安良里ダイビングセンター

安良里ボート&黄金崎公園海況データ

2007年 12月

● 最新海洋情報  ●トピックス   ●旬な生物   
●過去ログ&過去旬な生物&過去水温&透明度データ
12月31日 月曜日 晴れ

 今日も強い西風の一日でした。
あいにくビーチもボートもクローズとなりました。
気合を入れて潜り納めをした去年とは違い、今年は潜り納めがいつの間にか終わってしまってましたね(^^ゞ潜り初めはしっかり気合を入れて潜りたいと思います・・・風が収まって潜れるのは明後日かな???

 今年一年ありがとうございました。
みなさんもよいお年をお迎えください。
また来年もどうぞよろしくお願い致します。


        最近見られている生物

ボート:ウデフリツノザヤウミウシスズメダイの大群、サザナミヤッコ成魚、大型のマダイ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、越冬クマノミ、など

ビーチ:
オオモンカエルアンコウ、トウゴロウイワシの群れ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、オトメハゼ、ハワイトラギス、ミジンベニハゼのペアネジリンボウ、ハナタツ、イサキの群れ、タツノイトコ、ヒラメ、コノハガニ、など

12月30日 日曜日 晴れ 水温:15〜16℃ 透明度:10m

 今日は強い西風になりました。
黄金崎の駐車場にまで波しぶきが舞い上がってくるほどでした。
朝のうちはまだ潜れましたが、お昼前頃からクローズ状態の大波がきていました。

 「厳しそうです」

というアナウンスをしたにもかかわらず、何組かのお客様が

 「黄金崎で潜り納めを!」

と、はるばる足を運んでくださいましたが、前泊で朝イチから潜れた方以外はみなさんお帰りになりました。海況が悪くて残念でした。また来年もどうぞよろしくお願いしますね。


 明日はさらに強風予報が出ています^^;どうやら自分中野の潜り納めは、昨日で最後のダイビングになってしまいそうですね。
 今年も残すところあと一日。
みなさんもよいお年をお迎えください(^o^)丿

        最近見られている生物

ボート:ウデフリツノザヤウミウシスズメダイの大群、サザナミヤッコ成魚、大型のマダイ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、越冬クマノミ、など

ビーチ:
オオモンカエルアンコウ、トウゴロウイワシの群れ、ハナタツ、ベニカエルアンコウ、オトメハゼ、ハワイトラギス、ミジンベニハゼのペアネジリンボウ、ハナタツ、イサキの群れ、タツノイトコ、ヒラメ、コノハガニ、など
12月29日 土曜日 雨のち曇り 水温:15〜16℃ 透明度:10m

 今日は西風予報でしたが、ふたを開けてみれば終日穏やかな海況に恵まれました^^心配されていた雨も早期にあがるし気温も高くなるしで、お越しの皆さんも快適な一日が過ごせたのではないでしょうか。


       


 ビーチでは、写真のウミタケハゼの仲間や、ハナタツ、マトウダイ、ベニカエルアンコウ、オオモンカエルアンコウ、アカカマスの群れ、クロホシイシモチの群れ、スジコウイカなどが楽しめていました〜。

 明日は西風が吹きそうです。
お越しをご予定の方は海況確認のお電話お願い致します。


12月28日 金曜日 晴れ 水温:15〜16℃ 透明度:10〜15m

 雨予報だった今日ですが、雨も降らずに晴れ間も覗く、いい海況に恵まれました^^透明度もいいし、快適なコンディションでした。

 今日はガイドのみでしたので、フォト派のゲストとマンツーマンでビーチをのんびり回ってきました。
 オオモンカエルアンコウはうんちをしたかと思えば大〜きなあくびを一発出しました。ヒョウモンダコがじ〜っとしているな〜とよ〜く見てみると、すぐ下の穴の中にはメスのヒョウモンダコが入っていて、交接中でした。ゆっくりいろいろなカラーのコケギンポを撮影してもらったり、ウミショウブハゼ属の一種を青抜きやら何やらでばっちり撮影を楽しんでもらいました。

