2006年8月

8月31日 木曜日  水温:21〜26℃ 透明度6〜12m

 いよいよ8月も今日でおしまい。
なんだか子供たちだけでなく、大人の夏休みも終わってしまった感じがしちゃいますね(^^ゞちょっと寂しい気もしますが、黄金崎ビーチもすっかり涼しく、過ごしやすい気温になってきましたよ〜。

 さて、今日はビーチでマンツーマンガイドです(^o^)丿
ハナタツやベニイザリウオの大人と赤ちゃん、まだ見れている子ムツの群れ、最近増えてきた南方系の子供ダツや体がまだ透明なカマスの赤ちゃん、イザリウオやミジンベニハゼ、ミヤコキセンスズメダイの幼魚やミナミハコフグの幼魚、タナバタウオの美しい求愛ディスプレイ、ウミフクロウやクロコソデウミウシ、シロハナガサウミウシの生態と幼体と卵、リュウモンイロウミウシやウスイロウミウシ、広げた手のひらよりも大きい超弩級のクモガタウミウシ、クロシタナシウミウシやサラサウミウシの産卵などに出会えました^^


         
     ミヤコキセンスズメダイyg。はっとするほど目を引きますよ^^


 びっくりしたのは水深1mでのトビエイとの遭遇!
こちらが着底していたので向こうも気づかなかったのか、ホントに目と鼻の先まで来て身を翻していきました♪場所はなんと左側エントリ口です。

 南方系ではオグロクロユリハゼの登場です!
日に日にいろんな生き物が現れていますよ〜。まさにベストシーズン到来ですよね^^砂地で目を凝らせばネジリンボウたちの幼魚も来ているんじゃないかと思うのですが♪いとおしい命の賛歌ですよね。


 今日は困ったこともありました。
明らかにネジリンボウがいる巣穴の場所に、隕石が落下したかのような大きなクレーターができています(>_<)いったいどんなエイがやったのかわかりませんが、広大な砂地の中で、よりによってネジリンボウの巣穴でお食事タイムとなったようで・・・。非常に安否が気遣われるところです(^^ゞ
 大きなクレーターの前にしゃがみこんだまま、先日のミジンベニハゼの10cm脇を、トビエイがばふばふやりながら通っていったのをふと思い出しました。彼ら動けないものにとっては、降って涌いた天災みたいなものですよね^^;



8月30日 水曜日  水温:23〜26℃ 透明度6〜12m
今日もいい凪の海でした。
天気もうすぐ森でしたがまだまだ暑いですね

今日は大物が見たいというお客様のリクエストでトビエイ狙いで西の根へ。
透明度が少し悪くなっていましたが、いましたよ、4匹が根の周りをぐるぐる回り続けています。根に張り付いてトビエいを刺激しないように観察し、近くにトビエいが来るとみんなで息を止めて気配を消していると、50センチ横を我々のことなど眼中にないように悠然と泳いでいきました。
いつ見てもホバーリングしているトビエいは良いものです。
もちろんトビエイだけではなく巨大なマダイやイシダイも悠然と根の周りを泳いでいました。ヒコマロ風に「トビエイとマダイのITバブルや!!」なんてね
小物ではハナタツやベニイザリウオも見られています。

黄金崎公園ビーチ
ダイバー人気のミナミハコフグの幼魚が見つかりました。可愛いですよ!
トビエイも浅いところで見えていますし、サカタザメも見られていますね。小物天国の黄金崎公園で大型の魚も楽しめています。
そのたネジリンボウ、ミジンベニハゼ、ハナタツ、タツノイトコ、イザリウオ、ベニイザリウオなどなどビーチも暑いですね!(^^)!
8月29日 火曜日  水温:23〜26℃ 透明度6〜12m
今日もいい凪でした。天気も良くまだまだ暑いですね(^^)
少し透明度が落ちたようですが、気にするほどではないですね。それよりも沖の根の群れたちが益々盛んに動いているように感じます。

沖の根
相変わらずトビエイは順調に沖の根の回りを飛び回っています。
マダイをはじめ群れたちは、少し濁っていたせいか益々元気でした。
雲のようなスズメダイの群れその周りを、メジナ・マダイが群れを成して取り囲み、その群れをつききるようにタカベの群れが混じって、タカベの背中の黄色が一段と目立っていました。
ちょっと変わったところでは「コショウダ」を見ました。○○コショウダイとつく魚は見ることがありますが、THEコショウダイはあまり見ることがありません。思わずおお!!と声が出ました。
その他ベニイザリウオやハナタツイセエビなど人気者も見られました。


         
       今日の写真は学生バイトの金子君提供です。
      滅多に登場しない元祖!タツノオトシゴですよ^^


 ビーチでは、カタクチイワシの群れやイサキの稚魚の群れが見物です^^
今日はちょっと遠出をしてゴロタの沖まで遠征してみました。ハナタツのペアやベニイザリウオの赤ちゃん、それから以前ペアリングしていて、ここしばらく行方不明だった2匹が、体色をクリーム色に変化させて再登場です(^o^)丿産卵するまでしばらく観察できると思いますよ〜♪他にもその近くにはシロハナガサウミウシの産卵や交接、リュウモンイロウミウシの3P交接、ベニキヌヅツミガイの産卵などに出会うことができます^^ちょっと遠いですが、たまには足を運んでいただきたい場所ですよん。

 他にはミジンベニハゼ、イザリウオやネジリンボウ、ミツボシクロスズメダイや100人前のタコ焼きができそうな大ダコ、ジョーフィッシュやセスジミノウミウシ、アライソコケギンポの婚姻色やかわいらしいミヤコキセンスズメダイ、ホシギンポの卵保護やアミメハギのオスによる卵保護、新しく登場のチョウチョウウオの幼魚にも出会えました(^o^)丿なにせ海の中がとってもいい状態なので、正直上がってきたくなくなっちゃいますよ〜〜〜!!





