安良里ダイビングセンター

安良里ボート&黄金崎公園海況データ

2007年 7月

● 最新海洋情報  ●トピックス   ●旬な生物   
●過去ログ&過去旬な生物&過去水温&透明度データ
7月31日 火曜日  水温:22〜26℃ 透明度:5m〜8m 晴れ
昨夜の大雨から一転!ドピーカン晴れです。日差しも強くて夏!!!

透明度と水温は変わりませんが、水温が高いので潜っていると楽ですね。
今日ログはビーチだけ。
実は日曜日の午後、細いロープにアオリイカが産卵しているのが発見されました。黄金崎のアオリイカの産卵は毎年夏に見られることが多いので、もしや??と思い、ビーチのおじさんに新しいアオリイカの産卵床を急遽昨日に入れてもらいました。そして今日!!ビンゴ!!産んでいました。
やはり産むところが無くて困っていたのかな?産卵床を置いた場所は水深12〜14メートル地点で、水温もこのあたりなら高いのでじっくり観察できそうです。明日からも楽しみですね。!(^^)!!(^^)!
      
その他ハナタツやネジリンボウ、イサキの群れなども見られています。
大小取り混ぜて暖かい海をのんびり楽しめています。
7月30日 月曜日  水温:22〜26℃ 透明度:5m〜8m 雨時々曇り
今日は朝から凄い雨と雷で目が覚めたほどです。

ボートでは相変わらず大型マダイやイサキ・メジナ・イワシ・スズメダイが群れています。
ビーチではハナタツやネジリンボウ、ウミテングが見られています。

今日は子供たちの「なぎさ水族館」でした。ダイバーがあまり関心を記さない波打ち際に“サプライズ!!”がままあります。ワクワク体験村にぜひご参加下さい。

7月29日 日曜日  水温:22〜26℃ 透明度:5m〜15m 晴れ
今日もまた暑い!!

透明度が階層的に変化しています。
ボートは20メートルを越えると10メートル以上見えて、広磯の30m地点では15メートル以上見えています。ただし浅いことろは3〜5mですね

今日は広磯、御黄金、沖の根の順で3本潜っていました。
全体的になぜか大物に当たっていたような〜〜
広磯で50センチくらいあるイナダ30匹程度の群れに囲まれ!直ぐに70センチくらいのコブダイ、御黄金で大型のマダイとイサキの群れ、沖の根では、相変わらず巨大なマダイの群れと大型コロダイが悠然と泳いでおり、さらに妙に砂が巻き上がっているので近づいてい見ると1.5メートルはあるだろうウシエイが砂をバコバコ掘り返していました。などなど小物を見ずにのんびり大物と戯れていた3本でした。(by山中)


 ビーチでは、昨日のアオリイカの産卵よ再び!ということで、狙っていったチームもいたそうですが、あいにく今日は同じ場所では見られていませんでした。
 イカたちも台風後で産卵場所に不自由していると思われます。今日改めて新しい産卵床を入れましたので、あるいはこれから観察できるかもしれませんね。

 他、ウミテングのペアやハナタツ、ミナミハコフグ、ヤマドリやホクヨウウミウシ属の一種などが見られていました。


         最近見られている生物

ボート:大型のマダイ、イサキの群れ、イナダの群れ、トビエイ、ベニカエルアンコウ、ネンブツダイの群れ、キビナゴの群れ、サクラダイ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、カシワハナダイ、越冬クマノミなど

ビーチ:
アオリイカの産卵、ウミテングのペア、カエルアンコウ、ネジリンボウ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、タツノイトコ、イシモチの仲間の口内保育、コチ、ヒラメ、ツノガニ、アケウス、コノハガニ、スナダコ、ダイナンウミヘビ、モンガラドオシ、など

7月28日 土曜日  水温:22〜26℃ 透明度:5m〜8m 晴れ

 今日も暑い!!

 ギラギラ輝く太陽は夏の日差しそのもの!!
対岸の根合海岸もたくさんの海水浴客で賑わっています^^
ようやく待望の夏、到来ですね♪


 ボートは後半ちょっと波が出たようでした。
 透明度がイマイチなので群れはあまり楽しめなかったようでしたが、いろいろ魚が見れたようです。キラキラとした水面の輝きはボートダイビングでしか味わえない醍醐味ですね^^


 ビーチでは、アオリイカの産卵が爆裂〜〜〜(^o^)丿
待ってました〜!!安良里はいつも遅れてくるらしいのですが、産卵床が台風でなくなったこの時にロープの塊に産み付けに来ていました。
 今日は10ハイ以上が駆け引きをしながら、長い時間産卵していました。透明度がやはりイマイチなのが残念でしたが、交接してるところも観察できましたよ^^明日以降にも期待できそうです!


