安良里ダイビングセンター

安良里ボート&黄金崎公園海況データ

2007年 8月

● 最新海洋情報  ●トピックス   ●旬な生物   
●過去ログ&過去旬な生物&過去水温&透明度データ
8月31日 金曜日  水温:23〜27℃ 透明度:8〜13m 曇り時々雨

 今日で8月も終わり。
いよいよ最高のダイビングシーズンとなる9月の到来です(^o^)丿

 今日はボートは無かったんですが、ビーチは学生の合宿もあって若々しく賑やかでした^^生物的にも浅場にはソラスズメダイが群れ、明るいきれいな水中景観です。今日の体験ダイビングの方も大満足だったみたいでした♪

 他、ニシキフウライウオやミジンベニハゼ、今日はクエは見られなかったみたいですが、キンメモドキの群れやイワシの群れ、カンパチやイナダ、ハナタツやベニカエルアンコウのペア、ネジリンボウやガラスハゼなどが見られていました。今週末もいろいろ見つかりそうで楽しみですね(^o^)丿


8月30日 木曜日  水温:22〜27℃ 透明度:10〜13m 曇り時々晴れ

 今日も穏やかないい海況でした^^
もう8月もわずかですね。海水浴客もけっこう見られていました。こうした光景もだんだん少なくなっていきますね。名残惜しいです。
残りの夏を思いっきり楽しみましょう(^o^)丿


 ビーチでは、イワシの稚魚やイサキの稚魚を狙って、カンパチやシマアジ、ツムブリなどの回遊魚が多数見られているようです。その存在に怯えてか、キンメモドキも密集体型を保っています。
全域魚密度が高いので、潜っているだけで楽しめますよ^^

 マクロ生物ではニシキフウライウオが人気ですね^^
この個体、かなり透明感がある個体なのですが、今日はイシモチの稚魚を捕食するシーンが観察されています。しかも透明だから飲み込んでいく様子も丸見え!!すごいシーンが撮影できたようですよ〜(^o^)丿
 他、ミジンベニハゼやハナタツ、モンハナシャコやアジアコショウダイの幼魚、クマノミの幼魚やタツノイトコなどが見られているようでした〜。


       

 今日は東京女子体育大学のダイビングクラブの合宿最終日でした。ほがらかで、はきはきしていて、きびきび動く様子は見ていて気持がいいですね。みんなとても楽しそうに潜っていました。
 今夜はお待ちかねの打ち上げだそうです^^四日間お疲れさまでした!
それから、100本記念の小林さん、おめでとうございました〜(^o^)丿
これからもみんなで楽しく潜って下さいね〜。


8月29日 水曜日  水温:19〜27℃ 透明度:10〜15m 晴れ
今日はベタ凪の絶好のコンディションでした。

午前中の御黄金はイサキの群れが壁のようになっています。その周りをマダイが囲っていて迫力のある群れの塊となっていました。
小物では小さい小さいネコザメやハナタツも見つかっています。
沖の根もスズメダイが雲のように群れており迫力満点です。
そして・・

再び!
オオモンカエルアンコウが登場です。


 ビーチでは、シーズン初モノがどんどん増えてきています!
今日はモンハナシャコ、ハワイトラギス、コウワンテグリ、コヤナギウミウシ、カノコベラ、タカサゴ属の魚、アジアコショウダイの幼魚などに出会うことができました。きっとまだまだ続々と集まってきていると思います!
 いよいよ9月!!
これからがベストシーズンです。透明度も水温も上がって、最高の状態になっていきますよ〜(^o^)丿伊豆の最高のコンディションとなる9月、10月、11月はぜひ潜ってくださいね〜。

 他、ニシキフウライウオやお食事中のトビエイ、ミナミハコフグやキンメモドキの群れ、イサキの稚魚の大群、ツムブリやカンパチ、シマアジ、1.5mほどのクエなども見られていました^^

8月28日 火曜日  水温:22〜27℃ 透明度:10〜15m 晴れ
今日もいい天気ですね
今日は西風の影響でうねりが少し大きく、ボートは午前中だけでやめてビーチへ移動しました。

ボートは透明度がよく15メートルは見えています。
綺麗な海にダイナミックな地形のボートは、何も生物がいなくても楽しいですね。生物は流れがほとんどなく群れが散漫に散っていたのですが、それでもいつもの群れがいい感じです。

