予約する

News&StaffLog お知らせ
&スタッフログ

スタッフが気軽に気ままにゆる~くアップする「日記」です(≧◇≦)
たまに覗いてもらえると嬉しいです♪
よろしくお願いしま~す(*´▽`*)

イベントお知らせ

2024!UOUO WARS-シーズン4-

僕たち普通の魚も見てくれよ~~珍しい生物だけが海の面白さではない!!
ということで始まったこの企画も、今年で4シーズン目
お魚ハンタ―ゲームもような感覚で黄金崎の魚たちの写真撮りまくってください。

メーカー協賛による大抽選会もあります!ぜひご参加ください(^o^)/

開催日

プレ大会 ☆2024年6月1日(土)~6月15日(土)

本大会  ☆2024年6月16日(日)

概要

<プレ大会>
 期間中に来訪された方に、決戦で探すお魚リスト(点数ナシ)をお渡しします。
※リストはネットや郵送などでお送りいたしません。
事前に下調べして決戦を戦い抜いてください(笑)

<本大会>
本大会では探す魚と得点が記載されたリストをお渡しします。
リストに載っている魚を写真に撮って(撮り方にルール有り)提出、ハントした魚に付いている点数の合計で競っていただきます。

生物オタクが有利なんじゃない???!!

いやいや、ご安心ください!

リストに無い隠れボーナスポイントを今年は用意しています。
全員が潜った後にボーナスポイントを発表! 運も味方につけた人が勝者です!
ショップ様、バディダイブ、セルフダイビングいずれのご利用の方でも参加できます。

また
大会参加者には大抽選会も用意しています。


素敵な商品もゲットできますよ!
当日の飛び込み参加大歓迎!お気軽にご参加ください。
詳細は下記の「当日の流れ」をご参照ください。

参加資格

 バディ―チームからインストラクター・ショップツアーのチームの方でもだれでも参加できます。


参加費も無料!
気軽にご参加ください。

豪華賞金や商品

■ 1位優勝…現金5万円
■ 2位…現金1万円+10ℓタンク無料券 3枚
■ 3位…現金5千円+10ℓタンク無料券 3枚
■ 4位…10ℓタンク無料券 3枚
■ 5位…10ℓタンク無料券 2枚
全チーム…10ℓタンク無料券 1枚
副賞・・・ダイビング器材メーカー様からの豪華協賛品!※参加者全員による抽選会

※提出していただきました画像及び当日の開会の様子を撮影した画像等に関しましては、弊社HPやSNS等で使用されることがあります。ご了承ください。

当日の流れ

・受付にて参加申込をしてお魚ポイント一覧表を受け取る
・エントリー直前に設置された時計を撮影→ この1枚がスタートの合図
※時計は西側エントリー口に設置
・ポイント一覧表で指定されている魚を撮影
・エキジット直後に設置された時計を撮影
※エントリーの時間からエキジットの時間は60分以内
※残圧は最低50気圧は残すこと(スタッフが確認いたします)
・エキジット後30分以内に採点表と写真データを受付(スタッフ)に提出
・黄金崎DCの審査員が採点表と写真データを確認
※カメラ本体または、メモリーカードでの提出も可
・水面休息後2本目のダイビングをお楽しみください
・2本目終了後、参加者全員による豪華賞品をかけた「大抽選会」
・結果発表は13時頃を予定しております
・集計結果を発表
・優勝チームにはその場で「現ナマ」手渡し!

ルール

■ 1チームにリーダーシップ以上が一人いること
 ※リーダーシップを持つDMやインストラクターがいる場合チームを二つに分けても構いません
 ※リーダーシップがいないチームはバディダイビングを予約してください
■ 1チームが採点用に提出できるカメラは1台
 ※ダイビングする際は何台カメラを持って入っても問題ありません
 ※一番高得点が狙えそうな1台を自己採点表と一緒に提出
 ※自己採点が間違っていても減点にはなりません
 ※審査員がチェックした後の点数が獲得ポイントとなります
■ ポイントに加算される写真は生物の識別がしっかりできる写真
■ 同種の魚ポイントは加算されません※1種1判定となります
■ 1枚の写真の中にポイント対象の魚が複数いた場合は、写真の中心の魚のポイントのみ加算されます
■ エキジット後 採点表を30分以内に提出する
■ 当日の1本目ダイビングのみ参加対象です

以下の場合は失格になりますのでご注意ください

■ 潜水時間45分を超えた
■ エントリー場所に設置された時計で写真を撮り忘れた
■ 経過時間が60分以上経過していた
■ チーム内で残圧が50気圧以下のダイバーがいた
■ 最大水深が16mを超えた。
■ エリアを超えてダイビングしていた
■ チーム内に減圧ダイビングした人がいた
■採点表とカメラ(データ)の提出時間がエキジット後30分以上経過していた
■ 安全停止をしなかった
■ チーム内にはぐれたダイバーがいた
■ ダイビング中、安全面の配慮が足らなかったと判断された場合
■ その他不正が発覚した場合