 他、キビナゴの群れを襲うワラサも見れたし、カタボシオオモンハゼの幼魚やヤセアマダイ、ヨスジフエダイの幼魚やイッセンタカサゴの幼魚、オトメハゼやキリンミノカサゴなどの南方系も楽しめました〜(^o^)
 明日は午後には西風になりそうですね。早めの2ダイブなら快適かと思いますが、お越しをご予定の方は海況確認のお電話お願い致します。


12月27日 木曜日 晴れ 

 今日はいい天気のベタ凪の海に恵まれました^^
あいにくノーゲストでしたので、今日の海はお休みです。

 今年も残りわずかになってきましたね。
昨年に続き、2007年に出たおもしろい生物マップを作成してみました。黄金崎と安良里の両方の施設に展示しておきますので、来年の傾向と対策(?)のお役に立てれば幸いです(^^ゞ来年もどんな生き物との出会いがあるか楽しみですね〜♪

 
12月26日 水曜日 晴れ 水温:15〜16℃ 透明度:10〜15m

 今日はいいお天気で気持のよいダイビング日和でした^^
はるか石川からもお客様がお越しだったのですが、いい海況に恵まれて何よりでした。

 ビーチでは、マトウダイがよく見られていました。
浅場のオオモンカエルアンコウも定位置で楽しめているようです。しかし動きませんね〜(^^ゞ
 他、カスザメやベニカエルアンコウ、ハナタツ、ネジリンボウ、ウミショウブハゼ属の一種、スジコウイカやヒョウモンダコ、ヤマドリやコケギンポなどが楽しめていました^^

12月25日 火曜日 曇り 
水温:15〜16℃ 透明度:10〜15m
今日は鏡のように波も無い一日でした。
透明度も良く、快適なダイビングができたようです。
ビーチの生物もネジリンボウ以外は見られています。
特に
マトウダイが沢山みられていたようです。
西伊豆のガイドはマトウダイを見慣れているのですが、マトウダイは人気がありますね。最近捕食をしようと思ってか?他の魚を追い掛け回しているシーンに良く出会います。ただそう簡単には捕食できないようです。

明日も引き続き静かな海が期待できそうです。
12月24日 月曜日 晴れ 

 昨日の夕方から吹き荒れた西風で、朝のうちは大波でした。
ぎりぎり潜水注意でオープンかと思われましたが、大事をとってクローズとなりました。次第に風も弱くなっていき、昼近くなると波も収まりました。

 今日はクリスマスイブですね。
みなさんもよい聖夜をお過ごしくださ〜い(^o^)丿

 
12月23日 日曜日 曇りのち晴れ 
水温:15〜16℃ 透明度:10〜15m 

 今日は3連休の中日でした。
お昼頃まで小雨が続きましたが、午後にはすっかりぴかぽかのお天気になりました^^

 ボートでは、人気者の大きなオオモンカエルアンコウが行方不明〜(T_T)
ベニカエルアンコウやハナタツ、ピカチュウやマダイの群れなどが代わりに楽しめていたようです。透明度もなかなかいいので気持のよい海ですよ〜♪


 ビーチでは、そろそろ冬眠かと思われるネジリンボウも、なんとかまだ出ていたようです。マトウダイはゴロタ付近にいるクロホシイシモチの群れなどの周りでよく見られます。ベニカエルアンコウやハナタツなどが今日も楽しめていたようでした。

          最近見られている生物

ボート:ウデフリツノザヤウミウシスズメダイの大群、サザナミヤッコ成魚、大型のマダイ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、越冬クマノミ、など

ビーチ:
オオモンカエルアンコウ、トウゴロウイワシの群れ、ベニカエルアンコウ、オトメハゼ、ハワイトラギス、ミジンベニハゼのペアネジリンボウ、ハナタツ、イサキの群れ、タツノイトコ、ヒラメ、コノハガニ、など