ビーチは
シラスサイズのイワシが成長しマッチ棒半分くらいの大きさになっていて、その強大なイワシの群れに、カンパチ、ツムブリ、シマアジ、アオヤガラが追い掛け回していました。またニシキフウライウオやミジンベニハゼ、ハナタツなどのマクロな人気者も健在です。
最近黄金崎で話題になっているのが、大型のクエが2匹、対して逃げもせずに悠々と泳いでいます。ビーチで大型のクエを見るのも安良里では珍しい光景です。

8月27日 月曜日  水温:22〜27℃ 透明度:10〜12m 晴れ

 今日もいい天気!
陸番をやってると海に入りたくてしょうがなくなるような、暑〜い一日でした。水温はここのところちょっとひんやりしていますんで、涼むにはうってつけといったところです(笑)

 ボートでは今日も群れが好調〜(^o^)丿
スズメダイとイサキがぐっちょりです。今日はトビエイが単体で飛んでいるところが見られたり、ハンマーが沖の根の根頭を一回りするところが見られていますよ。

           


 ビーチは写真のように透明度が良好〜(^o^)丿
ボートよりもいいかもしれませんね。浅場がとってもきれいです。


        

 人気の小さなミジンベニハゼも、少し大きくなって人に慣れてきたのか、けっこう寄れるようになってきました。フレンドリーなネジリンボウやアオリイカの産卵、ニシキフウライウオなどが人気でした。
それからカンパチやシマアジも入ってきていますよ^^


8月26日 日曜日  水温:20〜27℃ 透明度:8〜20m 晴れ

 今日もいいコンディション♪
太陽はカンカンだし、海も穏やか。2本目は深場には濁った冷たい潮があがってきたものの、1本目は透明度もグッドでした^^明るい水中はそれだけで気持ちいいですよね〜!

 ビーチは今日はなかなか賑わったようですね。
芝生にもブルーシートが広がっていました。施設側も便利なんですが、この芝生も気持ちよく過ごせますよん^^
 昨日見つかったヒゲハギは今日は見られませんでした。どこに行ったんでしょうね???
 他、ネジリンボウやニシキフウライウオ、ウミテングやハナタツなど。キンメモドキの群れやイサキの群れも健在です。透明度はビーチのほうがいいので、かなりみなさん楽しめていたようです。


 ボートでは、今日もイサキとスズメダイが賑やか♪
青い海に広がる群れを見ているだけで楽しいですね。今日も時折カンパチが群れにアタックをしている様子を観察できましたよ^^
 他、アカエソ同士の噛み付き合いや、ハナタツやベニカエルアンコウ、今日はマアジの群れもアジ根にびっしりついていたので見応えがありました!


           最近見られている生物

ボート:オオモンカエルアンコウの幼魚、クエ、大型のマダイ、イサキの群れ、イナダの群れ、ニザダイの群れ、トビエイ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、ネンブツダイの群れ、キビナゴの群れ、サクラダイ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、カシワハナダイ、越冬クマノミなど

ビーチ:
ニシキフウライウオ、ミジンベニハゼ、ナンヨウツバメウオ、アオリイカの産卵、ウミテング、ネジリンボウ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、タツノイトコ、イシモチの仲間の口内保育、コチ、ヒラメ、ツノガニ、アケウス、コノハガニ、スナダコ、ダイナンウミヘビ、モンガラドオシ、など
8月25日 土曜日  水温:20〜27℃ 透明度:10〜15m 曇り時々晴れ

 今日は8月最後の土曜日です。
そのせいでしょうか。道路もけっこうな混雑があったようでしたが、天気もよくて海況も穏やか、透明度もグッドな最高のダイビング日和となりましたよ^^


       


 ビーチでは、なななんと超レアなヒゲハギが登場〜〜〜!!
このカワハギの仲間は、滅多に出ない珍しい生き物です。もじゃもじゃのヒゲが可愛いですね^^

 他、イロカエルアンコウやニシキフウライウオ、ネジリンボウやミジンベニハゼ、アオリイカの大群などが見られていたようですよ〜。


 一方ボートは、上層は温かいきれいな青い潮が入ってきていましたが、昨日あった30m見えるという潮はなくなっていました。代わって冷っこ〜い潮が入っていて、水温は20℃まで低下していました(^^ゞ

 生物的にはイサキの大群とスズメダイの大群が大好評(^o^)丿
沖の根と御黄金はどっちも甲乙つけがたいので両方行っていただきたいところです。


        

