安良里ダイビングセンター

安良里ボート&黄金崎公園海況データ

2007年 11月

● 最新海洋情報  ●トピックス   ●旬な生物   
●過去ログ&過去旬な生物&過去水温&透明度データ
11月30日 金曜日 水温:18〜19℃ 透明度:15〜20m以上 曇りのち雨

 明日から12月ですね。いよいよラスト一月です。
元気よく行きたいですね^^
 今日は晴れ時々曇りの予報を覆して、昼から雨が降りました。
家の窓は開けてるは、送るべき器材は干しっぱなしだわで、けっこう困りました^^;

 ビーチもボートも透明度が素晴らしくいいですね。
真っ青な海にイサキやイワシの群れがよく映えますね^^
明日は太陽が出そうなので、もっと気持のよい海に潜れそうです。


       


 ビーチでは、ハナミノカサゴの幼魚が人気です。
1週間で胸ビレにだいぶ風格が出てきましたが、まだお腹には卵黄がついていますね。このあとどのように成長するのか楽しみですね(^o^)丿
 他、ミジンベニハゼやネジリンボウ、オオモンカエルアンコウやハワイトラギス、マトウダイやオトメハゼなどが楽しめていました。


       


 ボートでは、イナダの群れにこそ当たらなかったものの、引き続きロウニンアジ風マダイ、メジナ、イワシの群れ、サザナミヤッコ成魚、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、オオモンカエルアンコウなどが楽しめていたようでした。ウミウシも少しずつ見られるようになってきました。写真は2mmのキヌハダモドキです(たぶん)。


11月29日 木曜日 水温:18〜20℃ 透明度:15〜20m 曇り

 今日は一日曇りのお天気でした。
吹き続けた東風のおかげか、透明度はぐ〜んとアップ^^ボートは水面から水底が見えていたそうです。

 ボートでは、オオモンカエルアンコウが一番人気(^o^)丿
じっと動かず寡黙に一点を見つめているその所作がいいのか、はたまた潰れそうになっているジュズエダカリナの哀れさがいいのか、みなさん大変好評のようです。
 今日も2チームイナダの群れにぶち当たったようで、数分間、およそ4桁オーバーの群れを堪能できたようでした!!他、ベニカエルアンコウやハナタツ、マダイの群れやピカチュウなどが楽しめていました。

 ビーチでは、オオモンカエルアンコウやマトウダイ、ホウボウやミナミハコフグなどが楽しめていたようです。
明日も東風が続きます。いい海に恵まれそうですね^^


11月28日 水曜日 水温:18〜20℃ 透明度:13m 雨

 今日は終日小雨がぱらつくお天気でした。
海中も少し薄暗かったようですが、透明度がいいので快適に潜れていたようでした。

 ボートでは、イナダの群れをはじめ、マダイやメジナの群れなどが好評だったようです。オオモンカエルアンコウやハナタツ、ベニカエルアンコウなども見られていました。

 ビーチでは、ネジリンボウやハナタツ、オオモンカエルアンコウやミジンベニハゼなどが見られていたようです。

 明日も東風で穏やかな海に恵まれそうです。
今日は陸番なのであっさり風味で失礼します^_^;


11月27日 火曜日 水温:19〜20℃ 透明度:10m 曇り

 今日は終日曇りのお天気でした。
沖縄方面にある台風の影響で、若干のうねりがありましたが、快適に潜ることができました。

 ビーチでは、最近ネジリンボウの出が悪いのがちょっと気になります。冬眠の準備でしょうか?
今日は普段見て回らないエリアを丹念に探してみましたが、カタボシオオモンハゼやセボシサンカクハゼといった地味な南方系のハゼが、けっこうやってきていたのに今更ながら気づきました^_^;ムナテンベラやセナスジベラといった南方系のベラもまだ健在です。


         


モウサンウミウシでしょうか?初めて見るウミウシがいました。
他、オオモンカエルアンコウやベニカエルアンコウ、ハナタツやミジンベニハゼ、久しぶりのウミテングやツマジロモンガラ、キビナゴの群れなどが楽しめていたようでした。


11月26日 月曜日 水温:19〜21℃ 透明度:10〜15m 曇り時々晴れ

 今日も穏やかないい海況でした^^
自分中野はちょっと里帰りしていましたので、5日ぶりの黄金崎ビーチでした。いや〜、毎日潜っても楽しい海ですが、たまに潜るとなお楽しいですね。魚たちも心なしか歓迎してくれているような・・・
気のせいですね(笑)


        


        


 いったい何の写真だといった感じですが、今日は初めてイソギンチャクの産卵を見ることができました!!今まで気にしたことがありませんでしたが、イソギンチャクも産卵するんですねっ(lll゜□゜)
 岩場でシマキッカイソギンチャクという種が放卵していたのです。大潮だったのが関係していたのかも???
 口の部分からふわ〜ふわ〜っと周期的に卵を出しているようでした。動画にも撮りましたんで、のちほどmixiにアップしておきますね。

