安良里ダイビングセンター

安良里ボート&黄金崎公園海況データ

2007年 5月

● 最新海洋情報  ●トピックス   ●旬な生物   
●過去ログ&過去旬な生物&過去水温&透明度データ
5月31日 木曜日   水温:17〜19℃ 透明度:5〜8m 晴れのち曇り

 今日は天気予報は悪かったのですが、日中は何とか無事に保ってくれました^^


        


 エントリー前からヒラメ釣りの漁船が沖に出ていたので予感はあったのですが、19mケーソン付近でカタクチイワシの超大群に遭遇しました!!
これほどの群れを見たのは初めてです。真っ黒い雲のような密度でびっしりと群れていました。


           


 群れが通り過ぎたあとに、なんだか見慣れない物体が砂底に積もっていました。それがなんとよくよく見るとこのカタクチイワシのうんち!!
口を閉じずに大きく開けたまま泳いでプランクトン類を捕食し、そのままうんちしていくので、周りを見渡すと雪のようにうんちが降ってきていました(^^ゞ


        


 沖のヒレナガネジリンボウがペアになりました♪
1個体だけ最初は出ていたのですが、しばらく観察していると、もう一つ黄色い頭がぴょこんと出てきました。これで黄金崎ビーチには2ヶ所でヒレナガネジリンボウのペアが見れていることになります。冬場の高水温が幸いしましたね〜(^o^)丿

 他、ミジンベニハゼのペア、ウミテングやキンメモドキ、クロホシイシモチの大群、シロギスの群れやアオリイカの卵、ケンサキイカの卵や大きなヒラメ、1m近い個体もいるコチなどが見所です。

5月30日 水曜日   水温:17〜19℃ 透明度:5m 晴れのち曇り
曇りで気温も低い予想でしたが朝からピーカン!!
予報もはずれ〜〜〜かと思いきや昼から曇り始めて少し涼しくなってきました。海は昨日に引き続きベタ凪ですが、透明度が今一です(^_^;)

 黄金崎公園の波打ち際でイワシがピチピチ打ち上げられていました。
沖にも沢山のイワシがいたので、何かに追われていたようです。
 またその打ち上げられて荘になっているイワシを追ってウツボが浅瀬に来ていました。外人さんが見たら大喜びだったでしょう(定説1:外人はウツボ好き)

 相変わらずトビエイがビーチで見られています。
またウミテングやミジンベニハゼも絶好の被写体となっています。
ただオオウミウマが見つかりませんでした(^_^;)

明日も東風でいい凪でしょう。
5月29日 火曜日   水温:17〜20℃ 透明度:5〜8m 曇り

 今日は終始穏やかな海に恵まれました^^
対岸の根合い海岸では、滞りなく何かの撮影が行われていましたよ〜。

 今日はミジンベニハゼのリクエストが入っていました。
ビンの方のペアが実にいい被写体になっています♪
並んだりあくびをしたりとなかなかサービス精神も旺盛です。
近くには珍しいハチマキダテハゼの越冬個体もいたりと、なかなか楽しい場所ですよ。


       

今日もビーチではトビエイが見られています。ヒット率高いですね。
砂地に大きなクレータのような穴が開いているのはトビエイが餌を探した跡だと思います。餌を求めて穴を掘っているトビエイを見たことあります?(^^)
 他、アケウスやクモガニ。トゲカナガシラ、マトウダイやシビレエイ、キビナゴの群れやキンメモドキの群れがきれいでした。ヒレナガネジリンボウやウミテングも確認されていますよ。

5月28日 月曜日   水温:17〜20℃ 透明度:5〜8m 曇り

 今日は一日なんだかすっきりしない曇り具合でした。
お昼の時間帯にようやく晴れ間が出たので、ここぞとばかりに日に当たってましたよ〜^^

 透明度はビーチもボートももう一息といった感じでしたが、ボートのトビエイは今日も好調で3枚見ることができました。


        


 今日はボートでネコザメに遭遇!!
西伊豆では案外珍しいですよね。ちょこんと岩の上に乗っている中型の個体でした。のんびり屋さんなのか、じ〜っとしていました。お花畑にいるみたいでしたよ^^
 他、オルトマンワラエビやサクラダイ、ナガハナダイのメス、ハナタツ、アオリイカ、大きな越冬クマノミやマダコなどに出会えました。


         最近見られている生物

ボート:大型のマダイ、トビエイ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、ネンブツダイの群れ、キビナゴの群れ、サクラダイ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、カシワハナダイ、越冬クマノミなど

ビーチ:
オオウミウマミジンベニハゼのペア、カスザメ、ネジリンボウ、ハナタツのペア、サンゴタツのペア、キンメモドキの群れ、タツノイトコ、シビレエイ、コチ、ヒラメ、