 写真はアカホシカクレエビです。
とてもフォトジェニックなシチュエーションでしたね^^ゲストの瀬口さん、写真ありがとうございました。
 他、ちょっと珍しいツバメウオやトビエイ、それからイナダやカンパチなどのほか、ハナタツやマツカサウオ、カクレエビの仲間などが見られているようでした。

8月24日 金曜日  水温:19〜27℃ 透明度:20以上→15m 曇り時々晴れ

 今日の朝イチはバリ抜け!!
ボートポイントの御黄金では30m以上の透明度があったそうです。
ビーチでも20m以上は見えている感じで、心なしか魚たちも楽しそうに見えました^^


         


 ボートでは沖の根にスズメダイの壁がびっしり!
二枚看板の御黄金もイサキの超大群と好透明度で絶好調です!
他にもカンパチやツムブリ、トビエイやベニカエルアンコウ、ハナタツなどが見られているようでした。


             


 今日はアオリイカの産卵が不調だったので、変わって一番人気となったのはこのキンメモドキ!普段は岩の陰でまさに岩の一部みたいになっているのですが、今日はまさに魚雲!!ぷかぷか浮いていました(^^ゞ
透明度もいいのでフィッシュアイだとおもしろい写真になりそうですね。
他、ニシキフウライウオやネジリンボウ、ハナタツやベニカエルアンコウなど。

 自分がガイドゲストとアオリイカを観察している時のことですが、産卵に来たメスに電光石火!ものすごいスピードでなんとウツボが飛びかかりました!!
 メスは間一髪で攻撃をかわしながら、分身の術のように見える墨をビューと吹きます。攻撃を避けられてバツが悪そうなウツボは、ケーソンのほうにすごすごと逃げていきました。
 一方、産卵を中断させられたアオリイカの群れのほうは、中層で円陣を組むかのように集まり、このまま産むかどうか思案しているようでした。結局このあとも今日は一日中産卵らしい産卵はありませんでした。土日に期待ですね。


8月23日 木曜日  水温:23〜27℃ 透明度:10〜15m 雨のち曇り

 今日は朝から土砂降りの雨!
しかも雷様はゴロゴロとご機嫌斜めのようで、時折ビカビカと光っていました。途中停電も起こってなかなか壮絶な空模様でした。
とはいえ、前線通過後は涼しく過ごしやすい気温になり、曇り空ながら時折晴れ間も覗いていました^^

 今日はボートはありませんでしたが、ビーチではアオリイカの産卵が相変わらずの絶好調!今日も30オーバーの群れがバシバシ卵を産んでいました!(^^)!いつまで続くかこの産卵レース。9月の3連休まで続くのか!?


       


 ニシキフウライウオは今日もご機嫌♪
愛想良く(?)あっちへフラフラ、こっちへフラフラとしていました。他、ハナタツの子供やミジンベニハゼの赤ちゃん、ネジリンボウやイサキの大群、キンメモドキの群れなどが好評でした^^
 浅場にはソラスズメダイの子供が増えてきて、まるで宝石箱を散らかしたかのようなきれいな光景ですよ。ヒメジの仲間の幼魚も増えてきました。


8月22日 水曜日  水温:24〜27℃ 透明度:8〜15m 晴れのち曇り

 今日も暑い一日でした!
じっとしてても汗ばんでくる感じです。今日の最高気温は35℃。なかなか残暑が厳しいですね〜。

 とはいえ黄金崎はやっぱり風が通って過ごしやすいです^^
こちらは安良里に比べて気温も低め。海に入った後は心地よく過ごせます。
今日はボートは風が強くて潜れなかったのですが、ビーチはアオリイカの産卵が一日中観察できましたよ(^o^)丿
その数なんと30匹オーバー!ゲストの平野さんがフィッシュアイでばっちり撮ってくれました^^


       

 今日のアオリイカは普段と一味違った感じで、なんか狂乱状態とでもいうか、彼らの宴だったかのようでした。透明度もいいのでもうサイコーです(笑)
途中にはサプライズでイナダの群れの乱入もありました!

 他、ミジンベニハゼやキンメモドキ、ニシキフウライウオやネジリンボウ、イサキの大群など。タナバタウオの求愛も見られたようです。

 個人的には着底直後の透明なハオコゼの赤ちゃんと、同じく朝にはいなかったクマノミの赤ちゃんに2本目に出会えたのが感激でした(^o^)丿
日に日に、どころか毎ダイブ新しい発見があるこの時期、潜らないともったいないですよ〜!