            


 他、ウミテングのペアやGWの頃にいた大きなカエルアンコウなどが新たに見つかり、台風前と遜色ないダイビングが楽しめていたようでした(^o^)丿明日も楽しみですね♪


7月27日 金曜日  水温:23〜25℃ 透明度:5m〜8m 曇り
今日も暑いですね〜〜
かき氷が食べたくなっちゃいますね〜(^^)
そして
東海地方も本日梅雨明けです!!!!!例年より1週間遅いようです。奇しくも去年とおんなじですね。

透明度はイマイチ!ボートは浅いところが5メートルくらい、水深20メートルを越えると8メートルくらい見えます。
ただ
相変わらず群れは良い感じで群れています。


 ビーチでは、久しぶりにオランウータンクラブに会うことができました。
相変わらずのユーモラスな歩き方です。もう彼らのシーズンも終わりかけでしょうから、何日見れるかな〜・・・。
 他、ハナタツやベニカエルアンコウ、ヨメゴチやワニゴチ、サガミリュウグウウミウシやウスイロウミウシ、イサキの大群やちょっと珍しいハナミノカサゴの幼魚などにも出会うことができました。

 今年はニザダイの幼魚が目につきます。
去年はまったく見ませんでしたからね〜。こうした小さな違いに注目してみても楽しいと思いますよ^^


7月26日 木曜日  水温:24〜25℃ 透明度:5m〜8m 曇り

 今日も暑い一日でした。
梅雨明け宣言はこちらはまだ出てないんですが、それでも30℃近い気温になっていました。日が出てないだけまだいいほうですかね^^;

 ビーチは透明度が落ち気味ですが、ボートで中まで入れば10mほどは見えています。岩陰を覗いてみると、いろんなイシモチの稚魚がいたり、ワニゴチの幼魚がいたりと、夏っぽい要素が増えてきました。そうそう、今年初の小さなミナミハコフグが見つかりました^^



7月25日 水曜日  水温:22〜25℃ 透明度:6m〜10m 晴れのち曇り

 今日も午前中は暑い一日になりましたが、午後には曇りましたんで、過ごしやすくなりました。
今日はBBQゲストが2組お越しでした。見ていてとってもおいしそうで、思わずお邪魔したくなりました(^^ゞ


 ビーチは今日は濁ってしまいましたが、水温は25.3℃を記録!!
いよいよ夏という感じですね。ハナタツやネジリンボウ、ベニカエルアンコウも見つかり、個人的にはガンガゼカクレエビの団地がおもしろかったです^^
 かつて柏島にいた頃に、伊豆にはあんまりいないという話を聞いていたのですが、冬場の水温が高ければちゃんとたくさん見ることができるんですね。

 他、なかなか大きなウシエイがゴロタの斜面から滑空してきたり、ミノカサゴが「何してるの〜?」っと寄ってきたりと、楽しいダイビングができました(^o^)丿



7月24日 火曜日  水温:21〜24℃ 透明度:6m〜15m 曇りのち晴れ

 どうやら梅雨も明けたようです^^
陽射しもジリジリくるような夏の陽射しになりました。
セミたちも一斉に鳴き始め、夕方にはヒグラシが風情たっぷりに鳴いています(^o^)丿

 今日はだんだん透明度が落ちてきました。
午前中の広磯では15mぐらいあったものが、午後には1℃温かい潮が入って来て、かわりにどんよりと薄暗く、緑っぽい色になってきました。ウェットで寒くないのはありがたいですけどね(^^ゞ

 ハナタツやコブダイ、イサキの群れやマダイやメジナの群れ、トビエイも1枚ですがゲットできました^^


 ビーチも同じように後半濁ってきたようですが、8m程度は見えていたようです。ネジリンボウやハナタツ、小指の爪の半分ぐらいのカエルアンコウの赤ちゃんなどが見られているようでした。


7月23日 月曜日  水温:21〜23℃ 透明度:10m〜15m 曇り時々晴れ
いや〜〜
暑いですね
夏って感じです!(^^)!
水温も安定しているし、透明度も良いし!!海はベタ凪!!良いコンディションが続いています。

ボートは相変わらずロウニンアジ風のマダイが悠然と浮いていますし、その中にドット模様の巨大なコロダイも混じり、大物!!!最高〜〜!!って感じです。さらにあメジナの群れ、イサキの群れ、イワシの群れ、小カンパチの群れなど魚影顔濃いので、無条件に楽しめます。トビエイはガイドチームが浅いところで2匹に間近で遭遇!!まだがんばっているのかな??