8月28日 月曜日  水温:21〜25℃ 透明度8〜15m

 いい凪が続いていますよ〜!
透明度も悪くなく、安定したコンディションです。
海の中は、日に日にいろんな幼魚が増えていっていますよ^^毎日潜っていても新しい出会いが次々にあります♪ベストシーズン到来ですよん(^o^)丿


 今日はビーチガイドでした。
3本潜りましたが、独り者のミジンベニハゼやペアリング済みのミジンベニハゼ、イザリウオやサンゴタツ、タツノイトコにヒフキヨウジ、ヤマドリにたくさんのソラスズメダイの幼魚、しましまイサキの赤ちゃんたちや、セスジミノウミウシやヒメメリベ、ドト・ラケモサの幼体と成体などに出会えました^^

 新しい出会いでは、エントリ口に2本目に忽然と出現したミヤコキセンスズメダイ幼魚、それからエントリロープ沿いに現れたアケボノチョウチョウウオの幼魚、それから昨日までは1匹だったムレハタタテダイ幼魚2匹などに出会うことができましたよん(^o^)丿
明日もどんな出会いがあるか楽しみですね^^




8月27日 日曜日  水温:21〜27℃ 透明度8〜15m

 今日も穏やかないい凪でした^^
ボートでは上層に真っ青な27℃の潮が入ってきていますよ。底層は水温こそ低いですが、透明度は同様にかなりよく、20mぐらい見えていますよ〜♪

 今日もボートはトビエイ乱舞!!
西根だけではなく、沖の根本体や移動中にも見られたりするので、気を抜かないできょろきょろして下さいね(^o^)丿


 ビーチも浅場はキレイです^^
数を増してきたオヤビッチャやアミメハギ、イシダイの子供やサファイアを散りばめたかのようなソラスズメダイの幼魚たちなど、潜降ブイまでの水面移動も楽しいですよ〜。

 土日でたくさんのゲストがお越しだったので、見る目が一気に増えました^^
おかげで新しい出物も見つかり、とっても楽しい週末になりましたよ♪
ミジンベニハゼのペアや、近場に出たサンゴタツ、それからウミテングなんかも見つかっています。今日はビーチの沖の岩場でも、飛んでるトビエイに遭遇したチームがいましたよ〜。


                最近見られている生物

ボート: トビエイ
、ベニイザリウオ、ハナタツ、イワシの群れ、イサキの群れ、タカベの群れ、サクラダイ、スジハナダイ、 大型のマダイの壮観な群れ!メジナのすごい群れ!アジの群れ、ネンブツダイの群れ、キンギョハナダイの群れ、スズメダイの大河!!など


ビーチ:
サカタザメ、ミジンベニハゼの赤ちゃん、ベニイザリウオ、トビエイ、ハナタツ、 シビレエイ、 タツノイトコ、シラスの群れ、カンパチの群れ、シマアジの群れ、サンゴタツ、ウミテングの幼魚

ネンブツダイの群れ、コノハガニ、コワタクズガニ、ヒラツノガニ、アケウス、ホソウミヤッコ、マダコ、スナダコ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、ケンサキイカ、

産卵生態:オハグロベラの産卵、ニシキベラの産卵、カミナリベラの産卵、カエルウオの産卵、ホシギンポの産卵、ニジギンポの産卵、ヘビギンポの産卵、 カワハギの産卵、 ホシノハゼのケンカや産卵、 クツワハゼの産卵やケンカ、 ダテハゼのケンカ 、イシモチの口内保育、ヤマドリの求愛、タナバタウオの産卵、ホシハゼの求愛、

ウミウシ:センヒメウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、ネズミウミウシ、ウスイロウミウシ、ウミフクロウ、 サラサウミウシ、 ヒロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、ドト・ラケモサ、リュウモンイロウミウシ、エダウミウシ、

ナイト:ナイトダイビングも残り2週です!
ミミイカ、シビレエイ、サカタザメ、カスザメ、ヒラメ、ツノナガコブシガニ、トビエイの子供、ヒラタエイ、ヒメヤカタガイなど


8月26日 土曜日  水温:22〜25℃ 透明度8〜15m

 今日もいい凪でした^^
午後から少し透明度が落ちましたが、相変わらずいい状態の毎日です。


 ビーチではサンゴタツやベニイザリウオ、イザリウオやハナタツのペア、どこまでも寄れるネジリンボウやミジンベニハゼが人気でした(^o^)丿

 未確認情報ですが、ヒレナガネジリンボウが今シーズン初出現したとか・・・!?これから徐々に、イロイザリウオやニシキフウライウオなどの人気者にも会えちゃいそうですね^^


 ボートでは今日もトビエイが出ています!(^^)!
マンタウォッチングの要領で、遠巻きにそ〜っと観察すれば、逃げることなくのんびり観察できちゃいますよ^^たまには興味を持って近づいてきてくれることもあります。大きな動きをせずに、そ〜っとトビエイウォッチングしましょう♪



8月25日 金曜日  水温:21〜25℃ 透明度8〜15m

 今日も海況はいい状態が続いています^^
海は穏やか、水中はキレイ♪しかも今日は午前中は水温が23℃〜25℃でした!浅場に戻ってくると「もわっ」っとしてしまうぐらいです(^^ゞ


 ビーチではエントリーしてすぐソラスズメダイたちが出迎えてくれます(^o^)丿
日に日に数を増し、大きくなっていく彼らを見ていると、なんだか気持ちが和みますね^^そろそろ他のスズメダイが流れてきてもいい頃ですが・・・、土日で見つかるかな???