8月21日 火曜日  水温:23〜27℃ 透明度:8〜12m 晴れのち曇り
今日も暑い一日ですね
海は南西風の影響か波が多少高かったのですが、ビーチは問題なく潜れています。ボートは波の高くない午前中で終了しましたが、午後から波が高くなりました。

 沖の根ではスズメダイの大群が見られ、横に来ると壁のようだったり、下に来ると絨毯のようだったりと、一緒に泳いでいて飽きません。
 一方、御黄金のイサキの大群も1万匹ほどいそうな感じで根を覆いつくすかのようです。透明度も良く、ボートもこれから最高のシーズンを迎えますよ^^


ビーチでミジンベニハゼが2ヶ所でしっかり観察されています。まだまだ小さくい1センチ以下の個体で可愛いですね
相変わらずアオリイカは盛んに産卵しています。この光景をいつまで見ることができるのか?もう少しがんばって欲しいものです。今日は30パイもの大産卵を見ることができました。

 他、ニシキフウライウオやハナタツ、ネジリンボウ、雲のようなキンメモドキの大群がいいですね^^
 サプライズで1.2mほどのクエの登場もありました。ホンソメワケベラにクリーニングされていて、気持よさそうにぽか〜んと開けた口の中にはなんとイサキが口をぱくぱくと・・・。まるで断末魔の悲鳴のようでした(-_-;)


8月20日 月曜日  水温:23〜27℃ 透明度:午前8〜15m 午後3〜8m 晴れ
 今日は水温が上がっていました。透明度も回復し、良いコンディションです。
このまま一気に秋の蒼い潮になるといいのですが・・・・。

 ボートでは群れが益々パワーアップしています。アジ、タカベ、イザキの群れや、どこから集まった他のかスズメダイが雲のように群れています。その周りをマダイやメジナ、カンパチが回っており、暖かくきれいになった海に群れが居るだけで幸せな感じです。その他1センチのミナミハコフグ。ハナタツのペア、ベニカエルアンコウのペアなど小物大物楽しめています。

 ビーチはまだまだアオリイカの産卵が見られています。
どうも傾向としては、満潮への上げ潮の時が狙い目のような気がします。
今日は午後干潮だったのですが、午前には30パイほどもいたアオリイカが、午後にはさっぱり見られなくなっていました。濁ったせいもあるのかな???
 単なるイカの気まぐれかもしれませんが、謎があれば継続観察して解明してみたいですね(笑)

 他、ニシキフウライウオやミナミハコフグ、ハナタツの子供やトゲトゲウミウシ、キンメモドキなどが高評だったようです^^

8月19日 日曜日  水温:21〜27℃ 透明度:1〜8m 曇り

 昨日の願いむなしく、今日も台風のうねりがきつかったです。
ビーチははじめ潜水注意でオープンしていましたが、途中から透明度が悪化。午前中いっぱいでクローズとなりました。はるばるお越しの皆さま、すみません。

 一方ボートはうねりには強い!
もちろん水中は底揺れがあり、写真を撮るのはかなり難しいのですが、潜ることはできました。広磯ではイサキやマアジの大群に巻かれ、沖の根ではトビエイをゲットできました。カエルアンコウやハナタツ類は、うねりからどこかへ避難していたのか姿を見ませんでしたが、マダイの群れやメジナの群れといったレギュラーメンバーだけではなく、ミナミハコフグや珍しいタコの仲間が見られているようでした。

 このうねりも明日には小さくなる見通しです。
早く元のいい海に戻るのが待ち遠しいですね。

           最近見られている生物

ボート:オオモンカエルアンコウの幼魚、クエ、大型のマダイ、イサキの群れ、イナダの群れ、ニザダイの群れ、トビエイ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、ネンブツダイの群れ、キビナゴの群れ、サクラダイ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、カシワハナダイ、越冬クマノミなど

ビーチ:
ニシキフウライウオ、ミジンベニハゼ、ナンヨウツバメウオ、アオリイカの産卵、ウミテング、ネジリンボウ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、タツノイトコ、イシモチの仲間の口内保育、コチ、ヒラメ、ツノガニ、アケウス、コノハガニ、スナダコ、ダイナンウミヘビ、モンガラドオシ、など
8月18日 土曜日  水温:21〜27℃ 透明度:4m〜8m 曇り
昨日までの猛暑が緩んで、涼しい1日でした。

今日は台風のものと思われるウネリが入っていましたがボートもビーチも問題なく潜れました。ただ底揺れは大きかったです。

ボートは相変わらずマダイやイサキ、タカベの群れが凄いのですが、透明度が落ちたせいで、群れ全体を見渡すことができず残念でした。
今日のボートポイントではハナタツのペアが2組見つかってます。
また、オオモンカエルアンコウの情報も入ってきました。

