安良里ダイビングセンター

安良里ボート&黄金崎公園海況データ

2007年 1月

● 最新海洋情報  ●トピックス   ●旬な生物   
●過去ログ&過去旬な生物&過去水温&透明度データ
1月31日 水曜日    水温:16℃ 透明度:10m 晴れ

 今日は午前中の10時ぐらいまでは静かでしたが、だんだんと波が上がってきました。天気は気持ちいいぐらいの冬晴れで気温も高かったのですが、北風がびゅーびゅーで、日が落ちてからは外にいると寒くなりました。
透明度も風波の底揺れで白っぽくなり、少し落ちてしまった模様です。

 道中の菜の花や梅の花が春を感じさせようになってきましたね^^脇見運転には注意ですが、行き帰りの道中も楽しい季節になってきましたよ〜。


 
1月30日 火曜日    水温:16℃ 透明度:10〜15m 晴れ

 今日はいいお天気でベタ凪の海に恵まれました。
海はあいにくガラガラでしたが・・・^^;のんびりするにはいい季節ですよ〜。


      


 みなさんご存知の施設側エントリ口です。
ダイバーが少ないときはこのスロープにたくさんのヤドカリが現れます。
ほとんどイソヨコバサミというヤドカリなのですが、エントリーエキジットの邪魔にならないよう気をつけて足を止めてみるのも楽しいと思いますよ^^


 今日ついにチャガラの産卵らしき行動が観察できました(^o^)丿
昨日オスが入っていた巣穴にメスが訪問しに来ていたので、これは何かありそうだぞ〜♪としばらく観察していると、メスは「ここだったかな?」「こっちだったかな?」と近くの穴の中を覗き込んでいきます。


       


 そうこうしているうちに、ようやくオスがどこからか戻ってきました。

    「もう、いったいどこに行ってたのよ〜」

まるで駆け寄るようにメス(右)が戻ってきて、体を反らせて大きくヒレを広げ、オスをなじります。


       


 今度はオス(左)がヒレを広げてそれに応えます。

 「ごめんよ〜。君が遅いから心配になって探しに行っていたのさ〜」


      


 すっかり元さや(?)に収まったのか、仲良く巣穴に入っていきました。
しばらく観察し続けましたが、かなりもぞもぞしていました(*^_^*)こうして春先にたくさんのチャガラの赤ちゃんたちが見られるんですね〜。
普段見られないチャガラのこうした生態も、去年の低水温の副産物ですよね。いや〜、この時期も目が離せませんね♪


1月29日 月曜日    水温:16℃ 透明度:10〜15m 曇り時々晴れ

 今日は風こそほとんどないベタ凪だったものの、最高気温が上がらずに肌寒い一日となりました。焚き火やストーブが人気でしたよ^^


        

 透明度も順調に回復傾向です♪
今日はまだ浮遊物が見られるものの、明日あたりにはすっかり回復してくれないかなぁと期待しています。キビナゴの群れが虹色に輝いてとってもきれいですよん^^


        


 最近よく見かけるのがこの妊娠中のカサゴのお母さん。
体が重そうで大変そうです・・・^^;


        


 今年数が多いのはこのヒメホウキムシです。
傘(?)の直径は5mm〜1cm弱ぐらいでしょうか。マクロレンズなどでチャレンジしてみたい被写体ですよね^^この写真はPCU−01というクローズアップレンズを使って撮影しています。うまく魚やウミウシと絡めて撮りたいものです。


1月28日 日曜日    水温:16℃ 透明度:10〜15m 曇り時々晴れ

 昨日荒れていた海も予報・予想通りに、今日は穏やかな海に恵まれました。透明度もぼちぼちで、巻き上がった浮遊物が落ちてしまえば明日にでも元に戻りそうです^^


        


 あちこち見てきましたが、オオモンイザリウオやイロイザリウオもうねりに負けずに踏ん張ってくれていたようです。


       


 ミジンベニハゼはついに根負けしたのか、はたまた納得したのか?空き缶ハウスにお引越ししていました^^フジツボハウスに思い入れがあったようですが、さすがに大きなうねりは宗旨替えするには充分な理由です(^^ゞ


       


 今日はチャガラの求愛が見れました^^
メスが体を反ってヒレを全開にしてオスにアピールします。そしてオスもヒレ全開で応えます。お互い微妙に色彩が異なる見事な婚姻色です!!
 おっ、やる気満々、相性もばっちし!!と思って見ていましたが、はたしてチャガラは時間をかけて愛を育むのでしょうか!?
あいにく産卵までにはいたりませんでした。