        


 ボートでは今日もトビエイの群れが!!
今年はほんとにトビエイ王国安良里の本領発揮というところですね。
明日からの週末も期待できそうですよん^^



8月24日 木曜日  水温:19〜24度 透明度10〜15m
透明度はいい感じですね。天気も良く、海は凪です。!(^^)!
沖の根では今日もトビエイの乱舞が見られました。一度に7枚が乱舞している姿を長時間見せてくれました。また根回りには相変わらず大型のマダイ、メジナ、雲のようなスズメダイが群れています。
もちろんベニイザリウオやハナタツも定位置で見られています。

今日はビーチでガイドチームが、イザリウオの捕食とクロホシイシモチの産卵シーンを目撃しました。クロホシイシモチは今が産卵のピークのようです。産卵の釣行を察知してじっくり観察すると、ステキなチャンスにめぐり合えるはずです。!(^^)!
その他トビエイ、サカタザメ、ベニイザリウオ、ハナタツ、タツノイトコ、キビレミシマ、ネジリンボウ、シロハンガサウミウシなど見られていますよ

8月23日 水曜日  水温:20〜24度 透明度10〜15m

 また一段と水がよくなりました(^o^)丿
青く抜けた水に、シラスやイサキの稚魚が群れている様は、なかなかいい感じです^^南の海だったら、きっとスカシテンジクダイやキンメモドキなんかなんでしょうけどね(笑)でもそれに負けないぐらいいい海が広がっていますよん♪


 ビーチでは今、コレクションガーデンにクレオメという花が満開です!(^^)!
スパイダーフラワーとも呼ばれるこの花の由来は、種がちょっと変わった形につくからなんでしょうね。ぜひお昼休みには足を伸ばしてみてください^^


        


 ボートでは、今日もトビエイが出ています!
西根で数枚がず〜っと観察できたそうです^^今の沖の根はホント最高のコンディションですよ〜!


        
     今日のミジンベニハゼ(写真提供学生スタッフ溜貝君)


 今の環境が気に入ってるのか、貝殻の上にもずいぶん出てくれるようになっています^^かなり近づいても気にしない、おっとりした個体ですよん♪



8月22日 火曜日  水温:18〜24度 透明度8〜15m
今日は時折にわか雨があり、その瞬間だけでも暑さが和む感じでした。
昨日はナイトサファリがありイワシやダツやトビウオなどをすくっていたら、突然2メートル近くあるカジキが現れました!!!!光に集まったトビウオを食べようとして船の周りをゆっくり旋回れくれたのでみんなでじっくり観察できました。
カジキが出たのはナイトサファリ史上2度目です。(詳細はブログでも)

 今日もボートポイントは絶好調です。港に戻ってこられるお客様ほとんどが、「トビエイたくさん見た!ものすごい魚の群れだった」と同じことを言っておられます。過去の安良里のボート史上、かなりいい状態であることは間違いないです。

トビエイ、大型のマダイ、雲のようなスズメダイの群れ、メジナ、イサキの群れ
ハナタツ、ベニイザリウオなどなど


 一方、ビーチは今日はチェックで入ってきました。
透明度も良く、魚もたくさんいるのでビーチも賑やかですよ〜!


       


 ひょろなが岩にとんでもなく大きなウミウシがついてました(^o^)丿
イシガキウミウシの成体です!いや〜、最初小さな生き物を探す距離まで顔を近づけていたので、どんな生き物なのかさっぱりわかりませんでした(笑)しばらく観察できると思いますよ〜。


       


 新しいベニイザリウオも発見です♪
オレンジというよりは赤に近い感じですね^^おなかぽっこりなのはメスだからでしょうか???


          


 昨日のログでソラスズメなどの赤ちゃんを紹介しましたが、今日は待望の季節来遊魚に会えました(^o^)丿ミツボシクロスズメダイの赤ちゃんです。こうしてアップで見ると、イソギンチャクもキレイですよね〜。浅場のアイドルも増えてきましたよん^^

 視界の隅で、ぷりっとクロホシイシモチに産卵されちゃいました・・・(^^ゞ
今日のトホホですね・・・・・・。



8月21日 月曜日  水温:18〜24度 透明度5〜15m
夏らしい暑い晴天の一日でした
安良里ダイビングセンターの前のカキ氷の自動販売機が良く働いています。
おじさん曰く「こいつが村一番の働き者だ」

浅いところは濁っていますね
深いところはきれいですが・・・ちょっと冷たく感じます。

沖の根・御黄金ともにマダイ、メジナ、イサキ、アジ、スズメダイが巨大な群れを作っています。
どちらが多いか?は日替わりのようです。今日は御黄金の群れが勝ちだそうです。(^^)
もちろんトビエイも!!ゲット!!
トビエイの群れをボ〜〜ット眺めているだけでも幸せですね!!


 一方ビーチでは、今日もサカタザメやトビエイがよく見られていました(^o^)丿
自分もサカタザメ3枚、トビエイ1枚に1ダイブで遭遇できました^^ラッキーですね。サカタザメはにょろにょろという感じで尻尾を左右に振って泳いでいきます。エイの仲間とは思えませんね(笑)

 他にはイザリウオやサンゴタツ、アオリイカのちびっ子たちやケンサキイカ、ヤマドリやハナタツ、ミジンベニハゼの赤ちゃんや、シラスを追いかけまわすカンパチやシマアジなどが見られていましたよ〜^^


        

 写真は忍沢さん提供です。いつもありがとうございます。
見てください!尻尾の先がまだ半透明ですよ〜^^忍沢さんのブログはこちら。

 個人的にはここ数日でみるみる数を増してきたソラスズメダイの赤ちゃんたちや、今日新しく見つかった今シーズン初のクマノミの赤ちゃんなどに感激でした!(^^)!ビーチも今、新しい命で満ち溢れていますよ〜(^o^)丿


       


 今日は今年から始まった新プログラムの『フィッシュオン』をやりました!
2時間ぐらいの釣行なのですが、今日はイサキとアジとサバがどっさり釣れていました!(^^)!



8月20日 日曜日  水温:18〜24度 透明度6〜30m

 今日も暑い一日でした(^^ゞ
お盆も過ぎたところでやっと夏らしい日々が続いていますね。暑いせいか、今日は加山雄三さんの船も出航して行きましたよ〜^^


 ボートは1本目に最高のコンディションを堪能できました(^o^)丿

       「もうこれ以上は望めないのではないか」

と思えるほど素晴らしい海・沖の根でした。
水温はやや低いですが透明度は20〜30m。
沖の根に群れるシラスやマダイ、メジナやネンブツダイ、それからスズメダイといった魚たちの群れが、次から次へと「これでもか!!」というぐらい我々を迎えてくれます!(^^)!