コワタクズガニ、ツノガニ、アケウス、コノハガニ、ヒメイカ、ヒメコウイカ、スナダコ、ダイナンウミヘビ、モンガラドオシ、ヒメギンポの産卵


ウミウシ
シロハナガサウミウシ、ゾウアメフラシ、ミスガイ、ホシアカリミノウミウシ、ヨツマタミノウミウシ、コモンウミウシ、シラウメウミウシ、ヒラミルミドリガイ、ミドリアマモウミウシ、ヒメクロモウミウシ、ムラサキウミコチョウ、アカエラミノウミウシ、アマクサアメフラシ、サメジマオトメウミウシ、オトメウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、アズキウミウシ、ウミフクロウ、ゴマフビロードウミウシ、クロボウズ、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、クロヘリアメフラシ、ヒイラギウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、ミチヨミノウミウシ、サラサウミウシ、 ヒロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、ミヤコウミウシ、
5月27日 日曜日   水温:17〜19℃ 透明度:5〜15m 晴れ
今日も10時くらいから西風が強くなり、ボートは途中でクローズとなりました。
ビーチは昨日よりうねりが無かった為1日中悪くないコンディションで潜れました。

ビーチの透明度は5〜8メートルで水温18〜19度でした。
最近ビーチでもトビエイをよく目撃しています。(でも優雅に中層をトビエイを見るならボートが良いですね)砂地に大きな穴がたくさん開いています。これもトビエイが夜中に来て餌をあさった跡だと思います。(ナイトログも参照してください)またオラウータンクラブ(ミナミクモガニ)を見つけました。まさしくオラウータンにピッタリです。
ウミテングやオオウミウマやミジンベニ八ゼ(幸せペア2セット、孤独な1人ぐらし1匹)ハナタツは人気です。スタッフには「綺麗だ」と人気のあるササハゼなどなど子ネタ大ネタに事欠かない黄金崎公園です。


 ボートは午前中の早い時間しか出航できなかったのですが、その数回のボートはかなりの数のトビエイに出会えたようでした(^o^)丿
 今日は群れてはいなかったのですが、四方八方から飛んできて、かなり近くまで接近してくれました^^自分達は8枚見れましたよ〜♪
ビーチでもボートでもトビエイが見れるようになり、いよいよシーズン本番ですね!!


5月26日 土曜日   水温:18〜19℃ 透明度:5〜8mのち3m 晴れ
朝から少し大きなうねりが入っていましたが、風もなくビーチもボートも潜れていました。11時くらいまでは「風もなく静かになっていくかな〜〜」なんて思っていたら11時過ぎから急に風が強く吹き始めて、12時30分帰港の船を最後にボートはクローズとなりました。
保安庁の神子元島の風データでも10:55で4mが11:25には11m、11:55には17mに急に風が強くなっていました。急に風が変わった一日でした。

 昨日に引き続きトビエイはよく見えています。4チーム中3チームは見られていました。いよいよトビエイの時期という感じですね!(^^)!
明日にも期待!!
ハナタツやベニカエルアンコウは見られているようです。

ビーチの透明度は朝のうち5〜8メートル午後はうねりがあって、3m程度でした。ビーチにも小さなトビエイが見られています。この時期小さいトビエイは珍しいのですが・・・・。その他メガネウオ、背中が白くて見つけにくいウミテング、ハナタツ、オオウミウマと大きなアケウスのコンビ(一緒の場所にいるだけですが・・・)、ビンの中のミジンベニハゼがペアになったそうです!(^^)!。




5月25日 金曜日   水温:18〜19℃ 透明度:6〜10m 雨

 久しぶりの雨!!
朝から土砂降りです^^;結局一日中降り続けていました。
からっと晴れたピーカンになりそうですが、明日土曜日はびゅーびゅーの西風予報・・・。なかなか週末が西のサイクルから抜けられませんね〜。

        


 1箇所に3個体ミジンベニハゼがいる場所のことをお話しましたが、今日その場所へ行ったら、住処の一つであるシッタカ貝が粉々に砕かれていました。実はここ最近で2回目のこととなります。
 おそらく、最近ビーチでも目撃例が多数あるトビエイ君のお食事となったのではないかと思うのですが・・・。あ、中にいたミジンベニハゼは近くの岩肌に隠れていましたのでご安心を^^

 他、ウミテングやハナタツ、ジョーフィッシュやクマノミ、ヒメコウイカやハナハゼなど。エイの仲間が増えているようです。トビエイ、ヒラタエイ、アカエイなどが目撃されています。


 
5月24日 木曜日   水温:17〜19℃ 透明度:6〜8m 晴れ

 今日も気持ちのよい晴れのお天気に恵まれました^^
ピーカンベタ凪が平日は続いていますが、ここのところ週末をやられてるんですよね〜・・・。


         


