1999年10月
1999年10月31日 日曜日
項目データ備考       項目データ備考      
天気 曇り時々晴れ
風 北東のち南西
気温 22度
水温23.5〜24度
透明度10〜13メート
波  






★概況
 土曜日は朝と夕方にうねりがあったため、ボートはやや揺れがありましたが、日曜日には穏やかな凪の一日となりました。
 黄金崎公園ビーチでは相変わらず複数のネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウが見られています。また日曜日にはサンゴタツ、オオウミウマが見られました。そのほかハチマキダテハゼをこの頃よく見かけるようになってきました。
 黄金崎ではクダゴンベ、オオモンイザリウオに、ネンブツダイのものすごい大群、マアジの大群が見どころとなっています。
 沖の根でもたくさんのタツノオトシゴ30匹以上のマダイの大群(すごい迫力です)、80cmクラスのコロダイ、イワシの群れにアタックするカンパチなど、マクロ、ワイド両方の視点で楽しめます。またアカホシカクレエビもよく目にします。
 とにかく、ビーチ、ボートともに、今、安良里のコンディションは最高です。
★ボート(沖の根、黄金崎) 10/31
 カンパチ、マダイの30匹以上の群れ、ナンヨウカイワリ、コロダイ、クダゴンベオオモンイザリウオ、ベニイザリウオ数個体、タツノオトシゴたくさん、クマノミ(赤ちゃんも多い)、ミツボシクロスズメダイ幼魚(たくさん)、モンツキベラ幼魚、ガラスハゼ、スケロクウミタケハゼ、クロユリハゼ、マツカサウオ、ノコギリヨウジ、タキゲンロクダイ幼魚、ミゾレチョウチョウウオ幼魚、アカスジモエビ、イソギンチャクモエビ、イソギンチャクカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、アカスジカクレエビたくさん、ムチカラマツエビ、イソコンペイトウガニ、、アカホシカクレエビ(多い)、キンギョハナダイの群れ、スズメダイの群れ、メジナの群れ、ニザダイの群れ、ネンブツダイの大群、マアジの群れ
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 10/31
 アカハチハゼ、メガネスズメダイ、ミヤコキセンスズメダイ、ウミテング、ヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウ、ハチマキダテハゼ、イロイザリウオ(3個体))、ベニイザリウオ、ミジンベニハゼ、タツノオトシゴ数個体、オオウミウマ、サンゴタツ、タツノイトコ、ワカヨウジ、イシヨウジ、ホソウミヤッコ、クマノミ、ミノカサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ(たくさん)、コウワンテグリ、クロイシモチ、クロホシイシモチとネンブツダイの群コロダイ幼魚(たくさん)、メガネハギ幼魚、テングハギ幼魚、ミナミハコフグ幼魚、ムレハタタテダイの大群(40匹くらいの群れになっています)、ハナキンチャクフグの幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、フウライチョウチョウウオ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚、インドヒメジ、タテヤマベラ幼魚、イソバナエビ、オトヒメエビ、イソギンチャクカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、オシャレカクレエビ
10月29日 金曜日
 昨日は強い南西風が吹き荒れ、安良里はボート、ビーチともにクローズとなりましたが、今日は天気、凪ともに良好です。水中も透明度が15m強、水温24度台と快適なコンディションとなっております。
 黄金崎公園ビーチではたくさんのネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウや、タツノオトシゴ、アカハチハゼ幼魚、ミヤコキセンスズメダイ幼魚、コウワンテグリなどが見られました。
 沖の根では、昨日のうねりの影響もなく、タツノオトシゴ、ベニイザリウオなどが変わらず見られています。
10月26日 火曜日
 透明度、水温、天気、海況どれも最高のコンディションでした。
黄金崎ボートで新たなオオモンイザリウオ(15センチ)が見つかりました。
沖の根は根の回りにイワシの群がものすごく、それにカンパチやカツオがアタックしています。大型のマダイも群れでイワシを外から威嚇していて迫力があります。
 明日は天気は悪そうですが海は静かでしょう。明後日から少し凪が悪くなるかもしれません。
1999年10月24日 日曜日
項目データ備考       項目データ備考      
天気 晴れ時々曇り
風 北東
気温 18〜20度
水温24〜25度