 温かい黄金崎で、チャガラの生態が観察できる年というのは極めて稀ですので、継続して観察してみたいと思います(^o^)丿

        最近見られている生物

 ボート:ウデフリツノザヤウミウシ、ベニイザリウオ、ハナタツ、イサキの群れ、キンメモドキ、イワシの群れ、サクラダイ、スジハナダイ、 大型のマダイの群れ、メジナの群れ、アジの群れ、ネンブツダイの群れ、キンギョハナダイの群れ、スズメダイの群れ、ちびっ子クマノミやミツボシクロスズメダイの幼魚、クダヤギクモエビ、カザリイソギンチャクエビなど


ビーチ:
イロイザリウオオオモンイザリウオの子供ミジンベニハゼ、ガラスハゼ、セボシウミタケハゼ、ネジリンボウ、イバラタツ、ベニイザリウオ、ハナタツ、キンメモドキ、クマノミの幼魚、タツノイトコ、サンゴタツ、アジ玉

オランウータンクラブ、コワタクズガニ、ツノガニ、アケウス、ミズヒキガニ、ヒヅメコシオリエビ、クビナガアケウス、コノハガニ、ヒメイカ、マダコ、スナダコ、ミサキコウイカ、ボウズコウイカ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、モンガラドオシ、ダイナンウミヘビ、


ウミウシ

ウデフリツノザヤウミウシ、ネンブロータsp.、コモンウミウシ、アズキウミウシ、ミスガイ、ヒュプセロドーリス・ゼフィラ、ツルガチゴミノウミウシ、ウミフクロウ、シロハナガサウミウシ、ベッコウヒカリウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、ヒメメリベ、ハクセンミノウミウシ、サガミリュウグウウミウシ、コナフキウミウシ、ツヅレウミウシ、コミドリリュウグウウミウシ、クロボウズ、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、クロヘリアメフラシ、マドレラ・フェルギノーサ、スイートジェリーミドリガイ、ミチヨミノウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ、ドト・ラケモサ、サラサウミウシ、 ヒロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、コノハミドリガイ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、ニンジンヒカリウミウシ、セスジミノウミウシ、クモガタウミウシ、ネズミウミウシ、アオボシミドリガイ、チゴミドリガイ
1月27日 土曜日    曇り時々晴れ

 今日は朝のうちから西風が強く、朝イチで確認したときでも充分高かったのですが、みるみるうちに荒れ荒れの海況に・・・・・・(^^ゞ潜水は可能でしたが、久しぶりに悪いコンディションでした。
明日は穏やかな海に恵まれそうです^^


        

 ハクセンミノウミウシ。
去年たくさん見られたせいか、今年は数が少ないように思います。


 昨日は一般公開よりも一日早く、業界関係者としてダイビングフェスティバルに参加してきました。安良里からビッグサイトまでだと、乗り継ぎがうまくいかない時間に当たってしまうと5時間かかってしまいます。
普段着慣れないフォーマルなスーツだったせいか、ちょっとくたびれてしまいました。ウエットスーツやドライスーツなら得意なんですけどね(^^ゞ

 フェスティバルでは、業界関係の方々にお会いしたり、メーカーさんの持参した器材やカメラ、写真展などが見れて刺激がたくさんありました^^今後ともどうぞよろしくお願い致します。
自分は安良里に戻りましたが、山中が参加しておりますので明日ダイフェスに行かれる方はよろしくお願いしますね。


1月26日 金曜日    水温:16℃ 透明度:15〜20m 晴れのち曇り
穏やかな海況でした。
明日は西よりの風が吹く予報がでていますので、ダイビングをご予定の方は朝に海況確認のお電話をお願い致します。

1月25日 木曜日    水温:16℃ 透明度:15〜20m 晴れ時々曇り
 今日もお天気・凪・透明度に恵まれた一日となりました。
ビーチでは、早咲きか?はたまた狂い咲き?の桜がちらほらと咲きはじめました。週末お越しをご予定のお客様はCheck!してみてくださいね(^_-)
1月24日 水曜日    水温:16℃ 透明度:20m以上  晴れ時々曇り

 今日も透明度はよかったです(^o^)丿
ここのところお越しのゲストも少なく、まったりムードの黄金崎ですが、本日足を伸ばしてくださった皆さまにもそういうわけで快適なツアーとなったようで・・・(^^ゞ
 このまま透明度が好調だと、週末も真っ青な海でのんびり快適なダイビングができそうです。


        


 個人的にこの冬イチオシなチャガラ。
和風な華やかさがありますね。婚姻色のオスはさらにきれいです。今日は卵保護中のオスにも出会い、ますます目が離せないチャガラです。
黄金崎でチャガラの卵保護が見れるなんてそうそうないことじゃないでしょうか。


        


 ミサキコウイカの求愛が一段落したようですが、どうやら早速その愛の結晶らしき2cmほどの稚イカに出会いました。
周りのサビハゼが興味津々な様子でちら見していたのがとっても気になりました(^^ゞやはり赤ちゃんにとって、世界は危険でいっぱいなんですね〜。
がんばれよ〜!