 ハナタツのペアやベニイザリウオのペア、イセエビの群れやムラサキウミコチョウの交接、トビエイは各地でのんびりと挨拶しに来てくれるし、中でも印象的だったのは、太陽をバックにゆったりと羽ばたくトビエイでした。
 青く青く抜けたはるか上層を、我々のエアーの泡に挨拶するかのように触れそうな距離まで接近し、そしてゆっくりと南のほうへ羽ばたいていきました。
どこまでも、どこまでも、その姿が追えてしまうほど今日の海はキレイでした。
・・・ホントに海さん今日もありがとう(T_T)


        
               写真提供:三原さん


 2本目は御黄金でしたが、魚群は沖の根に匹敵するかそれ以上いそうに思えます!イサキの群れやタカベの群れ、ネンブツダイの群れやメジナの群れ、スズメダイは整然と群れていますが密度が高すぎて黒い雲のようですよ〜!!


      
                  最近見られている生物

ボート: トビエイ
、ベニイザリウオ、ハナタツ、イワシの群れ、イサキの群れ、タカベの群れ、サクラダイ、スジハナダイ、 大型のマダイの壮観な群れ!メジナのすごい群れ!アジの群れ、ネンブツダイの群れ、キンギョハナダイの群れ、スズメダイの大河!!など


ビーチ:
サカタザメ、ベニイザリウオ、マスダオコゼ、トビエイ、ハナタツ、 シビレエイ、 タツノイトコ

ネンブツダイの群れ、コノハガニ、コワタクズガニ、アケウス、ホソウミヤッコ、マダコ、スナダコ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、メバルの若魚、 ムツの若魚の群れ

産卵生態:オハグロベラの産卵、ニシキベラの産卵、カミナリベラの産卵、カエルウオの産卵、ホシギンポの産卵、ニジギンポの産卵、ヘビギンポの産卵、 カワハギの産卵、 ホシノハゼのケンカや産卵、 クツワハゼの産卵やケンカ、 ダテハゼのケンカ 、イシモチの口内保育、ヤマドリの求愛、タナバタウオの産卵、ホシハゼの求愛、

ウミウシ:ネズミウミウシ、コミドリリュウグウウミウシ、ウスイロウミウシ、ウミフクロウ、 サラサウミウシ、アカエラミノウミウシ、 ヒロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、ドト・ラケモサ、リュウモンイロウミウシ、

ナイト:いよいよヒメヒイラギの発光が見られる頃です^^
ミミイカ、シビレエイ、サカタザメ、カスザメ、ヒラメ、ツノナガコブシガニ、トビエイの子供、ヒラタエイ、ヒメヤカタガイ


        ■■【夏祭り・花火大会のお知らせ】■■


8月18〜21日:土肥サマーフェスティバル
スターマインや大迫力の空中ナイアガラなど、
土肥の夏の夜空を鮮やかに彩ります。
8/18〜21日※20時30分から花火が打ち上げられます
 




8月19日 土曜日  水温:20〜24度 透明度5〜15m
昨日のうねりも少し減りました
「今日は暑いね〜〜」とすれ違う度に同じ言葉を交わすほど暑い一日でした。
透明度も下へ行くほどきれいになり、広磯では20メートルを越えたあたりから20℃で15メートル以上見えています。

 沖の根で今日もトビエイが大当たり。
最高で10枚以上に遭遇、山中ガイドチームは6枚が西根の上でのんびりホバーリングをじっくり見てきました。
慌てずにダイバーが気配を殺していれば逃げられずいつまでも観察していられます。
もう一つ今の沖の根の見ものは、大型のマダイとコロダイ、メジナの群れ、それに雲のように群れている強大なスズメダイの群れです。この群れを見たダイバーは口を揃えて「すごい群れだ!!」と感激されています。

その他ベニイザリウオ、ハナタツなどなど小物もばっちりでした。


黄金崎公園ビーチ

こちらも相変わらずトビエイが見られています。
真っ黒な雲のような、シラスこと小イワシのとてつもない群れや、それを閃光のような速さで食い散らかす子カンパチやシマアジなどの光りモノの群れなど、ワイドもばっちり楽しめますね。
マクロ生物はミジンベニハゼ、ベニイザリ、イザリウオ、ネジリンボウ、ウミテング、ハナタツ、タツノイトコ、ワカヨウジなど小物好きにはたまらないですね。

 台風のうねりもずいぶん落ち着いてきました。
明日には元の穏やかな黄金崎になっているといいですね^^
今日は左からもエントリーできていましたよ〜。





今日安良里の豊幸丸がサンマ漁の為北海道へ出航しました。
港での出航風景は賑やかであり、少し寂しい感じがしました。
これから11月まで安良里には戻らずにサンマを追いかけて漁が続きます。





盛大なテープでのお見送り
いつまでのなり続く汽笛の音
まさしく海の男の出航風景
いってらっしゃいませ。

8月18日 金曜日  水温:22〜24度 透明度3〜10m

 台風のうねりが強くなっちゃいました〜〜〜(>_<)
左からはエントリーが困難です。今日はビーチ・ボートともに潜水注意でした。いい天気で夏っぽい一日だったんですけどね〜。
 今年は太平洋高気圧の勢力が弱いので、入道雲をほとんど見ていません。そろそろ発達してくれないと、このまま秋になっちゃうんですけどね(^^ゞ


 ビーチでは朝イチはあまり透明度が良くなかったのですが、そのうちまばらにですが10mぐらい見えているところも出始め、少し回復してきているような感じです。明日はうねりが小さくなっていることを期待します^^;
 今日のビーチでは小さなオレンジのイザリウオやネジリンボウ、サカタザメやトビエイ、水温が上がって見られるようになったカンパチやシマアジの30匹ほどの群れなどが見られていたようでした。



8月17日 木曜日  水温:22〜24度 透明度8〜13m

 今日は日中はあいにくの雨となりました(^^ゞ
途中、昼ごろには雷さまもゴロゴロと鳴り始め、一時はひやりとしましたが、その後は晴れ間も覗いて、いいお天気になりました^^

 ビーチでは新たにミジンベニハゼの稚魚が見つかりました(^o^)丿
発見者はダイブショップ サリーレの扇谷さんです。なんでもツメタガイの卵、砂茶碗の中に入っていたのだとか・・・さすがですよね!(゜o゜)

 今日はサカタザメが頻繁に確認されていました^^
うねりが少しありましたが、ネジリンボウも元気に出ていましたよ〜(^o^)丿ウミウシのヨコシマキセワタやドト・ラケモサ、大マダコやアケウスなど。
 水温が急上昇したことでカンパチやシマアジ、イナダも盛んにイワシの稚魚を追い回していました!(^^)!