12月22日 土曜日 曇りのち雨 
水温:15〜16℃ 透明度:10〜15m 

 今日は午後から小雨が降り出しました。
気温も低いので山間部では雪になりそうな感じですね(^^ゞ


        


 今日は透明度も良く、ベタ凪の海況でした。
黄金崎では珍しいサンタさんご一行さまがお越しでした^^
生物はハナタツ、ミジンベニハゼ、オオモンカエルアンコウ、クエの幼魚やマトウダイ、スジコウイカやアカカマス、ベニカエルアンコウやマダラトラギスなどが楽しめていました。

          


 いよいよクリスマスですね。
みなさんもよいクリスマスをお過ごしください(^o^)丿


 
12月21日 金曜日 晴れ 水温:15〜16℃ 透明度:10〜13m 

 昨日の波が朝のうちは残っていて、ビーチの波打ち際がちょっとぱしゃぱしゃしていました。次第に穏やかになっていきました。明日は久しぶりに東風のいい海況に恵まれそうです^^


           


 ビーチは透明度もなかなかよく、気持のよい青い海が広がっています(^o^)丿12月に入ってからというもの、毎週1℃づつ水温が下がっていっています。写真の魚はオトメハゼという南の魚なのですが、ここのところの低水温が結構堪えているようです。ワイドレンズで10cm程度まで寄っているのですが、まんじりともしませんでした。同じく南の魚ハワイトラギスも、お気に入りの岩の上で寒そうに固まっていました^^;


       


 マトウダイ、シビレエイ、カスザメといった低水温の魚が増えてきていますが、今日はおたまじゃくしのようなエゾイソアイナメの幼魚にも出会えました。滅多に見ないのでちょっと得した気分ですが、また寒くなったような気がしてぶるぶるっと身震いしてしまいました。
 他、アカカマスやタツノイトコ、ミジンベニハゼやハナタツ、ヤセアマダイやミツイラメリウミウシ、アカボシウミウシやシロブチハタなどが楽しめているようでした。
 
12月20日 木曜日 晴れ 

 今日は朝のうちは穏やかでしたが、午後には少し波が出てきました。
ボートは揺れそうな感じでしたが、ビーチは終日穏やかでした。
ミジンベニハゼやネジリンボウ、スイートジェリーミドリガイやササハゼなどが楽しめていたようです。


 今日は年に一度の漁協の大掃除です。
ダイビングからも中野が出動してきました。


       


 ワックスも塗りなおしてピカピカです^^
これで気持ちよく新年を迎えることができますね。次はビーチ施設の番だな〜。

12月19日 水曜日 晴れ 

 今日は穏やかな海に恵まれました^^
ビーチは透明度が少し落ちていたようです。今日は年賀状作業などをやっていましたので、あいにく潜っていません。代わりに安良里の港での一コマをご紹介します。

        


 これはゴロ網と呼ばれる漁法で、高さ2m程度の網を張って、その中を海面を竹ざおで叩きながら小船で駆け回ります。NHKでも2〜3回放映されたほど由緒ある漁法のようです。ゴロとは、水温が下がってくると黄金崎ビーチのエントリ口付近に群れるトウゴロウイワシのことですね。


        


 思ったよりたくさん採れているようで、4人がかりで網からイワシを外していました。今晩のおかずにばっちりなんでしょうね^^


12月18日 火曜日 晴れ 水温:15〜16℃ 透明度:10〜15m 
午前中は静かだった海も午後に西風が強くなり、荒れてしまいました。
ビーチは潜水がなく
ボートはマダイがいつものように群れていたそうです。

