウシ、ドト・ラケモサ


ボート:トビエイ、ベニイザリウオ、イロイザリウオ、ハナタツ×3、サクラダイ、スジハナダイ、アオリイカ、大型のマダイ、メジナやアジの群れ、ネンブツダイのすごい群れ、キンギョハナダイの群れ、ハナオトメウミウシ、
ゴマフビードロウミウシ、フリエリイボウミウシ、(マンボウ)
5月5日 金曜日 
水温:17〜19℃ 透明度:ビーチ15m〜20m・ボート15〜20m

 GW7日目〜〜〜!!
昨日は堂ヶ島が大渋滞だったようです。
みんな理由がわからずに、なぜだろう???と頭をひねっていたのですが、今朝その疑問も解消されました(^^ゞ加山雄三ミュージアムにご本人がお越しだったようです。朝イチで光進丸が出航していきました。

       


 今日もいい天候・いい透明度のボートでは、やっぱりトビエイが1番人気!
自分もボートガイドで1本狙って『三つ根』に入ったのですが、その優雅にゆったりと飛んでる姿を見ることができました♪5枚が根の上を、1枚が中層を泳いでいました^^2本目の沖の根ではお腹パンパンのハナタツや見たことないウミウシ、それから沖の根特有の濃ゆ〜〜〜い魚影を楽しませてもらいました。
あいにく午後から波が高くなったので、ボートは午前中いっぱいでクローズです。


      
      トビエイ、このGWはよく飛んでますね(^o^)丿


 一方、今日のビーチもコンディションはよかったようです(^o^)丿
スナビクニンやハナタツ、マトウダイやアオリイカの群れなどがよかったようですが、あるダイバーによると、クロホシイシモチの群れにマダイがアタックを繰り返していたそうです!(^^)!


             
最近見られている生物


ビーチ:スナビクニン数個体、(カスザメ)、サカタザメ、ハナタツ、アナハゼの幼魚シビレエイ、いろんなウミウシたち、タツノイトコ、でっかいヒラメ、ヒメギンポの産卵・メバルの幼魚、サビハゼの幼魚、ドロメの幼魚、ムツの幼魚、イダテンカジカの幼魚、アオリイカ、

フトスジイレズミハゼのペア、スジコウイカ・
クロホシイシモチの群れ、キンメモドキの群れ、ムスメウシノシタ幼魚、メイタガレイ幼魚、ナガレメイタガレイ幼魚、コノハガニ、コワタクズガニ、ホソウミヤッコ、ヨツハモドキ、ダイナンウミヘビ、スナダコ

ウミウシ:サクラミノウミウシ、スミゾメキヌハダウミウシ、ホシアカリミノウミウシ、ウミフクロウの幼体、ヤマンバミノウミウシ、コヅチミノウミウシ、ミチヨミノウミウシ、ユビワミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、カラスキセワタ、エダウミウシ、ツヅレウミウシ、ベッコウヒカリウミウシ、クモガタウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、マドレラ・フェルギノーサ、サラサウミウシ、アズキウミウシ、アカエラミノウミウシハナショウジョウウミウシ、ヒラミルミドリガイ、クロヘリアメフラシの産卵や交接や幼体、ミドリアマモウミウシ、ヒメクロモウミウシ、アリモウミウシ、トヤマモウミウシ、ヒロウミウシ、アメフラシ、アマクサアメフラシ、ミドリアメフラシ、シロウミウシ、アオウミウシ、イソウミウシ、ダイダイウミウシ、キセワタガイ、フジエラミノウミウシ、シロハナガサウミウシ、マンリョウウミウシ、ドト・ラケモサ


ボート:トビエイ、ベニイザリウオ、ハナタツ×3、サクラダイ、スジハナダイ、アオリイカ、大型のマダイ、メジナやアジの群れ、ネンブツダイのすごい群れ、キンギョハナダイの群れ、ハナオトメウミウシ、
ゴマフビードロウミウシ、フリエリイボウミウシ、たくさん。

5月4日 木曜日 
水温:17〜19℃ 透明度:ビーチ15m〜20m・ボート15〜20m

 GW6日目!

 今日もボートはトビエイが好調でした!(^^)!
けっこういい確率でみなさん見ているようですよ〜!


       

 あまりにもトビエイが接近しすぎてお客さんがよけてます(笑)
こんなに寄れてもいいの???