 ビーチでは、20ハイほどのアオリイカの産卵が午前中は観察されたものの、午後には底揺れが大きくなり、産卵床がゆ〜らゆ〜ら・・・アオリイカの数も少なくなったようです。

 ニシキフウライウオはネンブツダイに混じったり、産卵床にくっついたりしながらうろうろしていましたが、よく目撃されているようでした。一方、ウミテングはほとんど見つからなかったようで、みなさん苦戦していたみたいです。
明日は穏やかになってくれるといいんですが。

8月17日 金曜日  水温:22〜27℃ 透明度:6m〜12m 晴のち曇り
いやー毎日毎日暑いですね〜〜(^^)
今日もいい天気で海況も静かでした。

ボートは相変わらずマダイやイサキ、タカベの群が群れています。

ビーチは
ミジンベニハゼがまた1匹見つかりましたが、昨日見ていた2匹が今日は見つかりませんでした。
アオリイカの産卵は午後の方が盛んな感じがします。その他ニシキフウライウオ、ハナタツ、ウミテング、ベニカエルアンコウ、ネジリンボウなど人気も相変わらず見られています。
8月16日 木曜日  水温:22〜27℃ 透明度:6m〜12m 晴のち曇り

 今日は蒸し暑い一日でした。
ボートではギラギラした陽射しの照り返しがきつく、気温も33℃ぐらいまであがっていました。こんな日はホントに海に入れて幸せというものですね(^^ゞ
ひんやりとした感じで気持がいいです。

 ボートの海中はイサキの群れとタカベの群れのコラボが楽しめました^^
トビエイも今日は3本中2本で確認できました。この時期の遊泳トビエイはラッキーですね〜(^o^)丿


 ビーチでは、アオリイカの産卵やニシキフウライウオ、昨日見つかったミジンベニハゼは、今日は新しくもう1匹見つかりました^^早くペアになって欲しいですね♪


8月15日 水曜日  水温:21〜26℃ 透明度:6m〜12m 晴
まだまだまだまだ暑い日が続いています。
海からエキジットして太いホースでダイナミックに水を浴びるのが気持ち良いですね〜〜!(^^)!
海のコンディションも相変わらず良い状態です。

ボートは御黄金でマダイとメジナとイサキ、タカベが大きな群れを作っていました。また新たにハナタツとオオモンカエルアンコウを発見しました。
今日のお客様も群れとダイナミックな地形でとても満足していたいただいたようです。


 ビーチではアオリイカの産卵が今日も好調〜(^o^)丿
全部で30パイほどもいたのではないでしょうか。目の前でオス同士がケンカしたり、奪い取ったメスと早速交接したりとめまぐるしいドラマに目が離せません!(^^)!


       


 しかも待望のミジンベニハゼが出現〜〜〜!(^^)!
まだ1cmぐらいの小さな小さな赤ちゃんです♪

       


 他、ニシキフウライウオやハナタツやネジリンボウ、イズヒメエイやホシエイ、ゴテンアナゴやモンガラドオシ、イボイソバナガニやベニカエルアンコウなど。イワシの稚魚のシラスの群れがビーチの中に入っていますんで、それを狙うカンパチやシマアジ、ソウダガツオなどの回遊魚(の子供)も見られています。
今日はさらにそれを狙って現れた(?)ニタリまで目撃されています!!
小物から大物まで油断できませんよ〜♪



8月14日 火曜日  水温:21〜26℃ 透明度:8m〜12m 晴
まだまだまだ暑い日が続いています。
海は静かで透明度もまた少し回復しました感じです。水温も暖かい水域が下へ降りてきたようです。このまま秋の潮になってくれると良いのですが・・・。

ボートは沖の根、広磯、御黄金でトビエイが見られました。また相変わらずマダイやメジナ、イサキ、タカベの群れがいい感じです。
昨日見つけたイロカエルアンコウとハナタツを今日は探すことができませんでした(T_T)/~~~

ビーチは今日は新たにサンゴタツがまた見つかりました。ニシキフウライウオ、アオリイカの産卵は相変わらず人気ですね。その他コブダイの幼魚やハナタツ、ネジリンボウ、ウミテングなどが見られています。黄金崎公園ビーチは秋に向かって益々パワフルになるのかな〜〜(^^)
8月13日 月曜日  水温:21〜26℃ 透明度:6m〜12m 晴
まだまだ暑い日が続いています。こんな日は海にでも浸かって、ビールでも飲んで日陰で昼寝でもしたいですね〜〜