今、駿河湾ではメジマグロが沢山釣れいているようで、(メジマグロというのはホンマグロの子供)ダイビングの船長も釣りに行きたそうですが・・・。西風がよく吹くのでダイビングと同じように出航できなくて可愛そうです。近くに獲物がいるのに・・・。(^_^;)
12月はよく西風が吹いています。
船長達はひと月吹けば翌月は吹かないさ〜〜と言っています。
来月は透明度の良いなぎの海を期待できるかな〜〜〜
12月17日 月曜日 晴れ 水温:15〜16℃ 透明度:10〜15m 
今日も西風が吹いていました
ビーチは波が多少あり、少し底揺れをしていましたが、問題なくダイビングできました。
昨日見つかったカンナツノザヤウミウシを今日もチェックに!!
同じい位置でじっとしていましたが、早速デジカメで・・・・あれ??バッテリー切れ(・_・;)ト言うことで、急遽予定を変更して、生物巡回チェックダイビング。
そのままベニカエルアンコウへ、少し動いていたけど見やすい位置に移動していました。ハナタツ、マトウダイをみて、この水温と少し底揺れをしているので諦めていたネジリンボウが出ていました。寒いのに・・・・!!思わず頑張れよ〜〜〜!!!と声援を送りながら、ホウボウやミジンベニハゼ、オオモンカエルアンコウをチェック!!そうそうこの水温なのにミナミハコフグの子供もいました。
まだまだ
黄金崎公園には生物たちが豊富なのだな〜〜
と変に実感をした一日でした。(^^♪

明日は西風が止まるので、海は静かになるでしょう。
12月16日 日曜日 晴れ 水温:16〜17℃ 透明度:8〜10m 晴れ

 夜の間吹いた西風のおかげで、朝のうちは波が高い状態でした。
午後には海も穏やかになり、いい状態で潜ることができました。

 ビーチでは、恐らく黄金崎初登場のカンナツノザヤウミウシが観察されました(^o^)丿南方系で珍しいウミウシなのですが、ちょっと距離が遠いのがネックですね^^;


       


 他、キリンミノカサゴやセボシウミタケハゼ、それから大きなイソコンペイトウガニや、まだ元気にがんばっているスカシテンジクダイ、ハナタツやミジンベニハゼや、マトウダイやオオモンカエルアンコウなどが楽しめていたようです^^


       


           最近見られている生物

ボート:ウデフリツノザヤウミウシスズメダイの大群、サザナミヤッコ成魚、カンパチ、ワラサやイナダ、大型のマダイ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、越冬クマノミ、など

ビーチ:
極小ハナミノカサゴの幼魚ホタテツノハゼ属の一種、ベニカエルアンコウ、ヒレナガネジリンボウ、オトメハゼ、ハワイトラギス、ミジンベニハゼのペアネジリンボウ、ハナタツ、カンパチ、キビナゴの群れ、イサキの群れ、タツノイトコ、ヒラメ、コノハガニ、など
12月15日 土曜日 晴れ 水温:16〜17℃ 透明度:10〜15m 晴れ

 今日は西風が強い一日でした。
ボートはクローズ、ビーチは潜水注意でした。
・・・って書き出し昨日とまったくおんなじですが(笑)、今日はビーチの潜水がありました。波があるわりには思ったより透明度がよく、15mぐらい沖のほうは見えていました^^


       


 オオモンカエルアンコウは相変わらず同じ位置にいましたが、揺れが強くなったせいか後半には下に降りていました。
 ミナミダテハゼやガラスハゼなどの南のハゼや、マトウダイやホウボウなどの冬場の魚、大きなヒラメやワニゴチ、ネジリンボウやミジンベニハゼなどが楽しめていたようです。
明日も西風予報ですが、ビーチは潜れるでしょう。


12月14日 金曜日 晴れ

 今日は西風が強い一日でした。
ボートはクローズ、ビーチは潜水注意でしたが、ノーゲストでしたのでビーチ施設もクローズでした。年賀状作成や買出しなどやってましたよ。

 明日も西風が強そうです。
お越しをご予定の方は、海況確認のお電話をお願い致します。



12月13日 木曜日 水温:16〜17℃ 透明度:15〜20m 雨のち晴れ
朝少し少し雨が降っていましたが、すぐに上がりお日さまが顔を出していました。海も静かでベストコンディションです。

沖の根では
昨日見つからなかったオオモンカエルアンコウが定位置にしっかり


          

 どで〜〜〜〜〜んと、居座っていました。
うむ〜〜〜
あれほど昨日は周りも含めて念入りに見たのに・・・・(・_・;)
いったいどこに隠れていたのか?
それにしても
このオオモンは体がこんなに大きくなったのに、細いジュズエダカリナの上が好きなんだろう?
いつまでも子供のままでいたいのかな?