 他、ネジリンボウやハナタツ、ササハゼやミジンベニハゼ、オオモンカエルアンコウやカゲロウカクレエビ、アカカマスの群れやイサキの群れなどが楽しめていました。

 ボートではキビナゴの群れや、オオモンカエルアンコウやハナタツ、ピカチュウなどが楽しめていたようでした〜。



11月25日 日曜日 水温:20℃ 透明度:10〜15m 晴れ
今日は昨日より少し暖かく天気にも恵まれ、海はベタ凪と良いコンディションです。ほとんどのお客さまの海から出た顔が満面の笑顔なのがうれしいですね。

       
最近沖の根や御黄金でよく目撃せられているイナダの群れ!!
イワシがたくさん群れているので、それを追っているようです。釣り船も沢山イナダをつっているようです。イナダの群れを見るなら今がチャンスかも!!
      
沖の根のオオモンカエルアンコウのアオゴロウ(今、名づけました(~_~;))もジュズエダカリナの上で相変わらず踏ん張っています。重くてジュズエダカリナが潰れているのに・・・(・_・;)
(写真は前回のもの)
アジ根にいるサザナミヤッコを今日覗きに行ったら、、今日もいました!(^^)!
いつまで頑張ってくれるか!!ファイト〜〜〜!!
     
ピカチュウが交接していました。
その他
大型のマダイの群れ、メジナ群れ、イワシの群れ、ベニカエルアンコウ、イロカエルアンコウ、ハナタツ、スケロクウミタケハゼ、ガラスハゼ、アカホシカクレエビなど小物も充実しています。

 ビーチは相変わらずオオモンカエルアンコウ、ベニエルアンコウが定位置で見れてます。ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ミジンベニハゼのペアもかなり寄れるので写真派の人には人気でした。その他ササハゼペア、ハナミノカサゴの幼魚、ハナタツ、ノコギリハギygなどなど見ものたくさんのビーチでした。
          最近見られている生物

ボート:スズメダイの大群、カンパチ、ワラサやイナダ、大型のマダイ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、越冬クマノミ、など

ビーチ:
タテヤマベラ、カゲロウカクレエビホタテツノハゼ属の一種、ベニカエルアンコウ、ヒレナガネジリンボウ、オトメハゼ、ハワイトラギス、ミジンベニハゼのペアネジリンボウのペア、ハナタツ、クロホシフエダイ、カンパチ、キビナゴの群れ、イサキの群れ、タツノイトコ、ヒラメ、コノハガニ、など
11月24日 土曜日 水温:20〜21℃ 透明度:10〜20m 晴れ
良いコンディションが続いています。
      
今日はボートの黄金崎から御黄金までドリフトをしてみました。
入った瞬間にイナダの群れに囲まれ、たっぷりソフトコラールを眺めで、御黄金に到着。御黄金のマダイやキンギョハンダイを眺めながらゆっくり浮上していくダイビングでした。
沖の根は碧いお海にイワシの巨大な群れが溢れ、その群れにマダイやイナダが絡んでしました。
昨日からピカチュウが数匹登場しています。相変わらずの人気者です。
小物では18センチ近くに成長したオオモンカエルアンコウ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、ハシナガウバウオ、ガラスハゼ、アカホシカクレエビ、ムチカラマツエビ、サンゴガニ、オトヒメウミウシ

ビーチでは
ギンガメアジの群れとソウダガツオの群れが登場!!しました。
すごいですね〜〜
その他はいつもと同じように小物達が充実しています。
11月23日 金曜日 水温:20〜21℃ 透明度:10〜20m 晴れ
透明度が良くなりました。
波もなく良いコンディションです。

ボートはピカチュウが数匹見つかりました!!マダイの群れメジナの群れ、イワシの群れが透明度のよい海に映えて素晴らしい光景を演出しています。
その他、オオモンカエルアンコウ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、ムチカラマツエビ、オトヒメウミウシなど見られています。

ビーチも今まで見られている生物は健在ですね

マトウダイがまた見られるようになってきました。透明度のよい海にマトウダイも映えますね!(^^)!
最近コウイカの求愛シーンがよく見られています。その他オオモンカエルアンコウ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、タツノイトコ、オトメハゼ、ササハゼ、ネジリンボウ、ヒレナガネリジンボウ、ミジンベニハゼなど見られています。

11月22日 木曜日 水温:20〜21℃ 透明度:8〜12m 曇り
今日も朝のうちは西風が強かったのですが、徐々におさまっています。
明日は風も変わるので静かになるでしょう。
今日は風も強かったので誰も潜っていません。
(昨日よりは静かだったのですが)
11月21日 水曜日 水温:20〜21℃ 透明度:8〜12m 曇り
今日も西風が強く吹きました。
ビーチは潜水注意でオープンしていましたが、午後は波が高かったです。
それでも
透明度は相変わらず良いコンディションです。