 ビーチの浅場は透明度も10mぐらいあって、光が差し込んでいてとってもきれいです。海藻がゆ〜らゆ〜らして小魚がちょろちょろ・・・気持ちも落ち着きますね。今日潜った方々も、魚がたくさんいた!と喜んでいました^^
中でも30cmぐらいあるゾウアメフラシが一番おもしろかったようです。
 他、ヒレナガネジリンボウがペアになっていたり、ネジリンボウが引越し?をしていたり、ダテハゼが求愛をしていました。

 ボートのトビエイも2枚いたそうですよ。さすがにシーズンだけあって、ここのところ毎日見れていますね。


5月23日 水曜日   水温:17〜19℃ 透明度:5〜6m 晴れ

 今日もいい凪いい天気(^o^)丿気持ちのよい海日和でした♪

 ボートでは午前中、けっこう強めの潮が南からかかっていました。
透明度はガクンと落ちてしまいましたが、南からの潮のときはトビエイがよく飛ぶ!?
 定かではありませんが、今日は1本目に5〜6枚、2本目にはなんと13枚以上の群れに遭遇したチームもあったようでしたよ〜!!


   写真はイメージです


 いよいよ本格的にシーズンインしたのかもしれませんね。
自分もトビエイの群れに会えるのが楽しみです。
他、ベニカエルアンコウやキビナゴの群れ、コモンウミウシやオルトマンワラエビなど。



5月22日 火曜日   水温:17〜19℃ 透明度:5〜12m 晴れ

 相変わらず朝イチは水が良くて、午後には少し濁るサイクルが続いています^^;今年は春濁りらしい春濁りがないので、やや拍子抜けしています。・・・これからまだ来るかな〜???


           


 浅場にいるアジ玉です^^
数はまだまだ少ないけど、動かないのでいい被写体ですよ〜♪


       


 最近人気のウミテングです^^
けっこう大きめ、見つけやすいので人気ですよ〜♪

 他、ハナタツやネジリンボウ、カスザメやヒラメ、ミジンベニハゼなどにみなさん出会えたようでしたよ^^



5月21日 月曜日   水温:17〜19℃ 透明度:5〜8m 晴れ
清々しい天気です。海もベタ凪です。
ボートは
トビエイが見られるようになって来ました。
また
沖の根の浅いところでメジナとマダイが大きな群れを作っています。特にメジナはサイズも大きくて群れも大きいので迫力あります。
      
昨年の9月に見つかって、しばらくエナガカエルアンコウと思われていた、ベニカエルアンコウが、また元の位置に戻ってきていました。エライ!!
ベニカエルアンコウでレモン色の個体を安良里ではあまり見かけないのですね〜〜他の地区ではどうなんだろう?
ハナタツやネンブツダイの群れ、大型のマダイなど沖の根は相変わらず、大物小物で楽しめています。

ビーチは午前中10メートルほど見えていのたですが、午後から少し悪くなりました。潮が引き始めると濁り始めるような感じです。
引き続き大型のカスザメが目撃されています。カスザメは大人しいのですが、馬鹿にしていじったりして、よく噛まれるそうです。夜動いて昼間じっとしているのに、つつかれたり触られたりしたら誰だって怒りますよね〜〜(^_^;)
ネジリンボウの出は悪かったようですが、ハナタツやオオウミウマ、ミジンベニハゼは見られていました。
5月20日 日曜日   水温:17〜19℃ 透明度:5〜8m  晴れ
いい天気でしたが、海はうねりが残っていましたが、午後からはだいぶ静かになりました。
明日はいい凪でしょう。

 黄金崎公園も徐々にウエットスーツのダイバーが増えていますね〜〜。
個人差があるようですが皆さんそんなに寒がっている様子は見えませんね。陸上が暖かくなっているせいもあるでしょう。!(^^)!
 今日のビーチはカスザメとウミテング、子トビエイが人気でした。全員が見られた訳ではないですが、始めに見つけたショップさんからの情報でドンドン見つかるようになり、後半に潜ったチームはかなりの確立でみられられていました。何とも黄金崎らしい連係プレイでした。
 さらに
いつもの人気者のミジンベニハゼやオオウミウマ、ハナタツ、マトウダイも見られるので、ネタ的には満足いただけたのではないでしょうか!(^^)!

