1999年9月
9月29日 水曜日
 今日は強い北東風が吹いていましたが、黄金崎公園ビーチは天気、凪ともに良好でした。透明度は12〜18mくらいまで良くなってきています。水温は昨日と変わらず、24〜26度と暖かです。

 黄金崎公園ビーチでは、ヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウ3個体をはじめ、タツノオトシゴは今日も6個体、イザリウオも昨日と同じく3種類(イザリ、イロ、ベニ)4個体見ることができました。そのほか、ハシナガウバウオ、クロイシモチ、ヤマドリ、寄生虫のついたオオモンハタ、アカエイ、トビエイの赤ちゃん、イサキの小さな群れ、イソギンチャクカクレエビ、カザリイソギンチャクエビなどが見られました。
 死滅回遊魚では、ケラマハナダイ幼魚が2個体、シマタレクチベラの幼魚チョウハン幼魚、トゲチョウチョウウオ、フウライチョウチョウウオ、インドヒメジなどが見られました。 今日もカミソリウオは昨日と同じ場所で観察することが出来ました。

 9/28〜30 は、安良里地区ではエビ網漁解禁のため、ボートダイビングはお休みです。
黄金崎公園ビーチは、通常どうりダイビングできます。
9月28日 火曜日
 今日は天気、凪ともに良好でしたが、ビーチのほうは透明度が〜7mくらいと余り良くありませんでした。水温は24〜26度と暖かです。台風18号の後で、潜る度に、今まで見られなかった生物が少しづづですが見られ始めてきています。

 黄金崎公園ビーチでは、ヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウをはじめ、タツノオトシゴは6個体、イザリウオも、ベニ、イザリ、イロ2個体と3種類見ることができます。
 死滅回遊魚では、ムレハタタテダイの数が着々と増え、オヤビッチャ、モンツキベラ幼魚、メイチダイ、テングハギ幼魚、ニセカンランハギ幼魚、メガネハギ幼魚、ツマジロモンガラ幼魚、ケラマハナダイ幼魚、ノコギリハギ幼魚などが見られました。
 またカンパチの群れ、マダイの若魚の群、そして今年初めてカミソリウオが登場しています。
 今日から3日間(9/28〜30)は、安良里地区ではエビ網解禁のため、ボートダイビングはお休みです。
黄金崎公園ビーチは、通常どうりダイビングできます。
1999年9月26日 日曜日
項目データ備考       項目データ備考      
天気 晴れ
風 北東
気温 28度
水温24〜26度
透明度6〜10メートル
波  静か






★概況
 心配された台風の影響も予想以上に少なかったようです。
土曜日はボートは中止でした。
ビーチは多少波はありましたが透明度も5メートル昼過ぎには8メートルくらい見えました。
日曜日はビーチもボートとも良い海況でした。
生物も台風の前と大きな変化はありませんでした。
★ボート(沖の根、黄金崎) 9/19
 マダイが少し戻ってきました。カンパチも数個体で見られます。クダゴンベ3個体、イロイザリ、ベニイザリウオ、オオモンイザリウオ、タツノオトシゴ数個体、クマノミ(赤ちゃんも多い)、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ノコギリヨウジ、コマチコシオリエビ、ビシャモンエビ、アカスジモエビ、アカホシカクレエビ、ハクセンアカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、イソギンチャクカクレエビ、イボイソバナガニ、キンギョハナダイの群れ、スズメダイの群れ、メジナの群れ、ニザダイの群れ、ネンブツダイの大群、マアジとムツの群れ
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 9/19
ウミテング、ヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウ、ミジンベニハゼ、イロイザリウオ(極小赤)、ベニイザリウオ、タツノオトシゴ、タツノイトコ(多い)、カエルウオ、キヘリモンガラ、オトヒメエビ、イソギンチャクカクレエビ、コノハガニ、ワカヨウジ、イシヨウジ、ホソウミヤッコ、ヨウジウオ、クマノミ、シマヒメヤマノカミ、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、サツマカサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ、クロホシイシモチとネンブツダイの群キンメモドキの群れ、コロダイ幼魚、メガネハギ幼魚、テングハギ幼魚、ムレハタタテダイの幼魚、ハナキンチャクフグの幼魚、ミナミギンポ
9月24日 金曜日
 今日の海況は、風は南のち南西、午後1時くらいから強い南西風が吹き始めています。
ボートを潜りましたが、朝9時出航グループは、EN時は透明度12〜15mくらい、底揺れも少なかったのですが、EXする頃にはかなり底揺が出始め、お昼くらいまでには深場でもはっきりとした底揺れ、透明度も〜6mくらいまで落ちてしまいました。お昼以降はクローズとなりました。
 夕方になって台風18号の接近にともない、風がだんだんと強くなっている状況です。
明日はビーチ、ボートともに厳しいコンディションとなりそうですので、朝早めの海況確認の電話をお願いします。
 明日は朝6時から電話での海況確認が可能です。
9月23日 木曜日
透明度が少し落ちました。10〜12メートルです。水温は同じです。静かだった海も午後からうねりが少し入り始めました。
明日はもっとうねりが入ってくると思います。ボートより先にビーチの方が辛くなると思います。風も途中から南よりに変わりそうです。風が変わった後は、明後日まで厳しい状態になるかもしれません。
こまめに海況確認をしてください。
9月22日 水曜日
 海はとても静かです。透明度も水温も昨日と同じで良好です。
生物も相変わらず同じような状態です。
 引き続き台風(元気にどんどん育っています)の動きを注意していてください。
明日は、うねりが入り始めるかもしれませんが大丈夫だと思います。
朝の海況確認は必ずしてください。AM7:00には電話が通じます。
9月21日 火曜日
今日1本だけ遊びで潜りました。
やっと透明度が良くなりました。15メートルは見えています。水温も水面で26度水底でも24度、とても快適でした。
 この透明度が維持されるように...。
  ただ沖縄にいる台風が少し気になります。今のところ影響はないようですが、北東を向き続けるとうねりが入ってくるかもしれません。今週末安良里を予定されている方は、海況確認をまめにしてください。
9月20日 月曜日
 今日も良い凪で、 ビーチ、ボートともに透明度が10〜12mくらいと回復してきています。水温は23度〜26度くらいとなっています。
 黄金崎公園ビーチでは、タツノオトシゴが5個体、タツノイトコ(たくさん)、ノコギリヨウジ、イザリウオ、ベニイザリウオ、ヤマドリ、オオモンハタ、キツネベラ幼魚、モンツキベラ幼魚、ハナキンチャクフグ幼魚、ノコギリハギ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚、コロダイの幼魚(たくさんいます)、ムレハタタテダイ(30匹)などが見られました。
 沖の根では、イロイザリウオ、タツノオトシゴ、カンパチ、タカベの群れ、メジナやキンギョハナダイの群れ、ミツボシクロスズメダイの幼魚などが見られました。
 黄金崎ではクダゴンベ2個体、オオモンイザリウオ、アカネキンチャクダイ幼魚、ヒメイソギンチャクエビなどを見ることができました。
1999年9月19日 日曜日
項目データ備考       項目データ備考      
天気 晴れ
風 南東
気温 29度
水温22〜26度
透明度6〜12メートル
波  