   
ビーチの4メートルのところにいるカエルアンコウはイロカエルかな?と言われていましたが、ど〜もよく見るとオオモンカエルアンコウのようにみえます。
違い?わかりやすいところで胸鰭の軟条数でオオモンが11、イロが10だそうです(^_^;)この写真ではわかりませ〜〜んでした。アハハハ
で、今までの見てきたスタッフの経験値から「こいつはオオモン」だろう!!ということになりつつあるのです。(^_^;)さてさて、結果は????
 その他相変わらずイワシが群れているので、時々その群れにイナダが絡んで、迫力のあるシーンがよく見られていんす。大形のマダイやイナダをじっくり観察できるのもこの時期のビーチの良さかもしれません(ボートの群れには負けるけど・・・)

その他
イロカエルアンコウ、シマヒメヤマノカミ、巨大コロダイ、大マダイ、大ヒラメ
キリンミノカサゴ、タテヤマベラ、カゲロウカクレエビホタテツノハゼ属の一種、ベニカエルアンコウ、ヒレナガネジリンボウ、オトメハゼ、ハワイトラギス、ミジンベニハゼのペアネジリンボウのペア、ハナタツ、クロホシフエダイ、カンパチ、キビナゴの群れ、イサキの群れ、スカシテンジクダイ、タツノイトコ、ワニゴチ、コノハガニ、など

 今日山中は久しぶりに5ミリジャージのウエットスーツ(シーガル+フード付きジャケット)で潜ってみましたが、なんとも60分潜っても対して寒くもなく、拍子抜けするほどあっさり潜れるんだな〜という感じです。ただエキジッしてからは風が冷たくで寒かった〜〜〜。温かいお風呂の威力を実感した一日でした。

 せっかくの良いコンディションが続いているので、ウエットスーツの方もひと工夫したらまだ潜れますよ〜〜〜(^−^)

11月20日 火曜日 水温:21〜22℃ 透明度:8〜15m 曇り

 今日は西風が強い一日でした。
ボートはなんとか無事にできましたが、15時ごろにはかなり波も高くなっており、早めの2ボートがばっちり正解でしたね。水深5m以深は快適そのもので、青い海で透明度もよかったようです^^
 オオモンカエルアンコウやピカチュウ、マダイの群れや大きなカミソリウオなどが見られたそうでした。


       


 ビーチでは、同じく昼過ぎまで波もたいしたことありませんでしたが、午後遅くには風も強まり、けっこう大きな波が打ち込んできていました。今日はウェットの方が多かったのですが、幸いみなさん暖を取りながら、波も寒さもたいして大変な思いをすることなく潜れていました。
 波の影響で最後に浅場は白っぽくなっていたようでしたが、水自体は安定して青いので、キレイな状態が続くかと思います。

 生物はネジリンボウやミジンベニハゼ、イサキの群れやアオリイカ、トウゴロウイワシの群れやイロカエルアンコウなどが楽しめていたようでした^^

 今週の3連休は、天気にも海況にも恵まれそうですね♪
みなさん張り切ってお出かけくださ〜い。安良里の青い海がお待ちしてますよ〜(^o^)丿


11月19日 月曜日 水温:21〜22℃ 透明度:10〜15m 曇り

 今日も寒気の影響で寒い一日でした(>_<)
まだベンチコートが必要なほどではありませんが、ジーンズ越しに寒さがしみこんできますね。もうこんな日は海の中の方がきれいだし温かいし快適ですよ〜。エキジット後のお風呂がもう堪えられないようで、みなさんなかなか出てきません^^

 ボートは今日はありませんでしたが、今日はビーチでもキビナゴがきらきらときれいでした。イサキの群れも安定して見ることができ、今日もカンパチやイナダが見られていました。

 ネジリンボウはペア、ヒレナガネジリンボウとの異種ペアが見られています。
ミジンベニハゼとオオモンハタの同居や、ハナタツ、ベニカエルアンコウやイロ(?)カエルアンコウなどが楽しめていました。


           


       


 先日の黒潮の恵みでしょうか?
透明でガラス細工のようなハナミノカサゴの幼魚やガラスハゼの幼魚もやってきていました。きっとまだまだいろんな生き物がやってきていそうですね。
透明度も海況もいいので、ベストコンディションの安良里の海をごゆっくり楽しんでくださ〜い^^


11月18日 日曜日 水温:21〜22℃ 透明度:8〜15m 晴れ

 今日は西風が吹き荒れました。
ボートは朝からクローズ。ビーチは潜水注意でオープンでした。
右側のエントリ口は終日潜れましたが、終盤はけっこう波が高かったです。


       