 ビーチも透明度がいい状態が続いています。
今日は暑い一日でしたが、風がよく通る黄金崎は涼しいですね^^
ハナタツや小指の爪の半分ぐらいの極小カエルアンコウが見られていました。



7月22日 日曜日 水温:21〜23℃ 透明度:8m〜15m 曇り時々晴れ
今日は雨もなく、曇ったり晴れたりした一日でした。
透明度もまた少しよくなった感じです。
全体的に明るくて、冷たい潮もなく、魚影も濃く、のんびり潜るにはいい時期かもしれません。

黄金崎公園ビーチは台風の爪あとを徐々に回復しています。
今日は新たにハナタツが2匹、綿くずのようなカエルアンコウの幼魚がラインアップに加わりました。また小さなミナミハコフグの幼魚も見つかっています。
毎日新しい発見があるのは楽しいですね。


       

 ボートでは、ベニカエルアンコウが今日も見つかりました。
写真はディープワンの山田様の提供です。毎回ベニを見つけてきていただいてます。いつもお見事ですね^^
周りの状態をセンタースタッフにわかりやすく伝えるため、あえて引き気味の写真も撮ってくださってます。さすがです。

沖の根と御黄金は今日はトビエイも見られて、大型のクエも2匹、マダイの群れも見られていて、良い感じですね。のんびり大物を眺めたい人はチャンスですね。
期間限定の広磯はさらに透明度がよく、15〜20m以上見えています。
透明度の良い海にソフトコーラルが沢山あり広磯もポイントの選択に加えるとなると、1日2本どころか3本潜らないと足らないかも(^^)
ますます盛り上がってきている安良里ボートでした。


         最近見られている生物

ボート:大型のマダイ、イサキの群れ、イナダの群れ、トビエイ、ベニカエルアンコウ、ネンブツダイの群れ、キビナゴの群れ、サクラダイ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、カシワハナダイ、越冬クマノミなど

ビーチ:
サカタザメ、ハナタツ、シビレエイ、コチ、ヒラメ、メバルの幼魚、カザリイソギンチャクエビ、コワタクズガニ、ツノガニ、アケウス、コノハガニ、ヒメコウイカ、スナダコ、ダイナンウミヘビ、モンガラドオシ、など
7月21日 土曜日  水温:21〜23℃ 透明度:6m〜13m 雨

 今日は一日中雨が降り続けました。
台風以来の梅雨らしいお天気でしたね。バーベキューのお客様がいらっしゃったのですが、晴天じゃなくて本当に残念でした。


 ビーチでは、台風の後遺症になやまされていたのですが、ここに来て透明度もずいぶん回復〜♪魚も徐々に見つかり始めていますよ。

 今日はハナタツやサンゴタツ、ネジリンボウも見つかりました。
リュウモンイロウミウシやウスイロウミウシ、今年は数が多いガンガゼカクレエビ、ウミウサギガイなどやネンブツダイの群れなど。ヒメウツボという南のウツボも見つかりました。


        


 写真はリュウモンイロウミウシです。
ところで、ただでさえ大きいゾウアメフラシという種がいるのですが、今日の個体は2倍ぐらいの大きさがあるな〜と思ってみていると、なんと交接中なのでした(*^_^*)


 ボートでは、サクラダイのハレムやマダイの群れ、イサキやメジナ、スズメダイの大群が人気だったようです。
 明日までTUSAのモニター会が黄金崎公園ビーチにて開催されます。
器材の買い替えでお悩みの方にはいい機会ですので、ぜひお越しの折にはTUSAテントまでお立ち寄り下さい。


7月20日 金曜日  水温:21〜23℃ 透明度:6m〜10m 曇り

 今日も雨は降らずに過ごしやすい涼しいお天気でした^^

・・・ってなんか違〜う!!
もう巷は夏休みだっていうのに、今年は冷夏ですか???
6月はタオルケットで寝ていたのに、7月は毛布着て寝てますよ???
週末はあいにくの雨模様ですが、来週にはカンカンのお日様に期待しておきたいです。

 ビーチでは、ようやく共生ハゼの仲間達の巣穴の復旧作業が始まったようです。オニハゼやダテハゼなんかは少し出始めていました。ウツボがうろうろしていたり、台風前には気づかなかったイソスズメダイの幼魚やアカヒメジの幼魚が来ていたり、ニセカンランハギの幼魚なんかにも会えました。このまま少しずつ増えていってほしいですね。写真は仲良しなミノカサゴです。