1月23日 火曜日    水温:16℃ 透明度:20m以上  晴れ時々曇り

        


 海がきれ〜いです(^o^)丿
ここ数日かなりいい透明度が続いています。
黄金崎のビーチには4つ連なったケーソンがあるのですが、その一つ目がゴロタの斜面の上からでも見通せます。砂地の際からの距離が30mなので、実測で35mぐらいあるわけですね^^
もうしばらくこのままのブルーでいてほしいですね〜。


        

 沖の19mケーソンにはこのトサカリュウグウウミウシyg?ネンブロータsp.?が登場しています。近くにはハクセンミノウミウシやアズキウミウシ、クモガタウミウシやコモンウミウシなどもいて、ちょっとオススメのウォッチングポイントになりつつありますよ♪


1月22日 月曜日    水温:16℃ 透明度:20m以上  快晴
今日はベタ凪でさらに快晴で暖かな一日でした。
透明度も一段と良くなり、か〜〜るく20メートル以上

今日はショップさんのボートに便乗して 沖の根にビデオカメラを持って潜りました。ベニイザリウオやピカチュウ、ハナタツを紹介しつつ、蒼い海に差し込む日の光!ダイナミックな地形に群れるマダイ!!この時期ならではダイビングでした。
モ〜〜最高!!(^^)
ボートに戻った皆さんは、満面の笑顔で「最高だった!!」と感動していただきました。
私も沖の根のファンが増えて、うれしい一日でした。

1月21日 日曜日    水温:16℃ 透明度:15〜20m  くもり

 今日も海はベタ凪でした^^
こう凪の日が続くとこれが当たり前に思えてくるから怖いですね。
折りしも明日は午後から西風に変わりそうです。


        


 もう長いこと姿を見かけなかったウミテングが久々に見つかりました♪
大きさも8cmぐらいまで成長していて、どこに出しても恥ずかしくない立派なウミテングになっていました^^このまま越冬して来年繁殖してくれるといいのですがっ。


        


 サビハゼの求愛行動が始まりそうです。
現在オスが岩の下に巣穴を掘り始めています。しっかりした巣穴ができる2月頃には、産卵・卵保護が始まります。
安良里ダイビングセンターではこの冬、サビハゼの育児の観察用に、プラ板を用いて観察用の産卵床を作ってみました。うまくいくか未知数ですが、岩の下にプラ版が見えたらそっとしておいて下さいね。
今日のガイドのゲストと一緒に設置した産卵床には、さっそくオスが縄張りを持ったようでした^^
これからどうなるか楽しみですね!

         最近見られている生物

 ボート:ウデフリツノザヤウミウシ、ベニイザリウオ、ハナタツ、イサキの群れ、キンメモドキ、イワシの群れ、サクラダイ、スジハナダイ、 大型のマダイの群れ、メジナの群れ、アジの群れ、ネンブツダイの群れ、キンギョハナダイの群れ、スズメダイの群れ、ちびっ子クマノミやミツボシクロスズメダイの幼魚、クダヤギクモエビ、カザリイソギンチャクエビなど


ビーチ:
イロイザリウオオオモンイザリウオの子供ミジンベニハゼ、ガラスハゼ、セボシウミタケハゼ、ネジリンボウ、イバラタツ、ベニイザリウオ、ハナタツ、キンメモドキ、クマノミの幼魚、タツノイトコ、サンゴタツ、アジ玉

オランウータンクラブ、コワタクズガニ、ツノガニ、アケウス、ミズヒキガニ、ヒヅメコシオリエビ、クビナガアケウス、コノハガニ、ヒメイカ、マダコ、スナダコ、ミサキコウイカ、ボウズコウイカ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、モンガラドオシ、ダイナンウミヘビ、


ウミウシ

ウデフリツノザヤウミウシ、ミスガイ、ヒュプセロドーリス・ゼフィラ、ツルガチゴミノウミウシ、ウミフクロウ、シロハナガサウミウシ、ベッコウヒカリウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、ヒメメリベ、カラスキセワタ、ハクセンミノウミウシ、シロミノウミウシ、サガミリュウグウウミウシ、コナフキウミウシ、ツヅレウミウシ、ツマグロモウミウシ、コミドリリュウグウウミウシ、クロボウズ、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、クロヘリアメフラシ、マドレラ・フェルギノーサ、スイートジェリーミドリガイ、ミチヨミノウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ、ドト・ラケモサ、サラサウミウシ、 ヒロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、コノハミドリガイ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、ニンジンヒカリウミウシ、セスジミノウミウシ、クモガタウミウシ、ネズミウミウシ、アオボシミドリガイ、チゴミドリガイ
1月20日 土曜日    水温:16℃ 透明度:15〜20m  くもり

 今日もいい凪でした^^
このぐらいの季節になると、土曜日でもさすがにスキスキですね(^^ゞ
みなさん思い思いに写真を撮ったり、快適にのんびりされたのではないでしょうか?
 今日も豚汁ご希望のショップ様がお越しでした。
ぽっかぽかになれていいですよね〜^^