透明度10〜15メートル
波  






★概況
 土日とも透明度も良く水温も高く最高のコンディションでした。ビーチ、ボートともに透明度は10〜15m、水温も25度くらいとなっています。
 黄金崎公園ビーチでは、エントリーしてすぐのところに死滅回遊魚がよく観察されます。アカハチハゼ(小型で可愛い)、ミヤコキセンスズメダイ、メガネスズメダイ、ケラマハナダイなどなど、いつものメンバーとともに楽しませてくれます。
 沖の根では、マダイにコロダイ、マアジの群れにカンパチと、秋の海らしくなってきています。タツノオトシゴ始めいつものメンバーも健在です。
 黄金崎では、クダゴンベ、イソコンペイトウガニ、ゼブラガニ、スケロクウミタケハゼ、タキゲンロクダイ幼魚、ネンブツダイの大群、サクラダイなどが見られました。
★ボート(沖の根、黄金崎) 10/24
 カンパチ、マダイの群れ、コロダイ、イシダイ、クダゴンベ、ベニイザリウオ数個体、タツノオトシゴ数個体、クマノミ(赤ちゃんも多い)、ミツボシクロスズメダイ幼魚(たくさん)、ガラスハゼ、スケロクウミタケハゼ、クロユリハゼ、ミヤコテングハギ、マツカサウオ、ノコギリヨウジ、タキゲンロクダイ幼魚、ミゾレチョウチョウウオ幼魚、ミヤコテングハギ
アカスジモエビ、イソギンチャクモエビ、イソギンチャクカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソコンペイトウガニ、ゼブラガニ、アカスジカクレエビ沢山、アカホシカクレエビ、イソコンペイトウガニ、オオウミシダトウマキクリムシ
サクラダイの群れ、キンギョハナダイの群れ、スズメダイの群れ、メジナの群れ、ニザダイの群れ、ネンブツダイの大群、マアジの群れ、
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 10/24
 アカハチハゼ、メガネスズメダイ、ミヤコキセンスズメダイ、トカラベラ幼魚、ウミテング、ヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウ、イロイザリウオ(極小もいます)、ベニイザリウオ、ミジンベニハゼ、タツノオトシゴ数個体、タツノイトコ、ワカヨウジ、イシヨウジ、ホソウミヤッコ、クマノミ、ミノカサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ(たくさん)、コウワンテグリ、クロイシモチ、クロホシイシモチとネンブツダイの群カイワリの群れ、コロダイ幼魚(たくさん)、メガネハギ幼魚、テングハギ幼魚、ムレハタタテダイの幼魚(30匹くらいの群れになっています)、ハナキンチャクフグの幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、フウライチョウチョウウオ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚、インドヒメジ、タテヤマベラ幼魚
イソバナエビ、オトヒメエビ、イソギンチャクカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、アカスジカクレエビ、
10月20日 水曜日
 朝は小雨がぱらついていましたが、昼前から日が差し始め、、午後には暖かくなりました。
 黄金崎公園ビーチでは、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウが大量に見ることができました。今日確認しただけで9個体、いずれも1.5〜3cmと極小の個体が多いようです。他の場所からの報告もあったので、どうやら1ダースくらいはいるようです。但し、人がたくさんはいる土、日曜にこれだけの数を見るのは難しいかと思われます。是非平日のすいている日に、ネジリンボウを見に来てください。
 そのほかにはウミテング、タツノオトシゴ、イロイザリウオ2個体、ササハゼ、クロイトハゼ、ボラの大群などが見られました。
10月19日 火曜日
 今日も朝から強い北東風が吹き、12月になったかのような寒い一日でした。ビーチ、ボートともに凪良好、透明度は10〜15m水温が24〜25度となっています。
 黄金崎ではクダゴンベ、オオモンイザリウオ、タキゲンロクダイ幼魚、イソコンペイトウガニ、テントウウミウシ(たくさんいます)などを見ることができました。
 沖の根はワイド、マクロ両方の視点で楽しむことが出来ます。大型のマダイにコロダイ、ネンブツダイ、スズメダイ、キンギョハナダイの群れ、メジナやニザダイもたくさん見られます。
 また、たくさんのタツノオトシゴ、ベニイザリウオをはじめ、イロイザリウオ、ノコギリヨウジ、イボイソバナガニ、ムチカラマツエビ、ガラスハゼ、イソギンチャクカクレエビ、イソギンチャクモエビなどのマクロな生物も見られました。 