8月16日 水曜日  水温:20〜24度 透明度8〜15m

 予想通り!?水が抜けました〜〜〜(^o^)丿
きれいな海でうねりもキツくなく、みなさん今日はいいダイビングに恵まれたようです^^特にボートは終日うねりの影響もなく潜れたようです。明日もなんとかこのままいいコンディションが続いてほしいですね!


 ビーチは今日は雨も降らず、いい陽射しに恵まれていました^^
芝生に咲いたパラソルが夏っぽくていいですね。現在、黄金崎公園にはクレオメという花が満開になっています。とても爽やかな感じがしていいですね。


 ボートでは、トビエイが今日もよく目撃されていました(^o^)丿
西根で5枚の群れや、沖の根の上で数枚ずつ、それから沖の根のあちこちで単体にパラパラと遭遇といった感じだったようです。こりゃ〜、ホントに夏休みの楽しみが増えましたね^^


         
 D’ANS DIVE SHOPのお客さま斉藤さまに写真をいただきました。
ありがとうございました(^o^)丿

 他にもベニイザリウオやハナタツが人気でしたが、今日はその上にヒメヒラタイザリウオと思われる個体が見つかりました(^o^)丿わずか1本でその場からいなくなってしまったようですが、付近を捜索してみたいと思います!でもちょっとベニイザリウオかも・・・ゴニョゴニョ(^^ゞ
 周りに群れている群れもかなりのものですが、そんなわけでマクロも見逃せません!沖の根が今熱いですよ〜!!


 一方、ビーチでは昨日発見されていたマスダオコゼが人気でした(^o^)丿
情報は八幡野のダイビングショップ『海好き』の福田さんに頂きました。情報ありがとうございました!(^^)!

8月15日 火曜日  水温:20〜24度 透明度5〜10m

 少し水が良くなりました(^o^)丿
これも台風効果でしょうか?東風が強く払い出すように吹いているので、きれいな水が上がってきたのかもしれませんね。明日もこのまま凪の海況でもってくれるはずですので、明日の透明度に期待ですね^^一応、お越しをご予定の方は、海況確認のお電話をお願い致します。


 ボートでは、今日もトビエイが頻繁に観察されていたようでした!
・・・こ、これはもしや、初夏の感動が再び・・・???しばらく続いた低水温が、ここに来て上がったことで、トビエイたちも季節を勘違いして再度の求愛が始まったのかもしれませんね(^o^)丿
 ハナタツやベニイザリウオなども、取りこぼしなく手堅くゲットされているようでしたよ〜^^


 一方、ビーチでは台風10号のうねりもなく、昨日から比べて少し透明度も回復していたので、海況のコンディションはよかったようです。
 今日は台風によるナライで潜水禁止の東伊豆から、たくさんのダイバーにお越しいただきました。海中も施設も混雑してましたが、心配していた雨もすぐに上がり、午後には晴天に恵まれましたよ^^みなさんはるばるのお越し、ありがとうございました。

 近場のイザリウオやネジリンボウ、砂地のシビレエイやトビエイ、ヒラタエイやサカタザメなどはもちろん、今日は奥のハナタツやベニイザリウオなども人気だったようです。明日はもっとキレイな水になるといいですね^^


        

 今日は安良里夏祭りの二日目。漁船パレードが行われます。
勇壮な漁船が身内を乗せて港を練り歩き(?)、お菓子を撒いたり、精霊流しのような小船を左右から沖まで護衛したりする、魚を供養するお祭りです。お盆期間だけあって、たくさんの人々が里帰りしていて賑やかですよ^^


道が渋滞しています。
安良里へお越しの皆さまは早めに電話を入れてください。
裏道などもお知らせできると思います。(地図かカーナビは必須)

8月14日 月曜日  水温:20〜23度 透明度3〜8m

 どよよよ〜ん・・・・・・
昨日、ビーチにあった(?)濁った水が、午前中にはボートに溜まっていました(+_+)
向こうを見通すことはもちろん、あたりを探ることさえままならない透明度でした。直前まで見えないおかげで、海中で出会う生き物たちも、こちらを見ると泡を食ったようにきびすを返してすぐ逃げていきます(^^ゞ

 日中は透明度も若干回復し、いつもの海中に戻りましたが、最終組のダイビング時にはまた悪くなっていたそうです。ホントに一進一退に一喜一憂という感じですね(^^ゞ

 さて、そんなボートのコンディションでしたが、今日一番のニュースは西根に出たトビエイの群れ!!その数じつに20枚!!

 「・・・いた!トビエイだ〜・・・おお!奥にまだまだいるぞ???1枚、2枚、3枚、4枚・・・うお〜!!!!すげ〜〜〜〜!!!!カンカンカンカン!」

 そのイントラさんの実況をダイジェストでお届けしましたが、透明度が悪かったのがこちらは逆に幸いし、みなさん間近で群れを見ることができたそうで、上がってきたみなさん、そりゃあもう大興奮でしたよ(^o^)丿よかったですね^^

 他にはこの夏初のくりくりしたお目目のミナミハコフグの幼魚や、割れ目からにょきにょき生えたイセエビたち、ハナタツやベニイザリウオのペア、ムラサキウミコチョウのペアやオトメウミウシ、オルトマンワラエビなどに出会えました^^

 一方ビーチでは、途中雨にたたられたものの、天気もすぐに回復し、いい夏休み・お盆休みになったようですよ^^
 最近のビーチは、芝生にある松の木陰でのんびりがトレンドみたいです。ちょっと一息、のんびり息抜きしても気持ち良さそうですよね(^o^)丿・・・帰りたくなくなっちゃうかも(^^ゞ