 浅場は波の影響でちょっと白っぽかったですが、沖合は素晴らしい透明度でした。魚たちの活性も高く、キビナゴやイサキの群れを追うイナダやカンパチもよく見られていました^^

 他、イロカエルアンコウや、カミソリウオやミジンベニハゼのペア、ハナタツやベニカエルアンコウ、クマノミやアカカマス、メイチダイの幼魚やアオスジテンジクダイ、アザハタやネジリンボウ、シマヒメヤマノカミやヒレナガネジリンボウなどが楽しめていました^^

11月17日 土曜日 水温:21〜22℃ 透明度:10〜15m 曇り

 いよいよ冬がやってきました!?
今日は朝から気温が上がらず、手足が冷たい一日でした。こりゃ〜、エキジット後の船上が大変だ〜と思って、1本目ではなく気温が上がってきた2本目に御黄金まで遠征することにしました。
朝晩が冷え込んできましたね。今日はなんだか冬の先ぶれのようでした。


       


 ビーチでは、ネジリンボウやカミソリウオ、イロカエルアンコウやミジンベニハゼなどが人気でした。透明度もよくて、気持のよい海を楽しめていたようです。


       


 ボートでは、今日は久しぶりに沖の根にキビナゴが群れていました^^
イナダの数は少なかったですが、マダイのアタックも盛んに見られました。
 他、透き通る体がきれいなアカホシカクレエビや、イロカエルアンコウ、オオモンカエルアンコウやベニカエルアンコウ、ハナタツやマダイの群れなどが楽しめていました。


       


11月16日 金曜日 水温:21〜22℃ 透明度:8〜13m 晴れ
今日も晴れの予報だったのに、一日中曇りでしが、海はベタ凪いいコンディションです。
透明度も昨日より少し良い感じです。

ビーチは昨日出が悪かったネジリンボウとヒレナガネジリンボウがあっちこっちで見られていました。特にネジリンボウとヒレナガネジリンボウが同じ穴から出ているのは人気です。
カエルアンコウもイロカエルアンコウが2匹、ベニカエルも見やすい位置にいます。 
明日も東風予想ですので、安良里の海は静かでしょう。

11月15日 木曜日 水温:21〜22℃ 透明度:8〜13m 晴れ

 今日もピーカン!
朝のうちはエキジットしてからの船上が肌寒かったですが、午後には高気圧に覆われて、すっかりぽかぽかのいいダイビング日和となりました。♪


 ボートでは、ひっさしぶりのオオモンカエルアンコウに出会えました^^
ひさしく見なかった間に、ちょっと吹き出物が出始めていましたね。リクエストのピカチュウにも久しぶりに出会えて、今日は面目躍如といった気分でした。まぁこちらはゲストが見つけてくれたんですが・・・^_^;
 他、アカホシカクレエビやクマノミ、ミツボシクロスズメダイのちびっ子、マダイの群れやイナダの200匹ほどの群れ、スズメダイの大群や大きなコロダイ、ハナタツやイセエビなどが楽しめていました。

 2本目のダイビングの中盤。
なんだか流れが強くなってきました。
警戒して早めにアンカーに戻ろうとすると、みるみるうちにすごい流れに早変わり。ドリフトダイビングといっても過言ではない勢いで、あっという間にアンカーに辿りついてしまいました。そしてそのまま鯉のぼり状態・・・(汗)
ぎゅんぎゅんに流れた久しぶりの沖の根でした。
こりゃ〜また黒潮の再来でしょうか???


       
          エアーが横へ吹っ飛んでいきます^_^;


           
11月14日 水曜日 水温:20〜21℃ 透明度:8〜15m 晴れ

 どうやら黒潮の恩恵も一昨日まででひとまず収束したようです。
今日は完全に黒潮が来る以前の海に戻ってしまっていました。やっぱり伊豆はこうでないと(笑)
また次回の黒潮が待ち遠しいですね(^o^)丿

 ボートでは、久しぶりにオオモンカエルアンコウが見つかったそうです^^
早速明日会いに行ってきます♪ピカチュウも場所を変えながらも見つかっています。どうやら少なくとも2個体いるそうですよ。


        


 柏島にイッポンテグリが出たそうなので、2004年に同時期に出現した黄金崎公園ビーチにも出てるかも!?ということで、黒潮もがっつり入ったことだし浅場を大捜索してきました。結果は・・・
・・・・・・どうやらまだ辿りついてないみたいですね^_^;


        


 シロブチハタやアオハタはずいぶん大きくなっていました♪
ヨスジフエダイやメガネハギといった南方系の姿もちらほら見られました。
他、ベニカエルアンコウやネジリンボウ、イロカエルアンコウやヒレナガネジリンボウ、ミジンベニハゼなどが楽しめていたようでした〜。


