安良里ダイビングセンター 旬な生物

2005年4月〜6月

2005年5月27日
ネコザメ−広磯
撮影:Mr.SHARK

こんなに近くに寄っちゃいました・・・

猫顔ですね〜〜〜

口元がなんか変だな。

サメだけど借りてきた猫のようにおとなしいんですよ!!
イザリウオ−沖の根
撮影:高橋

女性のこぶしくらいの大きさです。

比較的珍しいです。
たまーに夏から秋にかけては見ることがあります。
幼魚は黄金崎公園ビーチで春先に見られるのですが。

定着してくれると良いですね。
2005年5月24日
ウサギトラギス−黄金崎公園ビーチ
撮影:ミッフィー

粘ったのですがピントが・・・。

突然開くので心の準備が・・・

黒い羽状のヒレと真ん中の線のように見える部分は写真で見る限りは別のようですが・・・

謎が多いウサギさんです。
2005年5月17日
ウサギトラギス?−黄金崎公園ビーチ
撮影:ダンズ敬宇さん

初めての登場ではないでしょうか?

手持ちの図鑑には載っていません。
背びれがたつとすごいらしいです。

黄色のラインもきれいですね。

顔もなんとなくウサちゃんっぽいかなぁ・・・。
ヒブサミノウミウシ−沖の根
発見:酒井さん

穴の奥にいました。

実物はもっときれいだったのですが・・・。

なかなか珍しいのでは?!
2005年5月15日
ベニイザリウオ−黄金崎公園ビーチ
撮影:あっきー

5月5日撮影のベニと同じ場所にいました。

でも色が違いますね。同じ個体が変色したのかな?

白い斑点と、オレンジ色の斑点と、茶色の斑点と、黒い斑点があり、隠れ上手ですね。
シマヒメヤマノカミ−黄金崎公園ビーチ
撮影:あっきー

うんうん、かわいいね。

あれ?なんかおしりに…



おできが!

内緒ね。
2005年5月8日
オオモンイザリウオ−沖の根
撮影:東様   発見:晃さん

とんでいまーす。

ゆらりゆらりとゆらゆら〜〜〜〜〜
あーーーーー

ぶつかる〜〜〜〜〜

邪魔だ邪魔だ、どけどけ!!
トビエイ−沖の根
撮影:東様

海藻の中に顔を突っ込んでなにやらごそごそ・・・

ダイバーが見ていてもお構いなし。

尻尾のない個体でした。

ほんと手が届きそうなくらい近くで観察、撮影できました。
2005年5月5日
   ベニイザリウオ&ツルガチゴミノウミウシ−黄金ビーチ
発見:サリーレ扇谷様

エスカの上になにやら白いものが・・・

ウミトサカ?