8月13日 日曜日  水温:17〜23度 透明度5〜18m

 今日もいいお天気に恵まれました!(^^)!
黄金崎ビーチの右手にある宇久須のビーチも大賑わいで、たくさんパラソルが砂浜に咲いていました。

 ビーチはあいにく透明度が悪い時間帯にあたってしまいました(-_-;)
水温は20℃越えているのですが、視界があまりよくないです・・・。おかげで遠出をするのは難しかったので、ガイドチームも近場でのんびりダイビングとなりました^^;今日は近場のネジリンボウやイザリウオが人気だったようです。

 ビーチのあちこちで、いろんな幼魚を見かけるようになってきました!(^^)!
地元産のスズメダイやホンベラの幼魚たち、ニシキベラの幼魚やオオスジイシモチの幼魚などに加えて、今日はソラスズメダイの透明な着底直後個体に出会えたり、ノコギリヨウジの2cmぐらいの赤ちゃんにも出会え、夏のベビーラッシュを実感できましたよ〜^^

 エントリ口わきで、ホシギンポが卵を育てているのは再三ログに登場していますが、今日もなかなかの人気者っぷりを見せていました^^


 ボートでは、今日もトビエイが群れで出ています^^
ハナタツやベニイザリウオ、名物のマダイの群れやスズメダイの群れが人気ですよ〜!



8月12日 土曜日  水温:17〜23度 透明度6〜18m

 今日は各地でとんでもない渋滞が起きていたようです(>_<)
お越しをご予定のお客様の中にも、渋滞に巻き込まれて到着が送れて1ダイブになってしまったり、予定自体が中止にせざるを得ないところもありました。
この渋滞も今日だけで済むといいのですが・・・。みなさんお気をつけてお越しください。

 さて、今日のボートでは、トビエイが乱舞乱舞!!
透明度も2本目に行った沖の根では劇的に抜け、ボートガイドの自分も大コーフンのダイビングになりました(^o^)丿数万匹のスズメダイの川、数千匹のネンブツダイの雲、数百匹のメジナの壁、数十匹の巨大マダイの群れ、十数枚のトビエイにぶち当たり、もう感激でゲストと一緒に大はしゃぎでした!(^^)!

 沖の根、これからまだまだ魚影が濃くなるはずですが・・・・・・、
いったいこのままだとどうなってしまうんでしょうね(^^ゞ

黄金崎公園ビーチは、新たに大きいタカクラタツが仲間に加わりました。しばらくいてくれるといいのですが・・・。
水温が18℃の場所が多いのですが、透明度は12メートル以上見えています。
クロホシイシモチやネンブツダイが産卵行動を繰り返し、マダイやイサキやイワシが大きな群れをつくっています。
砂地にはサカタザメ、ネジリンボウ、マトウダイがみられ、根の周りにはハナタツ、ベニイザリウオ、コブダイ1センチの幼魚など、どこをどう攻めても楽しめますよ。


8月11日 金曜日  水温:17〜23度 透明度6〜12m
台風のうねりはほとんど問題なくなりました。
天気も良く夏らしい暑い一日でした。

 今日のビーチでは、各チームともトビエイによく出会えたようです(^o^)丿
自分が担当したガイドチームも2匹に出会うことができました♪
こちらを警戒して胸ビレをカールする様子も、逆にかわいいしぐさに見えてしまいます(^^ゞ

 最近よく出会うことができるオレンジの小さなイザリウオが見れたチームもいたようで、ほかにハナタツやベニイザリウオ、ミサキコウイカやシロハナガサウミウシの産卵や交接、アオウミウシの交接などに出会えました。

 中でも今日のイチオシは、ネンブツダイの川!!
ほぼ全てが口内保育中のオスのみで構成されたこのネンブツダイの数百匹の群れは、口いっぱいに頬ばった卵をもごもごと動かしているので、ブツブツと子育ての愚痴を集団で言い合ってるように見えてしまいます(^^ゞ我々で言うならPTA会議みたいなものでしょうか???透明度もいいのですっごく絵になると思いますよ〜(^o^)丿

 明日からはいよいよお盆期間突入です!(^^)!
お越しの皆さまは渋滞や事故にくれぐれもお気をつけ下さい!お待ちしておりま〜す!!


8月10日 木曜日  水温:17〜23度 透明度6〜13m

 今日は台風8号のうねりがモロに出ました。
朝のうちはまだ静かでしたが、日中は水深30mでも揺られてしまう大きなうねりとなりました。ビーチに打ち込んでくる波の高さも高めでした。

 ボートでは、ベニイザリウオやハナタツたちがうねりの難を逃れているのを確認してきました。あちらこちらで、むしろ仲が深まったかのようにいちゃいちゃしていました(^^ゞ
 他にもトビエイが複数確認されたり、群れではマダイの群れが見ものですね。サメジマオトメウミウシや大きな大きなコイボウミウシにも出会えましたよ^^


 ボートから戻ってくると、カメラ用の桶に見慣れない物体が・・・・・


         

          「・・・???・・・・・・カ、カメ〜〜〜!?」

 一瞬思考停止してましたが、よく見てみると大きな大きないわゆるミドリガメのようです。ここまでよく育ったもんだなぁ〜!