11月13日 火曜日 水温:19〜22℃ 透明度:8〜20m 晴れ

 昨日の時化から一夜明けて、今日はほぼすっかり元通りの穏やかな海に戻っていました^^気になる中はというと、砂がまきあがって少し白っぽくなっていましたが、まぁまぁ良好な透明度で青い海でした^^


            


 ハゼが今年は多く楽しめているのですが、定番のミジンベニハゼはオオモンハタと共生?しています。どうもオオモンハタは空き缶の中に入りたいようなのですが、ミジンベニハゼが缶の中に卵を産んだようで、メスが入口を死守しています。オオモンハタがちょっかいをかけるのですが、メスが追い払う、というなかなか見ることができない光景が見られています。
ぜひ写真を撮る前にしばらく観察してみてください。


       


 ササハゼも子育てが終わったのか、再びよく見られるようになってきました。
シックな色合いといい、名前といい、いかにも和風なハゼですね^^
 他、マトウダイやウミテング、カンパチやキビナゴ、イナダの群れやネジリンボウやハナタツ、ベニカエルアンコウやヒレナガネジリンボウ、イロカエルアンコウやオキゴンベ、タツノイトコやヒメユリハゼなどが楽しめていました。

11月12日 月曜日 水温:22〜23℃ 透明度:10〜15mのち5〜10m 晴れ

 今日は今シーズン初の西高東低の冬型の気圧配置となりました。
おかげで西風は朝からビュービュー。どんどん波も上がっていき、夕方頃にはクローズ並の波が来ていました(+_+)
水もまきあがった砂で白っぽくなっていましたが、水自体は青いので、波が収まればまたすぐ気持のよいブルーな海に戻ってくれることと思います。


 ビーチでは、エントリ口のトウゴロウイワシとキビナゴが見事ですね^^
きらきらと光を反射させて、毎日見ていても一瞬息を飲むほどきれいです。今日もそれを追ってイナダの群れが見られていました。


       


 早速の黒潮効果か、小さなカミソリウオが見つかりました。
まだ透明感のある赤っぽい個体です。他にも来ているかもしれませんね〜^^イロカエルアンコウも久しぶりに見られていました。
 他、オトメハゼのペアやネジリンボウ、ハナタツやベニカエルアンコウ、ゼブラハゼやクロユリハゼなどが楽しめていたようでした。
今日はガイドが入っていたのですが、久々にアカササノハベラの産卵を紹介できてよかったです(^o^)丿

 今日の一押しはウミウシカクレエビ!
これも黒潮効果なんでしょうね〜。極小個体で、おそらく着底直後!!なんとロープについていました。なるほど〜、こうやって宿主が通りかかるのを待っているのかもしれませんね。
っというわけで、どんどんホットになってきている安良里の海でした(^v^)



11月11日 日曜日 水温:23℃ 透明度:20〜25m以上 曇りのち晴れ

     
                 写真提供:谷川様

 今日もいいコンディション(^o^)丿
今日は太陽もさんさんと輝いて、陸上も日焼けができるぐらいいい天気でした。こう素晴らしい海が続くと、これが当たり前に思えてくるから怖いですね〜^^;ゲストの皆さんのはじけるような笑い声と笑顔がこの海の状態を表していますよね♪

     
              写真提供:谷川様


 こんな日は魚と一緒に泳いでいるだけで大満足^^
沖の根ではカゴカキダイが群れているので、なんだかぷち沖縄チックにカラフルです。
 あいにくリクエストされていたピカチュウを、しっかり外してしまった中野ガイドでしたが、見れていたチームもあったようです。
他、モンハナシャコやオオガラスハゼ、ハナタツやベニカエルアンコウ、イナダやキビナゴの群れなどが見どころでした。


 ビーチでも透明度は抜群!!
朝イチのチームは今年一番の透明度30mオーバーの世界を楽しめたようです♪こんなに青い海で潜れるなんて幸せですよね^^キビナゴの群れがとってもきれいです。
 他、クロホシイシモチの群れやムレハタタテダイの群れ、ミジンベニハゼやネジリンボウ、ハナタツやウミテングなどが楽しめていたようでした。


           最近見られている生物

ボート:スズメダイの大群、カンパチ、ワラサやイナダ、大型のマダイ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、越冬クマノミ、など

ビーチ:
キリンミノカサゴ、タテヤマベラ、カゲロウカクレエビホタテツノハゼ属の一種、ベニカエルアンコウ、ヒレナガネジリンボウ、オトメハゼ、ハワイトラギス、ミジンベニハゼのペアネジリンボウのペア、ハナタツ、クロホシフエダイ、カンパチ、キビナゴの群れ、イサキの群れ、スカシテンジクダイ、タツノイトコ、ワニゴチ、ヒラメ、コノハガニ、など
11月10日 土曜日 水温:22〜23℃ 透明度:15〜20m以上 曇り