 黄金崎公園ビーチでは、ウミテング、ヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウ、イロイザリウオ2個体、ベニイザリウオ、タツノオトシゴ(たくさん)、ミジンベニハゼ、ガラスハゼ、ミヤコキセンスズメダイ幼魚、トカラベラ幼魚、キミシグレカクレエビ、キリンミノカサゴなどが見られました。
10月18日 月曜日
 今日は朝から強い北東風が吹き、冬になったかのような寒い一日でした。ビーチは凪良好、透明度は10〜12m水温が24〜25度となっています。
 黄金崎公園ビーチでは、ヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウ、イロイザリウオ2個体、ベニイザリウオ、タツノオトシゴ(たくさん)、ミジンベニハゼ2個体、フタスジタマガシラ幼魚、クロユリハゼ、クロイトハゼ、ガラスハゼ、クロイシモチ幼魚と成魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、アオリイカの群れなどが見られました。
 また今季4回目のクマノミの卵が見られています。(週中には孵化してしまいそうです)
1999年10月17日 日曜日
項目データ備考       項目データ備考      
天気 曇り
風 西→北東
気温 21度
水温24〜25.5度
透明度10〜15メートル
波  2m






★概況
 昨日の南西のうねりは朝方にはほとんどなくなり、お昼近くにはボートも揺れが無くなりました。ビーチ、ボートともに透明度は10〜15m、水温も25度くらいとなっています。
 黄金崎公園ビーチでは、ネジリンボウ数個体、ウミテング数個体、イロイザリウオ、ベニイザリウオ、タツノオトシゴ数個体、コウワンテグリ、メガネウオなどが見られています。
 沖の根では、マダイにコロダイ、マアジの群れにカンパチと、秋の海らしくなってきています。マクロ系の生物もタツノオトシゴ(たくさん)、ベニイザリウオ(たくさん)、クロユリハゼ、ノコギリヨウジ、テントウウミウシなどが見られました。
 黄金崎では、クダゴンベ2個体、オオモンイザリウオ、イソコンペイトウガニ、ゼブラガニ、スケロクウミタケハゼ、タキゲンロクダイ幼魚、ネンブツダイの大群、サクラダイなどが見られました。
 また、新たにクロモンガラ、ホシカクレエビ(どちらも安良里ダイビングセンター初観測?)を見ることが出来ました。
★ボート(沖の根、黄金崎) 10/17
 カンパチ、マダイの群れ、コロダイ、イシダイ、クダゴンベ、オオモンイザリウオ、ベニイザリウオ数個体、タツノオトシゴ数個体、クマノミ(赤ちゃんも多い)、ミツボシクロスズメダイ幼魚(たくさん)、ガラスハゼ、スケロクウミタケハゼ、クロユリハゼ、モンツキベラ幼魚、クロモンガラ幼魚、マツカサウオ、ノコギリヨウジ、アカスジモエビ、イソギンチャクモエビ、イソギンチャクカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、ホシカクレエビイソコンペイトウガニ、ゼブラガニ、タキゲンロクダイ幼魚、ミゾレチョウチョウウオ幼魚、サクラダイの群れ、キンギョハナダイの群れ、スズメダイの群れ、メジナの群れ、ニザダイの群れ、ネンブツダイの大群、マアジの群れ、テントウウミウシ
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 10/17
 ウミテング、ヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウ、イロイザリウオ、ベニイザリウオ、ミジンベニハゼ、タツノオトシゴ数個体、タツノイトコ、オトヒメエビ、イソギンチャクカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、アカスジカクレエビ、ワカヨウジ、イシヨウジ、ホソウミヤッコ、クマノミ、ミノカサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ(たくさん)、コウワンテグリ、クロイシモチ、クロホシイシモチとネンブツダイの群カイワリの群れ、コロダイ幼魚(たくさん)、メガネハギ幼魚、テングハギ幼魚、ムレハタタテダイの幼魚(30匹くらいの群れになっています)、ハナキンチャクフグの幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、フウライチョウチョウウオ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚、インドヒメジ、タテヤマベラ幼魚、メガネウオ
10月16日 土曜日
 予想以上に南西から西の風が強く、ボートは朝一かろうじて潜り、後はビーチダイビングのみとなりました。ビーチも午後から波が高くなりました。