ボートは1本目御黄金へ、相変わらず大型のマダイが密集して群れています。その横をトビエイが1匹飛び去っていきました。イサキやスズメダイなどの群れとダイナミックな地形は潜るものを癒してくれます
2本目は沖の根へ、今日は新たにイロカエルアンコウ、ハナタツを見つけました、大型のマダイや小型のカエルアンコウなど、大物小物と充実しています。


 ビーチでは、ニシキフウライウオとアオリイカの産卵が大好評(^o^)丿
今日はアオリイカは30パイぐらいで一日中産卵していました♪
一方、カミソリウオは移動したのか、昨日の場所にはいなかったようです。
ウミテングは2個体?3個体?見られていたようです。

 他、ヒョウモンツバメガイやニシキツバメガイ、ヤマドリやミツボシクロスズメダイ、ハナタツやネジリンボウなど楽しめていたようです^^


8月12日 日曜日  水温:20〜25℃ 透明度:5m〜12m 晴れ

 今日は午前中はいい透明度(^o^)丿
しかし水温は20℃前後までダウンです。陸上が暑いのでいいアクセントになりましたね(^^ゞ
 2本目にはそれも回復(?)して、水温は上がったものの透明度がガク〜ンと落ちてしまいました。どっちがいいか悩ましいところですが、個人的には透明度がいいほうが・・・。

 ボートでは、トビエイやベニカエルアンコウ、クマノミや大型のマダイ、イセエビやマツカサウオ、季節ものではキンメモドキの稚魚、他にはムラサキウミコチョウやサメジマオトメウミウシ、イボイソバナガニやルリハタなども見られたようです。


 ビーチは今日もアオリイカの産卵がフィーバー!(^^)!
いつまで続くか?お盆期間中は続いて欲しいものですが!


       


 それから新たにニシキフウライウオが見つかりました〜(^o^)丿
見つけたのはタツミのTyuTyuさんです。さすがですね〜。
情報ありがとうございましたm(__)m

 他、アサヒガニやカミソリウオ、ハナタツやナンヨウツバメウオなどなど、お盆に向けてどんどん盛り上がってきた黄金崎ビーチでした♪


           最近見られている生物

ボート:クエ、大型のマダイ、イサキの群れ、イナダの群れ、ニザダイの群れ、トビエイ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、ネンブツダイの群れ、キビナゴの群れ、サクラダイ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、カシワハナダイ、越冬クマノミなど

ビーチ:
ニシキフウライウオ、カミソリウオ、ナンヨウツバメウオ、アオリイカの産卵、ウミテング、ネジリンボウ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、タツノイトコ、イシモチの仲間の口内保育、コチ、ヒラメ、ツノガニ、アケウス、コノハガニ、スナダコ、ダイナンウミヘビ、モンガラドオシ、など

8月11日 土曜日  水温:22〜27℃ 透明度:5m〜10m 晴れ

 今日からお盆休みという方も多かったのではないでしょうか?
ちょっとうねりがありましたが、いい天気と海況に恵まれて楽しい夏休みになったことかと思います^^ダイビングや海水浴、スノーケリングだけじゃなくて、今日は泳いでいる犬もいましたよ(^o^)丿

 ビーチでは、今日新たにカミソリウオとナンヨウツバメウオが見つかりました^^だんだん賑やかになってきましたね〜。このお盆にかけて、きっといろいろ見つかるかと思います。楽しみですね^^
 他、イトタマガシラの幼魚やムレハタタテダイの幼魚、ハナタツやネジリンボウ、キンメモドキやアオリイカの産卵など楽しまれていたようです。


8月10日 金曜日  水温:22〜27℃ 透明度:3m〜10m 晴れ

 いよいよ明日12:00から国道136号船原峠片側交互通行です!!


            


 今日もピーカン(^o^)丿
どこかの美大生?たちが黄金崎にお越しでしたが、炎天下の中での写生はさぞかしこたえたかと思います。みなさんお疲れさまでした^^;

 今日はボートはありませんでしたが、ビーチではシラスの群れが相変わらず賑やかです。それを追ってマダイたちもうろうろ。日頃は底をあさっているヒメジの仲間も今日は盛んに飛び上がって捕食していました。

 アオリイカの産卵は今日もばっちり!!
心なしか透明度もいいようなので、写真もきれいな感じです^^


           

 写真はガイドゲストの板垣様にいただきました。
ありがとうございました〜!(^^)!