           


 今日の朝イチの沖の根は最っ高のコンディションに恵まれました(^o^)丿
透明度は30mオーバー、まさに紺碧の海です。八丈島さながらの黒潮ブルーの恵みがもたらされ、極上のダイビングを堪能できました♪

        


 もう浮いて泳いでるだけで気持ちいい(^o^)丿
今日はのんびり広〜い範囲を泳ぎました〜。エキジット後の船上でのはじけるような笑い声・・・、どころか水中ですでにゲストも満面の笑顔です♪


       


 たまにしか見れない特大のサザナミヤッコも今日は歓迎してくれて、ハナタツ、ベニカエルアンコウやマダイの群れなどのレギュラー陣も楽しめました。


 ビーチでは、久々にウミテングが登場しました。
5mmぐらいの極小個体です!すっかり代替わりしてしまいましたね〜。
透明度がいいのでキビナゴとイナダがきれいですね^^
他、ミジンベニハゼのペアやヨコシマクロダイ、ハナタツやイソギンチャクエビ、ネジリンボウやヒレナガネジリンボウなど楽しめていたようでした(^o^)丿


11月9日 金曜日 水温:22〜23℃ 透明度:15〜20m以上 晴れ
海は青いな〜〜〜〜大きいな〜〜
ということで
引き続きいいコンディションが続いています。
朝一番は20メートルを超えて見えています。
今日は一日南からの流れが少しあり、南側面にスズメダイやマダイ、ネンブツダイ、キンギョハンダイがごっそり群れています。!(^^)!
ハナタツ、ベニカエルアンコウ、ハシナガウバウオ、アカホシカクレエビ、ムチカラマツエビなど小物も楽しめています。

ビーチも引き続きいいコンディションが続いています。陸上が少し冷えてきたのでビーチの施設にはストーブが登場しています。水温は高いので水の中は温かく感じられます。海からあがったら、すぐにお風呂に入って体を温めたら、ビーチの施設でストーブで温まれます。!(^^)!

 明日も引き続き海は良いコンディションが続くでしょう。
ヒレナガネジリンボウの新しいちびっ子や、ヨスジフエダイの稚魚、オルトマンワラエビの超ちびっ子など、黒潮効果が早速出てきています(^o^)丿
他、ネジリンボウやマトウダイ、ミジンベニハゼのペア、ハナタツ、ノコギリハギの幼魚やアザハタの幼魚などいろいろ楽しめていました♪


11月8日 木曜日 水温:22〜23℃ 透明度:15〜20m以上 晴れ
今日はさらにベストコンディションですね
水温も少し上がったようですし、一日中晴れていて水中の透明度が増したようです!(^^)!
「今潜らないといつ潜るのよ〜〜〜!!!」って感じですよ
      
 ボートは相変わらず、マダイの群れ、スズメダイの群れ、ネンブツダイの群れ。キンギョハナダイの群れなど魚影が豊富です。またベニカエルアンコウやハナタツや極小ミツボシクロスズメダイなど小物もいい感じですね。

ビーチもにぎやかですね
今日はアサヒガニを見たチームもあったようです。この時期でも見られるんですね〜〜(^−^)
他、たくさんの巨大マトウダイや、カゲロウカクレエビやミレニアムマツカサウミウシ、ササハゼやクロイトハゼ、オトメハゼやネジリンボウなどが楽しめていたようでした。
ベニカエルアンコウやハナタツがたくさん見られていたようです。

11月7日 水曜日 水温:21〜22℃ 透明度:15〜20m以上 曇りのち晴れ

       


 今日はとてもよい透明度に恵まれました(^o^)丿
ボートではざっと20m以上見えているような感じです♪ビーチでも15mほどは見えていたようですよ。午後からは晴れ間も覗き、さんさんと光が降り注いだ水中はとってもきもちがいいものです^^


       


 沖の根ではスズメダイがまるで花吹雪のようにものすごい数で舞っています。回遊魚の姿は少なかったですが、この群れだけでダイビング〜!!って感じですよね(笑)
 他、アカホシカクレエビやハナタツ、オオガラスハゼやベニカエルアンコウ、マダイの群れやネンブツダイの群れなどが楽しめていました。


 ビーチでは、今日もキビナゴが好評でした〜^^
カンパチやイナダも、時間帯によってはボートより多く目撃されていたりします。
 他、たくさんの巨大マトウダイや、カゲロウカクレエビやミレニアムマツカサウミウシ、ササハゼやクロイトハゼ、オトメハゼやネジリンボウなどが楽しめていたようでした。
ベニカエルアンコウやハナタツがたくさん見られていたようです。