 透明度は午前中良かった(15メートル)のですが午後から少し濁りました(10メートル)。生物は同じような感じです(でもサルはいませんでした)。ウミテングがペアでさまよっていました。また20〜30匹のツムブリの群れを見たグループがありました。
 明日はまだ少し西風が残るかもしれませんが、少しずつ穏やかにはなると思います。明日西伊豆でダイビングなさる方は、海況確認をしてください。
10月15日 金曜日
 昨日とはうって変わって小雨混じりの肌寒い一日となりました。透明度はボートで12〜15m、ビーチで8〜10mとやや回復してきています。水温は相変わらず24〜25度くらいと暖かい状態が続いています。
 黄金崎公園ビーチでは、今日もヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウ、イロイザリウオ、タツノオトシゴ、ヨスジフエダイ幼魚、ミナミハコフグ幼魚などを見ることができました。また、カンムリベラの幼魚が新たに見られました。
 沖の根では、マダイが10匹ぐらいに、カンパチ、コロダイ、クエ、マアジの群れ、メジナの群れなどが固まって見ることができ、なかなか迫力がありました。タツノオトシゴとベニイザリウオたくさん、イロイザリウオ、モンツキベラの幼魚、スケロクウミタケハゼ、ウミカラマツエビなどが見られました。
10月14日 木曜日
 暖かな秋晴れの一日となりましたが、透明度が少しずつですが、おちてきています(6〜10mくらい)。しかし水温は相変わらず24〜25度くらいと暖かい状態が続いています。
 黄金崎公園ビーチでは、今日もネジリンボウ、ミジンベニハゼ、タツノオトシゴ、タツノイトコなどを見ることができました。また、ニホンザルが2頭出現し、お客様は大喜びでした。
 黄金崎では、クダゴンベ、オオモンイザリウオ、新たにイソコンペイトウガニ、スケロクウミタケハゼが見られます。
 沖の根では、さっそうと泳ぐカンパチ、デーンと構えたマダイ、ころころ太ったコロダイ、華麗なクロユリハゼ、何を考えているのか良く分からないタツノオトシゴたちと会えます。
10月11日 月曜日
水温は高いままで安定しています。午後から透明度が落ちてきました。ビーチは8メートルくらいです。
生物も前日と変化なくとても充実しています。
 山中はボートではボートでエビをのんびり追いかけてみました。通常のエビに加え、イソバナエビ、アカスジカクレエビ、ウミカラマツエビなどの淡い感じのエビがたくさん見られるようになってきました。
 この時期透明度も良く、水温も高いので、いろんな視点で楽しめます。
1999年10月10日 日曜日
項目データ備考       項目データ備考      
天気 晴れ時々曇り
風 北東
気温 26度
水温24〜25度
透明度15〜20メートル
波  ベタ凪






★概況
 土曜日、日曜日ともに絶好のダイビング日和となりました。凪良好、 ビーチ、ボートともに透明度は15〜20m強、水温も25度くらいとベストコンディションが続いています。
 黄金崎公園ビーチでは、ネジリンボウ数個体、ウミテング、ミジンベニハゼ、イロイザリウオ、ベニイザリウオ、タツノオトシゴ数個体、タテヤマベラ幼魚、キビレミシマなどが見られています。
 沖の根では、タツノオトシゴ数個体、ベニイザリウオ、カノコベラ幼魚、シマタレクチベラ幼魚、コロダイなどが見られました。
 黄金崎では、クダゴンベ、オオモンイザリウオ、タキゲンロクダイ幼魚、ネンブツダイの大群、サクラダイなどが見られました。
★ボート(沖の根、黄金崎) 10/10
 カンパチ、マダイの群れ、コロダイ、イシダイ、クダゴンベ、オオモンイザリウオ、ベニイザリウオ、タツノオトシゴ数個体、クマノミ(赤ちゃんも多い)、ミツボシクロスズメダイ幼魚(たくさん)、ガラスハゼ、マツカサウオ、ノコギリヨウジ、アカスジモエビ、ハクセンアカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、イソギンチャクカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、ヒメイソギンチャクエビ、イソバナエビ、ウミカラマツエビ、シマタレクチベラ幼魚、カノコベラ幼魚、タキゲンロクダイ幼魚、ミゾレチョウチョウウオ幼魚、サクラダイの群れ、キンギョハナダイの群れ、スズメダイの群れ、メジナの群れ、ニザダイの群れ、ネンブツダイの大群、マアジの群れ、テントウウミウシ
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 10/10