 他、季節モノのハナキンチャクフグやハコフグの幼魚、浅場ではオヤビッチャなどの幼魚も確認できました。定番ネジリンボウやウミテングは今日も機嫌がよさそうでしたよ(^o^)明日も楽しみですね♪


8月9日 木曜日  水温:22〜27℃ 透明度:6m〜10m 晴れ
今日も暑い一日でした。
透明度も少し回復して、明るい感じです。

ボートは少し揺れましたが問題なしでした。
相変わらず、イサキ、タカベ、メジナ、ニザダイの群れがいい感じです。

ビーチでは
アオリイカの産卵が相変わらず爆裂しています!!
その他のハナタツやベニカエルアンコウ、ネジリンボウ、キンメモドキの群れなどじっくり楽しめています。

8月8日 水曜日  水温:22〜27℃ 透明度:3m〜8m 晴れ

 今日も暑〜〜〜い!!
日中は33℃の猛暑に包まれました。もう一日中海に浸かっていたい感じですよね(@_@)今日は海水浴やスノーケリングも大繁盛で、しかもみなさん長〜く海に入ってらっしゃったようです。海の中のほうが気持ちいいですよね^^

 ビーチではウミテングやハナタツ、ベニカエルアンコウやネジリンボウなどの人気者マクロ生物や、アオリイカの産卵やキンメモドキの群れなどが楽しめていたようでした(^o^)丿


 ボートでは、大型のトビエイやコロダイ、マダイの群れやメジナの群れ、キビナゴの群れやアジの大群、ムラサキウミコチョウやミナミハコフグ、イボイソバナガニやクエ、イセエビやルリハタなどが楽しめたようです。

 今日はボートポイントの広磯でハンマー出現です!(^^)!
もちろん今日も船上からのウォッチだったそうで・・・。水中から見てみたいですよね〜(^^ゞ


       
8月7日 火曜日  水温:23〜27℃ 透明度:3m〜8m 晴れ

 う〜ん、・・・・・・暑い!!
今日は安良里も30℃越えました(@_@)おかげで海水浴やスノーケリングも賑わっていたようです。海に入ると一日快適に過ごせますよね^^
まぁ自分は陸番でしたが(笑)

 さて、ビーチでは新たにアオリイカの産卵床を追加しました。
7/29に投入した産卵床がもうびっしり卵が産みつけられてしまったので、追加したわけですが、今日潜った方によると、投入後すぐに新しい産卵床に産卵を始めていたそうです(^o^)丿まだまだ楽しめそうですよ〜♪
お盆まで続いて欲しいですね。


 ボートでは、1本目には南からの強い流れがあったそうです。
強すぎる流れは困りますが、この調子でいい潮がやってくるといいのですが。
今日もハンマーがボートから目撃されていました。・・・水中で上を見てるとそのうち出くわしそうですね^^


8月6日 月曜日  水温:22〜27℃ 透明度:3m〜8m 曇りのち晴れ

 昨日は各地で猛暑になったようでしたね。今日も引き続き、陽射しがギラギラとした暑い一日となりました。

 表層の水温の上昇で、各地でハンマーヘッドが目撃されているようですが、今日は自分もボートでエキジット後の船上から、10mほど横を泳いでいくハンマーを見ることができました。
でもやっぱり水の中で見たいですよね^^


          


 他、今シーズン初観測のアカホシカクレエビの赤ちゃんや、ミナミハコフグの赤ちゃん、メジナの群れやイサキの群れ、1m級のコロダイやクエなど大から小まで楽しめました。


       


 ビーチではハナタツやネジリンボウ、キンメモドキの大群など。台風後久々にベニカエルアンコウがたくさん見つかりました。
アオリイカの産卵は今日もばっちり観察できました(^o^)丿



8月5日 日曜日  水温:21〜25℃ 透明度:6m〜8m 曇り

 今日は一日中曇天〜。
気温予想は33℃の猛暑でしたが、そこまで上がらず快適な過ごしやすい一日でした。海中は濁りと合わせて水温もダウン・・・。黒潮の波及効果はわずか一日ももちませんでしたね(^^ゞ