          


 水面付近ではハオコゼのものと思われる卵やもう少し大きめのオニカサゴかサツマカサゴの卵なども流れてきていましたよ〜^^
かなり地形が変化しているのでけっこうとまどいましたが、そのうち慣れてくるんでしょうね。ボートでは久しぶりにベニカエルアンコウが見つかっていました。

 明日・明後日はTUSAのモニター会が黄金崎公園ビーチにて開催されます。
器材の買い替えでお悩みの方にはいい機会ですので、ぜひお越しの折にはTUSAテントまでお立ち寄り下さい。


7月19日 木曜日  水温:20〜22℃ 透明度:6m〜10m 曇り

 梅雨ももう一息といった感じでしょうか。
伊豆の梅雨明けは例年だと21日ぐらいだそうです。
週間天気予報を見てみると、24日ごろから晴れマークが出ていますね。今年の梅雨明けは遅いのかな???


 ビーチではタツの仲間が見られていますが、ボートではちょっと見かけませんね。キビナゴやイサキの群れがどちらでも見られていますが、最近は御黄金や沖の根にタカベも根付いてきていますね。メジナの群れはどちらもかなりの数で見応えがありますよ^^


       
 写真提供:DIVECREW 大澤様 いつもありがとうございます。

 トビエイは小さい個体が沖の根で見られていたようですが、今日は広磯で全長3〜4mもある大きなウシエイが見られました。尻尾の長さも2mほどあったようです。


       


 サプライズでは水深100mほどのところに住んでいるというエビスダイをもらいました。さすがに深場の魚の風情で、うろこなんかトゲトゲなうえに逆立っていて、捌くのがさぞ大変な感じでした。刺身にしてみると、まぁ食べれるかなというところでしょうか。ご馳走様でした。


7月18日 水曜日  水温:20〜23℃ 透明度:6m〜10m 曇り

 西伊豆はもうすっかりうねりも収束しました。
台風の大きな置き土産でしたが、いつもの海に戻ってほっと一息です^^
これから日に日に生物も発見されて増えていくと思います。


 ボートでは、朝イチのチームがイナダの群れをゲットしています(^o^)丿
50匹以上の数だったようです。見応えありそうですね〜!

       


 安定して見れるのはイサキの群れです♪川のようにまとまり、かなりの数が見られています。ボートでは午前中に、ビーチにも午後には移動した(?)群れが見られていました。



7月17日 火曜日  水温:19〜22℃ 透明度:3m〜10m 雨のち曇り 

 台風4号による悪夢のような3連休が終わりました。
この三日間はほとんどのところが潜れなかったんじゃないでしょうか。今年はもう台風はこりごりですね。

 安良里は陸上には被害はほとんど出てない感じだったのですが、さすがにあれだけの大うねり。手すりのロープがちぎれたり、ブイがなくなっていたり、ガイドロープが切れていたりと、こりゃニ三日忙しくなりそうです。


 ボートではトビエイが久しぶりに見られています。
山中曰く、

      「トビエイは2度飛ぶ」

 さてさて8月までの間にもう一度、不死鳥のように中層を舞うことはあるのでしょうか?ちょっと期待です。


        


 ビーチでは、台風の後にしてはびっくりするほどいろんな生き物が無事でいました(^o^)丿小さな生き物たちのたくましさを目の当たりにした気がします。う〜ん、感動ですよね。
 久しぶりに見たサンゴタツや、ヤマドリやキタマクラの挨拶行動、イズヒメエイやヒメイカ、タツノイトコやガンガゼカクレエビなど。台風前には気づかなかったイサキの稚魚たちやシマアジの幼魚などにも出会えました。

 エキジットしてお風呂に入っていると、イナダと思われる群れが水面にナブラを作っていました。あと30分早ければ見れたんですけどね〜(^^ゞ
海もようやく静かになってきました。明日にはうねりも消えているかと思います。

7月16日 月曜日   曇り 台風4号 クローズ
ついに連休3連発トホホ
昼くらいには波が落ち始めて、夕方には潜水注意の少し手前の状態でした。
実際に潜ってみて、底揺れはありますがそんなにハードな感じはしません。
透明度は3〜5m・水温20〜21℃です。