 ウミテング、ネジリンボウ、イロイザリウオ、ベニイザリウオ、ミジンベニハゼ、タツノオトシゴ数個体、タツノイトコ、カエルウオ、オトヒメエビ、イソギンチャクカクレエビ、ワカヨウジ、イシヨウジ、ホソウミヤッコ、ヨウジウオ、クマノミ、シマヒメヤマノカミ、ミノカサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ、クロホシイシモチとネンブツダイの群アオリイカの群れカンパチ、ソーダガツオ、カイワリの群れ、コロダイ幼魚(たくさん)、メガネハギ幼魚、テングハギ幼魚、ムレハタタテダイの幼魚、ハナキンチャクフグの幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、フウライチョウチョウウオ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、タテヤマベラ幼魚、、フタスジタマガシラ幼魚、キビレミシマ
10月8日 金曜日
 昨日、今日と海のコンディションは絶好調です。ベタ凪、透明度18〜25m、水温24〜26度と安定しています。特に、透明度はこの秋一番といってもよいくらいにぬけています。

 黄金崎公園ビーチではネジリンボウタツノオトシゴ、タツノイトコ、ミジンベニハゼ、カンパチ、フウライチョウチョウウオ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、などが見られました。
 明日からの3連休もこの良いコンディションが続きそうです。
10月5日 火曜日
 今日は朝から時折小雨が降り、肌寒い一日となりました。しかし海のコンディションは、ベタ凪、透明度12〜15m、水温24〜26度と安定しています。

 黄金崎公園ビーチではイロイザリウオ、タツノオトシゴ、カンパチ、フウライチョウチョウウオ幼魚などが見られました。またクマノミが卵を持っています。(観察する限り今季3度目です)
週末にはハッチアウトしてしまいそうです。
 黄金崎ではクダゴンベ、オオモンイザリウオ、マジの群れ、沖の根では、イロイザリウオ、タツノオトシゴ(たくさん)、ミゾレチョウチョウウオ、シマタレクチベラ幼魚などが見られました。 
1999年10月3日 日曜日
項目データ備考       項目データ備考      
天気 曇り時々晴れ
風 南西→北東
気温 28度
水温24〜26度
透明度12〜18メートル
波  3→2.5m






★概況
 朝方まで強い南西風が吹き、雷が鳴ったり雨が降ったりして、ボートのコンディションが心配されましたが、午後にかけてだんだんとうねりも小さくなっていきました。ボートは揺れがややきつかったようでした。
 ビーチ、ボートともに透明度は12〜18m、水温も25度くらいと水中はベストコンディションです。
 黄金崎公園ビーチでは、カミソリウオ、ヒレナガ、ネジリンボウ数個体、ウミテングなどが見られています。
 沖の根では、タツノオトシゴ数個体、イロイザリウオ、マダイとコロダイの群れ、カンパチ、イシダイなどが見られました。
★ボート(沖の根、黄金崎) 10/4
 大型のマダイ、コロダイがよく見られました。カンパチ、イシダイ、クダゴンベ、イロイザリウオ、ベニイザリウオ、タツノオトシゴ数個体、クマノミ(赤ちゃんも多い)、ミツボシクロスズメダイ幼魚(増えてきています)、マツカサウオ、ノコギリヨウジ、アカスジモエビ、ハクセンアカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、イソギンチャクカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、ヒメイソギンチャクエビ、イボイソバナガニ、ミナミハコフグ幼魚、モンツキベラ幼魚、シマタレクチベラ幼魚、タキゲンロクダイ幼魚、コクテンカタギ幼魚、ミゾレチョウチョウウオ幼魚、キンギョハナダイの群れ、スズメダイの群れ、メジナの群れ、ニザダイの群れ、ネンブツダイの大群、サキシマミノウミウシ、ニシキウミウシ、テントウウミウシ
★ビーチ(黄金崎公園ビーチ) 10/4
 カミソリウオ、ウミテング、ヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウ、イロイザリウオ、タツノオトシゴ、タツノイトコ、カエルウオ、オトヒメエビ、イソギンチャクカクレエビ、ワカヨウジ、イシヨウジ、ホソウミヤッコ、ヨウジウオ、クマノミ、シマヒメヤマノカミ、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、サツマカサゴ、ハオコゼ、ヤマドリ、クロホシイシモチとネンブツダイの群キンメモドキの群れ、コロダイ幼魚、メガネハギ幼魚、テングハギ幼魚、ムレハタタテダイの幼魚、ハナキンチャクフグの幼魚、ケラマハナダイ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、フウライチョウチョウウオ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ハシナガウバウオ、ミナミギンポ
2000年2月のデータ
2000年1月
99年12月
99年11月
99年10月
99年9月


戻る