さらに
昨日見つからなかった
サザナミヤッコの成魚もいつもの場所にいました!!
17度の水温で頑張っている姿に、思わず熱いエール(熱い海水の方がよいのでしょうが)を送ってしまいたくなります。「お〜〜い後2度は下がるぞ!!頑張れよ!!」


       


その他
伊豆では珍しいアブラヤッコや、ベニカエルアンコウが全部で3個体(寒くなると増えてくるような・・・)ハナタツ、ピカチュウ、アカホシカクレエビがたくさん、大型のマダイの群れ、メジナの群れなど魚群も充実しています。


12月12日 水曜日 水温:16〜17℃ 透明度:15〜20m 晴れ
朝のうち少し波がありましたが、すぐに静かになり、いいコンディションでした。
久しぶりに沖の根
             

透明度のいい海に、マダイやメジナ、イワシ、スズメダイの群れが沖の根と地形とマッチしこの時期ならではの景観です。
冬の海は地形好きにはたまらないです。
小物も
オオモンカエルアンコウがいなくなっていました(・_・;)
でも
新たに
           
白いベニカエルアンコウが見つかりました。フカフカのハネハリカイメンが気持ちよさそうです。これなら長くいてくれそうな感じですね。
その他
        
ピカチュウもハナタツも、アカホシカクレエビなども見られています。
小物大物充実していました。
12月11日 火曜日 水温:16〜17℃ 透明度:10〜15m 雨
今日はシトシトと時折雨がぱらつき寒い一日でした。
今日は潜水がありませんでしたので一日お雑用でした。
来年は2008年国際サンゴ礁年であり(メニューページにリンクを貼っていますね)その活動の一つにダイビングWGというのがあり、不祥山中も幹事としてお手伝いさせていただいております。
「なんで伊豆の人間がサンゴ保全なんだ?」と思われる方もいるとは思いますが、ひとつは西伊豆は実はサンゴが多いのです。ボートポイントは場所により被覆率が40%を超えている場所もあります。これは東伊豆にはない特徴で、西伊豆らしさでもあります。私のガイドで潜ったことのある方なら聞いたことあるかもしれませんね。
それにサンゴの保全を考え始めると、温暖化の問題や我々の生活による海洋汚染を無視できなくなります。サンゴから始める環境教育でもあります。

とめどないことをお魚情報がない時に書いてしまいました。
明日は
海の情報をきっちり提供させていただきますので、今日はこの辺でご勘弁(^'^)


12月10日 月曜日 水温:16〜17℃ 透明度:10〜15m 晴れ

 今日は一日穏やかな海況でした。
気温が下がってくると、暖かい施設と温かい器材洗い桶が本当にありがたいですね^^
 ビーチでは、水温が下がってきているものの、まだまだ元気なシロブチハタやアオハタ、ハナミノカサゴの幼魚やヨスジフエダイなどが見られます。
 季節もののコシマガリモエビやシビレエイなども楽しめていました。

12月9日 日曜日 水温:16〜17℃ 透明度:8〜15m 晴れ

 今日は夜半から吹き続けた西風の影響で、ボートはクローズ。ビーチも少し波があるスタートでした。だんだん海況は良くなっていったので、快適にダイビングを楽しめているようでした。
 透明度は、朝イチは良い透明度だったのですが、次第に白っぽく濁っていきました。水温は前日比1℃ダウンです^_^;このぐらいの1℃差は大きいんですよね〜。今シーズンは何℃ぐらいで下げ止まるか気になりますね。