       


 黄金崎の外れにある河津桜が花をつけました。
早咲きの桜として有名ですよね。暦の上でも大寒を過ぎましたし、春の足音が聞こえてきそうな感じです。
場所はモノレールの近くなので足を伸ばしてみて下さいね^^


『(注)恐縮ですが1月25日〜26日はセンタースタッフがフォーラムに出席するため、ガイドサービスができません。ガイドなしダイビングは通常通り営業しております。
よりよいサービスのため、ご理解のほどよろしくお願いいたします。』



1月19日 金曜日    水温:17℃ 透明度:20m  晴れ

 今日も穏やかな海でした。
一月に入っても海が穏やかな日々が続いています。西伊豆は西風が吹くと波が出るので、このような穏やかな海が続く冬はありがたいですね。
明日明後日の週末も、東風でベタ凪になりそうです。

 今日は金曜日なので、ビーチマップ作成のためにも黄金崎のあちこちを回ってきました。
ミズヒキガニやクビナガアケウスといったカニの仲間がさらに数も種類もを増やしてきた感じがありますね。ウミウシもチゴミドリガイというきれいなウミウシが増えています^^
他、イロイザリウオやオオモンイザリウオ、イバラタツも定位置にいました。今日もいるかな〜っと、挨拶みたいな感じですね。


1月18日 木曜日    水温:17℃ 透明度:15〜20m  晴れ

 今日もいいダイビング日和でした。
予報では日中もっと気温が上がる感じだったのですが、結局こちらはいつもとおんなじぐらいな気温でしたね。都心部の皆さんはいかがでしたか?


       


 黄金崎では珍しいヒュプセロドーリス・ゼフィラに出会いました^^
お気に入りのカイメンを一心不乱にむしゃむしゃ食べていましたよ(笑)
実はもう少なくとも一週間ぐらいはここにいるそうで、しばらくは観察できそうですね♪


       


 産卵直後のミスガイと卵です。
どうりで最近よく見つかるはずです。先日は殻だけになったミスガイも見つかったし、丁度代替わりの頃なんでしょうか?今日の個体もゆ〜っくりしていました。
こんな時期にも産むんですねぇ。7月ごろに産卵するもんだと思ってましたよ。


       

 黄金崎のツルガチゴミノウミウシは、この黄色バージョンが多いですね。
以上、本日のウミウシ特集でした(笑)


       


 先日無事が確認されたミジンベニハゼです。
すぐ隣に空き家の新築耐震設計(?)のへー○ルハウスがあるというのに、住み慣れた木造建築のマイホームから動こうとしません(^^ゞしかもこのフジツボ、ロープにくっついているので、うねりがきたらM8以上の揺れ具合で転がりまくるはずなんですが。
・・・大丈夫、なのかなぁ〜???


 昨日イロイザリウオの1個体とイバラタツが目に入らなかったので、どよ〜んと凹んでたんですが、今日は無事に出会うことができました(^^ゞ
今日は珍しくドライスーツじゃなくてオニューのUGOの6ハンで潜ったのですが、水温17℃で90分潜れました。60分以上は何分潜っても寒さは変わりませんね(笑)


1月17日 水曜日    水温:17℃ 透明度:15〜20m  晴れ

 今日も穏やかな海でした^^
明日は西風が少し吹きそうですが、幸いにも強くは吹かない様子です。これなら週末も大丈夫そうですね。


       


 ピンク色のオオモンイザリウオに押されがちですが、イロイザリウオも入れ替わり立ち代りでずいぶん長いこと見ることができています。この個体はやや深場の18m地点のきれいなイロイザリウオです。


       


 先日の黒潮の影響でしょうか?
小さな小さなヒレナガネジリンボウが今頃やってきています。たくさん食べてがんばって越冬してほしいですね^^


       


 今日も豚汁ご希望のお客様がいらっしゃいました。
冬季限定ですが、うどん+おにぎり+豚汁セットで840円と、お弁当とおんなじ料金でご提供しています。うどん・おにぎりはオプションなのでなしにすることも可能です。1本目の休憩時間に準備・調理し、エキジット後に仕上げ、あつあつの豚汁が召し上がれますよ〜(笑)
あいにく当日ではご提供できませんので、ご予約は数日前にはお願い致します。



1月16日 火曜日    水温:16〜17℃ 透明度:15〜20m  晴れ

 今日も穏やかないい天気の一日となりました。
風もほとんどないので日中はぽかぽかする陽気でしたね^^
透明度もここ数日の中ではぐ〜んとアップしていて、やや白っぽいものの1本目は20m以上のクリアーな視界が得られていましたよん♪

 今日はボートの沖の根で潜ったのですが、きれいな海にのんびりと浮かぶ大きなマダイの群れや、どこからともなく現れる川のように連なったメジナの群れがきれいでした^^やっぱりボートもいいですね〜♪


      

 沖の根の西根付近でウデフリツノザヤウミウシが大繁殖中です!!
こんなにまとまった数で見れることも珍しいですね。2月にはきれいさっぱりいなくなってそう、とは詳しい人の言ですが、こんな交接シーンにも出会えるし、今が旬!のイチオシネタです(^o^)丿


      

 ピカチュウ〜ことウデフリツノザヤウミウシの交接器のアップです。
びろ〜んとした膜状の交接器の中に細い芯のようなものがあり、それで相手と受け渡しをしているようですね。産卵シーンなんかも見れるチャンスですよ〜!



