安良里ダイビングセンター

安良里ボート&黄金崎公園海況データ

2007年 4月

● 最新海洋情報  ●トピックス   ●旬な生物   
●過去ログ&過去旬な生物&過去水温&透明度データ
4月30日 月曜日   水温:16℃ 透明度:8〜10m 晴れ

 今日も一日快晴〜〜〜!
今日はGW前半最終日でしたが、こんな日はそれだけで気分がいいものです。まして海況も透明度もまずまず。きっとみなさんステキなGWになったことでしょうね。
 今年は伊豆はそれほど渋滞していないようですが、やっぱり外へ行かれてる方が多いのかな???


       


 今日もカエルアンコウとミジンベニハゼが人気でした。
砂地ではシビレエイが安定して見られるようになっています。ビンゴやるなら今がチャンスですよ〜(^o^)丿ちょっと小さいけどヒメギンポの産卵や、卵も確認できますよ。


4月29日 日曜日   水温:16℃ 透明度:8〜10m 晴れ

 今日は清々しいぐらいのいい天気(^o^)丿
GW二日目の今日もビーチもボートも穏やかで、みなさん気持ちのよいダイビングが楽しめたのではないでしょうか。明日もいい海況・天候に恵まれそうです。みなさん奮ってお出かけ下さ〜い♪


      


 今日は黄金崎公園ビーチで、法政アクアダイビングクラブのレスキュー合宿が行われました。まだ5mmウェットにはちとツライ水温ですが、そこは学連パワーで熱くがんばっているようでした。


      


 冷えた体にはお風呂が一番!
暖を取ってまたがんばっていました(^o^)丿


 今日もビーチではオレンジの大きなカエルアンコウが人気でした。
キタマクラの挨拶行動が始まっています。もうすぐ産卵の季節ですね〜。
ミサキコウイカの子供がたくさん見られるようになっていますが、ほんとに卵はいったいどこに産んでいるのか不思議です・・・。


       最近見られている生物

ボート:ウデフリツノザヤウミウシ、大型のマダイ、トビエイ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、キンメモドキ、キビナゴの群れ、サクラダイ、メジナの群れ、アジの群れ、キンギョハナダイ、カシワハナダイなど

ビーチ:
カエルアンコウボラクーダ(期待)ミジンベニハゼのペア、ヒレナガネジリンボウのペア、ネジリンボウ、ハナタツのペア、サンゴタツのペア、キンメモドキ、タツノイトコ、シビレエイ、サカタザメ、アカエイ、コチ、ヒラメ、

ホワイトVオクトパス、コワタクズガニ、アケウス、ミズヒキガニ、ヒヅメコシオリエビ、コノハガニ、ヒメイカ、スナダコ、モンガラドオシ、ミサキコウイカヒメギンポの産卵


ウミウシ
ウデフリツノザヤウミウシ、アマクサアメフラシ、ヒブサミノウミウシ、イガグリウミウシ、ミアミラウミウシ、ニシキウミウシ、サメジマオトメウミウシ、オトメウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、アズキウミウシ、ウミフクロウ、ゴマフビロードウミウシ、クロボウズ、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、クロヘリアメフラシ、ヒイラギウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、ミチヨミノウミウシ、ドト・ラケモサ、サラサウミウシ、 ヒロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、エダウミウシ、クモガタウミウシ、アメフラシ、ゾウアメフラシ、ミヤコウミウシ
4月28日 土曜日   水温:16℃ 透明度:8〜10m 曇り/小雨

GW初日

天気予報では午後から雷雨でしたが、一日もちそうな天気でした。
でも天気予報どおり1時過ぎから風が吹きだし、雨が降り出し、雷も聞こえました。(ちょとだけでしたが) 4時過ぎには雨風おさまってます。いまはキレイな夕焼けが見えてます。

午前中のベタ凪の海からビックニュースです。


       


