ポイントマップ

黄金崎公園ビーチ

kogannezakibeach

素晴らしい景観の黄金崎公園にあるビーチポイントです。
水中はゴロタと白い砂(西伊豆には珍しい)が広がり、水深も最大で19mと浅いので、
ハゼやカエルアンコウなどのマクロ生物を観察・撮影するのにも最高です。
伊豆でなかなか見ることのできない珍しい生物をコンスタントに見ることもできます。

また、初夏には小型のトビエイが見られ、
秋にはゴロタ沿いにすごい数のクロホシイシモチの群れなどが見られます。
広々とした芝生の広場ものんびりくつろぐのに最高です。
ロケーションがいいので講習も楽しく進みそうですよ。

16-12-03nejirinbou
黄金崎と言えばネジリンボウ!
越冬した大型個体も毎年の定番です。

16-11-22mijinbenihaze
ミジンベニハゼも可愛らしい姿を見せてくれています。

沖の根ボート

okinone-map1

沖の根を中心に、西根、アジ根の大きな根からなっているダイナミックな地形のポイントです。
港から5分と近くて船に弱い人も安心です。

一年を通して沖の根名物の体長80cmほどもある
ロウニンアジのような大型マダイの群れに出会うことができます。
タツノオトシゴやカエルアンコウや、人気のウミウシたちにも岩の壁面でコンスタントに出会うことができ、目をマクロにしたりワイドにしたりと忙しいわくわくドキドキのポイントです。

春先にはマンボウとの遭遇率も高まり、初夏にはトビエイの群れが乱舞します!
トップシーズンのトビエイ遭遇率は限りなく100%に近く、
それも1、2匹ではない群れに遭遇できることも頻繁にあるほどです。

また、黒潮が接岸しやすい夏~秋には透明度がよくなり、
迫力の地形がよりダイナミックに見え、さらにカンパチやブリがびゅんびゅんキビナゴの群れに突っ込み、
潜った人が「伊豆とは思えない」を連発です。

冬には透明度が20mを越える日も増え、ブルーウォーターダイブを堪能できます。
四季を通じて潜り比べたいスーパーポイントです。

tobiei
仰ぎみればトビエイ!

okinone3
沖の根に集うクロホシイシモチの群れ。

御黄金 (ボート)

%e5%be%a1%e9%bb%84%e9%87%912013

沖の根と双璧をなす2006年オープンのビッグポイント。

根のトップがー5メートル、北西側面の根の下は砂地でー40メートルあります。
南側のエントリーフロート周りには大きな岩が点在し、ソフトコーラルも綺麗です。
根の東側もソフトコーラルが多く、マクロ生物がたくさん観察できます。
根の南側の砂交じりの場所には着底したトビエイも見られます。
根の西側は深くて、大きな岩が点在し、サクラダイやクダヤギクモエビなど深場の生物を観察できます。

mikogane5

まさに魚雲というべきイサキとメジナの群れ。
夏~秋にかけて尋常じゃない数の魚が集まります。

mikogane6

潮通しの良いポイントのため、
ウミウチワなどのソフトコーラルも
健やかに大きく育っています。

1m以上の巨大なウミトサカが繁ります。 夏場にはカンパチなどの大物も常連です。
潮通しの良い御黄金には魚の群れが常駐です!

黄金崎(ボート)

%e9%bb%84%e9%87%91%e5%b4%8e%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8806-02-%e6%9b%b4%e6%96%b0%e6%b8%88%e3%81%bf

港から船で8分のところにあるポイントです。
ソフトコーラルが元気よく伸び、中層をゆっくり流せばまるで気持ちよくお花畑を散歩しているかのようです。
クロホシイシモチがたくさん群れ、30m付近にはサクラダイの群れがいたり、
秋から冬場にはクダゴンベに出会えることもあります。

また、中級者以上のメンバーなら、南から北への流れに乗って御黄金へのドリフトダイビングも可能です。
ソフトコーラル街道を気持ちよく流してみて下さい。
(注)事前に船長とのエキジットフロートの打ち合わせが必要です。

散りばめた白い斑点が桜の花びらのようなサクラダイ。
やや深場で暮らしています。 夏のアイドル、クダゴンベ。
チェックの模様がきれいな人気者です。

広磯(ボート)

hiroiso

5月中旬から9月中旬までの期間限定のポイントです。
期間限定だけに、毎年休養期間をたっぷりおいたソフトコーラルたちは元気に伸び、
特にウミウチワやウミトサカは高さ1.5メートル以上のものもあります。
イロカエルアンコウやオオモンカエルアンコウの成魚やネコザメが時々見られたり、
珍しい南方系のウミウシが見られることもあります。

ゴロタと砂地の境目のコーラルなどの上に
ど~んと乗っています。
oomon

たまに見かけるネコザメ。
サザエをバリバリ噛み砕きます。
nekozame

三根(ボート)

mituneyoko
沖の根の100mほど北側にあり、大きな根が3つあるポイント。
上級者向きですが、沖の根とは距離が近いので、沖の根と三根の間をドリフトすることも可能。
(船長とエキジットポイントの打ち合わせが必要です。)

また、エア持ちが良い上級者しか行けそうもないが、
三根沖には季節によってはトビエイの大群がいることもある。
三根の周りにはウミウシも良く見つかり、ウミウシファンには是非潜ってほしいポイントである。

沖の根の周りでトビエイを見かけない時は、
三根の周りにトビエイが来ているかも!?
p6260056-s

三根の周りには大きなソフトコーラルがたくさんあります。
まるで海中のお花畑のようです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


PAGE TOP