1月15日 月曜日    水温:16〜17℃ 透明度:12〜15m  晴れ
今日も穏やかな凪日和でした
今年は西風が吹く日数が少なくて安定しています。

いなくなっていたと思われていたミジンベニハゼが(多分同じ個体)が
     
フジツボの殻の中に張り付いてじーーっとしていました。
おお!!生きていたのか!!!感動!!
黄金崎公園でミジンベニハゼの越冬記録はないので、是非越冬してほしいものです。

     
今日新たにハナタツもまた見つかりました
SEA WIND寺師さんありがとう

     
イバラタツはがんばっていますね。
     
タツノイトコもイバラタツや昨年から多いハナタツの人気に押されて、ひっそりたたずんでいましたが、ここ最近急速に勢力を伸ばしています。ビーチのいたるところで体を右へ左へ降りながら「オレもここにいるぞ!!」とで言っているようです。でもあまり相手にされないみたいで・・・(^_^;)


1月14日 日曜日    水温:16〜17℃ 透明度:10m  晴れ

 今日は一日穏やかな凪日和でした^^
豚汁プランを昨シーズンから始めたのですが、今日のショップ様たちもとてもおいしそうに召し上がられていましたよ。数日前にご予約いただければ準備可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。この寒い時期、体の中から温まりますよ〜^^


       

 ここ最近目撃例が増えているミスガイです。
自分も今日出会うことができました。この貝殻を持つウミウシ、つぶらな瞳がたまりません(笑)


       


 探索中にふとゴロタの影の激しい動きが目に止まりました。
ヒメギンポのオスの縄張り争いのバトルです。
睨みあってはぶつかり合う、目にも止まらぬ戦いでした。


       


 その後5分ほどこの戦いが続いたのですが、勝ったほうのオスも体当たりと噛みつきでヒレがボロボロです。日頃ヒメギンポの産卵シーンはよく見かけるのですが、その影ではこうした熾烈な争いが繰り広げられているのですね〜。今がアツイ!ヒメギンポでした^^


          最近見られている生物

 ボート: クマドリイザリウオ、ベニイザリウオ、ハナタツ、イサキの群れ、キンメモドキ、イワシの群れ、サクラダイ、スジハナダイ、 大型のマダイの群れ、メジナの群れ、アジの群れ、ネンブツダイの群れ、キンギョハナダイの群れ、スズメダイの群れ、ちびっ子クマノミやミツボシクロスズメダイの幼魚、クダヤギクモエビ、カザリイソギンチャクエビなど


ビーチ:
イロイザリウオオオモンイザリウオの子供、ガラスハゼ、セボシウミタケハゼ、カゲロウカクレエビ、ネジリンボウ、イバラタツ、ベニイザリウオ、ハナタツ、キンメモドキ、クマノミの幼魚、タツノイトコ、サンゴタツ、アジ玉

オランウータンクラブ、コワタクズガニ、ツノガニ、アケウス、ミズヒキガニ、ヒヅメコシオリエビ、クビナガアケウス、コノハガニ、ヒメイカ、マダコ、スナダコ、ミサキコウイカ、ボウズコウイカ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、モンガラドオシ、ダイナンウミヘビ、


ウミウシ

ウデフリツノザヤウミウシ、ウミフクロウ、ネンブロータsp.、シロハナガサウミウシ、ベッコウヒカリウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、ヒメメリベ、カラスキセワタ、ハクセンミノウミウシ、シロミノウミウシ、サガミリュウグウウミウシ、コナフキウミウシ、ツヅレウミウシ、ツマグロモウミウシ、コミドリリュウグウウミウシ、クロボウズ、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、クロヘリアメフラシ、マドレラ・フェルギノーサ、スイートジェリーミドリガイ、ミチヨミノウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ、ドト・ラケモサ、サラサウミウシ、 ヒロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、コノハミドリガイ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、ニンジンヒカリウミウシ、セスジミノウミウシ、クモガタウミウシ、ネズミウミウシ、アオボシミドリガイ、チゴミドリガイ


1月13日 土曜日    水温:17〜18℃ 透明度:8m  晴れ

 今日は朝のうち波が高かったですが、だんだんと静かになっていきました。明日はほとんど問題なくなっているでしょう。


      

 ゴマちゃんこと、ゴマフビロードウミウシが見つかるようになりました。
1cmぐらいできれいな個体です。黄金崎では黄色バージョンがほとんどです。ウミウシがだんだん増えてきていますね。


      


 今日はマリンダイビングのスキルアップ寺子屋の和尚さんがお見えでした(^o^)丿黄金崎ビーチで2本潜った後に、お越しのゲストのスキル上達祈願を祈っていただきました!
 みなさんもダイビングスキルについてわからないことや悩みがあったら、和尚さんに何でも質問してみて下さいね〜!