 今日のように、初夏らしい天気に、セミや鳥の鳴き声を聞きながら、黄金崎公園の芝生でノンビリくつろぐにはいい時期です。皆さんもノンビリ時間をとってぜひお出かけ下さい。

 最近見られている生物

ボート:大型のマダイ、トビエイ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、ネンブツダイの大群、キビナゴの群れ、サクラダイ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、カシワハナダイ、越冬クマノミなど

ビーチ:
オオウミウマミジンベニハゼの三角関係+ペア、ネジリンボウ、ハナタツのペア、サンゴタツのペア、キンメモドキの群れ、タツノイトコ、シビレエイ、コチ、ヒラメ、

コワタクズガニ、ツノガニ、アケウス、コノハガニ、ヒメイカ、ヒメコウイカ、スナダコ、ダイナンウミヘビ、モンガラドオシ、ヒメギンポの産卵


ウミウシ
ミスガイ、ホシアカリミノウミウシ、ヨツマタミノウミウシ、コモンウミウシ、シラウメウミウシ、ヒラミルミドリガイ、ミドリアマモウミウシ、ヒメクロモウミウシ、ムラサキウミコチョウ、アカエラミノウミウシ、アマクサアメフラシ、サメジマオトメウミウシ、オトメウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、アズキウミウシ、ウミフクロウ、ゴマフビロードウミウシ、クロボウズ、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、クロヘリアメフラシ、ヒイラギウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、ミチヨミノウミウシ、サラサウミウシ、 ヒロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、ミヤコウミウシ、


5月19日 土曜日   水温:17〜19℃ 透明度:5〜12m 雨のち曇り時々晴れ
南西の風が拭いていたのですが、ビーチは問題なく潜れました。
最近左側に人が集中しているので、 ビーチの右側を一周してみました。
 オオウミウマがまた見つかったといううわさを聞いて、まずはそいつを確認に行くと、そこには大き目のサンゴタツが・・・・(^_^;) ま!黒くて似ているか!
 直ぐ傍には大きなヒフキヨウジ、ヒイラギウミウシをみつけて良し良し(^^)
 ぐるっと一周する間にウミテング、ボウボウの真っ黒い幼魚、マトウダイ、メリベウミウシ、サンゴタツ、ロマノータス属一種、チャガラの幼魚など結構楽しめました。


       


 ここから中野です。
ハッチアウト間近なケンサキイカの卵を発見しました(^o^)丿
・・・すっかり油断していました^^;
こんなになるまで気づかないなんて・・・(汗)


       


 恋の季節ですよ〜。
ゴロタ上ではアオサハギのオスが闘っていました!
お腹の色がとても綺麗です^^


       
5月18日 金曜日   水温:17〜19℃ 透明度:3〜8m 曇り時々晴れ

 今日は思ったほど西風も強くは吹きませんでした。
それほど苦もなくエントリーエキジット可能だったんですが、とめどない底揺れのおかげで、透明度がこりゃイマイチです。沖合いの17℃の水のところは、ややきれいだったので、水が入れ替わるのに期待したいところです。


       

 1ヶ所で3匹のミジンベニハゼが見られる場所があるのですが、ビンの中にいる個体が一番大きいようです。お腹もパンパン!早く卵を産んでくれないかな〜♪


       


 一方、こちらは巻貝の中に住むミジン君(むしろちゃんか?)です。
さて、両手に花のもう1匹のオスらしきミジン君ですが、こちらは選り取りみどりなのにタコノマクラのマイホームに引っ込んでいます(^^ゞ
早くどちらかとペアを組んでくれるといいのですが、どうなることやら・・・???
他、ハナタツやオオウミウマ、アオリイカの卵など。



5月17日 木曜日   水温:18〜19℃ 透明度:5〜10m 雨のち晴れ

 今日は朝からどしゃ降り!
かと思えば9時ごろには雨も上がって西の空も明るくなり始め、「さぁこれは吹き始めるぞ〜」っと、天気予報だけじゃなく、自分達も船長達もビーチのおじさん達も予想していたのですが、ぜ〜んぜん穏やかなベタ凪の一日でした^^;


 さて、ビーチでは初登場?となるホソアヤメケボリの登場です。
シックな色合いがなんともマニア心をくすぐりますね〜。


       


 4個体いるようです。
ぜひ今のビーチで見ていただきたいイチオシの逸品です。
生態写真は海外の図鑑にしか載ってない珍しい貝だそうですよ^^


       


 水温が上がって、いろんな魚達が活発になってきています!!
写真は3匹のオハグロベラのオスが睨み合っているちょっと珍しいシーンです。たまたま3匹のテリトリーが重なる場所だったんでしょうね〜。
産卵シーズン初期なだけあって、縄張りがはっきり決まっていない現在、こうした火花散る争いがよく繰り広げられていますよ(^o^)丿

 今日は今シーズン初のオハグロベラの産卵を2ヶ所で、それからホシノハゼの産卵を同じく2ヶ所で観察することができました^^
いや〜、水温が上がってきたので、生態観察にもいい季節になってきましたよ〜♪


5月16日 水曜日   水温:17〜20℃ 透明度:5〜12m 晴れのち曇り
水面近くの水温が上がっています。
水底と水面の温度差を感じるようになってきました。これも初夏の特徴です。