マンボウ出た〜〜〜〜!!
見れたのは朝イチに潜ったガイドチームだけですが、ガイドもお客さんも大興奮でした(^o^)丿

 お約束のトビエイは1匹だけでしたが、西根のトップでホバーリングしてました。キビナゴの大群も圧巻でした。その他常連のベニカエルアンコウやハナタツも確認できてます。

明日は何に出会えるでしょう?
そういえば、知る人ぞ知る利丸水族館にはでっかいアンコウが、魚武水槽にはドチザメが入ってました。


4月27日 金曜日   水温:16℃ 透明度:6〜8m 晴れ

 今日は天気は良かったのですが、風があってなんだか肌寒くもありました。
黄金崎にお越しのお客様たちの中には、休憩時間に焚き火にあたっている人もいました(^^ゞしっかり温かいお昼を食べて、体の中から暖まって下さいね〜!

 明日からはいよいよGW前半戦です。
今年は長期休みの方が多いのではないでしょうか?
バリ島が一番人気だそうですね〜。これだけ長い休みだと小笠原なんかも行きやすそうですよね^^


今日の海中はちょっと白っぽかったそうですが、ミジンベニハゼの出がよく、代わりにネジリンボウはお休み中だったようです。
 GWみたいに人がたくさん集まるときにはいろんな生き物の発見情報があります。明日から何が見つかるか楽しみですね^^
それではみなさんもよいGWをお過ごし下さ〜い♪


4月26日 木曜日   水温:15〜16℃ 透明度:8〜10m 晴れ

 今日はやや風が強かったものの、天気も良くてすがすがしい一日でした^^
ビーチは午後から波が出始めましたが終日潜れました。ボートはクローズ状態になりました。

 ビーチに潜りましたが、カミナリベラのケンカやクロホシイシモチのメスのオスへの挨拶行動、カワハギのオスの縄張り争いなど、繁殖生態的にも賑やかになってきています。

 ミジンベニハゼをしばらく観察していましたが、底揺れがあったせいか、あんまり表には出てこずに、デミタスコーヒーの穴の入り口からちょこんと顔を出していました^^


4月25日 水曜日   水温:15〜16℃ 透明度:6〜8m 雨のち曇り

 今日は朝からしとしとしとしと・・・
午後遅く、お客様がお帰りになる頃にようやく西の空が明るくなって、雨もすっきり上がりました。終わりよければ全て良し、ですかね^^


       

 シロガヤにはよく見るとこのヒイラギウミウシがついていることが多いです。
色も白っぽい個体や茶色っぽい個体などもいておもしろいですよ〜^^
そこら辺に生えているシロガヤにウミウシがいるとは盲点ですよね〜!


       


 よくよく探さないと見つからないのがこのカエルアンコウ(^^ゞ
今日はたっぷり探してしまいました・・・。これがまたよくフクロノリに擬態しているんですよね〜!明日はまた動いているかな〜???


4月24日 火曜日   水温:17℃ 透明度:10m 曇り
今日も穏やかな凪の一日です。
水温は山中の水温計は17度を越えています。ぼちぼち上がっているのかな?ネジリンボウが何をするでもなしに、ボーット穴の外に出ていました。
(「別にボーットしてねえよ!!」なんて言われそうですが・・・)
徐々に徐々に低水温に強くなっているのか?初夏は彼らの子供が見られるのかな??
     

両手を広げたくらいのサカタザメが砂地を徘徊していました。
そのサカタザメにぴったりとマダイがくっついて付いていいっていました。
友達??


4月23日 月曜日   水温:16℃ 透明度:10m 曇り

 今日は穏やかな凪の一日でした^^
透明度も上がって快適なダイビングです♪浅場のキンメモドキの群れがなかなかきれいでしたよ〜。

 サンゴタツがかなりペアリングしていて、今日は3ペアに出会いました。どのオスもお腹が大きく、赤ちゃんがたくさん入ってたんじゃないでしょうか(^o^)丿


       

 冬の間の愛の結晶その1。
カサゴの稚魚です。大きさは2cmぐらい。


       

 冬の間の愛の結晶その2。
ハナアナゴの稚魚です。背骨も透明で透けて見えます。大きさは今まで見た中で最小の10cmぐらいでした。


          