       


 これだけトビエイが当たっているGWも珍しい???
透明度もいいし水温も高い!海も陸もコンディションは抜群です!!


 一方黄金崎ビーチですが、天気もいいし芝生が気持ちいいですね(*^_^*)
家族連れや観光客がくつろいでいる姿もちらほら・・・。こんないい天気のときは、ちょっと建物からは遠くなるけど、芝生近くにブルーシートを広げてみるといいですよ^^



             
最近見られている生物


ビーチ:スナビクニン数個体、カスザメ、サカタザメ、ハナタツ、アナハゼの幼魚シビレエイ、いろんなウミウシたち、タツノイトコ、でっかいヒラメ、ヒメギンポの産卵・メバルの幼魚、サビハゼの幼魚、ドロメの幼魚、ムツの幼魚、イダテンカジカの幼魚、

フトスジイレズミハゼのペア、スジコウイカ・
クロホシイシモチの群れ、キンメモドキの群れ、ムスメウシノシタ幼魚、メイタガレイ幼魚、ナガレメイタガレイ幼魚、コノハガニ、コワタクズガニ、ホソウミヤッコ、ヨツハモドキ、ダイナンウミヘビ、スナダコ

ウミウシ:サクラミノウミウシ、スミゾメキヌハダウミウシ、ホシアカリミノウミウシ、ウミフクロウの幼体、ヤマンバミノウミウシ、コヅチミノウミウシ、ミチヨミノウミウシ、ユビワミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、カラスキセワタ、エダウミウシ、ツヅレウミウシ、ベッコウヒカリウミウシ、クモガタウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、マドレラ・フェルギノーサ、サラサウミウシ、アズキウミウシ、アカエラミノウミウシハナショウジョウウミウシ、ヒラミルミドリガイ、クロヘリアメフラシの産卵や交接や幼体、ミドリアマモウミウシ、ヒメクロモウミウシ、アリモウミウシ、トヤマモウミウシ、ヒロウミウシ、アメフラシ、アマクサアメフラシ、ミドリアメフラシ、シロウミウシ、アオウミウシ、イソウミウシ、ダイダイウミウシ、キセワタガイ、フジエラミノウミウシ、シロハナガサウミウシ、マンリョウウミウシ、ドト・ラケモサ


ボート:マンボウ、トビエイ、ベニイザリウオ、ハナタツ×3、サクラダイ、スジハナダイ、大型のマダイ、メジナやイサキの群れ、ネンブツダイとクロホシイシモチのすごい群れ、キンギョハナダイの群れ、ハナオトメウミウシ、
ゴマフビードロウミウシ、フリエリイボウミウシ、アオウミウシたくさん。


5月3日 水曜日 
水温:18〜19℃ 透明度:ビーチ15m〜20m・ボート15〜20m
GW5日目!

今日はベタナギで快晴でとってもいい気持ち
昨日のボートトビエイ出現の噂が広まったのか(^_^;)
たくさんの方にボートへお越しいただきました。
ニューポイント御黄金のダイナミックな地形とマダイの群れを中心に魚影の濃い沖の根のセットでボートを楽しんでいたようです。
で〜〜
肝心のトビエイは!!
一組のお客様が着底していたトビエイを4匹じっくり見ることができたようです。
トビエイが着底しているということは、シーズンはまだまだ続くということなのか!!これからが楽しみです
その他小物の人気者ではハナタツや真っ白ベニイザリウオなどなど。


 一方ビーチでは、スナビクニン人気はとどまることを知らず、今日も大人気でした(^o^)丿中にはシビレエイやサカタザメなども見ることができたチームもあったようです。透明度がとってもいいので、クロホシイシモチやキンメモドキの群れが気持ちよく漂っているように見えます^^ダイビングの後半にぜひ寄り道していただきたいですね〜♪


      

 サクラミノウミウシが増えています(^o^)丿
陸の桜はまた来年ですけど、海の桜は今が旬ですよ^^

              最近見られている生物


ビーチ:スナビクニン数個体、カスザメ、サカタザメ、ハナタツ、アナハゼの幼魚シビレエイ、いろんなウミウシたち、タツノイトコ、でっかいヒラメ、ヒメギンポの産卵・メバルの幼魚、サビハゼの幼魚、ドロメの幼魚、ムツの幼魚、イダテンカジカの幼魚、