ビーチは浅いところにイワシの大群があふれ、クロホシイシモチも小さい個体と大きい固体がいり混じって大きな群れを作っています。


オラウータンみたないミナミクモガニらしきカニがいます。
直ぐ傍に脱皮した殻が・・・・
この前見たときより毛むくじゃらが小さくなったような気がする。
もしかして違う個体?それても脱皮してスリムになった。

トリプルミジンベニハゼの1匹が瓶をにリハウスしました。
この個体はお腹も少し大きいような??
瓶の中で産卵!!!狙い通りに行くかな??
他の個体は小さい巻貝とタコノマクラの破片にまだ住んでいます。
悪徳不動産やから立ち退きを迫られなければ良いのですが(^_^;)

少し姿が見えなかったミズヒキガニがふた周りほど小さくなってたくさん見られています。
オオウミウマもハナタツもサンゴタツもタツノイトコモの人気者います


5月15日 火曜日   水温:17〜18℃ 透明度:5〜8m 曇りのち晴れ
今日からボートポイント広磯がオープンオープン
今日は常設ブイの設置をしてきました。
ボートの透明度は浅いところは5〜6メートルですが、20メートルを越えた辺りから、10メートル以上は見えていました。この時期独特の上が濁って下が綺麗な海になりつつあるのかな??
で広磯の状態は昨年よりももっとトゲトサカが大きくなっていたような気がします(トゲトサカの仲間は潮の状態によっても元気度が違うのですが・・・)
早くちゃんと潜ってみたいです。楽しみ楽しみ!!


 ビーチではリクエストのシビレエイを探し回ったのですが、1時間以上かけても見つからず・・・(-_-;)ただ、最後の最後のエキジット口下の砂地に1個体ぽつんといたそうです。
 他、ヒラタエイやハナアナゴ、モンガラドオシやスナダコ、ササハゼやミジンベニハゼなどに出会えました。


 帰りにアオリイカの産卵床を覗いてみたら、また卵が増えていました(^o^)丿明日にはまた増えているかも???
っというか、そろそろ産卵しているところに立ち会いたいものです^^;




5月14日 月曜日   水温:17〜18℃ 透明度:5〜8m 曇り

 一夜明けて海はすっかり穏やかになりました^^
昨日の夕方の状態が嘘のようです。浅場の透明度も少し回復し、明日以降にも期待が持てます。

 ビーチでは、ようやく待望のアオリイカの卵を発見です(^o^)丿
他のダイビングエリアではバンバン産んでるようなので、もう身悶えしそうなぐらい待ち焦がれていました(笑)


       

         さ〜もうドンドン産んじゃってちょーだい!


       


 ヘビギンポも繁殖期を迎えました(^o^)丿
手前がオス、奥がメスです。だんだん賑やかになってきましたね〜♪

 今日は水中で辺りが真っ暗くなるほどのイワシの群れを見たのですが、そのイワシの群れが何かに追われていたのか、黄金崎のビーチに打ち上がってきました!!カラスやウツボが襲いかかり、波打ち際が一時騒然としましたよ〜。


       


 こちらはハルゼミ。
あ、いるのはもちろん陸上です(^^ゞ
子孫を残し終えたのか、命を全うしようとしていました。
4〜6月に松林に好んで生息する初夏のセミのようですよ。セミの声を聞くとなんだか夏のような気がしますが、まだ『春』のようです^^


5月13日 日曜日   水温:17〜18℃ 透明度:3〜6m 晴れ

 今日は次第に南西風が強くなり、昼過ぎにはビーチの中にもうねりが入ってくるようになりました。明日は高気圧に覆われるので、暖かい穏やかな天気に恵まれそうです^^


 ボートでは朝イチの組が5〜6枚のトビエイが見れたそうです(^o^)丿
今のところ一番の成績ですね。これから水温と透明度が上がってくると、もっともっと期待できると思います。


 ビーチでは、ミジンベニハゼのご近所事情を見に行ってみました。
確かにすぐ近くに3個体が集まっています。どうやらオスが1匹、お腹が卵でパンパンのメスが2匹のようです。この後どうなるんでしょう?まさに両手に花状態!(^^)!


        


 先日発見されたオオウミウマ(?)を確認してきたのですが、写真鑑定してみたところ、オオウミウマでよさそうです。頭頂部のとんがりと、背ビレ基底のとんがりがポイントのようです。

 これで黄金崎ビーチでは、サンゴタツ・ハナタツ・オオウミウマ・タツノイトコを見ることができ、タツの楽園の様相になってきましたよ^^イバラタツがまた見つかるといいんですけどね〜。


      最近見られている生物

ボート:大型のマダイ、トビエイ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、ネンブツダイの大群、キビナゴの群れ、サクラダイ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、カシワハナダイ、越冬クマノミなど

ビーチ:
オオウミウマ、ミジンベニハゼの三角関係+ペア、ネジリンボウ、ハナタツのペア、サンゴタツのペア、キンメモドキの群れ、タツノイトコ、シビレエイ、サカタザメ、コチ、ヒラメ、