 小さなものの後は大きなもので締めッ!!
かなり大きなマトウダイ。大きさは40cmぐらいでした〜。

4月22日 日曜日   水温:16℃ 透明度:6〜10m 曇り

 今日も南西の風で気温は高めでした。
あいにく風自体が強かったので、黄金崎の駐車場は寒かったですけどね(^^ゞ
ドライスーツを修理に出しているのでロクハンで潜っているのですが、気温が低い冬に比べると、もうずいぶん楽ですね。このままロクハンでも問題ないぐらいです。

 今日はガイドでボートとビーチに入ってきました。
ボートではトビエイの着底個体やイガグリウミウシ、キビナゴの群れに襲いかかるワラサ、大型のマダイやアオリイカなどを。
ビーチではミジンベニハゼのペアやミズヒキガニなどに出会えました。
あいにく昨日から見られているカエルアンコウは、ずいぶん移動したようで、自分たちは出会えませんでした。


 ビンゴゲームが好評みたいですね^^
水中に持って入れるようにパウチしてみたのですが、これがよかったようです。そもそも何がビンゴネタだったか、自分たち作者でもガイド中は忘れちゃうぐらいですからねぇ・・・(^^ゞ


       


 ビンゴゲームは、いつも楽しいダイビングの『おまけ』みたいなものですが、ぜひみなさん遊んでみてください。たくさん作りましたんで・・・(笑)今のところ1列ビンゴした方が出ていますよ〜^^


       最近見られている生物

ボート:ウデフリツノザヤウミウシ、大型のマダイ、トビエイ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、キンメモドキ、キビナゴの群れ、サクラダイ、メジナの群れ、アジの群れ、キンギョハナダイ、カシワハナダイなど

ビーチ:
ボラクーダ(期待)ミジンベニハゼのペア、ネジリンボウ、ハナタツ、キンメモドキ、タツノイトコ、サンゴタツ、シビレエイ

ホワイトVオクトパス、コワタクズガニ、ツノガニ、アケウス、ミズヒキガニ、ヒヅメコシオリエビ、クビナガアケウス、コノハガニ、ヒメイカ、マダコ、スナダコ、ミサキコウイカ、ボウズコウイカ、ダイナンウミヘビ、ヒメギンポの産卵


ウミウシ
ウデフリツノザヤウミウシ、アマクサアメフラシ、ヒブサミノウミウシ、イシガキウミウシ、ベッコウヒカリウミウシ、ニシキウミウシ、サメジマオトメウミウシ、オトメウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシ、アズキウミウシ、ウミフクロウ、ゴマフビロードウミウシ、クロボウズ、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、クロヘリアメフラシ、マドレラ・フェルギノーサ、スイートジェリーミドリガイ、ミチヨミノウミウシ、ドト・ラケモサ、サラサウミウシ、 ヒロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、エダウミウシ、クモガタウミウシ、アメフラシ、ジャンボアメフラシ、ミヤコウミウシ
4月21日 土曜日   水温:15〜16℃ 透明度:6〜8m 曇り時々晴れ

 曇ったり晴れたりしていましたが暖かい一日でした。
ビーチは風影で終日ベタ凪の穏やかな海況でしたが、ボートは南西の風で少し揺れました。明日も似たような海況になりそうです。


       


 ビーチでは新しく見つかったどで〜んとでっかい15cmぐらいあるカエルアンコウ、ミジンベニハゼやヒブサミノウミウシ、アカエラミノウミウシなど。
ボートではベニカエルアンコウやハナタツ、イガグリウミウシ、ヒドデヤドリエビなどが見られています。 


4月20日 金曜日   水温:15〜16℃ 透明度:6〜8m 曇り時々雨
一日曇り空で、時々小雨がぱらつきました。
黄金崎公園ビーチは穏やかでした。

4月19日 木曜日   水温:15〜16℃ 透明度:6〜8m 曇り

 昨日の夜はものすごい風でした!!
ビュービュー吹き荒れる風の音は、まるで台風がやってきたかのようでした。今朝方までその影響が残っていましたが、お昼にはずいぶん穏やかになりましたよ。
4月18日 水曜日   水温:15〜16℃ 透明度:6〜8m 曇り時々雨