久しぶりの大型台風なので、水中のロープが何箇所か切れていたりしています。明日から徐々に修復作業をしつつ、生物探しも始めます。

とりあえず
ビーチで大き目のトビエイとハナタツを2個体ゲットしておきました。
この台風が生物にとって福となるか??
7月15日 日曜日   雨 台風4号 クローズ
今日も台風4号の波でクローズです。

昼過ぎには雨もなくなり、晴れてきましたが、波は相変わらず高いままです。
夕方になり、沖のほうは少し収まった感じです。
明日は
何とか潜れるかもしれません
ただ
透明度が気になります。
明日、潜られる予定の方はお問い合わせください。

午後3時の浪の状態



12時30分です
晴れてきました。
台風も形がずいぶん崩れたようです。
でも
うねりは強いし濁ってますね(^_^;)

海の様子は
携帯サイト「海況と予想」へ

         最近見られている生物

ボート:大型のマダイ、トビエイ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、ネンブツダイの群れ、キビナゴの群れ、サクラダイ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、カシワハナダイ、越冬クマノミなど

ビーチ:
サカタザメ、ウチワザメ、ミジンベニハゼのペア、ベニカエルアンコウ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ササハゼ、クロイトハゼ、ハナタツ、シビレエイ、コチ、ヒラメ、メバルの幼魚、カザリイソギンチャクエビ、コワタクズガニ、ツノガニ、アケウス、コノハガニ、ヒメコウイカ、スナダコ、ダイナンウミヘビ、モンガラドオシ、など
7月14日 土曜日   雨 台風4号 クローズ
18:00更新

 今日も一日中雨が降り続きました。
終日器材のオーバーホールをしていました。

 写真は夕方5:00の画像です。
台風のうねりはだんだん強まり、左側の崖から右側エントリ口まで一直線に波が走っていきます。


       

 エントリ口のスロープの最上段付近まで押し寄せてきていました。


       

 波にさらわれる事故も毎年起きています。
皆さんも台風見物や、サーフィン・釣りなどのマリンレジャーにはくれぐれもお気をつけ下さい。
 

09:00更新

 朝から雨がずっと降っています。
台風速報です。


       
                朝6:30撮影


 かなり大きなうねりになってきました。
ボートもビーチも全面クローズです。各地にもあまり被害が出ないといいのですが・・・
みなさんもお気をつけ下さい!
7月13日 金曜日   雨

 今日は一日中しとしとと雨が降っていました。
台風が梅雨前線を刺激していたのでしょうかね。

 その台風ですが、さすがに規模も強さもかなりのもの。けっこう大き目のうねりが来ていました。しかも透明度も悪そうなので、途中からクローズとなりました。潜ったTATSUMIダイビングサービスのタケさんの話によると、浅場の透明度は1〜2mぐらいだったみたいでした。
明日はほぼ見込みが無い厳しい海況になりそうです。


7月12日 木曜日  水温:19〜22℃ 透明度:3m〜10m 曇りのち雨

 午前中は雨予報もなんのその。
穏やかな明るい曇り空でした。午後になるとパラパラと雨が落ちてきました。


 台風が順調に近づいてきていますが、今日の黄金崎公園ビーチはぜんぜん問題なしでした。最終の16:00ぐらいになると、かすかにうねりが入って来てはいました。透明度は雨の影響であまりよくありませんでしたが、後半冷たい水が上がってきて、沖合いでは10mぐらい見えるところもありました。


       


 イシモチ系の口内保育が盛んですが、今日は卵がいまにも飛び出そうな個体に巡り合えました(^o^)丿
 ・・・っと喜んだのもつかの間、しばし観察してみるとおかしなことに気づきました。

      「あれれ?メスがメスに求愛されている???」

 どうやらそれは卵を産む直前のメス個体ではなく、脱腸だか脱肛のオスだったようです(-_-;)


       


 今年は黄金崎で初めてミジンベニハゼの越冬が確認され、しかも産卵まで2ペアもこぎつけた記念すべき年です。
台風が来るといなくなってしまうミジンベニハゼですが、この台風4号なんかに負けないでほしいですね。がんばれ〜!