         


 小さい頃はかわいいミドリガメも、大きくなるとなんだか狂悪そうです。在来種のカメを幅を利かせてそこかしこで駆逐しているという話も、ブラックバスみたいで評判悪いですね。それにしてもここはあくまで『カメラ専用』桶なんだから、『カメ』なんか持ち込んじゃ困りますよプリプリ<(`^´)>


         


 ・・・っと、実はよく見てみたら、ここは『ガメラ専用』桶なのでした。そっかー別に問題ないや(^^ゞ


         

 むしろこうしてカメラを一緒に入れてある方が問題ですよ。
まったくもう<(`^´)>プリプリ


 一方、ビーチではマトウダイの子供やタツノイトコ、ヨコシマキセワタなどがいたようです。透明度は悪いところでは2mぐらいですが、いいところでは10mぐらい見えていたようですよ〜。



8月9日 水曜日  水温:19〜22度 透明度3〜8m

 心配されていた台風7号は、いつの間にか消えてなくなっちゃいました。
置き土産のうねりはこれからかもしれませんが、今日は左からもエントリー可能でした^^
 午後には台風一過で快晴になり、宇久須のビーチでは海水浴客の姿も見えました。明日も暑い一日になりそうですね。

 ビーチでは1mぐらいのサカタザメが今日も出ていました。
ハナタツやベニイザリウオもやや遠い場所ではありますが、無事にうねりをやり過ごしたようです。


      
              赤面しています

 アライソコケギンポが婚姻色を出して、近くのメスに向かって身を乗り出して体をゆすりながら求愛していました(^o^)丿
なかなかおもしろかったですが、水が冷たく途中で撤退せざるを得ませんでした〜。次回はラストまで観察してみたいですね。


      


 こちらも不思議な光景です(゜o゜)
ウツボがなにやら一生懸命陸に上がろうとしていました!

 いやいや、君は一応魚だと思うよ・・・(^^ゞ
これも台風の影響でしょうか???



8月8日 火曜日  水温:20〜23度 透明度5〜8m
台風7号の影響で一日雨でした
海は多少ウネリがある程度でした。
底揺れも強くなく、底揺れに敏感なネジリンボウも顔を出していました。
近場にいるザ!イザリウオもわかりやすい位置にいて簡単に見つかっていました。
そのた最近定番のベニイザリウオ、ハナタツ、トビエイも見られています。
明日は風向きが変わる予想なので厳しいかな??
西伊豆でダイビングのご予定の方はお問い合わせください。


8月7日 月曜日  水温:17〜23度 透明度3〜15m
夏らしい天気が続いていますね。
ボートはいい感じですね
透明度も部分的には濁っていますが、キレイな水域が多くてちょっと冷たいけど快適でした。

トビエイも相変わらず数匹見られていますし、大型なのマダイが群れているシーンは圧巻です。マクロもハナタツ(今日はペアでくっつくいていた)ペアのベニイザリウオなど小物大物充実しています。


 一方、ビーチは冷水槐とでも言うのでしょうか?
水温がまばらに滞っているところがたくさんありました。その影響か透明度も浅場は5mほど。砂地へ出れば8m、沖のほうで13mぐらいでした。

 ビーチガイド担当では、ベニイザリウオのペアやハナタツのペア、イワシの群れやチャガラの群れ、コノハガニやヤマドリ、ミツイラメリウミウシやリュウモンイロウミウシ、ウスイロウミウシやドト・ラケモサ、ネジリンボウやヒラメなどに出会えました。

 個人的には久しぶりに見たカワハギの産卵がおもしろかったです^^
今まで見てきたカワハギの産卵の中でも、ぶっちぎりに1位でオスがせっかちでした(笑)まだ産卵床の準備もままならないメスのお腹やほっぺたを突っつきまくって無理やり産卵させちゃいました(^^ゞ魚にもそれぞれいろんな個性があるんですね〜^^


8月6日 日曜日  水温:19〜23度 透明度6〜15m

 今日も暑い暑い一日でした!
ボートではトビエイの群れや単体によく出会えたようで、沖の根が特に人気でした(^o^)丿こんなに長い間トビエイが見れる年も珍しいですよ〜。この調子でお盆まで見れるといいですね^^

 他にもハナタツやベニイザリウオはビーチと同じでお祭り騒ぎです(笑)
あっちこっちでペアが形成されていますよ〜。やっぱり夏は恋人たちを燃え上がらせるんですね!


 ビーチでもハナタツ・ベニイザリウオ祭りは継続中(^o^)丿
ちょっと距離はありますが、同じく複数個体がペアを作ってますよ。カップルの邪魔しないようにそ〜っと観察しましょうね^^


                最近見られている生物

ボート: トビエイ
、ベニイザリウオ、ハナタツ、イワシの群れ、イサキの群れ、タカベの群れ、サクラダイ、スジハナダイ、 大型のマダイ、メジナやアジの群れ、ネンブツダイの群れ、キンギョハナダイの群れ、スズメダイ玉など


ビーチ:
サカタザメ、ベニイザリウオ、トビエイ、ハナタツ、 シビレエイ、 タツノイトコ、

クロホシイシモチの群れ、ネンブツダイの群れ、コノハガニ、コワタクズガニ、アケウス、クビナガアケウス、ホソウミヤッコ、マダコ、スナダコ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、メバルの若魚、 ムツの若魚の群れ

産卵生態:オハグロベラの産卵、ニシキベラの産卵、カミナリベラの産卵、カエルウオの産卵、ホシギンポの産卵、ニジギンポの産卵、ヘビギンポの産卵、 カワハギの産卵、 ホシノハゼのケンカや産卵、 クツワハゼの産卵やケンカ、 ダテハゼのケンカ 、イシモチの口内保育、ヤマドリの求愛、タナバタウオの産卵、ホシハゼの求愛、

ウミウシ:ネズミウミウシ、コミドリリュウグウウミウシ、ウスイロウミウシ、ウミフクロウ、カイメンウミウシ、クリヤイロウミウシ、 マドレラ・フェルギノーサ、 サラサウミウシ、ハナショウジョウウミウシ、アカエラミノウミウシ、 ヒロウミウシ、アメフラシ、シロウミウシ、アオウミウシ、ドト・ラケモサ

ナイト:いよいよヒメヒイラギの発光が見られる頃です^^
ミミイカ、シビレエイ、サカタザメ、カスザメ、ヒラメ、ツノナガコブシガニ、トビエイの子供、ヒラタエイ、ヒメヤカタガイ


        ■■【夏祭り・花火大会のお知らせ】■■


8月14〜15日:安良里夏祭り
盆踊りや夜店、演芸大会や花火大会
安良里のお祭りはしみじみですよ!