 ビーチでは、昨日のカミソリウオが早速のロスト!
でも冬の生物がどんどん増えてきて、マトウダイ、ホウボウ、カスザメ、シビレエイなどが楽しめていました。


       


 他、今年は多く見られているウミウサギガイ、キビナゴを追うワラサの小さな群れ、ネジリンボウやハナタツ、ベニカエルアンコウやオオモンカエルアンコウ、オトメハゼのペアやハナミノカサゴの幼魚、ガラスハゼのペアなどが楽しめていました〜。


12月8日 土曜日 水温:17〜18℃ 透明度:10〜12m 晴れ

 今日は穏やかな海況に恵まれました^^
ビーチでは、ネジリンボウやヒレナガネジリンボウがよく見られていました。
マトウダイがなぜか姿を消していたようでしたが、他の定番、ミジンベニハゼやハナタツ、オオモンカエルアンコウなどは鉄板でした。


          


 満を持してクリスマスツリーーーー!が黄金崎公園ビーチに入りました!
なんと大きさは150mm!!・・・まぁ、お遊びですね^^;みなさん記念撮影していたようですよ(笑)

 他、ワラサの500匹ほどのトルネードや、新しく見つかったカミソリウオや、ミノカサゴの小さな幼魚、ツバメウオなどが楽しめていました。12月なのにまだけっこういろいろ新しいものがやってきているようでした。まだまだ熱い黄金崎ですね^^

12月7日 金曜日 水温:17〜18℃ 透明度:12〜15m 晴れ
今日も西風が吹いていましたが、ビーチは潜れました。
明日は一旦東風に変わるので海は静かでしょう。
ビーチの生物は
最近いつも同じ場所にいたベニカエルアンコウがいなくなって((・_・;))・・・
と思ったら違う個体(おそらく)がすぐ反対側に表れていました。
      
ちょっと奥の方にいるので見るには一人づつですね
      
今日のダイビングはお客様と一緒でなかったので、オリンパスのクローズアップレンズをつけて小さいもエビを拡大して撮ったりとのんびり楽しんで潜っていました。このモエビも5ミリくらいです。いつも尻尾を天守閣の鯱鉾(シャチホコ)みたいに海老反りしています。
そして
最後は
     

4メートルの定位置カイメンの上にど〜〜んと居座っているオオモンカエルアンコウ君で安全停止をしてから浮上
見やすくて安全停止のお供に最適です。!(^^)!

12月6日 木曜日 水温:18℃ 透明度:10〜15m 晴れ

 今日は弱い西風で、一日穏やかな海況に恵まれました。
寒気は相変わらず厳しいですが、黄金崎は暖房が利いているので水面休息が快適ですね^^お越しの方々も温かいものをとったり、ストーブにあたったりして暖まっていました。

 今日はボートはなかったのですが、ビーチでは久しぶりにヒレナガネジリンボウが登場していました。寒さに少し慣れたんでしょうかね^^;?

        
12月5日 水曜日 水温:18℃ 透明度:10m 晴れ

 今日は午前中は西風もそこそこだったのですが、昼ぐらいからまたもびゅーびゅーになりました。ボートは午前中のみだったのですが、それでも酔っちゃう人がいたようです。荒天時は酔い止めがあったほうがいいですね^^;
 オオモンカエルアンコウに捜索願が出されたようで、キビナゴの群れやイナダなどが楽しめたそうでした。

 ビーチはちょっとパシャついたものの、終日問題ありませんでした。ちょっと水が白っぽかったのは海が荒れてるせいでしょうかね。
 オオモンカエルアンコウやホウボウ、マトウダイやネジリンボウ、ミジンベニハゼのペア、ホタテツノハゼ属の一種やスジコウイカ、ヒメユリハゼやイトマンクロユリハゼ、久しぶりに出会ったタテヤマベラ、ミナミダテハゼやモンハナシャコ、イナダやアカカマスなどが楽しめていたようでした。