 今日は冬に逆戻りしたかのような一日でした!(>_<)
一日中気温もさっぱり上がらず、ボートでの移動は凍えそうな感じでした!戻ってからのお風呂がなんとありがたいことか・・・。生き返るってヤツですね(^^ゞ

 さて、ボートですが、いよいよトビエイが舞い始めました(^o^)丿
今日は2枚が舞っているのが観察されています♪これからどんどん増えてくることと思われます!GWが俄然熱くなってきましたよ〜^^


      


 他、ハナタツやベニカエルアンコウなどの人気者のほかに、キビナゴの大群や大型のマダイなど、ワイド系もイケてます^^透明度は・・・・・・まぁこの時期はこんなもんでしょう(笑)


4月17日 火曜日   水温:15〜16℃ 透明度:6〜10m 曇りのち時々雨

 今日は午前中は天気が良くて、黄金崎に遠足に来ていた子供たちも大喜び(^o^)丿ところがお昼になるころからだんだんと空が暗くなり始め、午後には一時本降りになった時間帯もありました。
 幸い子供たちはお昼にはどこかへ避難して行ったようで、雨に降られることはなかったと思います。


 今日は水温が1℃下がっていたので、ミジンベニハゼやネジリンボウをはじめ、ハゼたちは軒並み巣穴へと引っ込んでいました(^^ゞ

 ミズヒキガニのペアがいたら、抱卵しているメスをぜひ見てください。
きれ〜いな白い卵を抱えていますよ^^


4月16日 月曜日   水温:16〜17℃ 透明度:6〜10m 曇り時々雨

 今日は小雨が降ったり止んだりのお天気でした。
大崩れしなくてよかったです^^

 ビーチおじさんの1人、上松さんの船のペラにロープが絡まったそうで、急遽ロープ外しに潜ることになりました(^^ゞなんとそんな状態にもかかわらず、わざわざ黄金崎まで来てくれたので、外し終えた後ついでに1本潜ってきました。


       


 ミジンベニハゼのペアは、いよいよ少々のことでは驚かなくなってきました(^^ゞかなり接近してもパクパク捕食に夢中です。いよいよ産卵の準備でしょうか???まぁ空き缶なので、外から卵はわかりませんが・・・


 マトウダイの子供はここしばらく住み着いているようですが、昨日からサビハゼの幼魚とチャガラの幼魚の、まだほとんど透明な個体があちこちで見つかるようになってきました(^o^)丿冬の間の愛の結晶ですね。
過酷な生存競争でしょうが、少しでも多くの個体が元気に大きくなって、また冬に楽しませてもらえるといいですね。

4月15日 日曜日   水温:16〜17℃ 透明度:5〜8m 晴れ

 昨日に一転して今日は穏やかな春の陽気の一日でした^^
ビーチもボートものんびりと潜ることができました♪


 ビーチではミズヒキガニのペアや、ヒメギンポの産卵とその小さな小さな卵や、キヌヅツミガイの仲間たちや、アオリイカの産卵床に早速やってきていたアオリイカ、砂地に隠れるシビレエイ、それから色とりどりのハナタツとサンゴタツとタツノイトコなどに出会うことができましたよ〜(^o^)


       


 ビンゴゲーム、今日初めてガイドのかたにご案内したのですが、なかなか揃わないものですね〜(^^ゞどうにかこうにか1列揃いました。
何しろ水中に入ったら、頭からぽろっと抜け落ちているんですもんね(笑)
今日も鉄板!と言っていたコノハガニを紹介するのを忘れていました・・・(-_-;)


       最近見られている生物

ボート:ウデフリツノザヤウミウシ、大型のマダイ、トビエイ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、キンメモドキ、キビナゴの群れ、サクラダイ、メジナの群れ、アジの群れ、キンギョハナダイ、カシワハナダイなど