フトスジイレズミハゼのペア、スジコウイカ・
クロホシイシモチの群れ、キンメモドキの群れ、ムスメウシノシタ幼魚、メイタガレイ幼魚、ナガレメイタガレイ幼魚、コノハガニ、コワタクズガニ、ホソウミヤッコ、ヨツハモドキ、ダイナンウミヘビ、スナダコ

ウミウシ:サクラミノウミウシ、スミゾメキヌハダウミウシ、ホシアカリミノウミウシ、ウミフクロウの幼体、ヤマンバミノウミウシ、コヅチミノウミウシ、ミチヨミノウミウシ、ユビワミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、カラスキセワタ、エダウミウシ、ツヅレウミウシ、ベッコウヒカリウミウシ、クモガタウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、マドレラ・フェルギノーサ、サラサウミウシ、アズキウミウシ、アカエラミノウミウシハナショウジョウウミウシ、ヒラミルミドリガイ、クロヘリアメフラシの産卵や交接や幼体、ミドリアマモウミウシ、ヒメクロモウミウシ、アリモウミウシ、トヤマモウミウシ、ヒロウミウシ、アメフラシ、アマクサアメフラシ、ミドリアメフラシ、シロウミウシ、アオウミウシ、イソウミウシ、ダイダイウミウシ、キセワタガイ、フジエラミノウミウシ、シロハナガサウミウシ、マンリョウウミウシ、ドト・ラケモサ


ボート:マンボウ、トビエイ出まくり、ベニイザリウオ、ハナタツ×3、サクラダイ、スジハナダイ、大型のマダイ、メジナやイサキの群れ、ネンブツダイとクロホシイシモチのすごい群れ、キンギョハナダイの群れ、ハナオトメウミウシ、
ゴマフビードロウミウシ、フリエリイボウミウシ、アオウミウシたくさん。
5月2日 火曜日 
水温:18〜19℃ 透明度:ビーチ15m〜20m・ボート15m〜25m

 GW4日目!

 今日は昨日のうねりが少し残っていましたが、透明度もサイコー!水温も19℃近いこの時期にしてはかなりの高水温を記録しとっても快適な気持ちのいいダイビングとなりました^^


      
        沖の根ではトビエイ飛びまくりです!!

      
     四方八方から飛びまくり!!大フィーバーです!

 他にもベニイザリウオやハナタツ、マンリョウウミウシやドト・ラケモサなど。群れものでは天をつくほどのネンブツダイの群れが圧巻です!アジの群れやメジナの群れ、巨大なマダイなんかも見れ、透明度も考えると今がチャンスですよ〜〜〜(^o^)丿ぜひ運がいい人をつかまえて一緒にお越しください(笑)


      

 ビーチでは滅多に見れないセトミノカサゴが現れました!
さすがGW、いろんな珍客や上客がどんどん集まってきますね!(^^)!序盤戦でこれなのですから、明日からの中盤戦・後半戦が楽しみですね〜(^o^)丿


              最近見られている生物

ビーチ:スナビクニン数個体、カスザメ、ハナタツ、アナハゼの幼魚シビレエイ、いろんなウミウシたち、タツノイトコ、でっかいヒラメ、ヒメギンポの産卵・メバルの幼魚、サビハゼの幼魚、ドロメの幼魚、ムツの幼魚、イダテンカジカの幼魚、

フトスジイレズミハゼのペア、スジコウイカ・
クロホシイシモチの群れ、キンメモドキの群れ、ムスメウシノシタ幼魚、メイタガレイ幼魚、ナガレメイタガレイ幼魚、コノハガニ、コワタクズガニ、ホソウミヤッコ、ヨツハモドキ、ダイナンウミヘビ、スナダコ

ウミウシ:サクラミノウミウシ、スミゾメキヌハダウミウシ、ホシアカリミノウミウシ、ウミフクロウの幼体、ヤマンバミノウミウシ、コヅチミノウミウシ、ミチヨミノウミウシ、ユビワミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、カラスキセワタ、エダウミウシ、ツヅレウミウシ、ベッコウヒカリウミウシ、クモガタウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、マドレラ・フェルギノーサ、サラサウミウシ、アズキウミウシ、アカエラミノウミウシハナショウジョウウミウシ、ヒラミルミドリガイ、クロヘリアメフラシの産卵や交接や幼体、ミドリアマモウミウシ、ヒメクロモウミウシ、アリモウミウシ、トヤマモウミウシ、ヒロウミウシ、アメフラシ、アマクサアメフラシ、ミドリアメフラシ、シロウミウシ、アオウミウシ、イソウミウシ、ダイダイウミウシ、キセワタガイ、フジエラミノウミウシ、シロハナガサウミウシ、マンリョウウミウシ、ドト・ラケモサ