 ボートではトビエイが単体でちらほらと・・・。
水面ですが、ハンマーの目撃情報もありました。シマアジやカンパチ、ソウダガツオなども見られるようになってきていますので、夏の魚たちが入ってきているのでしょうね。
 他、マダイやイサキの群れ、ミナミハコフグの幼魚、ムラサキウミコチョウやイセエビ、ルリハタやスズメダイの群れなどが楽しめていました。


 ビーチでは、ボートと同様水温がややダウン。
水中は22℃程度になっていたようです。今が旬のアオリイカの産卵は、昨日同様に一日中見られていたようです。
 他、ウミテングのペアやハナタツ、ネジリンボウなどが見られているようでした。

         最近見られている生物

ボート:クエ、大型のマダイ、イサキの群れ、イナダの群れ、ニザダイの群れ、トビエイ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、ネンブツダイの群れ、キビナゴの群れ、サクラダイ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、カシワハナダイ、越冬クマノミなど

ビーチ:
アオリイカの産卵、ウミテングのペア、ネジリンボウ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、タツノイトコ、イシモチの仲間の口内保育、コチ、ヒラメ、ツノガニ、アケウス、コノハガニ、スナダコ、ダイナンウミヘビ、モンガラドオシ、など


8月4日 土曜日  水温:25〜26℃ 透明度:8m〜12m 曇り

台風のうねりもすっかり無くなりましたが、南西の風が強く吹いていたいのでボートはクローズしました。ビーチは風の陰になるために、講習もスムーズに行えるほどに落ち着きました。

さらに、水温が上がりました!!

水面は27℃近くあります。朝のうちは台風5号の恵か?透明度も12メートルありました。ただ
午後には白く濁ってしまいました。でも台風前より明らかによくなっています。


           
               撮り放題です(^o^)丿


台風前から始まったアオリイカの産卵は、今日もたくさんのペアが交互に産卵を繰り返していました。最大で30匹目撃した方もいました!!!
週明けにでも新しい産卵床をもう少し入れてみる計画中です。
また、新たに黒いベニカエルアンコウも見つかりましたが、ものすごい擬態でガイド魂をくすぐるヤツです。腕に覚えのある方は是非探してきてください。
その他ネジリンボウやウミテング、ハナタツ、イサキの群れなどがみられています。


8月3日 金曜日  台風5号のため クローズ     曇り
台風5号のうねりのために波が高くてクローズとさせていただきました。
ただ
昼ごろから休息にウネリがおさまり、夕方には講習ができる程度に回復しております。明日ビーチは問題なくもぐれるでしょう。ただボートの方は風が吹くのでお問い合わせ下さい。

今回の台風は、西伊豆にはたいした爪あとも残さなかったようです。
アオリイカの産卵が楽しみです。
8月2日 木曜日  水温:22〜24℃ 透明度:5m〜8m 雨時々曇り

 台風5号が接近しています。
そのためか今日は土砂降りになったりピーカンになったりと、めまぐるしく天気が変わりました。お昼以降はカラッと晴れたいいお天気になりましたが、明日もこんな感じのお天気になりそうですね。

 ビーチでは、台風のうねりがだんだん強まってきました。
とはいうものの、終日左からもエントリー可能で、透明度もあまり変わりありませんでした。


       


 ビーチの見所はやはりアオリイカの産卵!!
今日も1mクラスの大きな個体を含め、10匹ほどの産卵シーンを堪能できました。産卵も朝一から午後まで、実に長い間楽しめていたようです。


       


 産卵床がまた吹き飛ばないように補強をしてきたので、今度はきっと大丈夫ですね。
 他、ウミテングのペアやハナタツ、ネジリンボウなど。今日はシラスの群れが入ってきていたので、カンパチの群れやシマアジの群れ、それからソウダガツオまでビーチで見ることができました^^
ボートの潜水は今日はありませんでした。


8月1日 水曜日  水温:22〜26℃ 透明度:5m〜8m 晴れのち曇り

 今日も暑〜い一日でした(^o^)丿
自分中野はスノーケリング教室で、ほとんど一日中海に浸かっていましたんで楽でしたが、陸番担当にはさぞかし酷な暑さだったことでしょう。こんな日はホント海に入ってさっぱりしたいですよね^^


       


 ボートでは、3匹ものベニカエルアンコウ発見情報が!!
DEEP ONE様いつもお見事です。情報ありがとうございました。なんかもうベニキラー・・・というか、ベニとつながっちゃってますね^^

 ビーチでは、今日もアオリイカが産卵中〜(^o^)丿
けっこうな個体が産卵に来ていたようです。このまま産卵フィーバーが続くといいですね♪明日も楽しみです^^