       


 最近のアイドル、ハナミノカサゴの幼魚がいなくなってしまったようですが、こんな南方系も来ているんですね^^;ホシカザリハゼ、2匹足もとにいました(汗)


12月4日 火曜日  晴れ

 今日は西風びゅーびゅーでした^_^;
特に陸上が風が強く、木枯らしといった感じでした。海はET/EX注意ぐらいの波でしたが、ノーゲストでしたので今日も潜水なしです。
明日は海況も少し落ち着く見込み&ゲストありですので、海の情報をお届けできそうです^^



12月3日 月曜日  雨のち晴れ
今日は潜水なしでした。
久しぶりですね
ネジリンボウ達も羽じゃなかった背びれを伸ばして1日中ホバーリングしていたかもしれません(^_^;)
午前中に降っていた雨も夕方には止んで晴れています。
明日から少し西風が強くなる予想です。
西伊豆でダイビングされる予定の方はお問い合わせください。
12月2日 日曜日 水温:18〜19℃ 透明度:10〜15m以上 晴れ

 今日もいい天気^^
午後あたりから西風が強まりました。ボートは揺れましたがビーチは問題なく潜れました。明るい青い海に潜れて、みなさん楽しそうでした。

 ボートでは、ピカチュウやオオモンカエルアンコウ、ハナタツやマダイの群れ、イナダの20匹ぐらいの小さな群れ、キビナゴの群れなどが楽しまれていました^^

 ビーチは、マトウダイがずいぶん増えてきました。
今日は2ダイブで5個体のマトウダイを見ることができました。青い海にいい被写体ですよね^^


           


 他、ハナミノカサゴの幼魚やオオモンカエルアンコウ、アザハタの幼魚やヨスジフエダイ、スジコウイカやオトメハゼのペア、キリンミノカサゴなどが楽しめていました。


           


 ムレハタタテダイがきれいですね〜♪
ゲストがスタッフと絡めておもしろい写真を撮ってくれました(笑)


      最近見られている生物

ボート:ウデフリツノザヤウミウシスズメダイの大群、サザナミヤッコ成魚、カンパチ、ワラサやイナダ、大型のマダイ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、メジナの群れ、キンギョハナダイ、越冬クマノミ、など

ビーチ:
極小ハナミノカサゴの幼魚ホタテツノハゼ属の一種、ベニカエルアンコウ、ヒレナガネジリンボウ、オトメハゼ、ハワイトラギス、ミジンベニハゼのペアネジリンボウ、ハナタツ、カンパチ、キビナゴの群れ、イサキの群れ、タツノイトコ、ヒラメ、コノハガニ、など

12月1日 土曜日 水温:18〜19℃ 透明度:15〜20m以上 晴れ
今日は西風予想だったのですが、ほとんど風もなくベタ凪ででした。夕方少し西風が吹き始めていますので、いいタイミングでダイビングができたようです。
      
それにしても沖の根の周りのメジナやマダイの群れは圧巻です。
ボート眺めているだけでもいいもんです。
     
でもって
マクロの目になると、ウデフリツノザヤウミウシが3匹で近くを徘徊していました。タイミングが良ければまた交接がみられるかも
     
新たに新しいベニカエルアンコウが見つかりました。周りの色もきれいだし、お菓子の詰め合わせみたいですね!(^^)!
 その他オオモンカエルアンコウ、ハナタツ、スケロクウミタケハゼ、コクテンベンケイハゼなどの小物もたくさんいます。


 ビーチでは、ネジリンボウやミジンベニハゼ、オオモンカエルアンコウやスジコウイカ、イサキの群れやマアジの群れ、キビナゴに絡むワラサやアオヤガラ、季節もののヒョウモンダコやシビレエイなどが楽しめていました。
透明度が素晴らしくよく、太陽も入ってとても気持ちの良い海でした^^