どうやらツルガチゴミノウミウシのようです。
通常はウミウシの卵についていたりするのですが。

捜すのはかなり至難の業。

根気と忍耐が必要です。
2005年4月29日
シマヒメヤマノカミ−黄金崎公園ビーチ
撮影:瀬口様

昔はビーチでよく見られたのですが・・・

今では比較的珍しい部類になってしまいました。

不思議と成魚サイズは見ることがありません。

海にいるのに山の神、名前の由来は次回トリビアで。
2005年4月26日
タキゲンロクダイ成魚−沖の根
撮影:高橋

本当はもう1匹いました。

夏から秋にかけて毎年幼魚は見られるのですが、このサイズは初めて見ました。

南の海にいるみたい・・・。
カゴカキダイの群れ−沖の根
撮影:高橋

お馴染みのタイガースです。
場所は甲子園球場ではありません・・・。

写真では伝わりませんが透明度が良かったのでストライプが海のブルーにとってもはえていました。

意外に群れで見ることが少なかったりします。

群れているとなんとなく嬉しいですね。

2005年4月20日
コヅチミノウミウシ似なあなた−黄金崎公園ビーチ
撮影:DECKY

最近この手のミノウミウシが多いです。
水中では絶対判別不能です。

実物はこんなにきれいには見えなかったのに、写真で撮ると結構きれい。

なんだかお見合い写真みたいだな。

図鑑には触覚は常に橙色とあるのでちょっと違うかな。
背側突起の感じは結構似ているのですが・・・。
ムラサキミノウミウシと卵−黄金崎公園ビーチ
撮影:DECKY

最近よく見られるようになりました。
左上の白いものが卵ですが何だか寄生虫みたい・・・

仲良く食べているみたいに見えますがこの2匹の卵なんでしょうな。

スイートジェリーミドリガイ−黄金崎公園ビーチ
撮影:DECKY

名前とは裏腹に地味です、全然スイートじゃないです。

ビーチでは比較的定番のウミウシです。

この個体は結構大きめで、そうは言っても1・5cmくらいですが。

ちょっと餃子に似ています。
満州飯店の餃子にね!!
2005年4月19日
ミドリイシの仲間−三つ根
撮影:高橋

安良里では珍しいですね。岩を覆うタイプの皮膜サンゴは多いのですが。
面積は1u程度、このポイントがオープンしたときからひっそりと存在しています。

アップで撮るともっときれいですよ!!
ミノウミウシ属−黄金崎公園ビーチ
撮影:ウシラー

とっても小さいのでよくわかりませんでした・・・

暖かくなってきてウミウシ類がだいぶ減ってきていますがよーく捜すとまだまだいるよ。
2005年4月15日
オキナワベニハゼ−黄金崎公園ビーチ
撮影:ハゼっ娘

こちらも暖かい海で見られます。
名前が沖縄ですから・・・

天井にこうして張り付いていることが多いですね。

忍び系か・・・。

でも顔はかわいい。

さてはくのいち・・・

由見かおる系か・・・
カタボシオオモンハゼ−黄金崎公園ビーチ
撮影:ハゼっ娘

毎年夏から秋にかけてビーチで見られますね。
地味ですがよーくみると丹下作善みたいですね。

でもおちょぼ口です。

暖かいところに分布するハゼなので越冬組に入れて良いのでしょうか?

2005年4月14日
???−黄金崎公園ビーチ
撮影:HIDE

なんでしょうか????

図鑑:海の甲殻類を見ても今ひとつはっきりしません。

大きさはサラサエビと同じくらい。

これだ!!と思った方はご連絡をお待ちしています。
2005年4月13日
セホシサンカクハゼ−黄金崎公園ビーチ
撮影:永遠の28歳さん

昨年の秋はよく見かけましたね〜〜〜

結構見やすい大きさだったわりに撮れ具合がイマイチでしたとのこと。

このあたりのハゼ類は西表の矢野さんの図鑑、日本のハゼ(平凡社)が詳しいです。
ハゼマニアはすでに持っていると思いますがおすすめ!

ヒメクロモウミウシ−黄金崎公園ビーチ
撮影:まろちゃん

元気に動いていました。

トヤマモにも似ています。水中ではもっと真っ黒に見えたのですが・・・
ネアカミノウミウシ−黄金崎公園ビーチ
撮影:所さん

ネアカだと思うのですが・・・

ちなみにネクラミノウミウシはいません。

小さなウミウシを探している人ってネクラ?

いえいえい根明ですよ!!
ヒイラギウミウシ−黄金崎公園ビーチ
撮影:所さん

マツカサウミウシの仲間はシロガヤが好きですね。

こんなものを食べているなんて、激辛王選手権で優勝できそうですね。

シロガヤが辛いかどうかは定かではありませんが。
触るとピリピリするもので。
ヒイラギウミウシの卵?−黄金崎公園ビーチ
撮影:所さん

DNAのようならせん状ですね。
バネみたいにも見えますね。
伸ばしたら元に戻るのかなぁ〜〜〜

2005年4月4日
サクラミノウミウシ-黄金崎公園ビーチ
撮影:DECKY

春です。
桜です。
サクラミノウミウシです。

でもこうやって見るとちょっとグロイですね。

何かの卵みたい・・・。
2005年4月3日
アカエラミノウミウシ-黄金崎公園ビーチ
撮影:Sさん

最近ようやく目にする機会が増えてきました。冬場によく見る気がします。結構よく動きますね。
みのを逆立てるとハリネズミのようです。

それにしても奇麗に撮れていますね。
撮影者もきっと美しい方でしょう・・・。
ジュッテンイロウミウシ-黄金崎公園ビーチ
撮影:ウミウシ大好きさん

とっても珍しいのではないでしょうか?
今まで安良里では余り観察例が無いのではと思います。
色も淡い紫、派手すぎず上品な感じですね。

今の時期に見られるものなのか、たまたま見られたものなのか、いずれにしても見た方、撮った方はラッキーです!!