 接岸傾向の黒潮の波及効果が、こちら駿河湾にも出ているようですね。
透明度、水温ともにかなり上昇しています♪10月並みの水温に戻っています。これならウェットでも大丈夫かな???ロクハンの自分中野もかなり快適でした。この黒潮効果、今週末まで続いてくれるとうれしいのですがっ(^o^)丿
黒潮情報をご覧ください。



11月6日 火曜日 水温:20〜21℃ 透明度:10〜20m 曇り

 今日は雨予報でしたが、幸いぱらっとも降ることはなく、快適なダイビングができました。どうせ濡れるとはいえ、船上がどしゃぶりだとツライものがありますからね〜^_^;

 ビーチでは、今日もキビナゴがぎっしり!!
ゴロタ斜面の上では、イナダやカンパチとの命をかけた鬼ごっこが盛んに繰り広げられています。キビナゴの幻惑するかのような動きと、それを切り裂くように攻める捕食者たち。どちらも巧妙な戦略ですね。
他、ネジリンボウやハナタツ、ミジンベニハゼなどが楽しめていたようです。


 ボートでは、今日は透明度がかなりよかったです(^o^)丿
2本目の御黄金は20mほど見えていたかと思いました。遅生まれのクロホシイシモチの幼魚の群れや、スズメダイの幼魚の群れがぐっちゃりと群れ、向こう側にいるマダイが場所によっては見通せないほどです。

 途中、オビアナハゼの熱烈な求愛行動を見ることができました^^
メスもまんざらではなさそうで、見続けていれば交尾も見ることができたかと思います。海の中の季節も、ちゃんと移ろっていってますね〜。

 他、ここにきて一気に増えてきたミツボシクロスズメダイの幼魚や、200匹ほどのイナダの群れ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、オオガラスハゼやカゲロウカクレエビなどが楽しめていました^^


11月5日 月曜日 水温:20〜21℃ 透明度:8〜15m 晴れ

 今日は年に一度のサンマ祭りでした!!
港がこれほどごった返す・・・もとい、活気にあふれるのはこのときだけといっても過言ではないかもしれません(笑)それほどまだ朝も早いうちから賑わっていました^^

        


 船からは組めども尽きぬ湯水のようにサンマが湧いてきます(笑)


          


 いただいたサンマはビーチでおいしく炭火焼きにしていただきました^^
脂が乗ったジューシーな新鮮なサンマで、とってもおいしかったです。豊幸丸の船員のみなさん、はるか北までの航海お疲れ様でした!!


 さて、今日のボートでは、沖の根に行ってきました。
8月頃のスズメダイの超大群が、最近では半分ぐらいになったかな〜と思っていたのですが、今日行ってみてまたびっくり!いつもの大型の個体の群れに加わって、なんと遅生まれ(?)のスズメダイの幼魚の群れがびっしりと群れていました。これからしばらく経つと、さらに見ごたえが出てくると思われます♪

 他、キンギョハナダイの群れや大きなコロダイ、それから定番マダイの大群などが楽しめました〜(^o^)丿


           


 一方ビーチでは、小さな小さなノコギリハギが登場です^^
まだこんな南方系もちゃんと流れてきているんですね〜!少しでも長く見守っていたいです。

 ネジリンボウなどのハゼ類は水が良くて明るいせいか、午前も午後もよく出ていたようです。ハワイトラギスや大きなマトウダイ、ハナタツやコガネマツカサウミウシ、オグロクロユリハゼやヒメユリハゼ、イサキの群れやキビナゴの大群、イナダの群れなどが楽しめていたようですよ。


       

 今シーズン初のボウズコウイカの求愛を目にしました。
最近ではホウボウやシビレエイ、カスザメなどの冬の生き物が少しずつ見られるようになってきています。夏の生き物と冬の生き物が同時に見れて、お得な感じですよ^^


11月4日 日曜日 水温:20〜21℃ 透明度:10-18m 晴れ

今日は朝からよい天気でした。
浅場は太陽の光がさしこみ、とっても奇麗な水中風景でした。気持良かったですよ^^)

ボートは今日も群れが絶好調でした。マダイやイナダ、マアジ、スズメダイの群れが楽しめました。巨大サザナミヤッコやナンヨウカイワリも目撃されてます。
オオモンカエルアンコウ、ベニカエルアンコウ、ピカチュウもみれてます。
ハナタツは数か所にいるのですが、その中で昨日見たまっ白いハナタツは今日も同じ場所でみれました。


 ビーチも今日はキビナゴがたっくさん!!
イナダもそれを追っていっぱい入ってきていて、多い時では200匹ほどの群れが見られていました。おかげでイシモチの群れやソラスズメの群れも戦々恐々としていましたよ^_^;

 明るい水中なのでいつまでも潜っていたい感じです。
ネジリンボウやホタテツノハゼ属の一種、オルトマンワラエビやイソギンチャクエビやタイワンカマス、ハナタツやイサキの群れ、スカシテンジクダイやニシキウミウシ、冬を予感させるスイートジェリーミドリガイやマトウダイ、カスザメやシビレエイなどが楽しめていました。


 今晩、サンマ漁に出ていたサンマ船が北のオホーツク海から戻ってきます!
明日は年に一度の待望のサンマパーティですよ〜!!
みなさんお見逃しなく!!