 他、ネジリンボウやウミテングのペア、イバラタツやハナタツ、ホタテツノハゼ属の一種、ヨメゴチなど見られていました。


7月11日 水曜日  水温:20〜23℃ 透明度:3m〜8m 雨のち曇り

 昨日の昼から今日のお昼までず〜っと雨でした。
こんなにまとめて降ったのも久しぶりかと思います。安良里漁港の中は、雨水で真っ茶っ茶です(^^ゞ

 ボートは10〜15mぐらい見えるきれいな温かい潮が、水深5mから25mほどまで入っていたようです。温かいとトビエイはご無沙汰ですね(^^ゞ


       


 一方ビーチでは雨水の影響で浅場は濁っていたものの、棚下に下りれば普段どおりの透明度がありました。
イバラタツやウミテングやm級のサカタザメ、それからミジンベニハゼは卵がハッチアウト間近のペアに加えて、透明瓶のペアも新たに産卵していました(^o^)丿台風が心配ですが、元気に育ってほしいですね。ホント台風が心配ですけどね・・・・・・(-_-;)


       


 オニハゼもダテハゼもアカハタもお腹がぱんぱんです。
クロイトハゼもマウンドの中で子育て中かと思います。いい季節の到来なのですが、いかんせん台風が・・・。連休はどうなるんでしょうか?あっちに行ってくれないかな〜。



7月10日 火曜日  水温:20〜23℃ 透明度:8m〜10m 曇りのち雨
昼から雨が降り出しました。
水の中は少しくらい感じがしますが、透明度は少しよくなったかな?

今日もボートはなかったのでビーチのネタを・・・。
1本だけビーチでの人気者達の様子をチェックしに一回りしてきました。
始めにイバラタツ!時々アントクメの森の中へ隠れて見つからないこともありますが私が行ったときには見やすい位置にいました。続いてネジリンボウとその直ぐ傍のウミテングたち!両者が近くに居ますので、そのうち寄り添った写真が撮れるのでは・・・。そのまま黄色いハナタツ、ミジンベニハゼの両ペアを見て、ネジリンボウ地帯へ。
今日はヒレナガは出ていなかったけど、2ヶ所でネジリンボウは出ているのを確認しました。ミスジスズメダイも岩の隙間から可愛い姿を見せています。そして赤いハナタツとオレンジのハナタツを見て、イロカエルアンコウとベニカエルアンコウを探したら、ベニカエルは全部で3個体確認できました。
この時期に1ダイブでこれほどの人気者に出会えることもそんなにないので、けっこう面白い状況になっている黄金崎でした。

7月9日 月曜日  水温:20〜23℃ 透明度:6m〜10m 曇り時々晴れ

 今日もいい天気^^
風もそよそよとそよいで、過ごしやすい一日でした。
ビーチの花壇には新しく苗が植えられていました。ひまわりかな???楽しみですね(^o^)丿


       


 今日はボートはお休みでしたが、ビーチではネジリンボウやベニカエルアンコウ、イバラタツやイロカエルアンコウ、ウミテングのペアなどが見られていました。ウミテング見てるとほのぼのしますね(^^ゞ


       


 ミジンベニハゼの抱卵も5回目です。
週半ばにはハッチアウトが行われそうですよ〜!



7月8日 日曜日 水温:20〜23℃ 透明度:6m〜10m 晴れ時々曇り

 今日は風も東風。
梅雨の中休みで好天だったのですが、涼しい感じでいい気持の一日でした^^
天気がよかったので、黄金崎公園ビーチでは芝生でくつろぐ方もたくさん見られました。晴れの日の芝生って気持ちいいんですよね〜(^o^)


 ビーチではウミテングがペアリングしているみたいです。
ネジリンボウが近くにいるので、コラボしてくれるとおもしろいんですけどね(笑)
 しばらく見られていなかったイロカエルアンコウも見つかり、ベニカエルアンコウも3個体見られていたようでした。ハゼも好調でネジリンボウはよく出ていたようです。イバラタツも健在ですよ〜。


 一方、ボートではイサキの群れがメガヒット!!
透明度がイマイチで全貌がはっきり見えないのですが、川のようにドドドドと流れていきます^^
トビエイはいても見えない感じでした・・・(-_-;)
 他、ベニカエルアンコウやキイボキヌハダウミウシ、ホンベラの集団産卵やマダイの群れなど見られていました。


         最近見られている生物

ボート:大型のマダイ、トビエイ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、ネンブツダイの群れ、キビナゴの群れ、サクラダイ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、カシワハナダイ、越冬クマノミなど

ビーチ:
サカタザメ、ウチワザメ、ミジンベニハゼのペア、ベニカエルアンコウ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ササハゼ、クロイトハゼ、ハナタツ、シビレエイ、コチ、ヒラメ、メバルの幼魚、カザリイソギンチャクエビ、コワタクズガニ、ツノガニ、アケウス、コノハガニ、ヒメコウイカ、スナダコ、ダイナンウミヘビ、モンガラドオシ、など
7月7日 土曜日  水温:20〜22℃ 透明度:6m〜10m 雨のち曇り

 今日は七夕☆
午前中はあいにくの雨でしたが、午後にはさっぱり雨も上がりました。
海況は穏やかで透明度こそもう一つでしたが、いい海でした^^
後半は浅場にきれいな潮が入ってきていたので、明日に期待したいところです!