ビーチ:
ボラクーダ(期待)ミジンベニハゼのペア、ネジリンボウ、ハナタツ、キンメモドキ、タツノイトコ、サンゴタツ、シビレエイ

ホワイトVオクトパス、コワタクズガニ、ツノガニ、アケウス、ミズヒキガニ、ヒヅメコシオリエビ、クビナガアケウス、コノハガニ、ヒメイカ、マダコ、スナダコ、ミサキコウイカ、ボウズコウイカ、ダイナンウミヘビ、ヒメギンポの産卵


ウミウシ
ウデフリツノザヤウミウシ、アマクサアメフラシ、ヒブサミノウミウシ、イシガキウミウシ、ベッコウヒカリウミウシ、ニシキウミウシ、サメジマオトメウミウシ、オトメウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシ、アズキウミウシ、ウミフクロウ、ゴマフビロードウミウシ、クロボウズ、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、クロヘリアメフラシ、マドレラ・フェルギノーサ、スイートジェリーミドリガイ、ミチヨミノウミウシ、ドト・ラケモサ、サラサウミウシ、 ヒロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、エダウミウシ、クモガタウミウシ、アメフラシ、ジャンボアメフラシ、ミヤコウミウシ
4月14日 土曜日   水温:16〜17℃ 透明度:3〜5m 晴れ

 今日は早朝のうちは無風だったのですが、次第に風がそよそよと・・・・・・
朝のうちから風が強くなり始め、あっという間に大波になってしまいました(-_-;)幸いビーチは終日潜れはしましたが、透明度も悪く、あいにくの海況の一日でした。

 明日は海況も回復して、天気もいい予報です。
いい海に恵まれるといいですね(^o^)丿



4月13日 金曜日   水温:16〜17℃ 透明度:8〜10m 曇り

 今日は日中だんだんと南西の風が吹いてきましたが、終日ビーチは波はありませんでした。明日は南西の風と波ももっと強くなりそうな感じです。
ビーチなら大丈夫でしょう。


         


 実に久しぶりにミナミハコフグに出会いました(^o^)丿
寒いのにちゃんとがんばってたんですね〜!もう大きさは6cmぐらいありました。
 16℃まで下がるときもある柏島にも、ちゃんと成魚がいましたんで、このまま越冬しそうな感じですね^^


         


 コガネマツカサウミウシのペアです。
卵らしきものも左下にぶら下がっています。

 他、ウミウシではクモガタウミウシやドト・ラケモサ、シロウミウシやアオウミウシ、ウスイロウミウシの幼体やサラサウミウシの幼体、ツヅレウミウシやミヤコウミウシ、ミドリアマモウミウシやクロボウズなどに出会えました。


4月12日 木曜日   水温:16〜17℃ 透明度:8〜10m 晴れ

 今日も気持ちよいぽかぽかのお天気です^^
山々の桜や新緑を眺めると心が和みますね〜。


       


 久しぶりに透明度が回復しました♪
海中も明るく、潜っているだけで心が浮き立ちますよね^^


          


 今年は暖冬の影響かアオリイカの動きが早いようで、もう産卵を始めているエリアもあるようです。安良里もそういうわけで、例年より一月ほど早く産卵床を投入してみました(^o^)丿
今年は素材も通例の椎の木に加えて、竹も使ってみたり、普段寝かせている産卵床をホンダワラなどのモクの仲間に見立てて立ててみたりと、少しですが工夫を凝らしています。

 自然相手のこととはいえ、昨年は目も当てられない結果だったので、今年はたくさん産卵しに来てもらいたいものですね。今から楽しみです^^


       


 今年もいつもの彼が戻ってきました(^o^)丿
エントリ口のパイプに住むホシギンポのオスです。
中を覗いてみたら、もうすでに準備万端。しっかりと掃除がしてありました(笑)
これからしばらくすると、メスを受け入れて産卵する姿や、子育てする姿が観察できることでしょう。

 同じくもうじき産卵期が始まるカワハギも縄張り争いに忙しいようで、新学期、新年度が始まった人間たちだけではなく、海の中でも少しずつ季節が移ろい始めているようです。




4月11日 水曜日   水温:15〜16℃ 透明度:5〜6m 晴れ

 今日も春らしいのどかな一日でした。
明日はアオリイカの産卵床の投入ともあり、今日はビーチのおじさんたちとの綿密な(?)打ち合わせを行いました(^o^)丿
これで明日はばっちりうまく行くことでしょう!