             最近見られている生物

ボート:オオモンカエルアンコウ、キビナゴの群れ、ツムブリ、カンパチ、ワラサやイナダ、大型のマダイ、イサキの群れ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、越冬クマノミ、など

ビーチ:
キリンミノカサゴ、タテヤマベラ、カゲロウカクレエビホタテツノハゼ属の一種、ベニカエルアンコウ、ヒレナガネジリンボウ、オトメハゼ、ハワイトラギス、ミジンベニハゼのペアネジリンボウのペア、ハナタツ、クロホシフエダイ、カンパチ、キビナゴの群れ、イサキの群れ、スカシテンジクダイ、タツノイトコ、ワニゴチ、ヒラメ、コノハガニ、など
11月3日 土曜日 水温:19〜21℃ 透明度:10-15m くもり/晴れ

今日は午前中はくもっていたのですが、午後からは太陽が顔をだして良い天気になりました。
透明度も10-15mと気持ちよく潜れました。

ボートは、相変わらずイワシの群れを追うカンパチやイナダ、マダイの群れ、メジナの群れ等見れてます。
また、オオモンカエルアンコウ、ベニカエルアンコウ、ハナタツも健在でした。




ちょっと珍しいハナタツ白バージョンの登場です。同じ場所に居ついてくれるかどうか心配です。




人気のピカチュウも3個体確認できました。


 ビーチでは、なんと昨日見つかったばかりのピカチュウが、全チーム空振りという恐るべき事態が持ち上がりました。
おかしいですね〜・・・まぁ「昨日はいたんですけどね〜」というのは決まり文句かもしれませんが、せっかくはるばる泳いで行って見れないのは、残念でした(T_T)

 ネジリンボウは各地で見られ、今日は透明度が良かったので、キビナゴもきらきら♪
カンパチやイナダがけっこうな数入ってきていましたよ。
他、ミジンベニハゼのペアやハナタツ、ベニカエルアンコウやオトメハゼのペア、クロユリハゼやヒメユリハゼの群れ、キリンミノカサゴやシマヒメヤマノカミなどが楽しめていたようでした。


11月2日 金曜日 水温:21〜22℃ 透明度:10m くもり

 今日も穏やかないい海況でした^^
一日中雲はかかっていましたが、雨が降り出すこともなく大丈夫でした。昨日落ちてしまった透明度も、今日はずいぶんきれいになっていました。これで日が入ればばっちりなんですけどね^^;明日からの好天候に期待ですね。

 ビーチは広い範囲を捜索してきました。
岩場ではクエの幼魚やベニカエルアンコウ、ハナタツなどがイシモチなどの群れを横目で見ながら楽しめます。
 砂地ではネジリンボウやヒレナガネジリンボウ、ホタテツノハゼ属の一種がけっこう寄れるようになっています。


         


 旬の生物では、久しぶりに登場のピカチュウことウデフリツノザヤウミウシがおススメです。1cmないぐらいの小さな個体で、とってもかわいいですよ〜(^o^)丿2個体いるのでケンカしないですみますよ(笑)
イワシダイバーズの小松さん、いつも情報ありがとうございます!

 被写体は増えてきましたが、お越しのゲストはだんだん少なくなっていく季節になりました。のんびり楽しんでくださいね〜^^


11月1日 木曜日 水温:21〜22℃ 透明度:6〜10m くもりのち雨

 昨日今日と雑誌月刊ダイバーの取材がおこなわれていたのですが、海況にも天候にも恵まれて、取材が終わってから雨がしとしとと降ってきました。

 今日のビーチは、昨日までの青い水がどこかに出て行ってしまったようでした^_^;なんだかもやっとしたような水がてろ〜んと満ちています。キビナゴたちも一緒に出て行ったのか姿は見えず、前日比ではちょっと寂しく感じましたね。


       


 透明度が落ちた時はのんびりマクロですね^^
ネジリンボウやヒレナガネジリンボウ、ホタテツノハゼ属の一種やクロイトハゼのペア、ミジンベニハゼのペアやオグロクロユリハゼなど、じっくりハゼ撮影がおススメです。


       


 ちょっと普段と違うコースを通ってみたら、オトメハゼのペアがいました。
しかも立派な個体で、10cm以上ありました。もう少しこのままの水温が続いたら、繁殖することもできるかもしれませんね。