          


 ビーチでは、今日は靜岡新聞の七夕取材がありました。写真を提供しましたが、夕刊に間に合ったかな〜???
西伊豆ではひな祭りなども旧暦まで飾る風習ですので、8月まで七夕を飾れますよ〜。お越しの折には短冊下げて行って下さいね(^o^)丿

 生物では、ぜんまい仕掛けのような人気者のウミテングや、イバラタツが好評でした^^ネジリンボウやホタテツノハゼ属の一種、クロイトハゼやササハゼなんかも出ていました。
 イロカエルアンコウは時化のあと行方が知れなくなっていますが、ベニカエルアンコウは2個体、ハナタツも赤い個体が見られました。
ゾウアメフラシは浅場をのっしのっしと闊歩し、初夏なのでウスイロウミウシが増えていますね。オルトマンワラエビの抱卵もこの時期ならではなのでオススメの被写体ですよ〜(^o^)丿

 ボートも透明度はイマイチだったようでしたが、浅場の見事なソフトコーラルやマダイの群れ、大きなコロダイやイセエビなどが人気だったようです。



7月6日 金曜日  水温:20〜22℃ 透明度:6m〜10m 曇りのち晴れ

 今日は風も弱く、いい海況に恵まれました。
透明度が今ひとつですが、昨日よりはよくなってきているので、明日の回復に期待したいところですね。

 明日はいよいよ七夕です!
昨日は伊豆新聞に安良里の記事が掲載されたのですが、今日は読売新聞の記者さんが取材にお越しでした。明日の新聞を読んでみたいですね^^
ちなみに靜岡新聞にも載るかもしれないそうです。読んでくださいね〜!
それからみなさんもぜひ直接お願いしに来てくださ〜い(^o^)丿


       


 ビーチガイドも七夕をメインに回りました^^
いろんな願い事が下げてありますね。みなさんの願い事がかないますように(^o^)丿
 ミジンベニハゼのペアやイバラタツ、ミサキコウイカやヒラタエイ、ニシキツバメガイやオキゴンベ、小さなタツノイトコや大きなコノハガニ、ネジリンボウなどに出会えました。

 そろそろベビーラッシュが始まりそうです。
オオスジイシモチやソラスズメ、それからスズメダイなどの稚魚が増えてきつつあります。水温も上がってきたし、いい季節になってきましたね〜!(^^)!
みなさんの週末がいい週末になりますように♪


7月5日 木曜日  水温:20〜23℃ 透明度:5m〜8m 晴れ

 昨日の夜からけっこう西風が吹きました。
おかげで今日は風もないのにうねりがでかい!!(^^ゞ
ボートは波が高くてできませんでしたが、ビーチはダイビング可能でした。

 水中もうねりが入っていましたが、最近見つかったイバラタツは尻尾をしっかり海藻に絡ませて、ばったんばったんとなりながら耐えていました。

           


 ミジンベニハゼペアは、透明瓶のペアはまだ卵を持っていませんでしたが、茶色瓶の方は無事にハッチアウトが終わり(?)、また新しい卵を産んでいました(^o^)丿これで4回目の産卵となります。がんばれ〜!

 他、お食事中のホシエイ、ベニカエルアンコウなど。


       


 今週土曜日は七夕ですね。
黄金崎ビーチにお越しでしたら、ぜひ水中七夕で願い事を下げていってくださいね(^o^)丿

7月4日 水曜日  水温:19〜22℃ 透明度:10〜15m 曇り
雨予想だったのですが、午前中は雨も降らずに、外れかな〜〜〜??なんて思っていたら、昼過ぎからシトシトと降りだして夕方になってもまだ降っています。湿度の高い一日で、おじさん達からは「今日は潜っている方がいいだ」と言われていました。(^^)

ビーチは相変わらず、イバラタツやイロカエルアンコウ、ネジリンボウ、ミジンベニハゼ、ミスジスズメダイ、ハナタツが見られています。例年に比べても今年はいい感じで、人気者が集まっています。