コワタクズガニ、ツノガニ、アケウス、コノハガニ、ヒメイカ、ヒメコウイカ、スナダコ、ダイナンウミヘビ、モンガラドオシ、ヒメギンポの産卵


ウミウシ
シモダイロウミウシ、ホシアカリミノウミウシ、ヨツマタミノウミウシ、コモンウミウシ、シラウメウミウシ、ヒラミルミドリガイ、ミドリアマモウミウシ、ヒメクロモウミウシ、ムラサキウミコチョウ、アカエラミノウミウシ、アマクサアメフラシ、ヒブサミノウミウシ、イガグリウミウシ、ミアミラウミウシ、ニシキウミウシ、サメジマオトメウミウシ、オトメウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、アズキウミウシ、ウミフクロウ、ゴマフビロードウミウシ、クロボウズ、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、クロヘリアメフラシ、ヒイラギウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、ミチヨミノウミウシ、コガネマツカサウミウシ、ドト・ラケモサ、サラサウミウシ、 ヒロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、エダウミウシ、クモガタウミウシ、アメフラシ、ゾウアメフラシ、ミヤコウミウシ、
5月12日 土曜日   水温:17〜18℃ 透明度:3〜8m 晴れ

 ここ数日流れがある日が続いています。今日は水温は高めで安定していました。でも透明度は場所と時間によってまばらでした。


 ボートでは、ネンブツダイがびっしり!!
どこからやってきたのか、最近まとまって群れています。
朝イチにトビエイが2枚確認された他、ベニカエルアンコウがたくさん沖の根で観察されていますね^^


 ビーチでは、ミジンベニハゼが2ヶ所で確認されているのですが・・・
なんと沖側の貝に入っていた個体が、住処の貝をトビエイだか何かに粉々に砕かれていました^^;

 「すわミジンはいずこ!?」

っと焦ったのですが、幸い隣に落ちていたタコノマクラの残骸の中に入っていました^^しかもそこにはもう1匹、すなわち3匹目のミジンの姿が!!
とてもレアなシチュエーションだと思うんですが、1箇所で3匹のミジンベニハゼに会うことができますよ〜♪

 他、シビレエイやヨメゴチ、オオウミウマ(?)やコノハガニ、タツノイトコやアオリイカ、沖の19mケーソンのミナミクモガニなどに出会うことができましたよ〜。
 クロホシイシモチのペアの挨拶行動やオハグロベラのケンカ、ウミタナゴのペアの挨拶行動などの繁殖生態シーンも盛り上がってきています!


5月11日 金曜日   水温:15〜18℃ 透明度:5〜15m 晴れ

 今日は朝イチに冷た〜い潮が入っていました^^;
きれいなんですけど、あいにく15℃!こりゃ〜寒い寒い。流れもなんだか速かったです。


        

 5月に入ってからというもの、魚たちがなんだか騒がしいです。
写真はホシノハゼですが、興奮色を出した2匹がにらみ合っています。


        


 するとサムライが切りかかるようにズバッと体当たりの空中戦です!
激しい戦いはしばらく続きました。体の大きさが近いと、実力伯仲なことが多いですよね〜(^o^)丿


       


 エキジット口の水深4mに真っ黒いエイが落ちて(?)いました。
動画モードでも撮影したのですが、たまにヒレを動かしたり、エラもちゃんとパクパクしていたので生きてはいたみたいです^^;
今日は昨日のミジンベニハゼのペアも、小型のトビエイもビーチで見つかりましたよ〜。



5月10日 木曜日   水温:17〜18℃ 透明度:5〜7m 曇りのち雨

 今日は夕方にどしゃ降りがありました^^;
雷様がゴロゴロゴロゴロ・・・。ピカピカ光ったりもして、なかなかスリリングな感じでした。今はもう雨も上がって西日が差しています。


 今日のボートでは沖の根でトビエイが2枚出たそうです^^
昨日の2枚は着底トビエイでしたが、今日のは2枚とも遊泳個体だったそうです。いよいよシーズンインなのかもしれませんね♪

 ビーチでは先日行方不明になっていたミジンベニハゼのペアを再発見しました^^これで2ペア黄金崎にいることになりました♪


       


 近くではこんな生き物が見つかりました。
ウミウシに似てますが、マメアゲマキガイの仲間です。よく見ると近くにもう1個体いました。大きさは7mmぐらい。
この仲間は外套膜が貝を覆うのが特徴です。

 他、ハナタツやたくさんいたシビレエイ、大きなホウボウやきれいなハナハゼなどに出会えました。明日もミジンベニハゼがいるといいな〜!