4月10日 火曜日   水温:15〜16℃ 透明度:5〜6m 晴れ
今日も薄曇でしたが海も静かで春らしい一日でした。
本日は潜らずに携帯サイトの更新
ナビゲーションフィールドページの更新などで一日を費やしてしまった。

さらに
「東名高速でゴールデンウィーク夜間半額割引」
http://www.carview.co.jp/news/0/34516/
キャンペーンを見つけてしまった!!
大和トンネルを挟む上りだけに限定ですが、使えそうですよ
これでGWは西伊豆で決まりだね!(^^)!

などなど
ヤマナカは一日中パソコンの前に座っていた(^_^;)


 さてさて、実働部隊の中野・日比野・関の3人は、静岡県ダイバーズ協議会による、西伊豆消防AEDプロバイダー救急救命講習会に参加してきました。
4時間のプログラムをしっかり受講してきました。


       


 受けっぱなしでは錆びつきますので、定期的な訓練が欠かせません。
継続して訓練を続けて行きたいと思います。



4月9日 月曜日   水温:15〜16℃ 透明度:5〜6m 晴れ
 いい天気で暖かな一日でした。
海もベタ凪です。
 ビーチで擬態するホワイトブイが全身を出していました
     
 足を左へたなびかせていますが
何に見えます??
日比野さんは「カニ」
山中は「イソギンチャク」

     
 ではこちらは?
山中は「伸ばした足はゴカイ?」
ホワイドブイだって何をしているのか考えていないのかもしれませんが(^_^;)
変わったタコですね〜〜

その他
ミジンベニハゼやハナタツ、サンゴタツ、シビレエイ、テンス、ほら貝の産卵などをジックリ眺めていたら85分の潜水でした。ホカロンのおかげで寒さ知らずのダイビングでした。


生き物ビンゴ
4月1日より満を持していよいよスタートしました!
詳しくは特設ページをどうぞ!みんなでLet'sビンゴ〜♪

4月8日 日曜日   水温:15〜16℃ 透明度:5〜6m 晴れ

 今日も穏やかな天気と海に恵まれました^^
透明度は相変わらずイマイチな状態が続いていますが、この時期からならではの海藻などに目を向けると、なかなか趣き深いものがあるような気がします(^^ゞ
 ヒジキはだいぶ採られてしまっていますが、タマハハキモクやテングサの仲間が元気一杯です。アミモヨウという網目模様の海藻や、アヤニシキ(綾錦)というきれいな名前がついた海藻など、見所は多いですよ。単体でもいいのですが、ウミウシなどと絡めて写真に撮ってみてはどうでしょうか^^


 黄金崎のビーチにもシビレエイがようやく増えてきました。
よくよく砂地を気をつけて見てみると、隠れている場所にはびみょーな違和感があるかと思いますよ(^o^)丿


       最近見られている生物

ボート:ウデフリツノザヤウミウシ、大型のマダイ、トビエイ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、キンメモドキ、キビナゴの群れ、サクラダイ、メジナの群れ、アジの群れ、キンギョハナダイ、カシワハナダイなど


ビーチ:
ボラクーダ(期待)ミジンベニハゼのペア、ネジリンボウ、ハナタツ、キンメモドキ、タツノイトコ、サンゴタツ、マトウダイ、シビレエイ

ホワイトVオクトパス、コワタクズガニ、ツノガニ、アケウス、ミズヒキガニ、ヒヅメコシオリエビ、クビナガアケウス、コノハガニ、ヒメイカ、マダコ、スナダコ、ミサキコウイカ、ボウズコウイカ、ダイナンウミヘビ、ヒメギンポの産卵