8月15〜16日:田子港祭り
田子港祭りは、毎年8月15日、16日に行われる
大漁祈願・海上安全祈願の祭りです。
夜には「ばかばやし」を踊ります。
踊りの種類は、「オカザキ」「タケス」「ニクズシ」「カマクラ」
などがあります。
漁船パレードや盆踊りなどが行なわれるほか、
15日20時ごろからは花火大会があります。
(花火は雨天の場合16日が予備日)

8月18〜21日:土肥サマーフェスティバル
スターマインや大迫力の空中ナイアガラなど、
土肥の夏の夜空を鮮やかに彩ります。
8/18〜21日※20時30分から花火が打ち上げられます
 

8月5日 土曜日  水温:20〜23度 透明度6〜15m

 夏日です!
夕方には雲が広がったものの、日中さんざんに照りつけた太陽のおかげで気温はうなぎのぼり(^^ゞとっても暑い一日となりました。

 ボートでは午前中の組がトビエイの群れに当たったようです。
今年はかなり長い期間トビエイと出会うことができていますね。明日も会えるかな???
 ベニイザリウオやハナタツも複数個体と出会えました。
ムラサキウミコチョウの大きなペアにも出会えましたよ(^o^)丿


ビーチでは
新たにオレンジ色のイザリウオが見つかりました。
黄金崎では普通のイザリウオが少ない(特に成魚)のですが、今年はすでに2個体見つかっています。
発見された個体数は少なかったけど、ベニイザリウオ、ハナタツ、トビエイは見えていますよ。

 


8月4日 金曜日  水温:20〜23度 透明度6〜13m
今日もベタ凪(鏡のよう)でした
天気もカンカンで暑い一日でした。

ボート
今日もトビエイやハナタツ、ベニイザリウオが見られています。
水温が高くなったので、スズメダイやイサキなどの群れ魚の活性がよくなっています。


 一方、ビーチは海況のチェックでぐるりと回ってみました。
ハナタツやベニイザリウオ、ムチカラマツエビやイナバミノウミウシ、ウスイロウミウシやリュウモンイロウミウシ、イワシの群れなどに出会えました。


       

 コブダイの幼魚がたくさん生まれてますよ(^o^)丿
今日は15匹ぐらいみかけました♪元気に大きくなってほしいですね。

 イワシの赤ちゃんが最近目立つのですが、これにアジやネンブツダイすらもアタックを繰り返しているんですよね。プランクトンとは言えない5cmぐらいの大きさなのですが、それでも捕食されるんですね(゜o゜)
今日一番のサプライズでした!


8月3日 木曜日  水温:21℃〜23℃ 透明度8〜10m
今日夏らしいカーッと暑い天気ですね。そのわりには夜は涼しく寝やすいのでこんな夏なら歓迎です(夜涼しいのは伊豆だけ?)
水温も高くなったのでじっくり潜っても快適快適!(^^)!

今日は久しぶりに沖の根をじっくり探索
狙いはベニイザリウオ
今が交尾?産卵の真っ最中のベニイザリウオがアッチコッチでペアになっています。

ベニイザリウオのペアはアンコウの仲間らしく、オスが小さくてメスが大きい。
この個体も手前がメスで置くのオレンジ個体が(見ずらくてすみません)オスです。このペアは特にオスが小さい!!
今日は全部で8個体のベニイザリウオと遭遇!!
そして
まだまだトビエイが飛んでいます。
ハナタツも4匹ゲット(数が多ければいいというものでもないですが・・・)
その他大型のマダイの群れ、大型のイシダイ、イワシの群れ
う〜〜ん生物が多くて温かいというのは気持ちがいいものです。byヤマナカ


 ビーチでもハナタツ・ベニイザリウオ祭り開催中です^^
今日は4個体のハナタツと5個体のベニイザリウオに出会えました。ここしばらく観察できていた黒いイザリウオがいなくなったのは残念ですね。

 夕方にはオハグロベラがゆったりと産卵していました。
夕暮れの海にひらひらと泳ぐオスのウェイブスイムは、見ているとなんだかまったりしてしまいますよ。

 ピンボールぐらいのハコフグの赤ちゃん、地場産スズメダイの赤ちゃんや、ソラスズメダイの赤ちゃん、コブダイの赤ちゃんやカワハギの赤ちゃんなんかもかわいいですね(^o^)

8月2日 水曜日  水温:21℃〜23℃ 透明度:8〜13m

 今日は午後からいいお天気になりました(^o^)丿
朝のうちは涼しいと言うよりはなんだか肌寒いぐらいでしたが、日が差し始めると気持ちのよい夏に早変わりでした^^


        

 今日は何故かウミエラがにょきにょき出ていました。
これまたなぜだかマトウダイの子供があちこちのウミエラに寄り添っているシーンが多く見られました。写真は紫色のヤナギウミエラと、それに合わせて白っぽく体色を変えたマトウダイです。なかなか趣のあるシーンですね^^

        

 以前ほどは見ませんが、サカタザメにも出会えます。
今日の個体は1mほどの大きさののんびり屋さんでした^^


8月3日:宇久須夏祭り
盆踊りや夜店に演芸大会や花火大会
観光客も気軽に参加できます!
http://www.town.nishiizu.shizuoka.jp/hp/page000000400/hpg000000308.htm
8月1日 火曜日  水温:19℃〜21℃ 透明度:8〜13m

 ほどよく涼しいいい天気に恵まれました^^
夏というよりはなんだか秋みたいな感じでしたね(^^ゞいやいや、夏はまだ始まったばかりなんですから太陽さん頼みますよ〜〜〜!!

 さて、黄金崎ビーチは現在ハナタツ・ベニイザリウオ祭りが開催中です^^
ハナタツは尻尾を絡めたペアを含めて5個体、ベニイザリウオもじ〜っと寄り添う仲良しペアを含めて4個体に出会えました。


        

 さすがに恥ずかしいのか、しばらく覗いていると離れちゃいました(^^ゞ

        

 ベニイザリのペアはどっしりと構えて、言葉を交わす必要もなさそげです(笑)


        

 リュウモンイロウミウシを観察していると近くに不思議なかすかに動く物体が・・・???ふよふよと落ちてきたところをキャッチしてみると、どうやらウミウシのようです。戻って図鑑で調べてみると、モンガラキセワタのおちびちゃんだったようです(^^ゞいや〜、小さい小さい(笑)