ボートは
朝のうちはトビエイの陰も形もなかったようですが、午後から御黄金で1匹、沖の根と三つ根の間で20枚ほどの群れが見られたようです。
まだまだ
トビエイ!!!いけるでしょう!!
7月3日 火曜日  水温:18〜22℃ 透明度:10〜15m 曇り
朝のうち雨が降りましたが、昼前にはあがり、蒸し暑い一日でした。
GULLで御馴染みの(株)マスクの方が見えて、9月22日にモニター会が開催されそうです。7月14日・15日は御馴染みのTUSAのモニター会です。新しい器材を試すチャンスですよ〜〜

今日は黄金崎公園ビーチネタしかありませんが
イバラタツ見てきました

まだ成魚とは言えませんが、ある程度の大きさです。
ついている場所に海藻がたくさん生えているので、体も黄色(金色にも見る)で綺麗な個体です。この個体もついている場所が変われば色が変わるのでしょうね。しばらく居続けてくれると良いのですが・・・。


手前のミジンベニハゼが透き通ったガラス瓶の中にペアで入っています(時々出たり入った入りしていますが)ちょっとまだ落ち着かない感じもしますが、このまま透き通った瓶で産卵したら・・・・。ちょっと期待!!
またハナタツが1匹見つかりました。
その他
イロカエルアンコ、ミスジスズメダイ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ササハゼ
7月2日 月曜日  水温:18〜22℃ 透明度:10〜15m 曇り
時折雨がぱらつきましたが、薄曇りの蒸し暑い一日でした。

ビーチで新たにイバラタツが見つかったようです。
例年に比べると、人気者が多いように感じられる今年黄金崎公園ですね(^^)
昨日見つかったイロカエルアンコウも同じ位置で踏ん張っていました。
しばらく見られるかな?
その他、ハナタツやミジンベニハゼ、ミスジスズメダイ、ホタテツノハゼSPなどネタが豊富な黄金崎です。
ボートは1組でトビエイには出会えなかったようです。トビエイたちも一休みですかね??

七夕祭りやっています。

短冊も竹でおじさん達が作ってくれたのでとってもエコです。
参加料も無料ですが、世界環境基金へ寄付をお願いしています。
「小さなことからコツコツと!!」ですね

ウツボも飾り?????(^_^;)
見張り?
7月1日 日曜日  水温:19〜22℃ 透明度:10〜15m 曇り時々雨

 今日からいよいよ7月です(^o^)丿
夏の足音が着々と近づいてきているような気がしますね。
 今日は小雨が降ったり止んだりのお天気でした。
気温もあまり上がらず、涼しい一日になりました。

 ボートでは、今日も遊泳トビエイとの遭遇報告が多かったです。
出会う枚数は少なくなってきたようですが、ほぼ全チームがトビエイをゲットできているようでした。
 また、沖の根では珍客の大きなカメさんとの出会いもあったようで、今日も楽しいダイビングができたようです。
いろいろ話を聞いてみると、イサキやスズメダイの大群が一番好評でした^^


       


 この時期ちょっと珍しいですよね。
トゲトゲウミウシだと思います。沖の根で登場でした。


 ビーチでは、久しぶりのイロカエルアンコウの登場〜〜〜!!


      

 発見者はなんとゲストの八重樫さんです(^o^)丿
おめでとうございます♪2007年のビーチマップ殿堂入りですね(笑)

 他、小さなミスジスズメダイやホタテツノハゼsp.のペア、ネジリンボウやハナタツ、サガミリュウグウウミウシやベニカエルアンコウ、ハナオトメウミウシやヨメゴチなどなど。いろいろ人気の生物が見られているようでした^^

         最近見られている生物

ボート:大型のマダイ、トビエイ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、ネンブツダイの群れ、キビナゴの群れ、カタクチイワシの群れ、サクラダイ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、カシワハナダイ、越冬クマノミなど

ビーチ:
サカタザメ、ウチワザメ、ミジンベニハゼのペア、ベニカエルアンコウのペア、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ササハゼ、クロイトハゼ、ハナタツ、サンゴタツ、マトウダイ、シビレエイ、コチ、ヒラメ、メバルの幼魚、カザリイソギンチャクエビ、オランウータンクラブ、コワタクズガニ、ツノガニ、アケウス、コノハガニ、ヒメコウイカ、スナダコ、ダイナンウミヘビ、モンガラドオシ、など

ウミウシ
セトリュウグウウミウシ、ニシキツバメガイ、ヒラミルミドリガイ、ムラサキウミコチョウ、オトメウミウシ、サメジマオトメウミウシ、ハナオトメウミウシ、ミスガイ、ベニシボリガイ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、ウミフクロウ、サラサウミウシ、 ヒロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、クロボウズ