ウミウシ
ウデフリツノザヤウミウシ、アマクサアメフラシ、ヒブサミノウミウシ、イシガキウミウシ、ベッコウヒカリウミウシ、ニシキウミウシ、サメジマオトメウミウシ、オトメウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシ、アズキウミウシ、ウミフクロウ、ゴマフビロードウミウシ、クロボウズ、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、クロヘリアメフラシ、マドレラ・フェルギノーサ、スイートジェリーミドリガイ、ミチヨミノウミウシ、ドト・ラケモサ、サラサウミウシ、 ヒロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、エダウミウシ、クモガタウミウシ、アメフラシ、ジャンボアメフラシ、ミヤコウミウシ


4月7日 土曜日   水温:15〜16℃ 透明度:5〜6m 晴れのち雨

 朝のうちは良かった天気も、午後になると曇りとなり、夕方には小雨が降り始めてしまいました。水中も逸れに比例して、午後にはかなり薄暗くなってしまいましたね(^^ゞ


       


 自分(中野)は久しぶりにボートに2本入りましたが、あいにくトビエイには遭遇しませんでした。マダイの乗っ込みも今日は見かけませんでした。

 写真のシラユキウミウシやサメジマオトメウミウシ、オトメウミウシやピカチュウ、ハナタツやベニカエルアンコウなどに出会いました^^
漁師さんには内緒ですが(笑)、特大のイセエビが2匹いました!
ボートの西根の下あたりは10mぐらい見えている感じでしたよ〜。


 
4月6日 金曜日   水温:15〜16℃ 透明度:5〜6m 晴れ

 今日は穏やかな天気と海況でした^^
のどかな黄金崎にはやっぱり凪の晴れの日が合いますね♪
ソメイヨシノや大島桜がひらひらと花を散らせていく様が見事です。


       


 一方、この週末満開になるのがこのシロタエ(白妙)という桜です。
妙なる、という漢字がつくだけあって、なかなか得も言われぬ風情がありますね。


       


 珍しい緑の桜、御衣黄桜もようやく花を開かせました(^o^)丿
こちらはまだ1部咲きぐらいですので、来週土日ぐらいまで楽しませてくれそうです♪


          


 カンザン(関山)という桜です。
まだこちらは1つしか花をつけていません。まだまだかかりそうですね。
こうして、黄金崎には15種類もの桜があるおかげで、長い間花見を楽しむことができます^^


          


 花壇や、後ろの山々も負けてはいませんね^^
ぜひランチタイムには芝生や花壇まで足を伸ばしていただきたいです。


4月5日 木曜日   水温:15〜16℃ 透明度:5m 晴れ

 今日は西風で延び延びになっていたヒジキ漁の解禁日でした(^o^)丿
スタートダッシュが肝心なだけに、50人ぐらいの地元の人々が出陣していました!

     
          黄金崎対岸での漁の模様


     


 こちらも同じく延び延びになっていたナビゲーションフィールド作成の模様です。ようやく完成しました!(^^)!じゃんじゃん利用して下さいね!


         


 水中ではこのように見えます。
第一チェックポイントのNo.1ブイです。
 スクエア、トライアングルといった基本形はもとより、重量物の引き上げ訓練用の重めの鉛などが用意してあります。



4月4日 水曜日   水温:15〜16℃ 透明度:5m 曇り
朝のうちはベタ凪だったのに、お昼前から風が吹き始め、夕方には強く吹いていました。ビーチは昼からの風だったので、潜れていました。


AM8:45ごろのビーチ
風が西風に変わったころ
まだまだベタ凪


PM12:45ごろのビーチ
波が立ち始めています
まだ左のエントリー口からでも入れます。

今日の西風予想は波高3メートルでした。
同じ風と波高でも吹き始める時間やわずかな風の向きの違いでも、波の立ち方が違いますね〜〜
早めに現地に確認するのがベターですね。