ボート:マンボウ、トビエイ出まくり、ベニイザリウオ、ハナタツ×3、サクラダイ、スジハナダイ、大型のマダイ、メジナやイサキの群れ、ネンブツダイとクロホシイシモチのすごい群れ、キンギョハナダイの群れ、ハナオトメウミウシ、
ゴマフビードロウミウシ、フリエリイボウミウシ、アオウミウシたくさん。
5月1日 月曜日 
水温:18〜19℃ 透明度:ビーチ15m・ボート15m〜20m


 GW3日目!

 渋滞もなく、順調な伊豆へのお越しのようです。
ビーチは終日穏やかだったようで、スナビクニンやなぜかたくさんのマトウダイなどが観察されています。ボートは予想より波が高くなり、遅出のお客様の中には急遽1ボート1ビーチに切り替えていただいたかたも出ちゃいました。

 自分は今日は地形派・大型魚好きの方をガイド担当しました。
この透明度だと最高のロケーションの御黄金と、トンネルもある沖の根で2ボートしてきました。昨日のマンボウが今日も出ないかと、移動中は頭上を気にしながらのダイビングとなりました。
あいにく・・・、と言いますか、まぁそんなにしょっちゅう都合よくは出ないんですけどね(^^ゞビニール袋やちぎれた海藻、大きなマダイなどが漂っていると、

         「・・・・・・はっ、あれはッ!?(゜o゜)」

っとなるから気が抜けずにおもしろいですよ〜(笑)この時期のボートダイブはトビエイ狙いとマンボウ狙いで、きょろきょろしながらのダイビングがオススメです♪メジナの群れやサメ並みに大きなマダイの群れ、ネンブツダイの群れやアジの群れ、クロホシイシモチの群れやドト・ラケモサの産卵などを紹介しました^^

 ドト・ラケモサはもしや卵保護してませんかね???
2個体とも2週間もの間、寸分たがわぬ卵の上でじ〜っとしているようなのですが・・・。


              最近見られている生物

ビーチ:スナビクニン数個体、カスザメ、ハナタツ、アナハゼの幼魚シビレエイ、いろんなウミウシたち、タツノイトコ、でっかいヒラメ、ヒメギンポの産卵・メバルの幼魚、サビハゼの幼魚、ドロメの幼魚、ムツの幼魚、イダテンカジカの幼魚、

フトスジイレズミハゼのペア、スジコウイカ・
クロホシイシモチの群れ、キンメモドキの群れ、ムスメウシノシタ幼魚、メイタガレイ幼魚、ナガレメイタガレイ幼魚、コノハガニ、コワタクズガニ、ホソウミヤッコ、ヨツハモドキ、ダイナンウミヘビ、スナダコ

ウミウシ:サクラミノウミウシ、スミゾメキヌハダウミウシ、ホシアカリミノウミウシ、ウミフクロウの幼体、ヤマンバミノウミウシ、コヅチミノウミウシ、ミチヨミノウミウシ、ユビワミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、カラスキセワタ、エダウミウシ、ツヅレウミウシ、ベッコウヒカリウミウシ、クモガタウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、マドレラ・フェルギノーサ、サラサウミウシ、アズキウミウシ、アカエラミノウミウシハナショウジョウウミウシ、ヒラミルミドリガイ、クロヘリアメフラシの産卵や交接や幼体、ミドリアマモウミウシ、ヒメクロモウミウシ、アリモウミウシ、トヤマモウミウシ、ヒロウミウシ、アメフラシ、アマクサアメフラシ、ミドリアメフラシ、シロウミウシ、アオウミウシ、イソウミウシ、ダイダイウミウシ、キセワタガイ、フジエラミノウミウシ、シロハナガサウミウシ、マンリョウウミウシ、ドト・ラケモサ


ボート:マンボウ、ハナタツ×3、サクラダイ、スジハナダイ、大型のマダイ、メジナやイサキの群れ、ネンブツダイとクロホシイシモチのすごい群れ、キンギョハナダイの群れ、ハナオトメウミウシ、
ゴマフビードロウミウシ、フリエリイボウミウシ、アオウミウシたくさん。