5月9日 水曜日   水温:16〜18℃ 透明度:10m〜15m 晴れ

 今日も暑い!!
都心部でも午前中にすでに28℃を記録したとか。
黄金崎は涼しく快適ですが、西日が差す安良里は、海面からの照り返しもあって、30℃近くになりました。
こんな日はもうウェットでスカ〜ッと潜りたくなっちゃいますよね〜!


 ボートでは久しぶりに黄金崎(ボート)に入りました。
40cmほどの大型のアジやムツの群れ、サクラダイやカラスエイ(?)などに出会いました。トビエイの遊泳個体にも1匹遭遇しましたよ^^
魚影とソフトコーラルは、今のボートポイントの中ではピカイチですね。

 いつもの我らが沖の根では、シーズンインとばかりに2個体のトビエイが並んでお休み中〜♪
2匹揃って胸ビレのカール具合がたまりませんね。15mほど離れていたのにデート中の2匹はばっちり警戒していました。お邪魔しちゃってごめんなさい^^;
他、少し早めのムラサキウミコチョウや、シラユキウミウシやムラサキミノウミウシ、大量のキビナゴの群れとそれを追うサバ(?)などに出会えました。



5月8日 火曜日   水温:17℃ 透明度:8m〜12m 晴れ
動くと少し暑いくらいで初夏の天気でした。いよいよ「寒いね〜〜」という挨拶とも完全にお別れですかね!(^^)!

ビーチは引き続きイバラタツを探していたのですが、見つかりませんでした。何処かにいるのでしょうが・・・・。
今日はネジリンボウがよく出ていました。トゲカナガシラもあっちこっちで目につきました。ヨメゴチの尻ビレのシックなブルーがきれいですね。


 ボートは少し透明度が落ちていました。
遠くまで見通せない分、マンボウマンボウ・・・と期待しながらきょろきょろしてしまいます(^^ゞ
 トビエイも今日はお留守でしたが、キビナゴの群れやメジナの群れ、ベニカエルアンコウやシモダイロウミウシなどに出会えました^^


5月7日 月曜日   水温:17℃ 透明度:8m〜10m 曇りのち晴れ

 今日は昨日のうねりが残りましたが、風は弱く、次第に海は穏やかになっていきました。明日はもっとよくなっていそうです^^


 昨日見つかったミジンベニハゼやイバラタツに早速会いに行ったのですが、あいにく影も形も見つからず・・・。確かにここにいたであろう痕跡の、4畳半1間のような小さな貝のお家だけがポツンと残っていました。近くにいると思いますんで、また改めて探してみたいと思います。
キビナゴの群れがきれいでしたよ^^


5月6日 日曜日   水温:16〜17℃ 透明度:8m〜13m 雨
GW最終日は雨でしたが海は静かでした。
最終日はいつもノンビリしています。
なので今日はビーチだけ


なんと!なんと!!
昨年夏からずーっと皆の人気者だったイバラタツが復活したもようです(おそらくこの前までいた個体だと思われます)ジプシークラブ様が見つけてくれました。明日確認に行くのが楽しみです。
また
       
新たに野生?の(缶に入っていないという意味です(^_^;))ミジンベニハゼペアも見つかりました。)こんな小さい貝の中でがんばっていたのです。
このミジンベニハゼの周りにはハチマキダテハゼも2匹顔を出しています。
その他
いつもの生物は確認されています。この時期にしては生物が多い黄金崎公園です。

 最近見られている生物

ボート:ウデフリツノザヤウミウシ、大型のマダイ、トビエイ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、ネンブツダイの大群、キビナゴの群れ、サクラダイ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、カシワハナダイ、越冬クマノミなど

ビーチ:
カエルアンコウボラクーダ(期待)ミジンベニハゼのペア、ネジリンボウ、ハナタツのペア、サンゴタツのペア、キンメモドキの群れ、タツノイトコ、シビレエイ、サカタザメ、コチ、ヒラメ、

コワタクズガニ、アケウス、ミズヒキガニ、ヒヅメコシオリエビ、コノハガニ、ヒメイカ、スナダコ、モンガラドオシ、ヒメギンポの産卵


ウミウシ
ウデフリツノザヤウミウシ、ミドリアマモウミウシ、ヒメクロモウミウシ、ムラサキウミコチョウ、アカエラミノウミウシ、アマクサアメフラシ、ヒブサミノウミウシ、イガグリウミウシ、ミアミラウミウシ、ニシキウミウシ、サメジマオトメウミウシ、オトメウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、アズキウミウシ、ウミフクロウ、ゴマフビロードウミウシ、クロボウズ、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、クロヘリアメフラシ、ヒイラギウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、ミチヨミノウミウシ、ドト・ラケモサ、サラサウミウシ、 ヒロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、エダウミウシ、クモガタウミウシ、アメフラシ、ゾウアメフラシ、ミヤコウミウシ、
5月5日 土曜日   水温:16〜17℃ 透明度:8m〜13m 晴れのち曇り

 今日はこどもの日♪
こどもだけのための日ではなく、大人がこどものように遊んでもいい日なんだそうです(笑)
GWも残すところあと一日。
みなさんはこのGW、たくさん遊び倒しましたか???