4月3日 火曜日   水温:15〜16℃ 透明度:5m 曇り

 今日は先日から一転して肌寒い一日となりました。
風は北よりではなく西風だったのですが、気温が上がらずビーチでもボートでもストーブが活躍していました。


 今日はビーチでミジンベニハゼやミズヒキガニ、ゴマフビロードウミウシやヒメマダラウミウシなどが見られていました。
ソメイヨシノは見ごろですが、大島桜が散り始めたので桜吹雪がきれいですよ^^お風呂に落ちた花びらなんかもなかなかオツなものですよね♪



4月2日 月曜日   水温:15〜16℃ 透明度:5m 曇り

 ニュースで黄砂の飛来を告げていましたが、春霞も目立ちます。
最近黄金崎から富士山があんまりきれいに見えませんね^^;

 今日は土肥まで所要で行ってきたのですが、色とりどりの山々の桜と新緑の対比が本当にきれいですね^^途中、紅白の桜(?)がはっと目を引きました。あれはなんて名前なんでしょう???



4月1日 日曜日   水温:15〜16℃ 透明度:5m 晴れのち曇り

 今日は桜祭り!!
今年はちょうどいい具合に桜も咲いてくれました^^
しかも天気もいい!こんないい状態に恵まれた桜祭りも珍しいと地元のおじさん達が言ってました♪


       


 舞い散る花びらを掃き集めるのが大変そうです^^;


       


 今日は年に数回しかないモノレールの体験乗車会!!
地元のちびっ子からおじいさんたちまで、本当にたくさんの人々が乗っていました。さすがに運転手のおじさんもけっこうお疲れだったようです(^^ゞ


        


 見てください!
この黒山の人だかり!!
こんなモノレールの順番待ちを見たのは初めてです^^;


        


 昨年よりも屋台ががんばっていて、12時ぐらいまで食品やお土産などを買い求める客で賑わっていました^^自分たちもサザエご飯や焼き鳥、焼きそばや桜まんじゅうなどをちゃっかりゲットです♪


        


 今回は他にも無料ところてんや、無料の桜茶、それから野点(のだて)の無料サービスなどがありました。野点では毎年地元の中学一年生がこの桜祭りで着物を着て、お茶を入れてくれます。
お昼ごろは晴天だったので、さぞかし暑かったでしょうが、立ち寄る人々にかいがいしく振舞って回っていました。お疲れさまでした(^o^)


       


 海は昨日の時化の影響で透明度がよくなかったです。
こういう日は絶好のマクロ日和なので、小さな生き物を探して回りました。このウミウシはたまにケーソンで見つかる1cmぐらいの珍しいウミウシです。


       最近見られている生物

ボート:ウデフリツノザヤウミウシ、大型のマダイの乗っ込みの群れ、トビエイ、ドチザメ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、キンメモドキ、キビナゴの群れ、サクラダイ、メジナの群れ、アジの群れ、キンギョハナダイ、カシワハナダイ、クダヤギクモエビなど


ビーチ:
ボラクーダ(期待)ミジンベニハゼのペア、ネジリンボウ、ハナタツ、キンメモドキ、タツノイトコ、サンゴタツ、マトウダイ

ホワイトVオクトパス、コワタクズガニ、ツノガニ、アケウス、ミズヒキガニ、ヒヅメコシオリエビ、クビナガアケウス、コノハガニ、ヒメイカ、マダコ、スナダコ、ミサキコウイカ、ボウズコウイカ、ダイナンウミヘビ、ヒメギンポの産卵


ウミウシ
ウデフリツノザヤウミウシ、アマクサアメフラシ、ヤマンバミノウミウシ、ヒブサミノウミウシ、イシガキウミウシ、ベッコウヒカリウミウシ、ニシキウミウシ、サメジマオトメウミウシ、オトメウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシ、アズキウミウシ、ウミフクロウ、ゴマフビロードウミウシ、クロボウズ、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、クロヘリアメフラシ、マドレラ・フェルギノーサ、スイートジェリーミドリガイ、ミチヨミノウミウシ、ドト・ラケモサ、サラサウミウシ、 ヒロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、エダウミウシ、クモガタウミウシ、アメフラシ