★概況
 昨日に比べると透明度は少し回復しました。特に午前中は綺麗でした。
ボートはクダゴンベを始め、イザリウオ3種見られています。
ビーチ:今日はネジリンボウが愛想良く出ていました。最近アサヒガニが良く目撃されるようになりました。その他ウミテングやミジンベニハゼ、極小イロイザリウオ、極小タツノオトシゴ等々小物は充実しております。
 
★ボート(沖の根、黄金崎) 9/19
 クダゴンベ3個体、イロイザリ、ベニイザリウオ、オオモンイザリウオ、タツノオトシゴ数個体、クマノミ(赤ちゃんも多い)、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ノコギリヨウジ、コマチコシオリエビ、アカスジモエビ、アカホシカクレエビ、ハクセンアカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、イソギンチャクカクレエビ、イボイソバナガニ、キンギョハナダイの群れ、スズメダイの群れ、メジナの群れ、ニザダイの群れ、ネンブツダイの大群、マアジとムツの群れ、トビエイ2枚
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 9/19
ウミテング、ヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウ、ミジンベニハゼ、イロイザリウオ、ベニイザリウオ、タツノオトシゴ、タツノイトコ(多い)、カエルウオ、キヘリモンガラ、オトヒメエビ、イソギンチャクカクレエビ、コノハガニ、ワカヨウジ、イシヨウジ(抱卵中)、ホソウミヤッコ、ヨウジウオ、クマノミ、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、サツマカサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ(よく見ます)、クロホシイシモチとネンブツダイの群キンメモドキの群れ、コロダイ幼魚、メガネハギ幼魚、テングハギ幼魚、ムレハタタテダイの幼魚、ハナキンチャクフグの幼魚、ミナミギンポ
9月18日 土曜日
 今日も良い凪でしたが、 ビーチ、ボートともに透明度が5〜6m位におちてしまいました。水温は底で22〜23度、中層から水面近くで24〜26度くらいとなっています。
 黄金崎公園ビーチでは、ネジリンボウ、イロイザリウオ、ウミテング、タツノオトシゴ、タツノイトコ(たくさん)、ワカヨウジ、ミジンベニハゼ、ヤマドリ、オオモンハタ、ヨスジフエダイ幼魚、コロダイの幼魚(たくさんいます)、ムレハタタテダイ(30匹)などが見られました。
 沖の根では、ベニイザリウオ3個体、タツノオトシゴ3個体、マダイ、メジナやキンギョハナダイの群れ、ミツボシクロスズメダイの幼魚などが見られました。
 黄金崎ではクダゴンベ2個体、オオモンイザリウオ、ハクセンアカホシカクレエビ、イソギンチャクカクレエビ、ヒメイソギンチャクエビなどを見ることができます。
9月16日 木曜日
昨日が嘘のような良い凪でしたが、秋を感じさせる肌寒い一日となりました。
 ビーチは透明度が6〜10m、水温は22〜26度くらいとなっています。
 黄金崎公園ビーチでは、サカタザメ、イロイザリウオ、イザリウオ、タツノオトシゴ4個体、タツノイトコ(たくさん)、ミジンベニハゼ2個体、ヤマドリ、ヨスジフエダイ幼魚、メガネハギ幼魚、コロダイの幼魚(たくさんいます)、ムレハタタテダイ(30匹)、ミナミギンポなどが見られました。
 また新たに、ムチカラマツエビ(?)、モンツキベラの幼魚、キヘリモンガラの幼魚、クロイシモチ、イソギンチャクカクレエビ、カザリイソギンチャクエビなどを見ることができました。
2000年2月のデータ
2000年1月
99年12月
99年11月
99年10月
99年9月


戻る