1月12日 金曜日    水温:17〜18℃ 透明度:10〜m  晴れ
西風の予想でしたが午後から少し波が大きくなりましたが、ダイビングは問題なし。
いい天気で暖かく一日でした。今年は暖かくて水温も高いですね

月曜日までの時化の後の捜索が続いていますが
        
ネジリンボウが17度の水温でも元気に出ていました。
こうやって徐々に寒さに慣れていって越冬個体として春に我々を楽しませてくれるように〜〜〜頑張れ!!!
       
       
例年より少し早い気もしますが、ヒメギンポが色づき始めています。
すでに顔が真っ黒な個体もいますが、変身中の個体も多く、いろいろな顔色が楽しめます。それにしてもキレイな配色ですね。


1月11日 木曜日    水温:17〜18℃ 透明度:10〜m

 今日もいい天気に恵まれました^^
午後から沖のほうが少しざわざわしてましたが、総じて穏やかな凪日和でした。明日・明後日もほぼこんな感じになりそうですね。土日も天気はよさそうですよ〜♪


        

 ウミウシのチゴミドリガイです。
珍しい種のようですが、今年はこのウミウシをよく見かけます。緑藻がよく生えてるせいでしょうか???


        

 ムレハタタテダイが1匹でとっても寒そうにしていました^^;
体が凍えているのかほとんど動きません。富戸ではアオリイカにこの時期になるとじゃんじゃん捕食されていくそうですが、この個体は大丈夫でしょうか・・・。


1月10日 水曜日    水温:17〜18℃ 透明度:10〜m

 今日もとってもいい凪でした^^
ビーチの監視人の恒さんの口をついて、

      「こりゃ〜ええ凪だ」

という言葉が何度も出てしまうほど穏やかな海でした。
天気も良くて快適でしたね^^


       

 透明度もまぁまぁだったのですが、どこから来たのかアジの群れがびっしり入っていましたよ。


 さて、今日も海をじっくり見て回ったのですが、やはりイザリウオの仲間たちが少なくなっていましたね。水温的には13℃ぐらいまでは少なくとも耐えている魚ですから、これはうねりで吹き飛んだものと思われます。残念です(T_T)


         


 逆に、魚の数が減って目立ってきたのは、カニの仲間やウミウシたちですね。サガミリュウグウウミウシなんかは、昨日の調査では時化の前にいた場所に確認できなかったので、てっきり吹き飛んでしまったとばかり思っていたのですが、今日はその近くでちゃんと2個体見つかりました。ウミウシは時化になるとナマコのように岩の隅っこに入り込んだりするそうですが、ちゃ〜んと無事にやり過ごす術を持ってるんですね〜(^o^)丿


1月9日 火曜日    水温:18〜19℃ 透明度:10〜15m

 よ〜うやく海が穏やかになりました(^^♪
天気もいいし風もなし!快適なダイビング日和でした。

 エントリー口右側の手すりが、びっくりすることに完膚なきまでに破壊されていたので、今日はまずそれを直してきました^^;手すりだけでなくエントリ口にもたくさんの岩が転がっており、足場も悪くなっていました。これもせっせとどかしてきました。ちょっと時間はかかったものの、おかげですっかり元通りです^^


 さて、気になる海中ですが、やはり何はともあれ気になるのはクマドリイザリウオの安否です。先にTATSUMIのタケさんが潜っていたので聞いてみたのですが、案の定「飛んでったかも・・・」とのこと。ショボン(._.)
このトサカリュウグウウミウシygだかネンブロータsp.だかは、タケさんに教えてもらいました。いつも情報ありがとうございます^^


        


 さて、気を取り直してあちこちパトロールしてきましたが、さすがに『台風並み』と評された低気圧と、それに吹き込んだ西風。けっこういろんな場所にその爪痕が残っていました。


           


 そんな中でもこのイバラタツはしっかりと無事でした^^
きっとうねりに合わせて左右にばったんばったんとなっていたに違いないのですが、それほどの過酷な海をも耐えて、こうして無事でいてくれたのがうれしいですね。「おんしゃ生きちょったか〜」と土佐弁が口をついて出てしまいます^^;明日もまた引き続きパトロールしてみたいと思います。