 ボートではキビナゴとネンブツダイの大群がどっちゃり!!
水面を見上げれば真っ黒いメジナの群れが見れます。マダイも繁殖期ほどではないですが、5〜6匹の大型個体が確認できました。

 ヒラメやイセエビ、夜光貝のように大きなサザエや大きなイシダイなど、おいしそうな魚も多く見られました^^

 小さな生き物ではベニカエルアンコウや越冬クマノミ、ホンソメワケベラのクリーニングや対照的なミナミギンポの食事シーン、オオウミシダトウマキクリムシや妖艶な色を出している越冬カシワハナダイなどに出会うことができました。

黄金崎公園ビーチは新しいネジリンボウが1個体見つかりました。
人気者の大きなカエルアンコウは定位置でどっしり構えていました。

本日はウミウシ探検隊がジックリウミウシ調査をしました。
コミドリリュウグウウミウシ、ヒブサミノウミウシ、アカエラミノウミウシ、ミツイラメリウミウシ、ヒイラギウミウシ、アオボシミドリガイ、スイートジェリーミドリガイ、アスキウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、シラユキウミウシ、シロウミウシ
ムツイバラウミウシ
 
5月4日 金曜日   水温:16〜18℃ 透明度:8m〜15m 晴れ

ボートポイントは、
御黄金のメジナが大きな群れを作っていて迫力ありますよ〜〜。
キビナゴの群れやタカベの赤ちゃんの群れも楽しめました。
長〜く定着しているマツカサウオ。すっかりマイホームです。

沖の根のマダイが少し戻りつつあります。まだ本来の群れではありませんが、大きな個体が根の周りでゆっくり泳いでいます。
定番のハナタツやベニカエルアンコウも健在ですよ〜。


       


 ビーチでは久しぶりに登場の海男とさかな子が人気でした(^o^)丿
監視人のおじさんたちとも長い付き合いのこの2匹。今日はちょっと暑そうでした(^^ゞ
 カエルアンコウの近くにはキンメモドキの大群がいて、水温が高いせいかこのまま越冬するみたいですね^^


      


 右側の白いカニはクモガニ。隣の左側の赤いカニはたぶんミナミクモガニでしょう。おもしろいシチュエーションですね^^



5月3日 木曜日   水温:15〜17℃ 透明度:8m〜15m 晴れ

 今日も気持ちの良い晴天でした^^
ロクハンでもそろそろ陸上が快適な季節になってきました。
日向でちょっぴり日焼けなんてのもいい感じになっていますよ〜。


 今日はボートは無かったのですが、ビーチはGWにダイビングを楽しみに来た方々で賑やかになりました(^o^)丿

 ここ数日微動だにしないカエルアンコウが人気でした^^
場所がすぐのところのせいか、さっくり見てこれるのも好印象でしょうか。
今日は冷たいきれいな潮が上がってきていたのですが、そのせいかシビレエイもよく見つかっていたようです。

 渋滞はまぁまぁあったそうですが、大幅な遅れはなさそうでした。
ただ残念ながら各地で事故が起きているそうです。
みなさんもお気をつけてGWをお楽しみくださ〜い!!


5月2日 水曜日   水温:16〜17℃ 透明度:8m〜12m 曇りのち晴れ

 今日は午後からとってもいいお天気に恵まれました(^o^)丿
遠足に来ていた賀茂小学校や天城小学校の生徒たちも、すごく楽しそうに遊んでいました^^好天に恵まれてほんとよかったですね。
明日もこのお天気続きそうです。ちょっと南西風が吹きますが、いいGWになりそうですね〜。


 ビーチでは、小さなウミウシのホシアカリミノウミウシやヨツマタミノウミウシ、対してとっても大きな50cmほどのゾウアメフラシや、ネジリンボウやミジンベニハゼががちゃんとうねりに負けずにがんばって外に出ていたり、ハナタツやヨメゴチ、珍しいスナダコの赤ちゃんなんかに出会えました(^o^)丿

 明日からGWの後半戦!!
またマンボウが出ますように(笑)


5月1日 火曜日   水温:16〜17℃ 透明度:10m〜12m 雨
透明度が少し良くなりました。水温は16~17℃です。
波もまったくなくベタ凪です。
ビーチでは
でかでかTHEカエルアンコウが目立ち位置でド〜〜ンと居座っています。
ハナタツヤやサンゴタツ、タツノイトコが目立っています。みんな恋のシーズン??。ネジリンボウやマトウダイも見られているので被写体には事欠かない状態です。

       
明日は西風が強くなりそうなのでボートは注意が必要です。