1月8日 月曜日    クローズ

 昨日から一晩中暴風が吹き続けていたのですが、今朝出勤してみると、いつもボート乗り場のおじさんたちが座っている座椅子が風で吹き飛んでいました(驚)
そういうわけで今日は3連休の最終日だったのですが、あいにくの西風でクローズでした。


 クローズの日は現地サービスのスタッフが何をしているか興味をお持ちの方もいらっしゃるでしょうから書きますが、昨日は自分中野は休みをもらって三島まで行ってきたのですが、ついでに三津の淡島マリンパークに行ってきました。・・・ところが!!
ななんと強風のためロープウェイが動かず、休園になっていたのでした〜(T_T)またの機会に行きたいと思います。

 明日は風も緩んで無事に潜ることもできそうです。
またこれで何かおもしろい生物が流れて来ていそうですね^^
ボートの沖の根には10匹以上のピカチュウがいてピカチュウ祭りだそうですし、ビーチにもボートにも入るのが楽しみですね♪



1月7日 日曜日    クローズ
今日は予想通り、ビーチもボートもクロースでした。
台風並みに発達する低気圧が東海上にあったら仕方ないですね。
朝の海況チェックでも迷うことなく、あっさりクローズ決定でした。

明日も引き続き西の風です。(ToT)/~~~
クマドリ達は無事に波を乗り切っているだろうか?

それにしても
昨夜の風はすごかった!!
家が揺れていました。うちだけかと思ったら近所の家も揺れていたそうです。
それを聞いて何の意味もないのですが、安心してしまう気持ちってとっても変ですね

           最近見られている生物

 ボート: クマドリイザリウオ、ベニイザリウオ、ハナタツ、イサキの群れ、キンメモドキ、イワシの群れ、サクラダイ、スジハナダイ、 大型のマダイの群れ、メジナの群れ、アジの群れ、ネンブツダイの群れ、キンギョハナダイの群れ、スズメダイの群れ、ちびっ子クマノミやミツボシクロスズメダイの幼魚、カザリイソギンチャクエビなど


ビーチ:
クマドリイザリウオイロイザリウオ、オオモンイザリウオの子供、、ガラスハゼ、セボシウミタケハゼ、カゲロウカクレエビ、ネジリンボウ、イバラタツミジンベニハゼ、ベニイザリウオ、ハナタツ、キンメモドキ、クマノミの幼魚、タツノイトコ、サンゴタツ、どっさりアジの群れ

オランウータンクラブ、ムチカラマツエビ、ミズヒキガニ、ヒヅメコシオリエビ、クビナガアケウス、コノハガニ、ヒメイカ、マダコ、スナダコ、ミサキコウイカ、ボウズコウイカ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、モンガラドオシ、ダイナンウミヘビ、


ウミウシ

ウデフリツノザヤウミウシ、ベッコウヒカリウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、ヒメメリベ、カラスキセワタ、ハクセンミノウミウシ、イナバミノウミウシ、シロミノウミウシ、ルージュミノウミウシ、サガミリュウグウウミウシ、コナフキウミウシ、ツヅレウミウシ、ツマグロモウミウシ、ミノウミウシsp.、コミドリリュウグウウミウシ、クロボウズ、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、クロヘリアメフラシ、マドレラ・フェルギノーサ、スイートジェリーミドリガイ、ミチヨミノウミウシ、ホシアカリミノウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ、ドト・ラケモサ、ウミフクロウ、 サラサウミウシ、 ヒロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、コノハミドリガイ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、ニンジンヒカリウミウシ、セスジミノウミウシ、クモガタウミウシ


1月6日 土曜日    水温:20℃♪ 透明度:20m〜25m!

 エントリーしてみてびっっっっくり!!
真っ青なブルーです!これはいったい何事???

 一昨日の水温もこの前触れでしかなかったのか、どうやら黒潮がジャストミートしたようで、透明度と共に水温も跳ね上がりました!(^^)!
実は昨日の午前中、

 「これならウエットでもイケますよ〜!」

っと書こうと思ってたら、午後には水温が下がってたんですよね(^^ゞそれで控えたのですが・・・、ホント自然はわかりませんね!!・・・では改めまして、これならウエットでもいけますよ〜(笑)

 明日は西風の大時化の予報です。
これでまた水温が下がりそうですが・・・。



1月5日 金曜日    水温:16〜18℃ 透明度:10〜15m

 今日もいい天気と海況に恵まれました。
水温が元に戻ってしまったのが残念でしたが、午前中は18℃ぐらいあったみたいでした。さしずめ海からのお年玉といったところでしょうか^^
ネジリンボウたちは午後にはきっちりとお隠れになっていました(笑)水温にホント敏感ですね〜。今年もがんばって越冬してほしいですね。

        

 越冬といえば、毎年できないのがこのミジンベニハゼ。
前回の大時化でいなくなったかと思いきや、無事に乗り切っていたようです。大きな個体なので体力もありそうです。今年はどうなのか???


        


 一方、冬の生物も一段と増えてきました。
今日はメイタガレイの子供と、このヒメイカが目につきました。
ヒメイカの交接や産卵がこれから狙い目ですね♪


        

 大き〜なヒラメの尾ビレには、大きな寄生虫がついていました^^;
砂地なのでホンソメワケベラの出張も難しそうです。今度見るときには岩場のクリーニングステーションにやってきていそうですね。


1月4日 木曜日    水温:17〜18℃ 透明度:15m〜
 なんと!!いきなり水温が!!!
エントリーして手を入れてみたら暖かい??!!
あれれれ????
と思って水温計で計ってもやはり暖かい!!(^^)

おかげで
生物たちも何となく元気に泳いでいる感じでした。
最近ご無沙汰だったネジリンボウやヒレナガネジリンボウも
      
元気に顔を出していました。
水温に敏感だな〜〜

今日から仕事始めの方も多いはずですが
西伊豆は例年になく海況も安定し、生物たちも元気です。
寒いけど休憩室やお風呂、器材洗い桶を暖かくしてお待ちしています、
イザリウオ4種も同時に見られていますし、是非「初もぐり」お待ちしています。


1月3日 水曜日    水温:15〜16℃ 透明度:10〜15m

 新年三日目!
今日もいい凪に恵まれました♪
天気もいいので青い海になっています。昨日よりも透明度もよく感じましたよ〜^^お越しのお客様も楽しそうでした。


       

 新年になってオオモンイザリウオの赤ちゃんがぽこぽこ見つかるようになりました。2個体見つかっていますが、どちらもきれいな色の個体ですよ〜。


       

 大きさはまだこのぐらいです(^^ゞ
これが30cmオーバーなんかになっちゃうんですから反則ですよね(笑)


       

 エビ・カニも充実しています。
写真はクビナガアケウス。小さいですけどよく見るとあちこち尖っててかっちょいいですよ^^


       


 ウミウシも賑やかになってきていますよ♪
今日はこんなミノウミウシも見つかりました。
宝石みたいでとってもきれいですね^^


            
1月2日 火曜日    水温:15〜16℃ 透明度:10〜15m

 新年二日目!
今日も初潜りの方々がお越しでした。
一年の計は元旦からとは言いいますが、今日お越しのゲストの中には、年間潜水計画を立ててらっしゃる方もいましたよ(^o^)
みなさんも今年のダイビングの目標を立ててみられてはいかがですか?


        

 年末年始でたくさんの船が帰港しています。
こんな光景はお盆と正月だけですね。なかなか勇壮な景色ですよ。


        


 朝もやの中、港の奥の方から北島三郎のテーマソングに乗って、豊光丸の乗組員のみなさんが現れました!
そうです。今日は乗り初めというイベントなのです。
船の上からお菓子やお餅、みかんやカチンコチンに凍ったサンマなんかが振舞われます。というか、バラまかれます^^;


        


 中にはサンマが当たって血が出ている男の子もいました(^^ゞ
先日のサンマが大漁だったときに匹敵する人の集まり具合でしたよ〜。
お正月だけあって、子供たちがたくさんいたのがなんかよかったです^^
一年に一度とはいえ、こうした文化の継承・・・、というと堅苦しいですが、おじいちゃんと子供の交流って大事なんだなぁと思いました。いつまでも続いていってほしい伝統ですね。


【正月三が日期間中は、ささやかですがおしることお餅を用意しております。休憩中に食べて、冷えた体を暖めて下さいね】



1月1日 月曜日 元旦 水温:15〜16℃ 透明度:10〜15m
 2007年あけましておめでとうございます。
旧年中はたくさんのご愛顧を頂き誠にありがとうございます。
本年も変わらぬご愛顧をどうぞよろしくお願い致します。
皆さまのご多幸を祈念いたします。


 さて、新しい年がスタートしました!(^^)!
今日は新年にふさわしく、穏やかなベタ凪です♪風もなく陸上も快適に過ごすことができました。
また、今日は新年を祝って、お餅やおしるこのサービスもありました。大根おろしで食べるとおいしいんですよね〜。中には納豆も欲しかったという声も上がりました。・・・納豆餅って食べたことないですが、みなさんはいかがですか???(^^ゞ

 無事に初潜りも済ませることができました。
紅白のめでたいクマドリイザリウオは外せませんよね〜^^


       


個人的には、ミサキコウイカが今日は見た個体ほぼ全てがペアになって、メスに求愛していたのがおもしろかったです(^^ゞ新年早々今年も楽しくなりそうです。


       

 黄金崎ではホウボウが圧倒的に多いのですが、今日はトゲカナガシラに出会うことができました。胸ビレが扇みたいでめでたいかな???(^^ゞ

 明日もいいダイビング日和になりそうです。
今年も一年、安良里ダイビングセンターをどうぞよろしくお願い致します。
みなさんのダイビングが今年も楽しいものになりますように。